2016年10月15日、朝日連峰登山初日の模様です。 登山形態:単独
朝日連峰登山初日:朝日鉱泉→上倉山→御影森山→大沢峰→平岩山





早朝、神室連峰へ登る予定で、白鷹町の道の駅を出発。
霧も晴れ、快晴模様となるが、北へ向かうにつれ不安定な天候に。



尾花沢に着く頃には小雨も降りだし、下降する登山意欲。
暫し思案の末、晴れているであろう朝日連峰へ登る事に決め、来た道を戻って行く。



朝日町まで戻ると林道へ、やがて未舗装の道をうねうねと。
朝日鉱泉手前の通行止め地点に駐車すると9時半前、ゆるゆると歩き出した。



15分ほどの車道歩きで朝日鉱泉を通り過ぎ、吊橋を渡ると登山道。
沢沿いから再び吊橋で沢を渡ると、急峻な尾根道を上って行く。




click_to_expand_12.gif    樹間より大朝日岳
thum_F-Asahirenpou01_2016_0001.jpg






二時間ほどの喘ぎで上倉山を越えると、歩くにつれ辺りの紅葉も鮮やかさを増していく。





click_to_expand_12.gif    雪国らしい錦色の山肌
thum_F-Asahirenpou01_2016_0002.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_F-Asahirenpou01_2016_0003.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_F-Asahirenpou01_2016_0004.jpg






1361m肩までやって来ると視界も全開となり、秋色の見事な色彩に溜息も漏れる。






click_to_expand_12.gif    尾根を彩る秋色
thum_F-Asahirenpou01_2016_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    御影森山を仰ぐ
thum_F-Asahirenpou01_2016_0006.jpg






細くなる尾根を登り詰めると2時前、御影森山山頂。
ここからは、美しい彩の山肌を楽しみつつの稜線漫歩となる。






click_to_expand_12.gif    大朝日岳~小朝日岳
thum_F-Asahirenpou01_2016_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    彩を楽しみつつ稜線を歩く
thum_F-Asahirenpou01_2016_0008.jpg






紅・橙・黄と、最盛期の東北の紅葉は、本当に素晴らしい・・・






click_to_expand_12.gif    萌えている
thum_F-Asahirenpou01_2016_0009.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_F-Asahirenpou01_2016_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    道連れの大朝日岳
thum_F-Asahirenpou01_2016_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    夕日に染まる
thum_F-Asahirenpou01_2016_0012.jpg






夕刻まで存分に秋山を味わうと、適所で店仕舞い。
また明日が楽しみだ・・・





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2016年10月14日、那須岳登山の模様です。 登山形態:単独
那須岳登山:峠の茶屋→茶臼岳→南月山→牛ケ首→姥ケ平→峠の茶屋





早朝、車中泊場所である東北道のPAを出発。
那須ICで降りると暫しのドライブ、やがて峠道で高度を上げ、那須ロープウェイの駐車場へ到着。



天気は回復しているのだが、太陽方向の下層に雲が残っている為、暫く待機。
良い頃合となってきた7時前、ゆるゆると歩き出した。 無積雪期に訪れるのは初めて。



峠の茶屋より登山道を暫し登ると、早くも視界が開ける。
朝日に照らされる秋色の山肌に見惚れつつ、緩やかな道を気持ちよく歩く。




click_to_expand_12.gif    鬼面山
thum_Nasudake_2016_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    朝日岳
thum_Nasudake_2016_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    茶臼岳を仰ぐ
thum_Nasudake_2016_0003.jpg






コルである峰の茶屋跡から外輪コースを辿り、茶臼岳山頂へ。
いったん那須ロープウェイ山頂駅方向へ下ると、鉢巻き道へ入る。






click_to_expand_12.gif    峰の茶屋跡辺りから
thum_Nasudake_2016_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    お鉢の岩峰
thum_Nasudake_2016_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    茶臼岳山頂辺りから北方に主稜線を望む
thum_Nasudake_2016_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    三倉山
thum_Nasudake_2016_0007.jpg






