2010年8月22日、北アルプス縦走第2弾2日目、快晴の稜線!水晶岳裏銀座の模様です。
三俣蓮華~鷲羽岳~水晶岳の模様はコチラから。



絶景の水晶岳を後にすると9時40分頃、裏銀座の稜線を野口五郎岳へ向けゆるりと下りだす。
黒部川の源頭の一つである東沢谷から立ち上がる、裏銀座の連なりがなかなか美しい。

click_to_expand_12.gif    裏銀座の稜線
写真クリックで拡大します

いったん東沢乗越まで下り、アップダウンで真砂岳分岐、真砂岳の山頂は踏まず、西側から巻く。
そろそろ11時半だというのに、裏銀座周辺はガスの魔の手から逃れており
水晶岳や、五郎池の向こうに赤牛岳などが望まれありがたい事だ。

click_to_expand_12.gif    2833mピーク辺りより水晶岳方面
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    真砂岳巻き道より赤牛岳方面
写真クリックで拡大します

真砂岳を巻き、緩やかな尾根をえっちらほっちら喘ぎつつ上ると12時15分頃
あの野口五郎にあやかって名づけたという(嘘です)、丸くて広い野口五郎岳山頂に着いた。
ここ、水晶岳・薬師岳・赤牛岳などの展望台となっており、風景をぼや~っと眺めつつ休憩する。

click_to_expand_12.gif    野口五郎岳より薬師岳方面
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    野口五郎岳より水晶岳
写真クリックで拡大します

10分ほど下り、野口五郎小屋を過ぎると、ガレ気味・岩ゴロの白尾根をゆるゆると進んでいく。
「銀座」 と呼ぶ割には、そんなに歩き易くはない。

click_to_expand_12.gif    裏銀座の稜線
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    野口五郎岳を振り返る
写真クリックで拡大します

日差しの強さと疲労でバテつつ2時頃三ツ岳、ここもピークは踏まず西側を巻き
更に20分ほどで三ツ岳の肩、烏帽子小屋への下降点に着いた。
裏銀座縦走コースもここらで終了である。

click_to_expand_12.gif    山頂は踏まない三ツ岳
写真クリックで拡大します

不動岳・船窪岳などの稜線の先に、昨年登った針ノ木岳が雲の隙間から時折顔をだす。
眼下には今日のお宿「烏帽子小屋」が見えており、本日のゴールも近い。

click_to_expand_12.gif    右奥 時折顔を出す針ノ木岳
写真クリックで拡大します

20分ほど休憩の後出発、標高差250mを約30分で一気に下ると「ヒョウタン池」
どうやら、ここら辺から先がテン場になっているようだ。

手ごろな日陰幕営スペースにザックを置き、よっこらせっと更に5分ほど上ると「烏帽子小屋」に到着
幕営の受付を済まし水を購入すると、再びテン場まで下る。

近くに池がある事もあり、蚊の襲撃をかわしながらテント設営 
いったん落ち着き5時頃まで時間を潰すと、お楽しみの「ビールターーイム」 
で、烏帽子小屋までビールを買いに再び上る。

click_to_expand_12.gif    テン場より三ツ岳を仰ぐ
写真クリックで拡大します

ここ、非っ常~~~に残念な事に、僕の苦手なドライビールしか置いていない
とはいえ選択の余地もないので不本意ながらも購入、きんきんに冷えているのはありがたい。

ビールをちびちびやりつつパスタを茹で夕げ
7時半頃までぼやぼや過ごすと、明日の快晴を祈りつつ寝袋へ潜り込んだのだった。

今日1日快晴の稜線を恵んでくれた天候に感謝!!!



登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/120-1e505900