2011年9月27日、妙高山登山の模様です。
妙高山登山コース:笹ケ峰→黒沢池→妙高山→高谷池



朝4時前、国道18号妙高高原付近のPAで起床。
夜中に1回、職務質問で起こされた為イマイチな睡眠。

歯を磨きお湯を沸かしカップ焼きそばをすする一連の流れの後、5時前出発。
徐々に白み始める中、県道39号を疾走、笹ケ峰牧場で視界が開け暫し進むと登山口。
着替え・荷詰めを済ますと5時半頃、妙高山へゆるゆると歩き出した。

ゆるやかな木道を淡々と1時間ほどで黒沢、暫し休憩
ここから道は急登、十二曲がりを階段で進む。樹間より後立山・高妻山が望め気分高揚。

click_to_expand_12.gif    おっ 後立山だ
thum_Myoukousan_2011_0001.jpg

click_to_expand_12.gif    おっ 高妻山だ
thum_Myoukousan_2011_0002.jpg

8時前「富士見平」着、ここを左で高谷池・火打山方面、右で黒沢池・妙高山方面
左へ行く人多数で、喧騒を疎む僕は右へ行く事に決める。

20分ほど黒沢岳南方をトラバースすると突如視界が開け、笹・草原・池搪の牧歌的風景となる。
僕だけの静寂・上天気に感謝しつつ、ゆっくり散歩を楽しむ。

click_to_expand_12.gif    突如、牧歌的風景 気持いい・・・
thum_Myoukousan_2011_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    のんびり木道を進み
thum_Myoukousan_2011_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    黒沢池
thum_Myoukousan_2011_0005.jpg

やがて高原地帯も終わると黒沢池ヒュッテに到着。
大ザックをデポ、簡易ザックに必要品を入れ9時頃、妙高山へ向け再出発。

click_to_expand_12.gif    樹間から火打山がのぞく
thum_Myoukousan_2011_0006.jpg

20分ほどの上りで大倉乗越、妙高山山頂部ど~~~~~ん
ここで外輪を乗っ越すとトラバース気味に下っていく。

click_to_expand_12.gif    妙高山山頂部ど~~~ん(帰路撮影)
thum_Myoukousan_2011_0011.jpg

click_to_expand_12.gif    長助池を眼下にトラバース
thum_Myoukousan_2011_0007.jpg

水場を過ぎ燕新道と合流するとここから急登
樹間より時折覗く火打山や葉の色づきを励みに、あまり視界の利かない樹林帯を黙々と登る。

50分ほどの上りでようやく樹林帯を抜けると、東方の視界が開ける。
日本海や野尻湖、その背後に連なる山並みを眺めつつ暫し歩くと10時40分頃、妙高山に着いた。

火打山・焼山・金山と連なる妙高連山や、高妻山などの戸隠連峰、その背後に連なる後立山
北方に近く日本海が望めるという、僕にとっては新鮮な風景をのんびり楽しむ。

click_to_expand_12.gif    戸隠連峰 背後に後立山
thum_Myoukousan_2011_0008.jpg

click_to_expand_12.gif    眼下に野尻湖 背後に白根~浅間山など
thum_Myoukousan_2011_0009.jpg

click_to_expand_12.gif    金山・焼山・火打山 妙高連山
thum_Myoukousan_2011_0010.jpg

昼前だというのに未だ空気は鮮明、、やっぱり秋山っていいね。
登山日和でなにより・・・

時間に余裕がある事もあり、1時間半ほどの憩い。
さあ、景色も味わいつくした事だし、そろそろ下るかなぁ。

途中の水場でたっぷり水を汲みつつ引き返し2時前、黒沢池ヒュッテまで戻る。
改めて大ザックを背負い再出発。

妙高山や黒沢池などの風景を楽しみながら歩き、茶臼山まで上る。
暫し下り視界が開けるとそこは池搪広がる「高谷池」、今夜のお宿へ到着。
なかなかのロケーション♪

click_to_expand_12.gif    茶臼山への上りから妙高山を振り返る
thum_Myoukousan_2011_0012.jpg

click_to_expand_12.gif    妙高市街の奥にうっすら米山・日本海
thum_Myoukousan_2011_0013.jpg

click_to_expand_12.gif    高谷池到着
thum_Myoukousan_2011_0014.jpg

click_to_expand_12.gif    高谷池と高谷池ヒュッテ
thum_Myoukousan_2011_0015.jpg

幕営の受付を済ますとザックを下ろし暫し休憩。
まだ時間も早いので「天狗の庭」辺りまで散歩でもする事に。

高谷池などを眺めつつ、よく整備された木道をゆっくりと歩く。
いったん軽~~く上り軽~~く下ると天上の別天地、「天狗の庭」が拡がる。

池搪・草紅葉、その背後に鎮座する山並み  ただただ 美しい・・・・・・・・

click_to_expand_12.gif    池に映える火打山
thum_Myoukousan_2011_0016.jpg

click_to_expand_12.gif    どこか日本離れした風景 まさに別天地
thum_Myoukousan_2011_0017.jpg

時を忘れてたっぷり風景に浸ると4時半頃、高谷池ヒュッテへ戻り幕営。
ビール・カレー・晩酌で8時頃まで過ごすとシュラフに潜り込んだ。

幸せな1日だった。

翌日、火打山登山の模様はコチラ


登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/174-c9e45aa9