2011年12月27日~28日、仙丈ケ岳登山2日目の模様です。
仙丈ケ岳登山:戸台→長衛荘→尾根適地で幕営→小仙丈ケ岳→仙丈ケ岳
仙丈ケ岳登山初日の模様はコチラ



朝3時半頃起床、11時頃小便で目覚めてからは、いくら頑張っても「うつらうつら」が関の山。
もっと暖かいシュラフの購入を強く決意する(この時マイナス15度対応シュラフは役不足)。

歯磨き・お茶・ラーメン・パッキング・テント撤収で6時前、ゆるゆると仙丈ケ岳へ歩き出した。
歩き出すとほどなく森林限界、景色が丸見えになったところで黎明を迎える。

click_to_expand_12.gif    黎明・富士山・北岳
thum_Senjougatake02_2011_0001.jpg

北岳・その横に富士山・鳳凰山・アサヨ峰・甲斐駒ケ岳などを望みつつ1時間ほどの登りで
小仙丈ケ岳到着。

ここでカールを抱く美しい仙丈ケ岳や、北岳・間ノ岳・塩見岳・赤石岳などの主脈一望。
も、お日様方向にかかった薄雲に光りを遮られモルゲンロートならずに  「う~~む・・・・・・」

click_to_expand_12.gif    仙丈ケ岳登場 モルゲンロートならず
thum_Senjougatake02_2011_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    北岳・間ノ岳・塩見岳・赤石岳など
thum_Senjougatake02_2011_0002.jpg

いつまでも陽光を邪魔するかのように拡がる薄雲にイラつきを覚え
なんか釈然としない感じで雪尾根を歩く。   「僕にもっと光を届け給え・・・・・・」

とはいえ、3000m峰の尾根とは思えないほどの緩風のなか
進むにつれ表情を変える仙丈ケ岳や、北・南・中央アルプスなどの風景に囲まれつつ快適に進む。

click_to_expand_12.gif    尾根筋を行く
thum_Senjougatake02_2011_0004.jpg

緩やかにアップダウンでコルまで下ると、ここから尾根をジグザグで登って行く。
尾根をいったん西側へ巻くようにトラバースで進み、更に山頂へむけ再び尾根をアップダウンで
8時半頃、仙丈ケ岳着で自然にでるガッツポーズ。

click_to_expand_12.gif    仙丈ケ岳から中央アルプス
thum_Senjougatake02_2011_0005.jpg

click_to_expand_12.gif    仙塩尾根方面
thum_Senjougatake02_2011_0006.jpg

仙塩尾根方面へちょっと進んでみるが、さすがにここより先ノートレース。
風景を眺めつつ暫しの憩い、北方は見事な冬晴れだが、南方・太陽方向は相変わらずの薄雲に
いまひとつ気分が上がらず、早々に仙丈ケ岳を後にする。

も、下るにつれ徐々に薄雲もちぎれはじめ、再び小仙丈ケ岳へ着く頃にようやくお日様全開。
お目当てだった「カール抱く陽光浴びる仙丈ケ岳」などを幾度となくフレームに収める。

click_to_expand_12.gif    下るにつれ・・
thum_Senjougatake02_2011_0007.jpg

click_to_expand_12.gif    薄雲もとれはじめて・・
thum_Senjougatake02_2011_0008.jpg

click_to_expand_12.gif    小仙丈ケ岳到着で太陽全開
thum_Senjougatake02_2011_0010.jpg

click_to_expand_12.gif    北アルプスの連なり
thum_Senjougatake02_2011_0009.jpg

click_to_expand_12.gif    甲斐駒ケ岳~鋸岳 後方に八ケ岳
thum_Senjougatake02_2011_0012.jpg

click_to_expand_12.gif    北岳以南
thum_Senjougatake02_2011_0011.jpg

40分ほど小仙丈ケ岳からの眺望を楽しむと、ここらで時間切れ
どこかしら消化不良は拭いきれぬまま10時頃、峰を後に下り始める。

30分の下りでテン場到着、荷詰・アイゼン脱・行動食で11時頃、下山開始。
12時過ぎ長衛荘着、道中(小仙丈ケ岳登り時)に拾ったビーコンを預けると来た道を黙々と下る。

日没前には下りたいので、いつもよりペースを上げてみるが
膝が心配になり、やがていつものスローペースでゆるゆると歩く。

2時前、丹渓荘へ着くと、ここからキツくて退屈で長い河原歩きに耐え
なんとか日没前の4時30分頃、戸台まで戻ったのだった。

click_to_expand_12.gif    日没前の甲斐駒ケ岳
thum_Senjougatake02_2011_0013.jpg

心から楽しめた時間約30分、寒く辛かった時間・悩み悶々とした時間幾数時間・・・
まあ、こうした経験が明日に繋がるさ  多分・・・


登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ



登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/186-7b67a1f2