2010年9月25日~26日、楽園の草紅葉 平ケ岳登山、初日の模様です。



朝5時頃、東京の自宅を出発。平ケ岳登山口である「鷹ノ巣」を目指し関越道に乗る。
雨が降っている事もあり、テンションがなかなか上がらない。

北上するに従い次第に雨も止み、8時頃小出インターで降りる。
すき家で牛丼を喰らい、不足分の山飯を調達すると、奥只見シルバーラインで銀山平方面へ進む。
銀山平からは奥只見湖岸をうねうね走行し10時過ぎ、平ケ岳登山口「鷹ノ巣」に到着した。

click_to_expand_12.gif    平ケ岳の登山口「鷹ノ巣」に着いた
写真クリックで拡大します

雨は降っていないものの、「どん曇」の空に相変わらずテンションが上がらない状態で
ぐだぐだと着替え・荷詰めを終えると10時40分頃、平ケ岳へ向けゆるゆると歩き出した。

10分ほど林道を緩やかに登り、看板に従い右手へ折れると、急勾配の登山道が始まる。
道は明瞭な細尾根を進み、すぐに岩稜となる。

click_to_expand_12.gif    登る尾根を見上げる  未だ上層は雲の中
写真クリックで拡大します

1時間10分ほどで岩稜帯を終えると、踏み上げの多い道となり、更に勾配がきつくなる。

click_to_expand_12.gif    登ってきた細尾根を見下ろす まだまだ雲が多い
写真クリックで拡大します

登るに従い、上層を覆っていた雲も消えだし、徐々に期待感が高まってくる。

click_to_expand_12.gif    だんだん青空が拡がってきた!
写真クリックで拡大します

1時頃、下台倉山までやって来ると、ここで平ケ岳山頂部が樹間から望め、「ぅお~~~」っとなる。
急勾配もここで終了、ここからは東方に燧ケ岳を望みながらの稜線歩きとなる。

click_to_expand_12.gif    樹間から平ケ岳山頂部が見える(右奥)
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    燧ケ岳を望みつつ進んでいく
写真クリックで拡大します

2時頃、三角点のある台倉山へ到着。
当初はここいら、台倉山周辺で幕営しようかと目論んでいたのだが
思っていたより早く着いてしまったので、山頂直下の「姫ノ池」まで行く事にする。

ここからは展望の利かない樹林歩き、台倉清水までいったん下ると、水場の様子を伺いに行く。
僅かに水が流れているのが確認できたが、水を汲む為にはこの細沢を更に下る必要があるだろう。

3時頃、もう一つの水場となっている白沢清水へ着いた。
水が微かに湧いているようだが、とても飲む気にはなれない状態である。

更に進むと樹間から平ケ岳山頂部が望めるようになるのだが
北方から強風が吹いているようで、山頂上部を凄い速さで雲が通過している。

「あの強風・ガスの中、テント張るのやだな~~~」っという事で
やっぱり台倉山周辺に幕営する事にして、来た道をゆるゆると引き返していく。

4時頃、再び台倉山辺りまで戻ってくるとテント設営
日が山陰へ落ちると、気温がぐんぐん下がってきた為、ももひき・あったか肌着・厚手フリースを着込む。

click_to_expand_12.gif    台倉山辺りまで戻ってくると、この日初めて会津駒ケ岳が顔を出した
写真クリックで拡大します

ラジオで相撲を聞いたりしながら過ごし、6時頃夕べ、「たまご牛丼雑炊」を食らう。
残りの水量を気にしつつ7時半頃まで水割スコッチで晩酌すると、明日の快晴を祈り寝袋へ包まった。

2日目、平ケ岳登頂の模様はコチラから


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/122-4c96fb33