2011年5月3日~6日、GW 飯豊連峰縦走3日目
大日岳→烏帽子岳→梅花皮岳→梅花皮小屋の模様です。
5月のGW飯豊連峰縦走コース:川入→三国岳→飯豊山→大日岳→北股岳→飯豊温泉

飯豊連峰縦走3日目、飯豊山~大日岳の模様はコチラ
飯豊連峰縦走2日目の模様はコチラ
飯豊連峰縦走初日の模様はコチラ


移動性高気圧に覆われる予報に誘われ
以前からずーーーっと歩いてみたいと思っていた飯豊連峰縦走してきた。

10時過ぎ、楽しかった大日岳を後に、上って来た尾根を引き返していく。
改めて風景を味わいつつ歩き11時過ぎ、御西小屋まで戻った。

昼飯を食らうべく小屋に入ると、先ほど大日岳山頂手前で擦れ違った3名の登山者が憩っていた。
越後の山岳会の方のようで、蒜場山から藪を漕いでやってきたとの事。
地元だけあり、飯豊連峰の殆どの尾根を歩いているようで、強者である。

この後主稜線を進み、丸森尾根→飯豊山荘→飯豊梅花皮荘と歩こうと思っています、と話すと
飯豊山荘・飯豊梅花皮荘の間は雪崩の危険が有り危ないので、地元の人は誰も歩いていない
頼母木山から尾根を歩き、西俣ノ峰を経由して下りた方が良い、との事であった。

僕なりに情報収集して登山計画をたてたつもりだったが、 いやぁ 無知って怖いねぇ・・・

僕のロング縦走の定番、食パンを喰らいつつ小屋で大休憩
アイゼンもしまい大ザックを背負い直すと11時50分頃、主稜線を歩き出した。

click_to_expand_12.gif    でっかい大日岳を振り返る
thum_Iiderenpou040_2011_0001.jpg

click_to_expand_12.gif    さあ、稜線をどこまでも
thum_Iiderenpou040_2011_0002.jpg

なだらかで歩き易い広い雪尾根を50分ほどで、天狗の庭辺りまで下りきると
伸びやかなアップダウンで徐々に高度を上げ、スケールのデカい風景の真っ只中に歩みを刻む。

click_to_expand_12.gif    天狗の庭辺りから二王子岳方面
thum_Iiderenpou040_2011_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    スケールの広い尾根を進む
thum_Iiderenpou040_2011_0004.jpg

それにしてもこの山域、飯豊山・大日岳・烏帽子岳・梅花皮岳・北俣岳 っと
いちいち存在感があり、歩みを進める毎に変化するその山体の表情は、飽きる事がない。

click_to_expand_12.gif    コルから烏帽子岳方面を仰ぐ
thum_Iiderenpou040_2011_0005.jpg

click_to_expand_12.gif    飯豊山を振り返る
thum_Iiderenpou040_2011_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    歩いてきた稜線と大日岳 ダイナミック
thum_Iiderenpou040_2011_0007.jpg

相変わらずの快晴の空の下、景色に感嘆しながら進み2時半頃、烏帽子岳通過

click_to_expand_12.gif    与四太郎の池辺りから梅花皮岳・北股岳
thum_Iiderenpou040_2011_0008.jpg

いったん軽く下り一上りで本日最終ピーク、梅花皮岳に着いた。

まだ時間も早く、このまま下ってしまうのも勿体無いので、ここで風景の見納め。
40分ほど山頂で過ごすと寒くなってきた事もあり、そろそろ下ろう。

click_to_expand_12.gif    梅花皮岳下りから大日岳 でかい
thum_Iiderenpou040_2011_0009.jpg

コルまで30分ほど下ると本日のお宿、「梅花皮小屋」に到着。
周囲を暫く散策した後、ハシゴを上って2階の冬季出入り口より入る。

click_to_expand_12.gif    梅花皮小屋辺りより北股岳を仰ぐ
thum_Iiderenpou040_2011_0010.jpg

先ほど御西小屋でいっしょになった、2パーティー計5名の登山者が、暖かい2階で既にくつろぎ中。
ザックを下ろし水用の雪を採取しようと準備していると、「水場で汲めますよ」 っとの事。
ここ、凍結しない限り水が汲めるようでありがたい。

水をたっぷり汲ませてもらい小屋へ戻ると、僕は誰も居ない1階へ落ち着く。
広く快適なスペースに昨日同様テントを張ってしまうと、ウォッカ水割りで晩酌。

梅花皮小屋
thum_Iiderenpou040_2011_0011.jpg

今夜も小屋内に幕営
thum_Iiderenpou040_2011_0012.jpg

あとはいつものとおり、夕飯を食らって8時頃までちびちび煽ると
明日の快晴を願ってシュラフへ潜り込んだ。 1・2日目の無抑揚から一変、幸せな1日だったなぁ・・・


飯豊連峰縦走最終日、北股岳~飯豊温泉の模様はコチラ


東日本大震災への義援金はコチラからどうぞ
登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/159-edc4dfbe