2010年12月27日~28日、甲武信ケ岳登山初日の模様です。
甲武信ケ岳登山コース:西沢→徳ちゃん新道→木賊山→甲武信小屋(幕営)→甲武信ケ岳
                   破風山→雁坂嶺→雁坂峠→西沢



当初は聖岳へ登りたいと思っていたのだが、天気予報が釈然としない為
比較的晴率の高い甲武信ケ岳へ登ろうという事となった。
どうせ行くなら、金峰山まで縦走したかったのだが、天候・体力不安により今回の登山コースとした。

朝4時、東京の自宅を出発、大嫌いな中央自動車道を走る。
平日という事もあり交通量もそれほど多くなく、比較的ストレスなく走行、勝沼インターで降りる。

途中セブンイレブンで朝飯&不足分の山飯を調達
国道140号で北上し6時40分頃、「道の駅みとみ」に到着。
寒さに震えつつ、着替え荷詰めを終えると7時5分頃、甲武信ケ岳へ向けゆるゆると歩き出した。

click_to_expand_12.gif    道の駅みとみより甲武信ケ岳を仰ぐ
thum_Kobushidake_2010_0001.jpg

暫くは西沢渓谷の平坦な林道をのろのろと30ほども進むと西沢山荘が見える。
山荘の手前を標識に導かれ「徳ちゃん新道」、ここから登山道となる。

click_to_expand_12.gif    月・青空を望みつつ林道を歩く
thum_Kobushidake_2010_0002.jpg

10分も進むと、やがて道は尾根を直登で辿るようになり、重い荷物・急傾斜に喘ぎ喘ぎ上る。
歩き出しは雲ひとつ無かった稜線にも徐々に雲が流れ出し、登降意欲を削がれる。

標高が1500mを越えだすと道に雪がちらほら現れ、高度を上げるにつれ雪道となる。
ありがたいトレースもしっかりついており、雪質も柔らかい為、つぼ足で登っていく。
さきほど湧き出した雲も気付くと少なくなってきたようで、とりあえず一安心。

click_to_expand_12.gif    雪がちらほら現れてきた
thum_Kobushidake_2010_0003.jpg

基本的にほぼ展望の利かない樹林帯を登って行くが、それでも時折視界が開け
富士山・国師ケ岳などが望まれる。

click_to_expand_12.gif    時折富士山が望まれる
thum_Kobushidake_2010_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    雪が明瞭になってきた
thum_Kobushidake_2010_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    国師ケ岳も見えてきた
thum_Kobushidake_2010_0005.jpg

黙々とひたすら尾根を上り続け12時40分頃
標高2400mを越えているにも係わらず、やはり展望の利かない木賊(とくさ)山を通過。

甲武信小屋のあるコル方面へ暫く下ると、ここでようやく甲武信ケ岳が眼前に姿を現す。
山岳ガイド紙などでよく見かけるアングルに 「ぅお~~~」 っとなる。

click_to_expand_12.gif    ようやく甲武信ケ岳が見えた
thum_Kobushidake_2010_0007.jpg

西方方面の展望も開け、国師ケ岳・金峰山・小川山なども望まれる。

click_to_expand_12.gif    国師ケ岳・金峰山・小川山
thum_Kobushidake_2010_0008.jpg

更にコルまで下ると1時過ぎ、本日の幕営地「甲武信小屋」に到着した。
風も流れ込んでこず、なかなか快適な立地条件のようで良かった。

click_to_expand_12.gif    甲武信小屋到~~着
thum_Kobushidake_2010_0024.jpg

冬季開放されている小屋内部を眺めたり、幕営適地を物色したりで暫し休憩
この後、雲が流れ込んでこないとも限らないので、雲の被っていない今のうちだ
っという事で、なにはさておき甲武信ケ岳山頂へ行く事とする。

樹林帯を15分ほど登るとここらでようやく森林限界も近い。
振り返ると木賊山の向こうに奥多摩の山々・ケルンの向こうに富士山(ガイド紙でよく見る構図)
昨年冬登った金峰山などが望まれる。

click_to_expand_12.gif    木賊山を振り返る
thum_Kobushidake_2010_0009.jpg

click_to_expand_12.gif    ケルンと富士山
thum_Kobushidake_2010_0012.jpg

ここから2~3分も進むと2時前、大きな山頂表示の建つ甲武信ケ岳山頂へ着いた。
一部木立に遮られ360度のパノラマとまではいかないが、稜線の先に構える国師ケ岳などが美しい。

click_to_expand_12.gif    山頂より三宝山方面
thum_Kobushidake_2010_0010.jpg

冬型が強いようで、予想通り八ヶ岳・南アルプスなどには雪雲が流れ込んでおり雲の中。
この時期、ここらがちょうど 快晴OR麓は晴れても山頂部はガス の境目となる事が多いようである。

click_to_expand_12.gif    八ヶ岳方面 ガスガスでなんも見えん
thum_Kobushidake_2010_0011.jpg

当然寒いものの、冬にしては比較的穏やかな甲武信ケ岳山頂で暫し過ごすと
この後、幕営作業もある為甲武信小屋まで戻る事とする。

目の前に魅力的な冬季開放小屋があるので、本来そこに有難く泊まれば良いのだが
雪山経験の浅い僕ら、ここは訓練・経験と割り切って、あえて幕~~~営~~~~~ なのだ。
友人Pの「小屋泊まろうぜ~」  の哀願を振り切って、雪でふかふかの小屋前を整地・テント設営。

click_to_expand_12.gif    幕~~~営~~~
thum_Kobushidake_2010_0025.jpg

click_to_expand_12.gif    夕焼けの富士山
thum_Kobushidake_2010_0013.jpg

click_to_expand_12.gif    お日様が沈んでいく・・  明日もギラギラと頼むよ!
thum_Kobushidake_2010_0014.jpg

1時間ほどでなんとか形にすると、まずなにはさておき雪を溶かして水をつくる。
各々2リットルほどつくると、夕げの準備をしつつウォッカ(Pはウィスキー)をちびちびやり始める。
酩酊した前回、天狗岳の二の舞にならないように、ペースを気にしながら酒パワーで体を温めていく。

とはいえ、なんだかんだ言いながらシュラフに潜り込んだのは10時前であった。
明日晴れるといいなぁ・・・・・・・・・・・・

冬の甲武ケ岳登山2日目の模様はコチラ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/138-6ecf4aa6