2011年5月3日~6日、GW 飯豊連峰縦走最終日
梅花皮小屋→北股岳→門内岳→地神山→頼母木山→西俣ノ峰→飯豊温泉の模様です。
5月のGW飯豊連峰縦走コース:川入→三国岳→飯豊山→大日岳→北股岳→飯豊温泉

飯豊連峰縦走3日目、大日岳~梅花皮小屋の模様はコチラ
飯豊連峰縦走3日目、飯豊山~大日岳の模様はコチラ
飯豊連峰縦走2日目の模様はコチラ
飯豊連峰縦走初日の模様はコチラ



移動性高気圧に覆われる予報に誘われ
以前からずーーーっと歩いてみたいと思っていた飯豊連峰縦走してきた。

朝4時頃、梅花皮小屋内に張ったテントで起床
おんもは強風が吹いているようだが、快晴のようでなにより。

歯磨き→お茶→朝ラーメン(食傷気味)→テント撤収→荷詰め、で5時40分頃外へ出る。
水場でありがたく行動水を汲ませてもらうと、早朝・急勾配・強風なので、一応アイゼン・ピッケル装着
6時前、本日最初のピーク、北股岳へ向け、ゆるゆると歩き出す。

風は強いものの空気は澄み、気持の良い快晴
どでかい存在感の大日岳や、眼下に広がる雲海、その向こうには朝日連峰、朝から気分最高・・・

click_to_expand_12.gif    今日も美しい雲海 これから雲上の楽園散歩が始まる
thum_Iiderenpou05_2011_0001.jpg

風景を楽しみつつ、20分ほどの尾根歩きで大展望の北股岳へ出る。
飯豊山・御西岳・烏帽子岳・梅花皮岳と
昨日歩いてきた脈々たる尾根筋が、朝日に照らされ一際美しく浮かび上がり、感慨深い。
北方はこれから歩く門内岳へと伸びる尾根、南方には圧倒的な大日岳。
いやぁ、飯豊連峰   なんだこのスケールのデカさは・・・・・・・・・・

click_to_expand_12.gif    梅花皮岳・烏帽子岳・飯豊山等など 美しい飯豊連峰の主尾根
thum_Iiderenpou05_2011_0002.jpg

click_to_expand_12.gif    貫禄の大日岳
thum_Iiderenpou05_2011_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    門内岳・地神山など、これから歩く尾根を望む
thum_Iiderenpou05_2011_0004.jpg

ゆっくり風景に浸るとワクワクしながら再出発、尾根を下っていく。
コルまでいったん来ると、ピッケルをしまいストックへ、アイゼンを脱ぎつぼ足で行く。

何度も足を止めては景色に感嘆、実に幸せな尾根歩き。

click_to_expand_12.gif    梅花皮岳・飯豊山へと雲海から伸び上がる尾根々が美しい
thum_Iiderenpou05_2011_0005.jpg

click_to_expand_12.gif    コルより北股岳・梅花皮岳・飯豊山
thum_Iiderenpou05_2011_0006.jpg

ほぼ緩急の無い穏やかな尾根を進み7時半頃、本日第2ピーク、門内岳へ到着。
藤十郎山・赤津山・二王子岳へと伸びる尾根が、一際白く美しい。
どうやら冬道として歩かれている尾根のようで、足跡が刻まれている。いつか僕も歩いてみたいなぁ・・・

click_to_expand_12.gif    藤十郎山・赤津山へと伸びる尾根
thum_Iiderenpou05_2011_0007.jpg

相変わらずの強風の中、8時頃まで風景を堪能すると出発。
コルまで下ると門内小屋、1階の窓が割れて小屋内に雪が積もっている。冬季入り口は無論2階。

門内小屋
thum_Iiderenpou05_2011_0008.jpg

小屋内部
thum_Iiderenpou05_2011_0009.jpg

30分ほどで1889mピーク付近、梶川尾根への分岐を通過。
ここらで雲海も消えだし、朳差岳・朝日連峰などが素晴らしい構図で展開。
二王子岳の向こうには日本海が望まれ、あそこに見える煙突は新潟の火力発電所かな?

click_to_expand_12.gif    雲海が消え朳差岳(左下)がお目見え 背後には朝日連峰が聳える
thum_Iiderenpou05_2011_0010.jpg

緩やかで広い尾根を快適に歩き9時頃、地神山を通過。
ここいらは雪解けも早いようで地肌も出ているので、夏道を進む。

click_to_expand_12.gif    地神山を仰ぐ
thum_Iiderenpou05_2011_0011.jpg

地神北峰を越えると久々に大きく下り
緩やかに上り返すと9時40分頃、いよいよ飯豊連峰主脈最終ピーク、頼母木山に着いた。

昨日小屋でいっしょだった2組・計5名の方々が休憩中。
この先の冬道、西俣尾根ルートに不安を感じていた僕を待ってくれていたようで、ありがたい。
「トレースも付いているみたいだから大丈夫」っとの事で先に下っていかれた。
ありがとうございました。感謝感謝

行動食を喰らうと10時前、僕も出発、とうとう下山へ向け尾根を下っていく。
尾根から離れると風も止み、高度を下げると気温も上昇、次々に脱衣、シャツ一枚で歩く。

click_to_expand_12.gif    眼前に朳差岳・朝日連峰を望みつつ下っていく
thum_Iiderenpou05_2011_0012.jpg

数名の登山者と擦れ違いながら、標高差約600mを1時間でズンズン下る、急尾根だ。
暑さ・疲労でバテつつ、目指す集落を眼下に小さくアップダウンで進んでいく。

click_to_expand_12.gif    歩いてきた主尾根を仰ぐ
thum_Iiderenpou05_2011_0013.jpg

click_to_expand_12.gif    文明(集落)も近づいてきた
thum_Iiderenpou05_2011_0014.jpg

11時50分頃、西俣ノ峰を通過、ここで進路を東へ、急尾根を行く。
40分ほども下るとほぼ雪も消え夏道となる頃には辺りは新緑、足元にイワウチワの群落。

click_to_expand_12.gif    イワウチワ
thum_Iiderenpou05_2011_0015.jpg

click_to_expand_12.gif    麓は新緑
thum_Iiderenpou05_2011_0016.jpg

徐々にまとわりつくメマトイ(眼に飛び込んでくる虫)・ブヨに辟易しながら
細く急な岩稜交じりの尾根をグダグダながらも下り1時半頃、ようやく文明到着で鯉のぼりのお出迎え

click_to_expand_12.gif    鯉のぼりがお出迎え
thum_Iiderenpou05_2011_0017.jpg

更に10分ほど車道を歩くと、飯豊梅花皮荘お目見えで、飯豊連峰縦走もフィナーレを迎えた。

なんと濃厚で幸せな日々だったろう・・・


[謝辞]
梅花皮小屋で一緒だった登山者の方々
西俣ノ峰付近で擦れ違い、飯豊温泉でご一緒、その後小国駅まで車で送ってくださった方
小国で宿を探している僕を案じ、助けてくださった方
普段極力コミュニケーションを排除している僕に気を配って頂き、本当にありがとうございました。


東日本大震災への義援金はコチラからどうぞ
登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ



飯豊連峰縦走の足跡(GPSログ)
iide2011_map.jpg



登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/160-2aaac222