2011年9月25日、苗場山登山の模様です。
秋の苗場山登山コース:祓川コース→神楽ケ峰→苗場山



朝4時、国道17号の湯沢PAで起床。
歯を磨きお湯を沸かしカップ焼きそばをすすると、5時頃出発。

走りやすい林道を20分ほど走ると登山口に到着、既に15台ほどの車が停まっている。
着替え・荷詰めを済ますと5時半頃、苗場山へ向けゆるゆると歩き出した。

スキーリフト下の道を、樹林道・舗装路で上がって行く。
ご来光を拝みつつ更に登ると6時前、和田小屋前を通過。道はここから登山道となる。

click_to_expand_12.gif    ご来光~
thum_Naebayama2011_0001.jpg

click_to_expand_12.gif    リフトの下を歩く
thum_Naebayama2011_0002.jpg

広く歩き易い道を1時間ほどで、ベンチがある下ノ芝まで来る。
神楽ケ峰への尾根などを眺めつつ休憩、山の肌色・空気が秋めいており気持いい。

click_to_expand_12.gif    秋めく山肌
thum_Naebayama2011_0003.jpg

木道を交えつつ高度を上げていくとやがて視界は開け
未だ雲に覆われている谷川連峰や、朝霧の先に魚沼平野などが見えてくる。

click_to_expand_12.gif    雲まとう谷川連峰
thum_Naebayama2011_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    魚沼平野方面
thum_Naebayama2011_0005.jpg

神楽ケ峰の肩までいったん登りきると小松原コースと合流

click_to_expand_12.gif    神楽ケ峰方面
thum_Naebayama2011_0006.jpg

トラバース気味に尾根を進み8時頃、神楽ケ峰ピーク先の下降点で突如西方の展望が開け
苗場山山頂部がど~~~~~~~~~んで、うぉ~~~~~~・・・・・ っとなる。
この風景が見たい事もあり、祓川コースを歩いてきたのだ。

click_to_expand_12.gif    苗場山ど~~~ん
thum_Naebayama2011_0007.jpg

途中、豊かな水場「雷清水」で喉を潤しつつ、コルまでいったん下り、大きく上り返していく。

click_to_expand_12.gif    上りつつ神楽ケ峰を振り返る
thum_Naebayama2011_0008.jpg

コルから30分ほどで苗場山山頂部まで来ると、ふいに風景は一変、そこは別天地。
草紅葉の高層湿原が、牧歌的に拡がっているのだ。

click_to_expand_12.gif    突如、高層湿原が拡がる
thum_Naebayama2011_0009.jpg

ここからお待ちかね、天上の極楽散歩。
風景に見惚れては立ち止まり、また風景に見惚れては立ち止まりの繰り返し。
たまらんねぇ・・・

click_to_expand_12.gif    のんびり散歩
thum_Naebayama2011_0011.jpg

click_to_expand_12.gif    のんびり散歩は続く
thum_Naebayama2011_0010.jpg

click_to_expand_12.gif    苗場山自然体験交流センターうらの展望台から鳥甲山方面
thum_Naebayama2011_0012.jpg

click_to_expand_12.gif    池塘の向こう、岩菅山など
thum_Naebayama2011_0013.jpg

気付くと2時間近くの散歩、そろそろ潮時という事で、ようやく11時前に下山を開始。
来た道を辿り1時半頃、登山口まで戻ったのだった。

次回は、秋山郷から入って小松原湿原まで歩いてみるのも良いかなぁ。
苗場山、また来るよ~~~~~~~。


登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/173-5423a1e0