2010年11月3~4日 雪化粧 晩秋八ヶ岳登山 初日の模様です。
登山コース:美濃戸→赤岳鉱泉(テント)→硫黄岳→横岳→赤岳→阿弥陀岳→美濃戸



朝9時前、東京の自宅を出発。今日は赤岳鉱泉まで登るだけなので余裕である。
中央道を走っていると大月辺りまでお約束の渋滞。
道路交通情報センターの渋滞予測によると、今日は渋滞しない筈だったのだが・・・・・・
まったく・・・  天気予報以上に当たったためしがないのだ。

甲府付近で南アルプスが見えてくると、間ノ岳・北岳が冠雪の模様、甲斐駒・鳳凰は未だ雪無し。
更に双葉辺りまで来ると、やはり冠雪の八ヶ岳が見え出す。
12時前、諏訪南インターで降り、昼食・買出しを済ますと美濃戸山荘前まで車で進入。
駐車料金の徴収を受け、着替え・荷詰めを終えると1時前、赤岳鉱泉へ向けゆるゆる歩き出した。

まずは歩き易い林道を淡々と気持ちよく歩く。
樹間から薄っすら雪を被った山肌が望め、青空とのコントラストが爽やかだ。
50分ほどで林道を終えると、ここから北沢沿いに登山道を登っていく。

click_to_expand_12.gif    林道を気持ちよく歩く
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    山肌がうっすら雪化粧
写真クリックで拡大します

徐々に高度を上げるにつれ、やがて大同心・小同心を携えた横岳が姿を現す。

click_to_expand_12.gif    北沢の向こうに真っ白な山体が見えてきた
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    さらに進み、大同心・小同心が段々近づいてくる
写真クリックで拡大します

その美しい雪化粧の岩峰群などの風景を楽しみつつのんびり進むと3時前、赤岳鉱泉に到着。
テン場の先客は3張ほど。

click_to_expand_12.gif    赤岳鉱泉到~~着 アイスクライミングウォール作成中
写真クリックで拡大します

テントの受付を済まし幕営してしまうと、行者小屋方面へ20分ほど登り中山展望台で一息。
いんやぁ~~ 雪を被った横岳・赤岳・阿弥陀岳がきれいだねぇ~~~~~~

click_to_expand_12.gif    中山展望台から横岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    雪まとう赤岳 荘厳だねぇ~~~
写真クリックで拡大します

ひとしきり風景を堪能すると赤岳鉱泉へ戻る。
日が落ちテン場が山陰へ入ると気温急降下、あっという間に2~3度である。

贅沢におでん・キムチで夕げ
テント内でガス焚きっぱなし&ジンお湯割りにも係わらず、一向に体は温まらず・・・
まだまだ11月初旬、寒さに体が慣れていない事もあるのだろうが・・・

いつもより豪勢な夕げ
thum_Yatsugatake01_2010_0008.jpg

8時頃、明日の快晴を祈りつつ、今シーズン初の羽毛シュラフに潜り込んだ。

2日目、南八ヶ岳縦走の模様はコチラ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/127-d097d8ec