初冬唐松岳登山初日の模様です。
2010年11月20~21日 登山コース:八方→八方池山荘→丸山→唐松岳



朝6時、東京の自宅を出発。
若干の渋滞にはまりつつ、関越道~上信越道と走り9時過ぎ、長野インターで降りる。
これから登る唐松岳を含む後立山が、雪で真っ白になっているのが望まれ、期待が高まる。

山飯を買足し、登山口のある白馬村へ暫しのドライブ。 大町街道で「サンサンパーク白馬」まで
やって来ると眼前に、鹿島槍ケ岳・五竜岳・唐松岳・白馬三山が白く輝いているのが見える。
いいねぇ~~・・・・・・・・

click_to_expand_12.gif    白く輝く白馬三山
thum_Karamatsudake01_2010_0001.jpg

おととし夏、初の北アルプス遠征の際によく利用した、白馬村のガストでのんびり早昼飯の後
第二郷の湯前の駐車場に車を駐車。 着替え・荷詰めを終え
今シーズン初の冬靴を履くと11時40分頃、唐松岳へ向けゆるゆると歩き出した。

10分ほど歩きゴンドラリフトアダムの乗車口に到着。
ぴゅ~~~~~~~~ん で「兎平」までらくらく運んでもらう。

スキーシーズン前の中途半端な時期である為
この先の2つのリフト「アルペンクワッド」・「グラートクワッド」は運行していない。
なので、ゲレンデの歩き易いところをたんたんと上って行く事となる。

click_to_expand_12.gif    兎平からはゲレンデを上っていく
thum_Karamatsudake01_2010_0002.jpg

雨飾山・妙高連峰・高妻山・戸隠山などから成る頸城山群などを振り返ったりしながら
40分ほど登ると鎌池へ到着、白馬三山・五竜岳などを眺めつつ一息。

徐々に雪が目立ち始めるゲレンデを更に30分ほど上ると、今夜のお宿「八方池山荘」に着いた。
麓から持ってきたビールを山荘前の雪に埋めると、まだ時間も早い為、ちょっと「お散歩」する。

ここからは明瞭な雪道となるが、雪質は未だ軟い為、つぼ足で問題なく進んでいく。
今シーズン初の雪山風景、いんやぁ~~~  やっぱりきれいだねぇ~~~~・・・・・・・

click_to_expand_12.gif    八方池山荘辺りから白馬岳方面の連なり
thum_Karamatsudake01_2010_0003.jpg

八方山を過ぎた辺りから、スキーの轍がちらほら
ここらから不帰嶮の雪岩峰群・天狗の頭が望まれ、真っ白で荘厳である。

click_to_expand_12.gif    八方山辺りから唐松岳方面を仰ぐ
thum_Karamatsudake01_2010_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    雪で荘厳 天狗尾根と白馬鑓ケ岳
thum_Karamatsudake01_2010_0005.jpg

ほぼ無風・暖かい日差しの中、1時間ほどのゆっくり散歩で八方池へ到着。
風景を眺めつつ暫し憩うと、明日の期待を胸に山荘まで戻る。

本日の宿泊者4名で、1部屋独占。

1部屋独占
thum_Karamatsudake01_2010_0006.jpg

のんびり風呂に浸かると、おまちかねの ビーーーーーーーーーーールターーーーーーーイム!

麓から持ってきた「さんまの醤油煮」なんぞをつまみつつ、雪でキンキンに冷えたビールをグイッ
たまらん!

夕飯食らったりジン水割りを飲んだりして、7時30分頃まで食堂で過ごすとおひらき
8時前、明日の快晴を祈りつつ、暖かい部屋でふとんに包まった。


2日目、唐松岳登頂の記事はコチラ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/130-16af0e7e