GW 残雪の朝日連峰登山の模様です。
朝日連峰登山日: 2010年5月2日~3日



白き峰々が拡がるパノラマ風景の中、残雪の朝日連峰登山を楽しんできた。

[前日]
谷川連峰縦走・白砂山登山で蓄積された疲労により発生した膝痛・腰痛・足首痛・風邪気味
といった満身創痍状態で、前橋のビジネスホテルにて起床。

当初は越後駒ケ岳・中ノ岳の2泊3日縦走を予定していたのだが、この体調ではちょっと不安・・・・・
友人Pと思案した結果、東北地方の天気も良いようなので、GW登山の第2候補として挙がっていた
朝日連峰登山に切り替える事とし、山形県長井まではるばる移動したのだった。

[1日目]
朝5時、長井のビジネスホテルを出発、登山口の一つである朝日鉱泉を目指し車を走らす。
除雪したばかりらしい県道を行くとやがて未舗装林道となる。 

で、暫し進んだところであった。 雪により道が寸断されているではないか! どういう事なのだ!
朝日鉱泉にある「ナチュラリストの家」へ電話をかけ確認したところ
更に北側、月山寄りにある根子集落方面からしかアプローチできない事が分かった。
相変わらず事前確認の甘い僕らであった・・・・・・・

当初は 朝日鉱泉→御影森山→平岩山→大朝日岳→小朝日岳→鳥原山→朝日鉱泉
を歩こうと思っていたのだが、出発時刻が予定を大幅に遅れそうなので
古寺鉱泉→小朝日岳→大朝日岳の、ピストン登山へ切り替える事とする。

7時50分頃、ようやく古寺鉱泉へ到着。 
登山靴を履き・スパッツを装着すると8時頃、朝日連峰へ向けゆるゆると歩き出した。

沢の右岸に張り付いた雪面をトラバース気味に進むと、橋で沢を渡り朝陽館の横を通り過ぎる。
そこからしっかりトレースの付いた雪急斜面を10分ほど上ると尾根道となる。

高度を上げるにつれ、これから目指す古寺山・小朝日岳や、北方に月山などが見え始め
東北地方の山へは殆ど足を踏み入れた事のない僕には新鮮であり、期待感が高まる。

click_to_expand_12.gif    古寺山上りより月山
写真クリックで拡大します

尾根をいったん巻くような感じでコルまで少し下ると、ハナヌキ峰と合流する。
ここから古寺山へは、高度差350mほどの急斜面を喘ぎ、延々直登していく事となる。

click_to_expand_12.gif    古寺山を仰ぐ
写真クリックで拡大します

やがて右手にどっしりとした以東岳が見え出し、雪庇を切り崩すように付いたトレースに導かれると
11時20分頃、ようやく古寺山手前の肩へ到着、ここで朝日連峰の白き稜線が姿を現す。
コルから1時間も上りっぱなしであった。

click_to_expand_12.gif    どっしりた以東岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    大朝日岳(右)と小朝日岳(左)
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    古寺山より小朝日岳を仰ぐ
写真クリックで拡大します

5分ほど緩やかな上りで古寺山を過ぎると少し下る。
で、ここから小朝日岳へむけ、再び高度差170mほどの急斜面を喘ぎ直登して行く。
ゆるゆると「ぜっ はっ ぜっ はっ」 で12時30分頃、小朝日岳へ着いた。

click_to_expand_12.gif    古寺山・小朝日岳のコル付近より西朝日岳方面
写真クリックで拡大します

ここからは急斜面の下りとなり、せっかく稼いだ高度を170mほどいっきにコル「熊越」まで下る。
ここで急に雲行きが怪しくなり雨が降り始めた為、冬用アウター・雨具ズボンを着込む。

尾根へ出る頃には怪しげな雲も去り、再びP-カンの青空となるが、風が強く吹き出す。
どうやら朝日連峰の尾根は、始終強風が吹いているらしい。

click_to_expand_12.gif    近づく大朝日岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    中ツル尾根の向こうに御影森山
写真クリックで拡大します

徐々に近づいてくる、でっかい大朝日岳の姿などに見惚れつつ吹きさらしの尾根を進み
日の傾き始めた3時半頃、ようやく「大朝日小屋」に到着した。

click_to_expand_12.gif    大朝日小屋手前より大朝日岳
写真クリックで拡大します

幕営しようと思いここまでテントを背負ってきたがこの強風 (過去にテントごと人が飛ばされたらしい)
更に、小屋の管理人さんに 「なるべく幕営しないで欲しい」 と言われ 暫し思案・・・
まあ、選択の余地もないようなので「大朝日小屋」へ泊まる事とする。

僕、縦走する時は幕営が基本であり、やむを得ない場合しか小屋を使わない。
大雪山の「白雲避難小屋」・中央アルプスの「宝剣山荘」・谷川連峰の「笠ケ岳避難小屋」くらいか

click_to_expand_12.gif    袖朝日岳の向こう 日本海を照らす夕日
写真クリックで拡大します

「ぎゅうぎゅう詰めで寝るの嫌だなぁ・・・・・」っとか思いながら小屋へ入り2階へ上がって見ると結構広い。
水作ったり、飯食ったり、酒飲んだりで案外快適に過ごすと8時消灯
広々したスペースで悠々とシュラフに潜り込んだ。

本日はここまで 次回 大朝日岳登頂編をお楽しみに!



朝日連峰登山1日目のGPSログ
asahirenpou2010_map01.jpg


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/103-7ecc0ec2