2011年5月3日~6日、GW 飯豊連峰縦走初日、川入~地蔵山(幕営)の模様です。
5月のGW飯豊連峰縦走コース:川入→三国岳→飯豊山→大日岳→北股岳→飯豊温泉



移動性高気圧に覆われる予報に誘われ
以前からずーーーっと歩いてみたいと思っていた飯豊連峰縦走してきた。

守門岳登山を終えた後、天気の動向を見守りつつ、小出にある道の駅「ゆのたに」で3連泊。

GW後半、山形方面に晴れが続く予報がでた為
以前から、強く登ってみたいと思っていた飯豊連峰縦走を敢行する事に決定。

朝7時半頃小出を出発、関越道・北陸道・磐越道と車を走らせ10時頃、会津坂下で降りる。
晴れてはいるものの黄砂の影響か、空に膜がかかっているようなイマイチな天気。

麓から縦走する飯豊連峰を望む
thum_Iidesan01_2011_0001.jpg

これから縦走する飯豊連峰を望みつつ麓を走り11時頃、飯豊鉱泉擁する川入集落に到着。
事前調査とは違い、この先キャンプ場まで車で侵入できるようだが
時間にゆとりもあり、帰りのタクシー代をケチる意味でも、ここに車を停めさせてもらう事にする。

川入到着
thum_Iidesan01_2011_0002.jpg

不確定・不安要素がある為か、何故かいまひとつ気乗りしない感じで着替え・荷詰め
暫く食えない弁当を平らげると11時30分頃、飯豊山へ向け、ゆるゆると歩き出した。

こんな感じの車道を歩いてい
thum_Iidesan01_2011_0003.jpg

沢沿いの未舗装路を淡々と30分も歩くと「川入キャンプ場」に到着、5~6台の車が駐車している。
管理棟に入り登山カードを記入すると再出発、登山道に入るとここから雪道となる。

川入キャンプ場到着
thum_Iidesan01_2011_0004.jpg

さあ、ここから登山道
thum_Iidesan01_2011_0005.jpg

平坦な道を暫し進み、御沢小屋跡を過ぎると尾根へ取り付く。のっけから急登である。
大量のメマトイ(目に飛び込んでくる虫)やブヨにたかられ辟易しながら、ゆっくり登っていく。

1時間半歩き続け上十五里辺りまでやってくると、ようやく虫が減ってきた為休憩する。
気付くと薄雲が広がっており日差しシャットダウン、まあ今日は移動日なので天気はどうでもいいか・・・

歩いてきた尾根を振り返る ぱっとしない天気
thum_Iidesan01_2011_0006.jpg

2時半頃いったん肩まで登ると平坦な尾根となり、ここらが横峰小屋跡である。
当初はここいらに幕営しようと思っていたのだが、まだ時間も早いしもう少し進む事にする。

横峰小屋跡付近 奥に三国岳が見える
thum_Iidesan01_2011_0007.jpg

急尾根を更に上り3時20分頃地蔵山に到着、ここで飯豊本山への稜線がお目見えも
天気が悪くなんら感慨も湧いてこない僕。

地蔵岳方面の尾根 奥に非常にうっすら~っと朝日連峰が見えていた
thum_Iidesan01_2011_0008.jpg

山頂下の平坦地「地蔵小屋跡」を今夜の宿とし、なにはさておき整地&幕営
1時間ほどで落ち着くと、ビーーーーーールターーーーーーーーーーーイム!
雪に埋めておいたのでキンッキンで至福。

幕~営~ 中途半端に雪壁
thum_Iidesan01_2011_0009.jpg

も、暫くすると天気予報どおり雨が降ったりやんだり。
明日は晴れるようであるが、この空気を霞ませている黄砂はなんとかならないものか・・・

あれほど憧れていた飯豊山に来たものの、何故か終始沈みがちな感情。
いつもどおり8時過ぎまでウォッカ水割りで時間を潰すと、シュラフに潜り込んだ。

この縦走、どういう顛末を迎えるのかなぁ・・・

飯豊連峰縦走2日目の模様はコチラ


東日本大震災への義援金はコチラからどうぞ
登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/156-54fd1a9b