2015年12月28日、赤石岳登山初日の模様です。
赤石岳登山初日:沼平→赤石ダム→椹島





早朝、東京の自宅を出発。 昨日からの二日酔いが抜けきらずに体調不良。
新東名道は新静岡IC下車。 朝飯を食らうと山間ドライブ。



二時間ほどでようやく畑薙ダムの先、沼平ゲートへ到着。
ヒーターの利いた車中で着替えると10時45分頃、椹島へ向けゆるゆると歩き出した。



昨年末(荒川岳登山)に引き続き今年も懲りずに、まずは18キロの車道歩きからスタート。
今年は麓の降雪がほぼ無いようで、路面に雪なし。 去年は概ね雪やアイスバーン路だった。




click_to_expand_12.gif    聖岳方向を仰ぐ
thum_Akaishidake01_2015_0001.jpg






ウォークマンから聞こえる「松本人志の放送室」に時折ニヤケつつ、黙々と歩く。
三時間ほどで赤石ダムへ着くと、今日の泊地までもう一息。






click_to_expand_12.gif    赤石ダムから上河内岳
thum_Akaishidake01_2015_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    昨年は湖面が結氷していたが
thum_Akaishidake01_2015_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    牛首峠から赤石岳
thum_Akaishidake01_2015_0004.jpg






3時半頃、ようやく椹島到着で、長く退屈だった車道歩きも終了。
冬季小屋の様子を伺うと2~3人の登山者がいるようなので小屋泊断念、程よい場所へ幕営してしまう。






click_to_expand_12.gif    閑散とする椹島
thum_Akaishidake01_2015_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    適当なところで幕営
thum_Akaishidake01_2015_0006.jpg






湯を沸かし体を温めると、冬の定番スープパスタで夕餉。
7時過ぎまで潰すとシュラフへ潜った。 明日どこまで行けるか・・・





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2015年12月20日、五竜岳登山登頂の模様です。
五竜岳登山2日目:西遠見山→白岳→五竜岳→アルプス平





夜明け前の5時40分頃、遠見尾根標高2200m付近の幕営地を、ヘッドランプで出発。
予報どおり移動性高気圧様到来で、気持ちの良い快晴。



40分程で西遠見山、いったん下ると急な雪尾根を黙々とラッセルして行く。




click_to_expand_12.gif    夜明け前の静寂
thum_Goryuudake02_2015_0001.jpg







click_to_expand_12.gif    眼前に五竜岳
thum_Goryuudake02_2015_0002.jpg






やがて黎明、刻々と表情を変えていく山肌に見惚れつつ独り登る。






click_to_expand_12.gif    黎明に染まる山肌
thum_Goryuudake02_2015_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    朝焼けの五竜岳
thum_Goryuudake02_2015_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    向かう急雪面も紅色
thum_Goryuudake02_2015_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    ドラマチックな変化を魅せる山肌
thum_Goryuudake02_2015_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    高度を上げると、稜線の先に唐松岳登場
thum_Goryuudake02_2015_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    やがて鮮明となる風景 なんという空色、宇宙だ・・・
thum_Goryuudake02_2015_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    美しい雪ヒダの先に鹿島槍ヶ岳
thum_Goryuudake02_2015_0009.jpg






白岳まで登り詰めると主稜線と合流、いよいよ五竜岳も近くなる。






click_to_expand_12.gif    白岳から唐松岳方向
thum_Goryuudake02_2015_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    間近になる五竜岳
thum_Goryuudake02_2015_0018.jpg






8時半前、五竜山荘へ着くと、スノーシューからアイゼンへ履き替える。
ここで後続の三人組スキーヤー(恐らくスキー場幕営で深夜出発組)に追いつかれ、残念ながら一人旅もここまで。






click_to_expand_12.gif    風が強い為、主稜線の積雪は少ない
thum_Goryuudake02_2015_0012.jpg






尾根伝いからトラバース後、岩場の急登で山頂直下。
暫しの平坦地から再び岩場を登り詰めると10時過ぎ、五竜岳山頂へ着いた。






click_to_expand_12.gif    鹿島槍ヶ岳
thum_Goryuudake02_2015_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    立山~剱岳
thum_Goryuudake02_2015_0014.jpg








click_to_expand_12.gif    火打山・妙高山方面
thum_Goryuudake02_2015_0015.jpg






青く澄み渡る空の下、美しい風景と、2011年のリベンジ達成に満足すると、来た道を戻る。



1時前、幕営地まで下る。 最終ロープウェイに間に合うか微妙な時間。
明日天気が崩れる事もあり、「まあ、下れる所まで下っておこう」 と決め、撤収・荷詰めると更に下る。






click_to_expand_12.gif    五竜岳を振り返る
thum_Goryuudake02_2015_0016.jpg








click_to_expand_12.gif    白馬三山
thum_Goryuudake02_2015_0017.jpg






先行スキーヤーのトレースのおかげで、思ったより順調に歩程が捗り、4時前にアルプス平到着。
今日中に下山できる事に安堵しつつ5分ほど行列に並ぶと、有難くロープウェイで一気に下界まで下った。