彩りに感嘆しつつ牛ケ首までやって来ると、主稜線を南方へ。






click_to_expand_12.gif    鉢巻き道から色づく山肌
thum_Nasudake_2016_0008.jpg






click_to_expand_12.gif    稜線より茶臼岳を振り返る
thum_Nasudake_2016_0009.jpg






click_to_expand_12.gif    三本槍岳方向
thum_Nasudake_2016_0010.jpg






穏やかな稜線をゆっくりと歩き10時頃、南月山到着。 静かな山頂部で暫し憩う。






click_to_expand_12.gif    沼原池と男鹿山塊
thum_Nasudake_2016_0011.jpg






来た道を引き返し、再び牛ケ首まで戻ると、紅葉の名所である姥ケ平まで足を伸ばす。
見事な色づきを堪能しつつ、極彩色の姥ケ平を散策。






click_to_expand_12.gif    姥ケ平の紅葉と三倉山
thum_Nasudake_2016_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    姥ケ平から茶臼岳を仰ぐ
thum_Nasudake_2016_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    ひょうたん池から
thum_Nasudake_2016_0014.jpg






帰路はロープウェイで戻ろうかと思っていたが、時間に余裕がある為、歩いて下る事に。
茶臼岳西面の巻き道を歩き、峰の茶屋跡まで。






click_to_expand_12.gif    無限地獄の噴煙
thum_Nasudake_2016_0015.jpg






1時前、駐車場へ戻る頃には、駐車場待ちの車で大混雑の様相。
余韻も何処へやら、雑踏から逃れるようにして那須岳を後にした。



9月の天候不良の影響を懸念していたが、素晴らしい紅葉を楽しむ事ができて、満足の一日でした。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2016年10月7日、日光白根山登山の模様です。
日光白根山登山:金精峠→五色山→前白根山→五色沼→白根山





早朝、巻機山へ登るつもりで湯沢ICを下りる。
夜半に降っていた雨は止んだが、回復まで暫くかかりそうな曇天模様。



道の駅で暫し思案の末、既に晴れていると思われる日光白根山へ登る事に決め、関越道を引き返す。
沼田ICで下りると、スローペースな車列にいらつきながら、一般道をドライブ。



金精峠トンネルを抜けると、ようやく登山口。
8時半前、日光白根山へ向けゆるゆると歩き出した。






click_to_expand_12.gif    金精山を仰ぐ
thum_Okushiranesan_2016_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    尾根道の紅葉
thum_Okushiranesan_2016_0002.jpg






半時ほど急斜面を上ると、金精峠へ。
尾根道から斜面を巻くようにして高度を上げると金精山だ。



暫し樹林の尾根道を行くと、日光湯元からの道と合流。
尾根を上り詰め五色山へでると、日光白根山頂部が眼前に望まれる。






click_to_expand_12.gif    五色沼抱く白根山
thum_Okushiranesan_2016_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    日光連山方向
thum_Okushiranesan_2016_0004.jpg






昨日の強風で落葉したのか、9月の天候不良の影響か、紅葉には残念な様子。
いま一つ気持ちが乗らないなか、前白根山から五色沼経由で、白根山北斜面へ取付く。






click_to_expand_12.gif    前白根山辺りから白根隠山方向
thum_Okushiranesan_2016_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    五色沼から白根山頂を仰ぐ
thum_Okushiranesan_2016_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    黄葉する湖畔のカラマツ
thum_Okushiranesan_2016_0007.jpg






彩りは乏しいものの、空気の澄んだ秋晴れはやはり気持ち良い。
やがて立つ白根山山頂から、国境線の山々を眺める。






click_to_expand_12.gif    白根山より上越国境方向
thum_Okushiranesan_2016_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    白根山頂部
thum_Okushiranesan_2016_0009.jpg






