2010年8月22日夏の北アルプス縦走第2弾 快晴の稜線!(2)鷲羽岳水晶岳登頂の模様です
1~2日目、新穂高→わさび平→鏡平→三俣蓮華岳 の模様はコチラ



朝3時、三俣蓮華岳キャンプ場で起床
外へ出てみると星がでており、雲ひとつ無い快晴 楽しい1日になりそうでなにより!

いつものとおりラーメンを食らうとテント撤収、荷詰めを終えると4時20分頃
本日最初のピーク、鷲羽岳を目指しゆるゆると歩き出す。

夜明け前の静寂の中、未だひっそりとした山並みを眺めつつ、うきうきしながら尾根を登る。
1時間ほどで右手に鷲羽池越しの槍ヶ岳が見え出す頃、稜線から日差しが差し込んできた。
みるみる生命感を増す夏山風景のど真ん中を歩く僕  たまらん・・・・・・・

click_to_expand_12.gif    夜明け直前 鷲羽池越しに槍
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    黒部五郎岳に日が射してきた
写真クリックで拡大します

たびたび足を止めては景色に見惚れ、のんびり登ると5時半頃、鷲羽岳に着いた。
ひときわ存在感のある薬師岳・黒部五郎岳・笠ケ岳、遠く焼岳・乗鞍岳・御嶽山
これから進む稜線の先に水晶岳などなど・・・  朝陽に照らさせる峰々 これ以上何を望むのか
いままでの鬱憤を払拭させてくれる美しい風景に囲まれる僕  しあわせだ・・・・・・

click_to_expand_12.gif    焼岳・乗鞍岳・御嶽山 右手に笠ケ岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    堂々 薬師岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    水晶岳へと続く尾根 稜線漫歩が僕を待つ
写真クリックで拡大します

鮮明になっていく山岳風景に浸りつつ、静かな山頂で30分ほど痺れるように呆ける。
これからめくるめく極楽稜線歩きが僕を待っている。 さあ出発だ。

いったんコルまで下り、ワリモ岳へ上り返すと、水晶岳まで続く稜線が美しく望まれる。
北東には裏銀座の尾根、振り返ると鷲羽岳が鎮座だ。

click_to_expand_12.gif    鷲羽岳を振り返る
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    黒部五郎岳から北ノ俣岳へと伸びるなだらかな尾根
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    水晶岳へと美しく続く稜線
写真クリックで拡大します
   
常に左手に見える薬師岳・黒部五郎岳の展望を楽しみつつ
ワリモ岳を下り雲ノ平方面への分岐を過ぎると、ワルモ乗越まで平坦な高原帯を気持ちよく歩く。

click_to_expand_12.gif    雲ノ平分岐辺りより、祖父岳・黒部五郎岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    ワリモ乗越辺りより鷲羽岳 奥に槍・穂
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    水晶岳が近づいてきた
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    水晶小屋への上りより鷲羽岳・ワリモ岳・笠ケ岳を振り返る
写真クリックで拡大します

やがて道は尾根沿いを辿るようになり、相変わらずの美しい景色を味わいながら20分ほど上ると
水晶小屋だ。  ここで今まで山陰で見えなかった立山が姿を現し  うお~~~~ ! っとなる。

click_to_expand_12.gif    水晶岳・赤牛岳の奥に立山が見えてきた
写真クリックで拡大します

水晶小屋近くにザックを置くと、カメラ・GPSだけを持って水晶岳へ出発する。
鷲羽岳・笠ケ岳・穂高連峰などを振り返りつつゆっくり歩いて行く。

click_to_expand_12.gif    美しい山岳風景を味わいつつゆっくり稜線を歩く
写真クリックで拡大します

20分ほど平坦な尾根を進むと、やがて鎖場が所々ある岩ゴロの上りとなり
そこを上りきると8時20分頃、水晶岳山頂へ到着した。  
で、当然の事ながらここでも絶景が僕を迎えてくれる。

赤牛岳へと続く稜線の向こうに聳える立山の山塊、その先には白馬岳
振り返ると、歩いてきた鷲羽岳の先に槍ヶ岳・穂高連峰などのシルエット
それはもう息を呑むような美しいコントラストの山岳風景に僕は痺れてしまうのである。

click_to_expand_12.gif    赤牛岳へと続く稜線の向こうに立山 素晴らしいコントラスト
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    存在感 薬師岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    裏銀座方面の稜線
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    カールを抱える黒部五郎岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    水晶岳山頂より歩いて来た稜線を振り返る
写真クリックで拡大します

ぼ~~~~~~っと景色に耽溺   気付くと50分が経過していた。
晴天の青空に感謝  まだ先もある事だしここらで出発 9時10分、水晶岳山頂を後にした。

30分ほどかけて水晶小屋まで戻ってくると、置いておいたザックを再び背負い
裏銀座の稜線を次のピーク野口五郎岳へ向け、ゆるゆると下っていったのだった。



登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/119-9da751dc