2011年8月8日~11日 剣岳北方稜線縦走最終日、黒部渓谷を辿り下山、の模様です。
剣岳北方稜線縦走最終日:真砂沢ロッジ→ハシゴ谷乗越→内蔵助平→黒部渓谷→黒部ダム

前日、池ノ平山登山の模様はコチラ
北方稜線の模様はコチラ
剱岳登頂の模様はコチラ



朝3時半頃、シュラフから這い出す。
本当はもっと寝ていたかったのだが、まわりの喧騒に眼が覚めてしまった。

外へ出てみると雨は降っていないが、天気予報どおりの曇天。
晴れていたら剣沢雪渓を登って立山経由で帰ろうかとも思っていたのだが迷わず中止
黒部渓谷経由で帰る事とする。

click_to_expand_12.gif    剣沢雪渓 雲の切れ間から青空が覗いたものの上部は濃いガス
thum_Tsurugidake05_2011_0001.jpg

歯を磨き朝飯を食らってしまうと、だらだらと撤収作業。
5時40分頃、下山へ向けゆるゆると歩き出した。

三ノ沢雪渓で剣沢を渡り対岸へ、のっけからの急斜面を喘ぎつつ上る。
途中岩ゴロでいったん視界が開け、八ツ峰の第一峰がなかなかの迫力である。

click_to_expand_12.gif    八ツ峰の第1峰
thum_Tsurugidake05_2011_0002.jpg

いつしか道が尾根を辿るようになると、連続するハシゴを上っていく。
疲労蓄積の為か、急勾配の為か、異常に重い足取りでよっこらと進み7時20分頃
ようやく「ハシゴ谷乗越」で、尾根を乗っ越した。

click_to_expand_12.gif    連続するハシゴを越えていく
thum_Tsurugidake05_2011_0003.jpg

ここから暫し急な下りが続くが、20分も下ると道が岩ゴロとなり、なだらかな勾配となる。
所々滑りやすい足元に注意しながらダラダラ下り9時過ぎ、「内蔵助平」で沢へ出た。

暫し休憩の後出発、黒部川源流の一つであろう、内蔵助谷沿いの豊かな沢の右岸を歩く。
道は時折、強烈に高巻いたり、鎖のトラバースがあったりで、すんなりとは歩かせてくれない。
それでも、美しい沢と岩壁などの清涼な風景が、疲れた心体を爽やかにしてくれる。

click_to_expand_12.gif    清涼な沢
thum_Tsurugidake05_2011_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    丸山東壁と沢
thum_Tsurugidake05_2011_0005.jpg

途中、大休憩を交えつつゆっくり歩き11時半頃、ついに黒部川と合流。
いやぁ、北方稜線を越えて、ようやくここまで歩いてきたんだなぁ、 っとなんか感慨深げな僕。

click_to_expand_12.gif    黒部川が眼下に
thum_Tsurugidake05_2011_0006.jpg

道もようやく歩きやすくなり、日本らしい渓谷美を味わいながら、散歩気分で進む。
山も良いけど、こういう風景も新鮮でいいねぇ・・・

click_to_expand_12.gif    黒部の渓谷美
thum_Tsurugidake05_2011_0007.jpg

click_to_expand_12.gif    黒部の渓谷美
thum_Tsurugidake05_2011_0008.jpg

黒部川を遡る事1時間ほど、放水で飛散した水しぶきが肌に感じられるようになると
黒部ダムのたもとに到着。 ついに街の灯の喉元までやってきた。

click_to_expand_12.gif    黒部ダムのたもとまで来た
thum_Tsurugidake05_2011_0009.jpg

橋で対岸へ渡ると最後の上り。 急な勾配に20分ほど喘ぐと黒部湖展望台の下へでる。
標識に導かれダム施設への扉を開けると、そこは見覚えのあるトローリーバスのトンネルの中。
ここで思わずでるガッツポーズ、ぃよっし!! 日常生活では味わえない充実感。

更にトンネルを少し歩くと1時40分頃、観光客で賑わう「黒部湖駅」へ到着
僕の剣岳北方稜線縦走も終わりを告げたのだった。

濃密で変化に富んだ4日間で楽しかった。 剣岳・立山、また来るよ~~~~


登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/172-63a78b7c