2011年9月28日、火打山登山の模様です。
火打山登山コース:高谷池→天狗の庭→火打山→笹ケ峰
前日、妙高山登山の模様はコチラ



朝4時前、シュラフから這い出す。テント内5度という事は氷点下の冷え込み。
3シーズン用シュラフでは役不足、寒くてあまり眠れなかった。

歯を磨きお茶で一服、パスタで朝飯を済ます。
用足し・簡易ザックへ荷詰めで夜明け間近の5時半過ぎ、火打山へ向けゆるゆると歩き出した。

霜で白くなっている高谷池を横目に歩く。
天狗の庭手前で夜明け、金山や北アルプスにも日が射し込む。

click_to_expand_12.gif    霜の高谷池
thum_Hiuchiyama_2011_0001.jpg

click_to_expand_12.gif    金山と後立山に日が射し込む
thum_Hiuchiyama_2011_0002.jpg

天狗の庭散策は、明瞭に日が射しているであろう帰りに楽しむ事として先へ進む。
高度を上げ振り返ると、天狗の庭・戸隠連峰・妙高山などの対比が美しい。

click_to_expand_12.gif    高妻山を振り返る
thum_Hiuchiyama_2011_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    妙高山を振り返る
thum_Hiuchiyama_2011_0004.jpg

肩である「雷鳥平」を過ぎると、日本海を望みつつの尾根歩きが気持ちいい。
空も爽快に青み始め、心も空気も澄みわたる7時過ぎ、誰も居ない火打山へ着いた。

焼山・金山・雨飾山と妙高連山の連なり、高妻山などの戸隠連峰や黒姫山・飯縄山
白馬岳から穂高岳まで明瞭に頂きを並べる北アルプスの峰々
北方には日本海、遠くに浮かぶように見えているのは佐渡島かな?

素晴らしい・・・
静かな山頂で風景を独り占めする贅沢に浸る。

click_to_expand_12.gif    焼山・金山・雨飾山
thum_Hiuchiyama_2011_0005.jpg

click_to_expand_12.gif    戸隠連峰
thum_Hiuchiyama_2011_0008.jpg

click_to_expand_12.gif    北アルプスがずっら~ん
thum_Hiuchiyama_2011_0015.jpg

click_to_expand_12.gif    日本海が近い
thum_Hiuchiyama_2011_0006.jpg

40分ほどの耽溺で満足、火打山山頂を後に下る。
再び「天狗の庭」まで戻ってくると、池塘・草紅葉・山のコントラストを楽しみながらの散策。

click_to_expand_12.gif    鏡写しの火打山 お約束のアングル
thum_Hiuchiyama_2011_0009.jpg

click_to_expand_12.gif    幸せな天狗の庭散歩
thum_Hiuchiyama_2011_0010.jpg

click_to_expand_12.gif    焼山・火打山のきれいな連なり
thum_Hiuchiyama_2011_0011.jpg

ご満悦で高谷池まで帰宅。
テント撤収で10時過ぎ、極楽に別れを告げ下山を開始する。

click_to_expand_12.gif    下りつつ樹間から焼山・金山
thum_Hiuchiyama_2011_0012.jpg

昨日よりもちょっと進んだ黄葉などをつまみつつ、膝を気づかってのゆるゆる下り。
1時半前登山口着、秋の妙高山・火打山登山は幸せなうちに幕を閉じた。

積雪期、ハクサンコザクラ咲く時期も楽しいだろうなぁ
また来るよ~~~

click_to_expand_12.gif    下山後、笹ケ峰牧場から黒姫山
thum_Hiuchiyama_2011_0014.jpg


登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/175-624f52b9