平成23年1月2日~3日、日光白根山登山初日の模様です。
日光白根山登山コース:日光湯元→前白根山→五色沼避難小屋(泊)→日光白根山



当日朝4時起床、歯を磨きバナナを食らってしまうと
早速「天気.JP」のピンポイント天気予報で、翌日の日光白根山麓の天気予報をチェック。
片品村・みなかみ町など、この時期は晴れ辛い地方も、朝6時から晴れる予報である。

悪い予報だったら奥多摩へ行こうと思っていたのだが、う~~~~~~む 晴れてしまうか・・・
っという事は、またあの酷寒の夜を過ごさなければならないのか。 気が重いのぉ・・・・・・・

5時頃、友人Pが車で迎えに来た。
この天気予報にネガティブ(否定的)・パッシブ(消極的)男Pでさへ覚悟を決めたようで
僕の予想を裏切る一言、「日光白根山へ行っても良いぞ」っとの事。 そう言われちゃぁ
発案者の僕が意義を唱える事もできず、そうか、ではしょうがあるまい で日光白根山に決定。

東北自動車道→日光宇都宮道路→いろは坂→中禅寺湖 で8時過ぎ日光湯元へ到着。
本日は予報どおり冬型の気圧配置なので、ここいらまで雪雲が流れており、やはり気が進まない。

着替え・荷詰めを終えると8時半頃、日光湯元スキー場へ向けゆるゆると歩き出した。

click_to_expand_12.gif    湯元スキー場到着
thum_Okushiranesan_2011_0001.jpg

スキーリフトを乗り継ぎ登山口まで運んでもらう。標高差約360mを有難く稼がしてもらう。

click_to_expand_12.gif    楽々リフトで上る 上層には雪雲が・・・
thum_Okushiranesan_2011_0002.jpg

年末・年始に登ったのであろう登山者に付けて頂いたトレース・標識に導かれ
のっけから急斜面を喘ぐ。雪ふかふかでつぼ足。時折膝下まで埋まりつつゆっくり進んで行く。

雪尾根を歩く僕(P撮影)
thum_Okushiranesan_2011_0030.jpg

click_to_expand_12.gif    時折風雪舞う雪斜面にシュカブラ
thum_Okushiranesan_2011_0003.jpg

2時間ほどかけ外山鞍部までえっちらやって来るとここから尾根筋、ようやく傾斜も緩んでくる。
時折、南東方向が開け、戦場ヶ原・男体山・中禅寺湖などが望まれるようになる。

click_to_expand_12.gif    男体山は雲が取れてきた!
thum_Okushiranesan_2011_0004.jpg

12時半頃、2325mピークを通過、森林限界も近く女峰山・大真名子山・男体山が美しい。
更に高度を上げ、外輪稜線に近づくにつれ雪雲出現、フード・目出帽などでガードしつつ進む。

click_to_expand_12.gif    雪雲の中へ
thum_Okushiranesan_2011_0005.jpg

1時過ぎ、本日最高到達点である前白根山付近を過ぎると、避難小屋方面下っていく。
ここいら、晴れていれば五色沼を抱く日光白根山が美しく望まれるビューポイントなのだが
雪雲でなんも見えん。 まあ、明日に期待しておこう・・・

click_to_expand_12.gif    前白根山を仰ぐ
thum_Okushiranesan_2011_0006.jpg

外輪に沿う様に暫く雪稜を進むと、案内板に導かれ雪でふかふかの樹林帯を下る。
下りきると1時40分、本日のお宿である避難小屋へ着いた。

避難小屋到~着~
thum_Okushiranesan_2011_0008.jpg

ここより先はノートレース、ここ最近の悪天で皆、登頂を断念しているようである。

中へ入ってみると先客様お1人。 
僕らが荷下ろしなどをしていると、「様子を見てきます」っとの事で外へ出て行った。
この人がこの偵察で付けてくれたトレースに翌日、僕らはおおいに助けられる事になる。
この時は、ありがとうございました!

小屋内部の様子
thum_Okushiranesan_2011_0007.jpg

後はいつもどおり水作り・晩酌・夕げで8時頃まで過ごすと、シュラフに潜り込んだのだった。
明日晴れるかなぁ・・・

日光白根山登山2日目の模様はコチラ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/142-583a21e7