2011年8月8日~11日 剣岳北方稜線登山2日目、剣岳登頂の模様です。
剣岳北方稜線縦走コース:室堂→剣沢キャンプ場→剣岳北方稜線→池ノ平小屋→池ノ平山
                 →仙人峠→真砂沢ロッジ→内蔵助平→黒部渓谷→黒部ダム

剣岳北方稜線縦走初日の模様はコチラ



恒例となった夏の北アルプス縦走
今年は、以前より行ってみたいと思っていた剣岳を歩いてきた。
この時期(夏)に剣岳を単発でピストンするのも芸がないので、縦走・不確定要素を加える意味でも
剣岳北方稜線を越えて行く事にする。

剣沢キャンプ場にて、深夜2時40分頃シュラフから這い出す。
2時過ぎ辺りから周りが騒がしくなり始め、これ以上眠れない為、ちょっと早めの起床。
外へ出て空を見てみると星がでているようだが、若干薄雲が広がっているようで心配。

歯を磨きお湯を沸かすと朝飯をかき込む。
暫しまどろみ用を足してしまうと、昨日の雨で湿っているテントを撤収。
東の空が明るくなりだした4時20分頃、剣岳へ向けゆるゆると歩き出した。

剣沢小屋まで下り雪渓をトラバースすると、岩ゴロの平坦地。
チングルマなどを眺めつつノロノロ進み5時頃、剣山荘を通過。

click_to_expand_12.gif    高山植物の王道 チングルマ
thum_Tsurugidake02_2011_0001.jpg

thum_Tsurugidake02_2011_0002.jpg

で、暫し上ったところで、ご来~~~光~~~~~~~~  小屋から歓声が上がる。
久しぶりに山で迎える黎明、  いやぁ~~~ やっぱり気持いい・・・

click_to_expand_12.gif    ご来~~~光~~~~~~~!
thum_Tsurugidake02_2011_0003.jpg

太陽が上がるにつれ鮮明に浮かび上がってくる夏山全開の山岳風景に、ようやく僕の心も躍る。
冬山・秋山も良いけど、やっぱり夏の北アルプスってきれいだねぇ・・・

「美しい・・・ たまらん・・・ 」っとか独り呟きつつ登って行き5時25分頃
小高いピーク 「一服剣」 に着いたので暫し休憩。

click_to_expand_12.gif    一服剣から 鮮明になる剣御前・奥大日岳
thum_Tsurugidake02_2011_0004.jpg

危惧していた薄雲も、青空・太陽を台無しにする程度まで拡がる事もないようで一安心。
北アルプスらしい 岩肌・雪渓・緑 のコントラストを楽しむ。
この登山で一眼デビューした僕、「カシャ・カシャ」とシャッターの音も心地良い。

click_to_expand_12.gif    一服剣(手前のピーク)から剣御前への稜線が美しい 左は別山
thum_Tsurugidake02_2011_0005.jpg

ここからいったん軽く下り、40分ほど上り返すと2813mピーク 「前剣」 へ到着。
高度を上げるに従い、立山・薬師岳・黒部五郎岳・笠ケ岳なども望まれ、更に気分も高揚。
なんか「えげつない」風景になってきた!

click_to_expand_12.gif    立山(中央)・薬師岳(右奥)も見えてきた!
thum_Tsurugidake02_2011_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    奥大日岳 奥には富山湾が
thum_Tsurugidake02_2011_0007.jpg

click_to_expand_12.gif    逆光で後立山が屏風絵
thum_Tsurugidake02_2011_0008.jpg

軽く下ると、あとは剣岳本峰に向けひたすら上るのみ
どうやらここから先が「鎖場ゾーン」連発のようで、ところどころで軽い渋滞発生。

click_to_expand_12.gif    剣岳本峰
thum_Tsurugidake02_2011_0009.jpg

トラバース有り、直登(カニのタテバイ)有り であるが、上りという事もあり高度感はさほど感じない。
風景に見惚れながらも、幕営装備に喘ぎ喘ぎ進み、1時間ほどで鎖場ゾーン通過。

click_to_expand_12.gif    堂々とした薬師岳 左奥は黒部五郎岳
thum_Tsurugidake02_2011_0010.jpg

やがて早月尾根が合流し、岩ゴロを暫し進むと8時前、登山者で賑わう剣岳山頂へ到着した。

click_to_expand_12.gif    剣岳山頂からの眺め たまらん・・・
thum_Tsurugidake02_2011_0011.jpg

click_to_expand_12.gif    毛勝三山方面
thum_Tsurugidake02_2011_0012.jpg

っと風景は申し分なく、胸のすくような爽快な気分に30分ほど浸る。

このまま心安らかにこの景色を楽しみたいところなのだが、ここから先がこの登山の核心部
油断のならない「北方稜線」を越えて行く。 その為にここまで来たのだ。

下調べもした、膝の調子もまあまあ、装備も整っている(ヘルメットを忘れてしまったが・・・)
疲れた体に渇を入れ直し8時半頃、北方稜線へと剣岳を後にした。


剣岳北方稜線の模様はコチラ


登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/169-5d268abe