2011年10月28日、兎岳丹後山登山の模様です。
兎岳丹後山登山:テン場→巻倉山→兎岳→大水上山→丹後山→十字峡→野中
前日、荒沢岳登山の模様はコチラ



朝4時前、シュラフからもぞもぞ這い出す。
氷点下の冷え込み、息苦しさと右肩痛に悩まされいつもどおりの睡眠不足。

歯磨き→湯沸し→お茶→チリトマトヌードル→用足し。
フライシート裏にびっしりついた霜を丹念に払い落として撤収作業。
行動用の水を汲んでしまうと6時過ぎ、快晴の空の下、稜線をゆるゆると歩き出した。

ほどなくご来光を迎えると、お日様を背にしての上り。
15分ほどで巻倉山まで来ると、中ノ岳・駒ケ岳がそろってお目見え。
相変わらずの堂々と聳える山体に感嘆・・・  幸せ・・・

click_to_expand_12.gif    ご来光~~~
thum_Usagidake_2011_0001.jpg

click_to_expand_12.gif    やがて駒ケ岳を照らす
thum_Usagidake_2011_0002.jpg

click_to_expand_12.gif    深い谷と山ひだのコントラストがきれい
thum_Usagidake_2011_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    中ノ岳・駒ケ岳 相変わらずの風格で・・・
thum_Usagidake_2011_0004.jpg

ここからはダイナミックな絶景を楽しみつつの尾根歩き。
深い谷と山筋が織り成す陰影がたまらん・・・

click_to_expand_12.gif    歩いてきた尾根・荒沢岳を振り返る
thum_Usagidake_2011_0005.jpg

click_to_expand_12.gif    深い懐・陰影 駒ケ岳
thum_Usagidake_2011_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    深い懐・陰影 荒沢岳
thum_Usagidake_2011_0007.jpg

click_to_expand_12.gif    歩くに連れ風景は鮮明になり
thum_Usagidake_2011_0008.jpg

click_to_expand_12.gif    もう幸せ・・・
thum_Usagidake_2011_0009.jpg

大好きな山域のど真ん中を歩く幸せに浸りながら進み8時過ぎ、兎岳に到着。
ここで八海山登場で越後三山揃い踏み。

click_to_expand_12.gif    兎岳到着で越後三山揃い踏み
thum_Usagidake_2011_0011.jpg

click_to_expand_12.gif    しゃくなげ湖(下山口)を遠くに
thum_Usagidake_2011_0013.jpg

click_to_expand_12.gif    これから歩く尾根~巻機山
thum_Usagidake_2011_0012.jpg

click_to_expand_12.gif    とんがり山の荒沢岳
thum_Usagidake_2011_0010.jpg

click_to_expand_12.gif    平ケ岳へと続く連なり、残雪期に是非
thum_Usagidake_2011_0022.jpg

いやぁ兎岳、尾根の合流点だけあり、その展望は言う事なし。好きだぜ~越後!
30分ほど心いくまで風景を楽しむと出発、尾根を南へと進んで行く。

存在感の八海山などを常に望みながらの歩行。
下って上り返し40分ほどで大水上山、暫し平坦な道を行くと「利根川水源碑」。
おお、ここいらが利根川の水源なのかぁ・・・

ここより先、笹刈りしていないようで、腰丈以上の笹原となる。
朝露・一昨日の雪で、気付くと下半身ビショビショ、カッパをはいておけば良かったかな・・・

また下って上り返すと10時20分頃、平坦な丹後山に到着。
避難小屋も玄関雪囲いで冬支度。

風景の見納めをすると、いよいよ麓まで急尾根を下っていく。
この尾根の展望がまた素晴らしく、飽きる事がない。
立ち並ぶ中ノ岳・八海山、幾重にも派生する支尾根を持つ重厚なネコブ山が圧巻。

click_to_expand_12.gif    重厚なネコブ、こちらも残雪期に是非
thum_Usagidake_2011_0015.jpg

click_to_expand_12.gif    中ノ岳・八海山 圧巻!
thum_Usagidake_2011_0016.jpg

click_to_expand_12.gif    下るにつれ彩りも秋めいて
thum_Usagidake_2011_0018.jpg

click_to_expand_12.gif    なかなか幸せ
thum_Usagidake_2011_0017.jpg

麓に下るにつれ秋の彩りもちらほら。
会津側では冬枯寸前も、越後側では晩秋の赴き。

延々続く急尾根に、膝関節が悲鳴を上げ始めた1時15分頃、尾根を下り終え林道着。
3時半頃初のバスに間に合いそうなので、ここから早歩きで歩く。

click_to_expand_12.gif    三国川沿いに林道行く
thum_Usagidake_2011_0019.jpg

click_to_expand_12.gif    越後側の麓はまだ秋色
thum_Usagidake_2011_0020.jpg

十字峡まで来ると、しゃくなげ湖沿いの車道(土砂崩れで車両通行止め)を更に早足で行き

click_to_expand_12.gif    しゃくなげ湖
thum_Usagidake_2011_0021.jpg

バス出発時刻2分前というギリギリのタイミングで野中到着。
車窓外の景色を楽しみつつ六日町、楽しかった荒沢岳・兎岳・丹後山縦走も終わりを迎えた。

またまた来るよ~~~~~ 越後!


登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/181-ab49cfe9