快晴のなか、念願を果たす事ができ、充実の登山となった。




登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2015年12月19日、五竜岳登山初日の模様です。
五竜岳登山初日:アルプス平→遠見尾根標高2200m付近





早朝、上信越道は「さかきPA」で起床。 天候不安や私情で憂鬱。
暫しのドライブで「長野IC」下車、コンビニに立ち寄りつつ1時間ほどで、白馬へ到着。



土曜日という事もあり、朝一から喧騒模様の白馬五竜スキー場に辟易してしまう。
スキーヤーと共に10分ほど行列に並び、ロープウェイで標高1500m超の「アルプスだいら」へ。



身繕いを整えスキー場へ下りると9時前、スノーシューでゲレンデを上って行く。
積雪期にここへ来るのは2011年以来(途中敗退)。 今度こそ山頂を踏みたい。



ゲレンデトップまで来ると、遠見尾根へ取付く。 危惧していた風雪も無く一安心。
先行者数名(日帰りツアー)がいる事もあり序盤はトレースがあるが、予想通り小遠見山からノートレース。




click_to_expand_12.gif    ここより単独 ノートレース
thum_Goryuudake01_2015_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    真っさらの雪稜を行く
thum_Goryuudake01_2015_0002.jpg






時折腿まで埋まるが、スノーシューで概ね脛ラッセル程度。
一回踏めば固まる雪質で比較的順調に歩程がはかどり、回復傾向の天候と、独りの静寂に気持ちも緩む。






click_to_expand_12.gif    八方尾根の雲も消えてきた
thum_Goryuudake01_2015_0003.jpg






2時前、徐々に雪深くなる急尾根を登ると、大遠見山へ出た。
三人でラッセルしたにも係わらず、2011年は初日でここまでしか来られなかった事を考えると、順調だ。






click_to_expand_12.gif    天気回復で五竜岳も登場
thum_Goryuudake01_2015_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    鹿島槍ヶ岳
thum_Goryuudake01_2015_0005.jpg






3時半頃、標高2200m付近、尾根上の平場。
予定の西遠見山には届かなかったが時間切れ、整地すると幕営してしまう。






click_to_expand_12.gif    幕営地付近から五竜岳 まだまだ遠いな・・・
thum_Goryuudake01_2015_0006.jpg






抹茶ラテで体を温めると水作りの業。 スープパスタで腹を満たすと7時過ぎシュラフへ。
諸々で憂鬱な滑り出しだったが、どうやら山頂も射程距離に。 さあ明日、どんな景色が待っているだろう。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2015年11月28日、古賀志山登山の模様です。
古賀志山登山コース:風雷神社→赤岩山→御岳山→古賀志山→滝コース





7時45分頃、城山西小学校の先、市営駐車場を出発。
車道を暫く歩くと、風雷神社の鳥居を潜り山道へ。



踏跡の薄いルンゼ状の道をゆるゆると。
一時間ほどで稜線へ出ると、岩峰やパラグライダー発航場から展望が開ける。




click_to_expand_12.gif    関東平野
thum_Kogashiyama_2015_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    右奥に富士山も
thum_Kogashiyama_2015_0002.jpg






登りきった赤岩山から先は、眺望の良い岩がらみの稜線歩き。
小さなアップダウンを繰り返し10時頃、登山者で賑わう御岳山へ出る。






click_to_expand_12.gif    晩秋の趣の山並み
thum_Kogashiyama_2015_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    赤岩山を振り返る
thum_Kogashiyama_2015_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    薄っすら雪化粧の日光連山
thum_Kogashiyama_2015_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    御岳山
thum_Kogashiyama_2015_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    古賀志稜線の奥、高原山
thum_Kogashiyama_2015_0007.jpg






暫し憩うと、そこから20分ほどで古賀志山山頂。
木々に囲まれ展望が利かない為、更に先の見晴台まで進み休憩。






click_to_expand_12.gif    見晴台より、北方の山並み
thum_Kogashiyama_2015_0008.jpg






御岳山の直下まで戻ると、滝コースで下っていく。
やがて因縁のクライミングエリア(過去に落下&骨折)を通り過ぎると車道へ、11時半頃下山。






click_to_expand_12.gif    麓から古賀志山
thum_Kogashiyama_2015_0009.jpg






今年の秋山登山も、近郊の山で締めくくりです。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村