帰路は東斜面より前白根山経由で、再び五色山まで。






click_to_expand_12.gif    五色沼避難小屋辺りの落葉したダケカンバ林
thum_Okushiranesan_2016_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    中禅寺湖
thum_Okushiranesan_2016_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    再び外輪を五色山へ
thum_Okushiranesan_2016_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    前白根山を振り返る
thum_Okushiranesan_2016_0013.jpg






往路を引き返し4時過ぎ、金精峠まで下った。
今年の紅葉は、はずれ年なのかな?・・・





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2016年9月30日、安達太良山登山の模様です。 登山形態:単独
安達太良山登山:塩沢温泉→くろがね小屋→乳首→鉄山→箕輪山→塩沢温泉





紅葉には少し早いが、久々の晴れ。
登り残したピークハントも兼ね、安達太良山に登る事に決定。



早朝、車中泊場所のPAを出発。 本宮ICで下りると買出し&暫しのドライブ。
塩沢スキー場の駐車場に着くと6時前、肌寒い空気のなか、ゆるゆると歩き出した。



樹林帯のトラバースから、やがて沢沿いの道へ。
沢を離れ尾根へ上がると開ける視界。 久し振りの青空が気持ち良い。




click_to_expand_12.gif    視界が開け、安達太良山と黒鉄小屋が見えてきた
thum_Adatarayama_2016_0002.jpg






8時過ぎ、くろがね小屋を過ぎると、色づき始めの山肌を楽しみつつの漫歩となる。






click_to_expand_12.gif    色づき始めの山肌
thum_Adatarayama_2016_0003.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Adatarayama_2016_0004.jpg






峰の辻を過ぎ、火山らしい雰囲気になってくると、山頂も近い。
やがて辿りつく稜線から岩ゴロを上ると9時半頃、安達太良山(乳首)へ到着。






click_to_expand_12.gif    近づく乳首
thum_Adatarayama_2016_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    峰の辻辺りから稜線を仰ぐ
thum_Adatarayama_2016_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    山頂から、船明神山の先に磐梯山
thum_Adatarayama_2016_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    北方に稜線を望む
thum_Adatarayama_2016_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    蔵王方向
thum_Adatarayama_2016_0009.jpg






暫し憩うと、稜線を北へ。 彩の無い土色の荒涼とした感じの稜線だ。
鉄山を通過する頃には薄雲も広がってきて、下降気味の歩行意欲。






click_to_expand_12.gif    荒涼とした沼ノ平
thum_Adatarayama_2016_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    鉄山から乳首方向を振り返る
thum_Adatarayama_2016_0011.jpg






も、笹平周辺までやって来ると植生も豊富で、雰囲気も良い感じ。
箕輪山で憩っていると薄雲も消えて、美しい秋景色をゆったりと楽しむ。






click_to_expand_12.gif    箕輪山から南方を望む
thum_Adatarayama_2016_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    磐梯山 この角度から見る姿は格好が良い
thum_Adatarayama_2016_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    吾妻連峰
thum_Adatarayama_2016_0014.jpg






1時間以上も滞在すると、重い腰を上げ山頂を後に。
素晴らしい色づきを味わいつつ、ゆるゆると下っていく。






click_to_expand_12.gif    下りつつ磐梯山
thum_Adatarayama_2016_0015.jpg








click_to_expand_12.gif    色づきを楽しみながら下る
thum_Adatarayama_2016_0016.jpg








click_to_expand_12.gif    箕輪山を振り返る
thum_Adatarayama_2016_0017.jpg








click_to_expand_12.gif    紅葉には早いと思っていたが、この界隈はまずまず
thum_Adatarayama_2016_0018.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Adatarayama_2016_0019.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Adatarayama_2016_0020.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Adatarayama_2016_0021.jpg






緩やかな尾根道から急下降で沢まで下ると、往路と合流。
3時半前、塩沢スキー場まで戻った。



これから僕の一番好きな季節、まずまずの幕開けとなった。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村