2011年11月27日、五竜岳登山2日目の模様です。
五竜岳登山コースプラン:アルプスだいら→遠見尾根→西遠見山(泊)→五竜岳
前日、五竜岳登山初日の模様はコチラ



朝3時半頃起床、思ったほど寒くなかったが、熟睡とは程遠い浅い眠り。
歯磨き・お茶・ラーメン・就寝具整理・荷詰めで6時前、五竜岳へ向けゆるゆると歩き出した。

「早朝は雪が締まって歩き易いのでは」 っという淡い皮算用も外れ
相変わらずのふかふか雪を、ワカンで埋まりつつ進んでいく。
それでも20分ほど前に出発した先行者のトレースがありがたい。

やがて夜明けを迎えるものの薄雲りで、モルゲンロートもお預け。
天気予報どおりの快晴を期待していた僕、ここで早くもテンション↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

click_to_expand_12.gif    黎明も雲多く、早くもトーンダウン
thum_Goryuudake02_2011_0001.jpg

携帯電話で天気予報をチェックすると、やはり晴れの予報なので
この後薄雲も消えるだろうと自分に言い聞かせ、重い足取りで黙々とラッセルしていく。

click_to_expand_12.gif    僅か北方(唐松・白馬方面)では青空だが
thum_Goryuudake02_2011_0002.jpg

click_to_expand_12.gif    目指す五竜岳方面や
thum_Goryuudake02_2011_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    鹿島槍ヶ岳方面は高曇り・・・
thum_Goryuudake02_2011_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    遠見尾根を振り返る 後方は浅間山等
thum_Goryuudake02_2011_0005.jpg

click_to_expand_12.gif    戸隠・頸城方面 曇りと青空の境目がはっきり
thum_Goryuudake02_2011_0006.jpg

夏道の倍以上の時間をかけ8時20分頃、当初幕営予定地の西遠見山へようやく着く。
ここでふと思いは巡る。

この感じだと五竜岳へ着くのは11時頃になりそうだな・・・
また、ここから白岳(稜線)へ向けての上りがめちゃめちゃ急でキツそうだな・・・
稜線付近で雪粉が舞っているぞ、風強いんだろうな・・・
そしてなによりこの曇天と薄日、青空と太陽が拝めずしてどうして歩けよう・・・

なんの前触れも無く、心 ポッキーーーーーン キーーーン キーーン キーン・・・・・・
と真っ二つ。

一応9時頃まで西遠見山で「晴れ待ち」してみるものの晴れる気配無し。
はいっ! 躊躇なく  撤っ退!

不思議なほど無念さも無く、来た道を淡々と1時間半ほど引き返し幕営地まで

click_to_expand_12.gif    下りつつ鹿島槍ヶ岳を何度も眺める
thum_Goryuudake02_2011_0007.jpg

click_to_expand_12.gif    遥か遠かった五竜岳を振り返る
thum_Goryuudake02_2011_0008.jpg

誰とも擦れ違わなかったという事は、もう1人の登山者は山頂アタックせずに下りたらしい。
テントを撤収し11時40分頃、下山を開始。

昨日3人で頑張って着けたトレースを辿っているにも係わらず、時折ももまで埋まる。
それでも上りとは雲泥の差のコースタイムで下り2時半、アルプス平まで戻ったのだった。

click_to_expand_12.gif    唐松岳・白馬岳方面にも薄雲の魔の手が迫る
thum_Goryuudake02_2011_0010.jpg

深雪と雲に心が折れ、五竜岳へ行く事はできなかったが
色々と学び考える事もあり、意義のある登山となった。

次回はスノーシューで再登!


登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/184-f02a12a4