2012年4月29・30日、駒ケ岳中ノ岳丹後山縦走2~3日目の模様です。
GW魚沼山塊縦走ルート:駒ノ湯→小倉山→駒ケ岳→中ノ岳→兎岳→丹後山→十字峡




29日 駒ケ岳→中ノ岳→兎岳

朝3時半頃、シュラフから這い出す。
歯磨き・お茶・どんべい・うだうだテント内整理をしていると、5時前黎明。

click_to_expand_12.gif    黎~明~~~
thum_Uonuma02_2012_0001.jpg

テントを撤収すると5時半頃、中ノ岳へ向けゆるゆると歩き出した。
本日も予報どおりの好天で、暑くなりそうである。

click_to_expand_12.gif    八海山
thum_Uonuma02_2012_0002.jpg

click_to_expand_12.gif    尾根の向こう、燧ケ岳・平ケ岳・至仏山
thum_Uonuma02_2012_0003.jpg

暫し歩みグシガハナ方面への尾根を見送ると、天狗平へ向けての急下降。
迷う事無く、ここからアイゼンで行く。

click_to_expand_12.gif    急下降を振り返る
thum_Uonuma02_2012_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    これから歩く尾根~中ノ岳
thum_Uonuma02_2012_0005.jpg

click_to_expand_12.gif    荒沢岳
thum_Uonuma02_2012_0006.jpg

崩落寸前の雪庇・地肌露出多数で
雪拾えたり拾えなかったり、藪あったり、雪壁下降あったり、踏み抜きあったり、トラバースあったり
っと、残雪期ならではのバリエーションでアップダウン。

上りはことごとく急登となり、体力・時間を浪費。
檜廊下からコルまで下ると、長い長いキッツいキッツい上りを1時間強の喘ぎ。

click_to_expand_12.gif    中ノ岳へキツイ上り
thum_Uonuma02_2012_0008.jpg

上りきると10時40分頃、中ノ岳到着。

click_to_expand_12.gif    歩いてきた尾根~駒ケ岳
thum_Uonuma02_2012_0009.jpg

click_to_expand_12.gif    下津川山~巻機山
thum_Uonuma02_2012_0010.jpg

click_to_expand_12.gif    荒沢岳
thum_Uonuma02_2012_0007.jpg

1時間以上の大休憩後、再出発。
池ノ段を過ぎ、鞍部への下降点がほぼ垂直な雪壁と化しており、慎重にクライムダウン。

click_to_expand_12.gif    中ノ岳を振り返る
thum_Uonuma02_2012_0011.jpg

click_to_expand_12.gif    クライムダウンした雪壁
thum_Uonuma02_2012_0012.jpg

click_to_expand_12.gif    兎岳までもうちょっと
thum_Uonuma02_2012_0013.jpg

ここら辺りは尾根が丸い為、雪庇崩落も少なく
ほぼ雪を拾えながらの登下降で3時半頃、兎岳に着いた。

辺りを物色すると、本日も適地??? に幕営。
水作り・夕飯(予備食の為、質素で乏しく当然晩酌も無し)、7時半頃シュラフへ。

click_to_expand_12.gif    越後三山を従えた贅沢な幕営地
thum_Uonuma02_2012_0014.jpg




30日 兎岳→丹後山→十字峡→野中

天気予報はずれ、朝から曇天でやる気ゼロ  で詳細割愛。

click_to_expand_12.gif    曇天の中とぼとぼ
thum_Uonuma02_2012_0015.jpg

11時半頃、三国川沿いの林道まで下降。
ここから先がこの日の核心、雪崩・スノーブリッジの巣窟通過と相成ります。
下山したにもかかわらず、ここからアイゼン・ピッケルで行く。

消耗した体に鞭を打ち、高巻いては下り高巻いては下りの繰り返し。
通常30分ほどで通過できる道を、2時間かかって突破。
1時半過ぎ、ようやく十字峡到着で一安心。

click_to_expand_12.gif    雪崩の巣窟と化した沢沿いの林道、滑ったら川へドッボ~ン
thum_Uonuma02_2012_0016.jpg

click_to_expand_12.gif    スノーブリッジを何度も高巻く
thum_Uonuma02_2012_0017.jpg

が、休憩しつつ来たりし道を振り返っていると、さっき通過したばかりの地点で雪崩発生。
こっわ~~~~~  タイミング悪かったら三国川へドボンで死に得たじゃん・・・
この時期ここ歩くのもう~~~嫌だ。

1時間半ほどの車道歩きで野中バス停着、残雪の魚沼山塊縦走も体力ゼロでお終い。
もう疲労困憊でした・・・

この記事を参考に同じような事を目論んでいる方々が、もし居らっしゃったら
それなりの覚悟と体力と楽観性と運で、どうぞどうぞ・・・。


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/202-b1c4bd32