2011年2月5~6日、鳳凰三山登山初日の模様です。
鳳凰三山登山コース:夜叉神峠→ガマの岩付近(幕営)→薬師岳→観音岳→地蔵岳




冬型が緩む天気予報に誘われ、以前から歩いてみたかった鳳凰三山を歩いてきた。

朝5時東京の自宅を出発、大嫌いな中央自動車道に乗り7時頃、甲府昭和インターで降りる。
途中「すき家」で朝飯、「セブンイレブン」で山飯調達、というお約束の流れで8時前
夜叉神峠駐車場に到着。危惧していた路面の凍結もなく良かった。

空いている夜叉神峠駐車場
thum_Hououzan01_2011_0001.jpg

冬という事もあり駐車場は空いており、パッと見、3~4台の車が停まっているのみである。
みんな来週の3連休に備えているのかな?

着替え・荷詰を終えると8時頃、鳳凰山へ向けゆるゆると歩き出した。
2月初旬だというのに空気も暖かく風も弱く、春山を歩いているかのような陽気である。

まずは幅広の歩き易い雪の無い道を暫し進む。
やがて雪が目立ちはじめるが、表面に薄っすら乗っている程度で、夏道となんら変わりなく歩ける。

歩き易い道を進む僕(P撮影)
thum_Hououzan01_2011_0009.jpg

1時間も歩くと夜叉神峠小屋の建つ夜叉神峠に到着。

夜叉神峠小屋に到着
thum_Hououzan01_2011_0003.jpg

ここで視界が一時的に開け、稜線部が白く輝く北岳・間ノ岳・農鳥岳の白峰三山が望まれる。
若干、南から薄雲が流れつつあり、最っ高~とまではいかない。 まあ、明日に期待。

白峰三山
thum_Hououzan01_2011_0002.jpg

風景を眺めつつ暫し休憩の後出発。 時折樹間から富士山等が見えるものの
基本的には視界の利かない一定勾配の樹林帯を黙々と上る。
やがて雪が明瞭となるが、緩勾配・しっかりしたトレースのおかげでアイゼン不要、つぼ足で登る。

時折樹間から富士山
thum_Hououzan01_2011_0004.jpg

だんだん雪が増えてくるが、歩き易いのでつぼ足
thum_Hououzan01_2011_0005.jpg

休憩を交えつつゆっくり上り11時過ぎ、道標のある折立峠通過。
11時40分頃火事場跡でいったん視界が開け白峰三山が見えるものの、暫し進むとやがて
再び展望の無い樹林帯を進む。

12時40分頃、いったん肩ピークまで上りつめるとそこが苺平。
辻山を巻くようにトラバース気味にコルまで下ると1時過ぎ、南御室小屋に着いた。

南御室小屋到着
thum_Hououzan01_2011_0006.jpg

テン場にはテント一張。 冬季小屋を覗いてみると思っていたより狭く、余裕をもって5人位か。
夏小屋の休憩スペースも開放しているようなので、そちらで泊まる事も可能であろう。
明日の歩程・時間を考え僕らはもう少し上を目指す事にする。

ここから暫し急勾配となり足をとられるようになったので
僕は軽アイゼン(6本爪)を、友人Pはアイゼン(10本爪)を装着して上っていく。

50分ほど上ると「ガマの岩」付近に幕営可能スペースを確認。
当初は薬師岳小屋付近に幕営しようかと思っていたのだが
「森林限界を超えないここいらの方が快適だろう」っという事で、今日はここにお泊り決っ定~。

整地→幕営→荷下ろし→ウン場作りを終えると、ようやくテント内で一息。
気温が高い事もあるが、やはりテントは避難小屋よりも暖かく感じる。

幕~営~~
thum_Hououzan01_2011_0007.jpg

水をつくるP
thum_Hououzan01_2011_0010.jpg

白峰三山に夕日が落ちる
thum_Hououzan01_2011_0008.jpg

あとは水を作りつつ晩酌・夕飯というお約束の流れで戯れると9時頃、シュラフに潜り込んだのだった。
明日、晴れるかなぁ・・・

鳳凰山登山、2日目の模様はコチラ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/147-49733746