2010年8月6日
北アルプス北部・西部縦走3日目、スゴ乗越~薬師岳薬師峠テント場 の模様です。
夏の北アルプス縦走2日目、夏山全開! 一ノ越~五色ケ原~スゴ乗越 の模様はコチラです。



朝3時、テン場で目覚める。
早速表へ出ようと、出入り口のジッパーを開けようとすると、フライシートが露でびしょびしょだ。
何度が夏の北アルプスで幕営しているが、ここまで露っているのは初めてである。
やはり、湿っている空気が流れ込んでいる(好ましくない傾向)証拠か・・・・・・

外へ出てみると星は出ているものの、全体的に空気が じと~~~・もや~~っ としており
夜明け前だというのに、未だ稜線部を濃密に覆っている雲や、入道雲までが確認できる。
う~~~~む・・・  非っ常~~~~に期待の持てない状況にテンションが下がる。

夏の北アルプスで晴れの予報が出ている場合、通常この時間であれば
「雲一つない」又は、「上層に薄っすら雲がかかっている」 程度なのだが、これはヒドイ!
やはり危惧していた通り、東海上の高気圧の影響で、不安定な天候が続いているようだ。

明日、快晴になる保障もなく、またとりあえず「太郎平」まで行かないとエスケープもできない為
渋々出発する事に決め、カレーうどんを流し込みテントを撤収すると4時半過ぎ、テン場を後にした。

露で湿った樹林帯を20分ほど上って行き、北・西側の展望が開けると、剣岳や日本海が見えた。
どうやら北西方面はガスっていないようで、立山・剣は今のところ晴れているみたいだ。
「ひょっとしてこの後、この辺のガスも消えるのか?」 っと淡い期待を抱きつつ進んでいく。

click_to_expand_12.gif    日本海方面にはガスがない 大日岳・剣岳のシルエット
写真クリックで拡大します

南東方面から風が吹いているようで、目指す薬師岳や東方に連なっているであろう山々は
ガスに覆われ全く見えないが、北西方に広がる青空や日本海が見えているのが、まだ救いである。

開けない視界の中、足取りも重く、度々休憩しては溜息をついてみたりする。
何度か満開の花畑を通り過ぎるのだが、足を止めて眺める気にもならない我儘な僕であった。

それでも2800m付近の肩までやってくると、時折南方の雲が切れるようになり
微かな希望が湧いてくる。

click_to_expand_12.gif    北薬師岳上りより剣岳方面
写真クリックで拡大します

で、ガスの北薬師岳を過ぎ、稜線を左から少し下っていた時である。
突如、目の前のガスが消えたと思うと、眼前に神々しい薬師岳が どっど~~~~~~~ん!!!

ぃやっ !!!   ぅぉおおお~~~~・・・・・  見事だね!

click_to_expand_12.gif    突如姿を現した薬師岳
写真クリックで拡大します

金作谷カールを抱える重厚な薬師岳がそこにあった。
ここへ来て、このタイミングで姿を現すとはなぁ・・・    感謝・感謝 だ

稜線を進むにつれ、徐々に近づいてくる薬師岳の姿に見惚れつつ登り
9時過ぎ、薬師岳山頂へ到着。 折立方面から上ってきたのであろう登山者で賑わっている。

雲・ガスが多いものの、概ね南方方面の視界は開けており、遠景ながらも
明日登る予定の黒部五郎岳や北ノ俣岳、昨年登った笠ケ岳などが見えている。

click_to_expand_12.gif    ガスの魔の手を逃れている笠ケ岳・黒部五郎岳・北ノ俣岳
t写真クリックで拡大します

北方の立山・剣岳方面や、南東の鷲羽岳・槍ヶ岳などの展望も楽しみたかったが
雲の為、ほぼ望む事はできなかった。 またいつか来なければ・・・・・

山頂付近で40分ほど休憩すると9時50分頃出発 薬師岳を後にザレ斜面を下っていく。

click_to_expand_12.gif    薬師岳を後にする
写真クリックで拡大します

今日の宿泊地「薬師峠」まで、ほぼ無風、強い日差しのもや~~っとした熱い空気のなか
標高差600mほどを徐々にバテつつ進むと、11時30分頃、薬師峠のテン場に到着した。

この先黒部五郎小屋までテン場が無い為、まだ時間も早いが今日はここまでだ。
なんかこの暑さで疲れてしまったし、まあ、ちょうどいい頃合か。

テントを張り、昼飯を食ってしまうといつものとおり
読書・ラジオなどで5時30分頃まで時間を潰し夕飯、7時30分まで呆けるとシュラフに潜り込んだ。

軽く夕立もあったが、依然空気は生暖かいままだ。晴れる予報がでているもののこの不安定な傾向
いやぁ~~明日の天気、非常に不安だ・・・・・     また朝からガスってそうで怖い。




登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/115-21fbfea4