2010年8月7日
夏の北アルプス縦走4日目、満開!ハクサンイチゲ花畑~北ノ俣岳~夕日に染まる薬師岳
の模様です。
夏の北アルプス縦走3日目、スゴ乗越~薬師岳~薬師峠テント場の模様はコチラです。



朝3時、薬師峠のテン場で目覚める。 
相変わらず空気が湿っているようで、フライシートがびしょびしょだ。

外へ出てみると星はでて晴れているものの、水晶岳・鷲羽岳方面の稜線に雲がたなびいている。
不安定で湿った空気が流れこむ、という望ましくない天気傾向は今日も変わらないようだ。

今ひとつ気乗りしないがとりあえず歩いてみる事にして
ラーメンをすすりテントを撤収すると4時15分頃、黒部五郎岳目指しゆるゆると出発した。

木道を上り緩やかに少し下ると20分ほどで「太郎平小屋」に到着
ここでトイレを済まし(バイオトイレで清潔だった)再出発

いったん軽く上ると、暫く平坦な道となる。
朝霧がうっすらかかった高原風景がなかなか幻想的で美しく、気持ちよく進んでいく。

click_to_expand_12.gif    朝霧の向こう 水晶岳・鷲羽岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    夜明け前の薬師岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    日が射してきた太郎平方面を振り返る
写真クリックで拡大します

やがて明瞭な上りが始まり、50分ほど上り続けると6時10分頃、北ノ俣岳の肩に着き
南方の視界が開けると、ここで黒部五郎岳がど~~んと姿を現す。

click_to_expand_12.gif    黒部五郎岳ど~~ん
写真クリックで拡大します

風向きのおかげが、黒部五郎岳・笠ケ岳などは雲がかかっていないのだが
鷲羽岳・三俣蓮華岳・その先に聳えている筈の槍ヶ岳等は、既に分厚い雲に覆われている。

夏の早朝・晴れの北アルプスだというのにこの有様
なかば予想していたものの、テンションダウーーーーーーーーーーーーーーーーーン!
歩くの止めようかなぁ・・・・ っと思案しつつ、まあ北ノ俣岳までは登ってみよう という事で先へ

で、暫く平坦な道を進み、ふと気付いてみると、辺り一面が広大なお花畑となっており突如極楽
ハクサンイチゲの大群落に、テンションアーーーーーーーーーーーーーーーーーップ!

click_to_expand_12.gif    ハクサンイチゲの大群落
写真クリックで拡大します

美しい高原夏山風景を楽しみつつペースダウン、写真を撮ったりしながらゆ~~~っくり歩く。
この時点で、黒部五郎岳行きはほぼ中止に決定、 時間を気にせず景色に浸る。

click_to_expand_12.gif    花畑と北ノ俣岳
写真クリックで拡大します

極楽散歩のなか、やがて神岡新道分岐を過ぎ、緩やかに上ると7時前、北ノ俣岳へ到着した。
黒部五郎岳・笠ケ岳・乗鞍岳・御嶽山へと、奥へ並ぶようなアングルがきれいである。

click_to_expand_12.gif    黒部五郎・笠ケ岳・乗鞍岳・御嶽山
写真クリックで拡大します

東方に目をやると、雲は更に高く厚みを増し始め、連なる山々の稜線を覆っており
まあこれ以上歩いてもつまらないだろうから、改めて「今日はここまで」っと決定する。

風景をぼや~~っと眺めたり、携帯電話で週間天気をチェックしたりしながら
1時間以上山頂で過ごすと出発、太郎平小屋で時間を潰す事として、来た道を引き返す。

再び花畑などを楽しみつつ、のんびり2時間ほどかけて下り10時頃、太郎平小屋まで戻ってきた。

click_to_expand_12.gif    既にガスる薬師岳
写真クリックで拡大します

次々に到着する、明日薬師岳へ登るのであろう登山者で賑わうなか
読書したり、昼飯を食らったり、ポータブルプレーヤーで「松本人志の放送室」「小島慶子のキラキラ」
を聴いたりして時間を潰す。

夕方近く、北ノ俣岳の肩付近までぶらぶら歩いて行くと
夕日に照らされ、次々に表情を変える薬師岳がきれいで、なんとなく今日が報われた感じになった。

click_to_expand_12.gif    夕日に染まる薬師岳
写真クリックで拡大します

明日、晴れるかなぁ・・・


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/116-fe264deb