2011年5月3日~6日、GW 飯豊連峰縦走3日目
飯豊本山小屋→飯豊山→大日岳の模様です。
5月のGW飯豊連峰縦走コース:川入→三国岳→飯豊山→大日岳→北股岳→飯豊温泉
飯豊連峰縦走2日目の模様はコチラ ・ 飯豊連峰縦走初日の模様はコチラ



移動性高気圧に覆われる予報に誘われ
以前からずーーーっと歩いてみたいと思っていた飯豊連峰縦走してきた。

朝4時頃、本山小屋内に張ったテントで起床
昨日からず~~~っと吹き荒れていた暴風もどうやら治まってくれたようで、静かな朝。
ドキドキしながら外へ出てみると、雲ひとつ無い夜明け前の空の下、一面の雲海で ぃよっし!
ようやくこの縦走で、初めてテンションが上がる僕。
ずっと待ってた、心臓の目覚める時♪(by Theatre Brook)

歯を磨きお茶をすすり、撤収作業をしていると、いよいよ黎明間近。
表へ出てみると折り良くご来光~~~~~~! 山で迎える朝って最高、ありがたい・・・

click_to_expand_12.gif    ご来光きた~~~~~~ 濃密な雲海
thum_Iiderenpou03_2011_0001.jpg

click_to_expand_12.gif    吾妻連峰・安達太良山・磐梯山
thum_Iiderenpou03_2011_0002.jpg

今すぐ歩き出したい気持を抑えつつ、最近食傷気味の朝ラーメンを喰らい
ザックに荷物を詰めキジ撃ち、5時50分頃、待望していた飯豊連峰の尾根を歩き始めた。

朝の清涼な空気の中、ゆったりと風景に浸りつつ尾根を進んでいく。
雲上に浮かび上がる絶景の「るつぼ」が次々にお出迎えで、痺れるような感覚で歩く。
これを味わう為に、僕はここまで来た。

click_to_expand_12.gif    さあ、飯豊山へ♪
thum_Iiderenpou03_2011_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    大日岳も明瞭に♪
thum_Iiderenpou03_2011_0004.jpg

20分ほどの展望散歩であっけなく飯豊山に立つ。
大日岳・尾根筋の美しい北股岳などの主稜線、そのスケールの大きさはあっけなく僕の想像を超える
で、暫し風景に耽溺・・・

click_to_expand_12.gif    飯豊山から北股岳方面 立派な尾根筋と雲海の対比 すっげ~・・・
thum_Iiderenpou03_2011_0005.jpg

風も穏やかで気持のよい快晴、歩きたくて仕方が無い衝動に突き動かされ
15分ほどで山頂を後に、快適な尾根散歩に再びワクワクしながら戻る。

click_to_expand_12.gif    さあ、大日岳へ♪
thum_Iiderenpou03_2011_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    飯豊山を振り返る
thum_Iiderenpou03_2011_0007.jpg

近づくにつれ、その姿・表情を変える、ダイナミックな大日岳を常に目の前に眺めつつ歩く。
途中久々に登山者と擦れ違いつつアップダウンで7時30分頃、御西岳を通過。
ここから望む大日岳は、また一際美しくデカい。

click_to_expand_12.gif    御西岳から望む風格のある大日岳 最高・・・
thum_Iiderenpou03_2011_0008.jpg

更に10分ほどコルまで下ると、先ほどまで数人の登山者が憩っていた御西小屋へ着いた。
ここで大ザックをデポ、簡易ザックに必需品を詰めると8時前、大日岳へ向け出発。

click_to_expand_12.gif    御西小屋到着
thum_Iiderenpou03_2011_0009.jpg

click_to_expand_12.gif    北股岳方面の主稜線
thum_Iiderenpou03_2011_0010.jpg

暫し下っていくと、気温上昇と供に雪も腐ってきた事もあり、アイゼンを脱ぎ路傍にデポ。
最低コルまで下りきりチョロっと登り返すと、山頂に向け非常に急峻な斜面を直登して行く。

click_to_expand_12.gif    大日岳から派生する尾根上のピーク 櫛ケ峰
thum_Iiderenpou03_2011_0011.jpg

click_to_expand_12.gif    突き上げる急登に喘ぎつつ北股岳方面
thum_Iiderenpou03_2011_0012.jpg

風景に見惚れつつも喘ぎ喘ぎ、30分ほどの急尾根直登で、飯豊連峰最高峰・大日岳へ立った。
と、ここで打って変わって吹きっさらしとなる為、アウター・ゴーグルで防備。

烏帽子岳・梅花皮岳・北股岳の主稜線や、藤十郎山・赤津山・二王子岳等の一際白い連なり
南方には遠く、守門岳・越後三山や会津の山々とおぼしき峰々までもが一望。
先日からの黄砂も治まり、空気も澄んでいるようでご満悦な僕。

click_to_expand_12.gif    藤十郎山・二王子岳方面
thum_Iiderenpou03_2011_0014.jpg

click_to_expand_12.gif    飯豊山を振り返る
thum_Iiderenpou03_2011_0013.jpg

僕以外誰も居ない、強風の大日岳に40分ほども仁王立ち、やっぱり此処まで歩いてきて良かった。
満足するまで十分に景色を堪能すると、大日岳を後にしたのだった。

壮観な風景との出会いに遂に鋭気を取り戻した僕の心   幸せ・・・

飯豊連峰縦走3日目、御西小屋→烏帽子岳→梅花皮小屋の模様はコチラ


東日本大震災への義援金はコチラからどうぞ
登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/158-981f5626