2016年11月5日、飯士山登山の模様です。 登山形態:単独
飯士山登山:神弁橋→標尾ノ頭→鋸尾根→飯士山→西峰→岩原





魚野川を神弁橋で渡ると7時前、飯士山へ向けゆるゆると歩き出した。
程なく尾根へ取付くと、木の根などを手掛かりに、急斜面を上って行く。



2時間弱で鋸尾根の岩稜帯。
快晴の秋晴れのもと視界が開けると、谷川連峰等が望まれるようになる。




click_to_expand_12.gif    標尾ノ頭から鋸尾根を望む
thum_Iijisan_2016_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    中腹の色付きは終盤
thum_Iijisan_2016_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    谷川連峰等
thum_Iijisan_2016_0003.jpg






最低鞍部より上り返し、展望の良い尾根を進むと、岩原からの道との合流点である南峰。






click_to_expand_12.gif    スラブ状の山肌
thum_Iijisan_2016_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    もうすぐ南峰
thum_Iijisan_2016_0005.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Iijisan_2016_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    飯士山頂
thum_Iijisan_2016_0007.jpg






もう一歩きで10時半前、飯士山山頂へ到着。
西峰まで足を伸ばし、のんびりと風景を眺めながら過ごす。






click_to_expand_12.gif    谷川連峰を一望
thum_Iijisan_2016_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    苗場山等
thum_Iijisan_2016_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    西峰から本峰
thum_Iijisan_2016_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    魚沼らしい風景
thum_Iijisan_2016_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    魚沼三山~巻機山
thum_Iijisan_2016_0012.jpg






およそ2時間も憩うと山頂を後に。
リフト山頂方向へ尾根を歩くと、スキー場のゲレンデを適当に下っていく。






click_to_expand_12.gif    ゲレンデ上部から山頂を仰ぐ
thum_Iijisan_2016_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    麓の色付き
thum_Iijisan_2016_0014.jpg








click_to_expand_12.gif    大源太山・七ツ小屋山
thum_Iijisan_2016_0015.jpg






40分ほどで麓まで下ると、暫しの車道歩き。
2時半前、神弁橋まで戻った。






click_to_expand_12.gif    戻る道すがら
thum_Iijisan_2016_0016.jpg






今年最後の秋山は、のんびりハイクとなりました。 また来秋が楽しみだ。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2016年10月22日、祝瓶山登山二日目の模様です。 登山形態:単独
祝瓶山登山二日目:北大玉山→大玉山→赤鼻→祝瓶山→大石沢





黎明後の六時過ぎ、出発。
予報よりも雲が多く、「清々しい秋晴れ」 とまではならない様で。




click_to_expand_12.gif    黎明前の西朝日岳
thum_Iwaigameyama02_2016_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    これから歩く稜線
thum_Iwaigameyama02_2016_0002.jpg






薄曇の空の下、細い稜線を独りアップダウン。





click_to_expand_12.gif    大朝日岳を仰ぐ
thum_Iwaigameyama02_2016_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    大玉山
thum_Iwaigameyama02_2016_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    北大玉山と大朝日岳
thum_Iwaigameyama02_2016_0005.jpg






大玉山の先、1319m肩は、祝瓶山が最も格好良く望めるポイント。
暫し粘っていると、折りよく雲間より陽光が射し、美しい風景が鮮明となる。






click_to_expand_12.gif    姿の良い祝瓶山に陽光が射す
thum_Iwaigameyama02_2016_0006.jpg






赤鼻尾根への分岐を過ぎ、コルまで下ると、急峻なヤセ尾根を上って行く。






click_to_expand_12.gif    祝瓶山を仰ぐ
thum_Iwaigameyama02_2016_0007.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Iwaigameyama02_2016_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    御影森山方向
thum_Iwaigameyama02_2016_0009.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Iwaigameyama02_2016_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    西朝日岳~大朝日岳
thum_Iwaigameyama02_2016_0011.jpg






やがて鈴振尾根と合流し、一登りで11時前、祝瓶山山頂へ到着、半時ほど憩う。






click_to_expand_12.gif    飯豊連峰方向
thum_Iwaigameyama02_2016_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    主脈方向
thum_Iwaigameyama02_2016_0013.jpg






生憎の曇天となってしまったが、鮮やかな山肌を楽しみつつ尾根を下る。






click_to_expand_12.gif   
thum_Iwaigameyama02_2016_0014.jpg






2時前、下山。
東北の山の美しさを堪能した充実の羽前遠征も、上々のうちに終わった。 また来ます。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村