2010年5月15日 新緑妙義山登山 金鶏山編の模様です。



妙義山は三つのエリアに分かれている山塊の総称である。
白雲山・金洞山などから成り、中央に位置する 「表妙義山」
丁須の頭・谷急山などから成り、北方に位置する 「裏妙義山」
それと今回登山した、表妙義山の南方に位置する 「金鶏山」 に大別される。

昨秋表妙義山登山した際から、存在感のある「金鶏山」が気になっており
「あそこから望む表妙義山は素晴らしいのだろうなぁ~ いつか登ってみたいなぁ・・・・」 と思っていた。

金鶏山は登山禁止なのだが、調べてみると、登っている人もいるようで
妙義紅葉ラインの見晴らし駐車場近くから、尾根伝いに歩ける事が分かった。
新緑眩しいこの時期、大陸からの高気圧で空気も澄んでいる。 で、金鶏山登山決行となった。

朝5時、東京の自宅を出発、関越自動車道~上信越自動車道を走り、「松井田妙義」で降りる。
妙義紅葉ラインを15分も走ると「見晴らし駐車場」に到着
着替え・荷詰みを終えると7時前、登山口へ向けゆるゆると車道を歩き出した。

2~3分も進むと「金鶏山は登山禁止です。入山は控えてください」
というような事が書いてある看板があり、ここが取り付き点となっている。

まずは急でずぶずぶの斜面を、ずるずる落ちながら上っていき、右手の尾根まで進む。
が、左手尾根の方が歩きやすそうなので、そこまでトラバースし、ようやく快適な尾根歩きとなる。

15分ほど進むと調べたとおり、顕著な岩の溝(ガリー)が行く手に現れる。
まずは溝中央を登っていくが、やがて木立に遮られ、足元も滑りやすくなってくるので左手のリッジへ
ここから急な岩稜を攀じ登る事となる。

click_to_expand_12.gif    顕著なガリー
写真クリックで拡大します

ホールド・スタンスは沢山あるが、岩質が脆いようなので、慎重に確認しながら攀じ登っていく。
取り付き始めは、その高度感に若干緊張して、体が硬くなっていたが
新緑眩しい朝の上州の風景に感嘆するうち、やがて体もほぐれ、じき楽しみつつ快適に登る。

click_to_expand_12.gif    ガリーより赤城山・榛名山方面
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    登ってきたガリー 眼下に新緑がきれい
写真クリックで拡大します

7時50分頃ガリーを抜けたピークで、木立の中に穏やかな顔の石像と出会う。
ここから尾根伝いに少し進むと金鶏山山頂なのだが、木々で展望が利かない為、スルー
ちょっと先に展望の良さそうな二つの岩峰がある為そこまで登り、休憩とする。

click_to_expand_12.gif    徐々に姿を現す金洞山
写真クリックで拡大します

いんやぁ~~~~~  素晴らしい展望である。
想像通り、いや、想像以上に表妙義山(白雲山・金洞山)が美しい・・・・・・・

click_to_expand_12.gif    白雲山がど~~~ん
写真クリックで拡大します

空気も澄んでおり、赤城山・榛名山は勿論、雪でひときわ白い谷川連峰や八ヶ岳もくっきり見える。
爽やかな青空と、生き生きとした新緑に囲まれ気持いい  たまらん!

click_to_expand_12.gif    関東平野方面
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    好展望の岩峰より 中央に台形の荒船山の左に白く八ヶ岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    金洞山がど~~~ん
写真クリックで拡大します

っと本来、ここで風景に浸りゆったりとくつろぎたいところなのだが、そうはいかない理由があったのだ。

このまま尾根を北上した先に「筆頭岩」という岩峰がある。
調べてみると、簡単な3ピッチのマルチルートとしてクライミングの対象となっているようで
ロープを使って登られている事が分かった。

こういった事を知ってしまうと、登りたくなってしまうのが僕の性分である。
最近自分で自分に勝手に負荷を掛けている僕   困ったもんだ・・・・・・

前夜緊張の為、あまり眠れずに思案した結果
「最低限の装備を持って、とりあえずは取り付き点までいって見て様子を探り
無理そうだったら、今回は下見という事で、まあいいだろう」 っと言う事になったのだ。

で、筆頭岩目指し、更に尾根を進む僕であった。

さあ、果たして僕は筆頭岩をフリーソロ(単独登攀・確保無し)で登る事になるのか?
次回筆頭岩編をお楽しみに!


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/107-d4d61c81