2011年5月3日~6日、GW 飯豊連峰縦走2日目、地蔵山~飯豊本山小屋の模様です。
5月のGW飯豊連峰縦走コース:川入→三国岳→飯豊山→大日岳→北股岳→飯豊温泉

飯豊連峰縦走初日の模様はコチラ



移動性高気圧に覆われる予報に誘われ
以前からずーーーっと歩いてみたいと思っていた飯豊連峰縦走してきた。

朝4時頃地蔵山小屋跡のテントで起床、雨も止み雲も無いようでなにより。
湯沸し→お茶→朝ラーメンの後、なんとなくだらだら~っと撤収
キジ撃ちを終えると6時40分頃、ようやく飯豊山に向けゆるゆると歩き出した。

飯豊本山方面
thum_2011Iidesan02-0001R.jpg

晴れてはいるのだが、黄砂の影響で、霞がかった空にイマイチ気乗りしない我儘な僕。
いったんコルまで下ると、三国岳まで伸び上がる細尾根を詰めていくので、アイゼン・ピッケルで行く。

細尾根を登っていく
thum_2011Iidesan02-0006R.jpg

登ってきた尾根を振り返る
thum_2011Iidesan02-0007R.jpg

このコースの核心部と呼ばれている剣が峰の岩稜をえっこら超えて行き
7時40分頃、三国岳まで上がってきた。
ここで飯豊連峰最高峰、大日岳が姿を現すも既にガス雲が流れ込んできており、いまひとつ。

清潔な三国小屋内部を覗いて見ると
今日、飯豊本山をピストンしているであろう5~6人の登山者の荷物がデポってあった。

三国小屋到着

thum_2011Iidesan02-0019R.jpg

小屋内部の模様
thum_2011Iidesan02-0012R.jpg

暫し休憩の後出発、一応このままアイゼンで行く事にする。
1時間20分ほどで種蒔山ピークまでやってくると、飯豊本山方面が絵になるアングルで見える。
やはり稜線部にガス雲が流れ込んできており、相当強風が吹いている事が予想できる。

種蒔山辺りより飯豊本山方面 ガス流れてます
thum_2011Iidesan02-0035R.jpg

三国山方面を振り返る
thum_2011Iidesan02-0028R.jpg

疣岩山方面
thum_2011Iidesan02-0033R.jpg

ここからコルまで軽く下ると9時45分頃、切合小屋に到着。
ここからは風が吹きさらし、相変わらず飯豊本山には凄い速さで雲が流れ込んでいる様子が覗える。
時間も有り余っている事もあり、風がもう少し収まってくれる事を期待しつつ、いったん大休憩。

切合小屋 2階入り口狭いです

thum_2011Iidesan02-0040R.jpg

2階の冬季出入り口(凄く狭い)から小屋内部にお邪魔、やはりここにも登山者の荷物がデポ
お湯を沸かしてお茶をすすりつつパンなどを貪る。

切合小屋内部の模様
thum_2011Iidesan02-0038R.jpg

11時過ぎまで粘ると飯豊本山方面の雲が消えてきた為、出発する事にして
重くなった腰をえっこらと上げる。

急尾根を50分ほど登ると小ピーク「草履塚」に到着。
大日岳がイイ感じで望めるも、こちらは朝からずーーーーっとガス雲の餌食。

雲の切れ目から大日岳が見えた
thum_2011Iidesan02-0060R.jpg

この先は夏道が見えており、岩稜部もあるようなのでアイゼンを外し進む。
にしても西風(谷からのノックアップストリーム)が猛烈で飛ばされそう、時折立ち止まりつつ歩いていく。

ここからアイゼンを外して上る
thum_2011Iidesan02-0070R.jpg

ここから飯豊山へは長い上りが続く。
御秘所を過ぎると岩稜(クサリあり)を通過、2時頃いったん上りつめると平坦地「一ノ王子」
どうやらここがテン場らしいが、当然この強風で幕営する気もせず、更に先へ。

岩稜部通過
thum_2011Iidesan02-0077R.jpg

一ノ王子から飯豊本山山頂部を仰
thum_2011Iidesan02-0101R.jpg

歩いてきた尾根を振り返る
thum_2011Iidesan02-0093R.jpg

ここから軽く一登りで2時過ぎ、今日の目的地である飯豊本山小屋に着いた。
やはり2階の冬季出入り口からお邪魔、誰もいなくてホッと一息。

本山小屋到着
thum_2011Iidesan02-0103R.jpg

再びお湯を沸かしお茶で一服、いったん落ち着くと小屋周りを散策。
外にあるトイレは入り口が雪で埋もれており使えないようである。(はい、キジ撃ち決定)

小屋付近より飯豊本山
thum_2011Iidesan02-0109R.jpg

4時頃までボヤ~~ッと過ごすと、もう人も来ないだろうという事で
小屋内にテントを張る事にする。 これ、暖かいと評判で、前から試してみたかった。
(実際、冷気が遮断され暖かかった)

小屋内に幕~営~

thum_2011Iidesan02-0113R.jpg

水などを作りつつ、携帯電話の電源を入れてみるとアンテナが立ったので、天気予報チェック。
ウェザーニュース社の山岳天気予報、明日の飯豊山、午前曇り・午後晴れ
う~~~~む、午後からの回復かぁ~ どうもイマヒトツな天気傾向だねぇ・・・

正直、ここまではアプローチ気分、なんとなくほぼ感情の起伏もなく登ってきたが
明日・明後日がいよいよこの縦走の核心なので、なんとしても朝からビカーーーっと晴れて欲しいのだ。
腕時計で気圧傾向を確かめると、確実に上昇傾向なので、朝から晴れるような気もするが・・・

明日、晴れなかった場合の代替プランなどを案じつつ、夕飯→ウォッカ水割りで8時過ぎまで潰すと
強風で小屋がキシむ音を聞きつつシュラフに潜り込んだのだった。

さあ、明日こそはこの僕の沈みがちな心、美しい風景との出会いでいよいよ目覚めてくれるのか?


東日本大震災への義援金はコチラからどうぞ
登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/157-ca08c07b