年末年始遠征登山第3弾、最後は丹沢山・塔ノ岳に登った。
東京に住んでいながら丹沢に登るのは初めてだ。

夜明け前、朝6時頃、渋沢のビジネスホテルを出発。
途中セブンイレブンで食料を調達する(コンビニはやはりセブンイレブンに限る!)。

荒れた戸川林道を30分ほど車で走ると、新茅山荘前の登山口に到着。
空も明るくなってきた6時40分頃、まずは烏尾山を目指し、ゆるゆると歩き始める。

谷筋から尾根道をひたすら登るため、序盤から勾配が急だ。
あまり視界の開けない樹林帯を徐々に高度を上げながら
登り始めて1時間15分、烏尾山に到着、丹沢の表尾根に出た。

いっきに視界が開け、相模湾の向こうに富士が裾野を拡げている。
僕にとっては、なんだか新鮮な風景で、気分が良い。

烏尾山より相模湾方面
tanzawa_2009_3_8_001.jpg

烏尾山から塔ノ岳を望む
tanzawa_2009_3_8_004.jpg

10分ほど憩った後、塔ノ岳にむけ歩き始める。
アップダウンを繰り返しながらの尾根筋の道だ。
富士を眺めながら気持ちよく歩くと、9時40分頃、塔ノ岳に着いた。

素晴らしい風景だ!!!!
端整に裾野を拡げる富士山を筆頭に
光岳・赤石岳・塩見岳・北岳・甲斐駒ケ岳と連なる、南アルプスの峰々や
おととい登った、八ヶ岳などが澄んだ空の向こうにそびえ、雄大なパノラマが展開する。
いや~~~  丹沢あなどれじ!!!


富士山 塔ノ岳より
tanzawa_2009_3_8_002.jpg

30分ほどゆっくり景色を堪能した後、丹沢山にむけ出発。
丹沢主脈をアップダウンしながら1時間ほど歩くと、丹沢山に出る。

丹沢主脈より丹沢山
tanzawa_2009_3_8_003.jpg

木々が視界を遮り、展望は無い。
ん~~~~~~  これが百名山なのか・・・・・ なぜだ? よくわからん。

ここで昼食、コーヒータイムで憩った後下山を開始。
再び塔ノ岳を経由し、急な天神尾根で戸川林道まで下り暫く林道を歩くと
2時30分頃、新茅山荘登山口に戻った。

帰宅後のビールを想いながら
ユーターンラッシュで渋滞している国道246号で帰路に着いた。

丹沢山脈、次回は沢登りで訪れたい。



[データ]

 登山日  2009年1月3日
 入 山  午前6時40分
 下 山  午後2時30分
 人 数  2人
 服 装  厚手のアンダーウェア(常に装着)
       長袖丸くびシャツ(常に装着)
       薄手の丸くびフリース(常に装着)
       ネックウォーマー(ほぼ装着)
       雨具上(常に装着)
       厚手のももひき(常に装着)
       中薄ズボン(常に装着)

 

 

楽しい登山ブログを探す

愉快な登山ブログを探す

 blogmura_bana.gif

fc2blog_bana.gif  



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/21-b5f7ff09