年末年始遠征登山の第二弾として八ヶ岳は権現岳に登った。

朝6時頃、茅野のビジネスホテルを出発。
徐々に薄明るくなってきた空に、雲ひとつ無い八ヶ岳がそびえている。


諏訪湖の向こうに連なる八ヶ岳(前日撮影)
gongendake_2009_4_5_001.jpg


セブンイレブンで食料を調達する(コンビニはやはりセブンイレブンに限る!)と
登山口のある観音平へ向け国道20号を南下。甲斐駒、鳳凰三山などがくっきり望まれ気分好し!

が、八ヶ岳横断道路で観音平口まで来て見ると、登山道までの車道が通行止だ!!
ここから登山口まで1時間以上の車道歩きを強いられるため、観音平から登るのは断念。
事前確認甘し!!!

とりあえず、三ツ頭経由で登る方向で、天女山入口まで車を走らせる。
ここもやはり登山道までの車道が通行止となっており、ゲート付近に何台か車が駐車してある。

コースタイムを考え、ここから登るのが最善と判断、空いているスペースに車を駐車。
7時40分、ゲートの脇を抜け、ゆるゆると登り始める。

登り始めて暫くすると、次々に下ってくる登山者とすれちがう。
どうやら、「天女山」や「天の河原」でご来光を迎えた人々のようだ。

30分ほどで天女山、さらに10分ほどで天の河原に着く。ここ、ちょっとした展望台となっており
富士山・鳳凰三山・北岳・甲斐駒・赤岳などが朝日を浴び美しい。

さらに30分ほど緩やかに樹林帯を登ると、明確な急登となるため
登りに備え一休み。アイゼンを装着。

ここからはひたすら樹林帯の急な上りが続く。
凛とした冬の空気の中、登山で温まっていく感覚が気持ち良いなあ。

10時10分、いったん前三ツ頭で視界が開ける。
高度を上げたおかげで、さらに展望が拡がり
仙丈岳・御嶽山・中央アルプスまで望め、眼前には三ツ頭がそびえている。


前三ツ頭より三ツ頭を仰ぐ
gongendake_2009_4_5_002.jpg


再び樹林帯にはいり、30分ほど上ると、10時40分頃、吹きさらしの三ツ頭ピークに到着。

ここでようやく北方の視界が開け、八ヶ岳の山塊を望む事ができる。
雪まとう権現岳・赤岳・阿弥陀岳などが険しくそびえ、圧倒的な迫力である!!


三ツ頭より望む権現岳・阿弥陀岳・赤岳
gongendake_2009_4_5_003.jpg


にしても 寒い。 当然の事ではあるが、風を遮るものがなんにも無い。
ここで厚手のフリース、スキングローブ、みみあてを着用、ネックウォーマーを鼻まで上げる
が、う~~~~ん・・・・・・・・・無理があるなあ。やはり「目だし帽」と「ゴーグル」は必要だ。

いったん権現とのコルまで下ると、激しく風が吹きさらす。
鼻水は垂れ流し状態、吐息でネックウォーマーの裏地が凍っていく。


吹きさらしのコルより権現岳を仰ぐ
gongendake_2009_4_5_004.jpg


山頂付近まで尾根伝いに登り
左から斜面をトラバースすると、12時頃権現岳山頂に到着した。

山肌を雪に覆われ、陽の光を浴び輝くギボシや、眼前に鎮座する赤岳がひときわ険しく
充実感にひときわ満たされる瞬間である。

冬型が強いせいか、北西から次々に雲が流れ込み始め赤岳山頂部を隠す。下山の時間だ。


権現岳より雪まとうギボシを望む
gongendake_2009_4_5_005.jpg


来た道を下り、いったん前三ツ頭でコーヒータイム(風が冷たくほっとできない)。
3時30分頃、登山口に到着した。
比較的天候にも恵まれ、雪山への想いも新たに充実した登山だった。

再び茅野のビジネスホテルに戻ると、スーパーの惣菜でささやかな打ち上げ
くだをまき、9時頃、早々に就寝する。




[データ]

 登山日  2009年1月1日
 入 山  午前7時40分
 下 山  午後3時30分
 人 数  2人
 服 装  厚手のアンダーウェア(常に装着)
       長袖丸くびシャツ(常に装着)
       薄手の丸くびフリース(常に装着)
       厚手の襟ありフリース(上りの三ツ頭より装着)
       ネックウォーマー(ほぼ装着)
       みみあて(上りの三ツ頭より下りの前三ツ頭まで装着)
       スキングローブ(上りの三ツ頭より下りの前三ツ頭まで装着)
       雨具上(常に装着)
       厚手のももひき(常に装着)
       中薄ズボン(常に装着)
       発熱素材の薄手手袋(常に装着)
 装 備  アイゼン6本爪(常に装着)
       ピッケル(権現岳・三ツ頭間で使用) 

 

 

楽しい登山ブログを探す

愉快な登山ブログを探す

 blogmura_bana.gif

fc2blog_bana.gif  



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/14-1093a5a9