2011年5月21日 二子山中央稜マルチピッチクライミングで二子山の頂に立った馬鹿な男達の話。

東日本大震災への義援金はコチラからどうぞ
登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ



クラシックルートへの足がかり、二子山中央稜を攀じ登って(クライミングして)きた

【以下、二子山中央稜マルチピッチクライミングの顛末】

朝5時東京の自宅を出発、関越道花園で降り「すき家」で朝食といつもの流れ。
かつてツーリングでよく訪れた志賀坂峠へとドライブ、民宿登人で右に折れ林道走行。

緊張している友人Pを尻目に、何故か気持の抑揚がイマヒトツない僕。
7時40分頃、二子山登山口へ到着。

二子山登山口到着

thum_2011Futago0001.jpg

ハーネスを着けザックを背負うとゆるゆると登山道を進む。
クラミングエリアの一つ「祠エリア」を過ぎ、途中分岐点を見落とし遠回りしながらも8時20分頃
二子山中央稜の取り付き点へ到着、8時半過ぎ友人Pがリードで(先に)1ピッチ目を攀じりだす。

祠エリア 壁かぶってます 到底無理

thum_2011Futago0003.jpg


●1ピッチ

ルンゼを辿り、右上にトラバース、立木を過ぎ上を見上げると、そこに終了点が見える。

僕もセカンド(確保された状態)で取り付くも
先日の飯豊連峰縦走で痛めた膝(水たまり・裏筋痛め)・病み上がり(風邪をひき高熱)の影響もあり
グダグダ。 のっけから不安。

1ピッチ目に取り付くP

thum_2011Futago0004.jpg

終了点からローソク岩
thum_2011Futago0005.jpg


●2ピッチ

ボルトにつられ素直にフェースを直上、落ち着いたところで右に乗っこし、暫し上り終了。

まだ1ピッチ目だと思い込んでいた友人Pがリードで登ってしまった為、再びセカンドで行く僕。
途中Pの不適切なアドバイスに騙されるも、方向修正して終了点へ、未だしっくりこない。

終了点から両神山
thum_2011Futago0010.jpg


●3ピッチ

「コーナークラック」を含むクラックルート、二子山中央稜の核心部

つるべで進み、本来Pが登る予定だったが、さきほどのピッチ間違いの仕業で、僕がリードで行く事に
なんとか最初のクラックはクリアしたものの、どうやっても「コーナークラック」の突破口が見つからず

結局昨年同様、ボルトに足を乗り上げたりして突破、驚くほど進歩のない自分に落胆。
ひろい大テラスに出ると、ここが終了点。 友人Pも登ってくると、いったんここで大休憩とする。

このクラックを登っていきます
thum_2011Futago0039.jpg

3ピッチ目を登る僕

thum_2011Futago02-0010.jpg

大テラスから下を望む

thum_2011Futago0014.jpg


この後の4・5・6ピッチはガバガバ(掴み易いホールド)が多く
ようやくクライミングを楽しみながら、つるべ(交互にリード)で快適に攀じっていく。

4ピッチ目
thum_2011Futago0015.jpg

4ピッチ目終了点で準備するP

thum_2011Futago0020.jpg

5ピッチ目
thum_2011Futago0019.jpg

6ピッチ目を登るP

thum_2011Futago0023.jpg

小広い6ピッチ終了点までやってくると、ここで二子山(西岳)山頂や憩う登山者が望まれ ホッ
とうとう喉元まできたぞっ

二子山山頂が見えた!

thum_2011Futago0026.jpg

登ってきた稜線を見下ろす

thum_2011Futago0027.jpg

この先は登攀用具不要、ロープ・ヘルメットをしまい靴を履き替えると稜線をゆるゆる進む。
岩ピークを幾つか越えると12時前、ついに二子山山頂に立つ僕らが居た。

「おつかれっ!!!」 っで、固く暑苦しい握手をする男2人  149509.gif

さらに 骨が折れそうなほど激しい抱擁   棒人間_l
まではしていない・・・

山頂近くの人の居ないピークに腰を落ち着けると、登ってきた中央稜などを感慨深く眺めつつ昼飯
僕が普段味わっている単独行の充実感とはまた違った喜びに浸る。
困難を突破した達成感などから来る幸せな気持を分かち合う、日常の僕からは乖離した感覚。

二子山中央稜を感慨深く眺める
thum_2011Futago0033.jpg

西岳より西方へ伸びる岩稜

thum_2011Futago0036.jpg

アルパインクラミング・バリエーションルートへの足がかり的位置づけに捉えていた二子山中央稜
構想から約2年、僕の骨折・友人Pの努力・幾度の対立を乗り越えて辿りついた頂だ。

素人から始め、ガイド山行で試攀・クライミング技術書で独学
厭世的な僕、山岳会に身をおかず手に入れた頂、まさにガチ、格別な感慨も必然。

ようやく独立したクライマーへの第一歩を踏み出すことができた。
より技術をあげ、いよいよ本チャンルートへ歩みを進めるばかり。 明日はどっちだ!


東日本大震災への義援金はコチラからどうぞ
登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/155-f4abadf5