西別岳の初登山後、手当たり次第低山に登った年の翌夏
再び僕は、山に登る為にバイクで北海道までやって来た。

前年は、ジーパン・スニーカー・簡易ザックで登っていたのだが
この年は準備万端、中厚登山パンツ・トレッキング靴・45ℓザックの装いで海を渡って来た。

青函フェリーで函館に渡ると
まずは横津岳、秩父別に移動して黄金山、女満別に移動して斜里岳、藻琴山、武華山
富良野に移動して芦別岳
天気と気分で移動しながら、きまぐれに登っていった。

その後、この夏のメインイベントである大雪山縦走
姿見の池→旭岳→間宮岳→中岳→黒岳(テント泊)→北海岳→間宮岳→旭岳→姿見の池 を歩く為
8月12日、「山部自然公園太陽の里キャンプ場」で合流した友人(やはり東京からバイクで来た)と
旭岳ロープウェイで姿見の池に降りたった。


姿見の池より旭岳を仰ぐ
ohachi_2009_4_5_001.jpg


1時間30分ほどザレた斜面を登るとあっけなく旭岳に到着。
流れてきた雲が遠景を隠しいまひとつ展望が利かない為、間宮岳に向け早々に歩き出す。
(晴れていれば黒岳・トムラウシ・十勝連邦などが望まれ良い展望が得られる。)


旭岳山頂付近より愛山渓の山々を望む
ohachi_2009_4_5_002.jpg


いったん雪の残る旭岳東斜面を下り、旭裏から緩やかな斜面を登ると間宮岳に出る。
突如、眼下にお鉢平がど~~~~~んと現れ、圧巻である。


間宮岳より眼下に広がるお鉢平
ohachi_2009_4_5_006.jpg


ここからお鉢の稜線を左回りにのんびり辿ると雲ノ平に出る。
ここから黒岳までは随所にお花畑が拡がっており
雪解けを追うように7月中旬から下旬に訪れると、素晴らしい風景を味わう事ができる。

この夏は花の最盛期などよく分からずに、山頂からの眺望のみを目的に大雪山を訪れた為
全般的に花の最盛期を過ぎており、その極楽風景を見る事は叶わなかった。
いま考えると非常~~~~にもったいない!!

夕方、黒岳石室のテント場で
北鎮岳の「千鳥の雪渓」を眺めながらビール、明日の快晴を願い就寝した。


黒岳石室より 北鎮岳の千鳥の雪渓
ohachi_2009_4_5_003.jpg


翌朝、快晴の黒岳からの大展望で幕を開ける!!
ここ、その後何度も訪れているが、良い景色だ。
北鎮岳の美しい雪渓模様や、お鉢平の稜線に連なる山々、雄大である。


黒岳より 表大雪の山々を望む
ohachi_2009_4_5_005.jpg


さて、黒岳石室まで引き返し分岐を左、北海岳を目指すのだが
この途上で僕は初めて、大雪山に咲く花々の素晴らしさの一端に出会うのだ!!

いたるところにチングルマやエゾノコザクラが咲き乱れている。
楽園だ!!
当時は花の名前もよく分からなかったが、その美しい牧歌的風景に魅了されてしまった。


北海沢に咲くチングルマ 北鎮岳とのコントラストが美しい
ohachi_2009_4_5_004.jpg


ここ北海沢は例年、雪解けが遅いため、開花が遅いらしく
8月中旬にもかかわらず、極楽風景を堪能できたのだ。 ありがとう!!


北海岳山頂付近の花畑
taisetsuzan_2009_4_5_010.jpg


北海沢での楽園散歩を楽しむと、再びお鉢平の稜線に上がり
北海岳→間宮岳→旭岳→姿見の池 と快晴の大展望を満喫、幸せに歩いた。

この夏僕は、大雪山の花々の素晴らしさを知ってしまった!!
そしてまた極楽風景を求め、何度も大雪山を歩く事になるのだ。

 

 

楽しい登山ブログを探す

愉快な登山ブログを探す

 blogmura_bana.gif

fc2blog_bana.gif  




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/15-3c6aafde