2015年3月15日、3月槍ヶ岳登山初日の模様です。
3月槍ヶ岳登山初日:新穂高→白出沢出合→滝谷出合→槍平





6時20分頃、新穂高を出発。 新穂高ロープウェイを通り過ぎ、除雪された車道をゆるゆると歩いていく。
昨冬ラッセルに苦しみ届かなかった積雪期槍ヶ岳、今回は是非登頂を果たしたい。



click_to_expand_12.gif    新穂高の駐車場を出発
thum_Yarigatake01_2015_0001.jpg



程なく除雪区間を終えると雪道となる。 トレースは付いているが、昨年3月(奥穂高岳登山)より薄い。
雪の林道歩きとは言えトレースが在るのと無いのとでは大違い、有難く辿らせて頂く。



click_to_expand_12.gif    トレースの付いた林道を黙々と
thum_Yarigatake01_2015_0002.jpg



ワカン装着で黙々と歩き8時頃、穂高平。ここでトレースは二手に分かれ、一方は西穂高岳西尾根へと消える。
更に薄くなったトレース(二人パーティーのものか?)を辿り10時前、ようやく白出沢出合で、ここより登山道。



click_to_expand_12.gif    穂高平避難小屋
thum_Yarigatake01_2015_0003.jpg






click_to_expand_12.gif    穂高平より、大喰岳~中岳~南岳
thum_Yarigatake01_2015_0004.jpg



樹林帯のトラバースから、やがて沢沿いに進むと昼過ぎ、滝谷出合到着。
と、ここでトレースは滝谷方面へと無情にも消え、いよいよノートレースとなる。



click_to_expand_12.gif    飛騨沢沿いに進む
thum_Yarigatake01_2015_0005.jpg






click_to_expand_12.gif    滝谷出合からドームを仰ぐ
thum_Yarigatake01_2015_0006.jpg



概ねスネ丈のラッセルに喘ぎつつ、沼のような感触の雪原に重たい足取りで足跡をを付けていく。
湿雪だんごが強烈に付着したワカンは「鉄ゲタ」のように重たくなり、急速に奪われていく気力と体力。



click_to_expand_12.gif    鉄ゲタのように重たい強烈な雪だんご。 離雪スプレーを吹いてくるべきだった・・・
thum_Yarigatake01_2015_0007.jpg






click_to_expand_12.gif    涸沢岳方向を仰ぐ
thum_Yarigatake01_2015_0008.jpg






click_to_expand_12.gif    踏跡の無い雪原をゆるゆると。 雪沼のようでこれが以外にキツイのだ
thum_Yarigatake01_2015_0009.jpg



早くも弱気の虫が囁きだし、引き返す言訳ばかりを考えていたが、視界の先に槍平小屋が見えると、ホっと一息。
2時40分頃、ようやく槍平到着。 今日中に尾根に取り付く予定だったが到底無理、小屋前に幕営してしまう。



click_to_expand_12.gif    冬季小屋(雪で埋没)の前に幕営
thum_Yarigatake01_2015_0010.jpg



数日前の寒気と冬型による降雪の影響か、3月だというのに思ったより雪が締まっておらず苦戦。
明日は一日中ラッセルか・・・



登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2015年2月21日、南八ヶ岳縦走、二日目の模様です。
南八ヶ岳縦走:権現岳→キレット→赤岳→行者小屋→美濃戸





夜明け直後の6時半頃、権現小屋を出発。 
移動性高気圧様到来で快晴・微風。



click_to_expand_12.gif    ギボシに陽が差す
thum_Yatsugatake02_2015w_0002.jpg






click_to_expand_12.gif    北岳・甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳
thum_Yatsugatake02_2015w_0001.jpg






click_to_expand_12.gif    権現岳山頂部
thum_Yatsugatake02_2015w_0003.jpg






click_to_expand_12.gif    権現岳より阿弥陀岳~赤岳
thum_Yatsugatake02_2015w_0004.jpg



権現岳山頂付近の下降点より、ハシゴを下りきると雪面をトラバースし、稜線へでる。
僕なりに核心部の一つだと思っていた箇所だったが、あっけなく通過できた事に安堵する。



click_to_expand_12.gif    旭岳・赤岳
thum_Yatsugatake02_2015w_0005.jpg



ここよりツルネ辺りまでは埋まる事もなく、快適な雪稜歩きとなる。
独り静かに風景を味わいつつ歩く真っ新な雪稜は、たまりません・・・



click_to_expand_12.gif    権現岳東面の雪ひだ
thum_Yatsugatake02_2015w_0007.jpg






click_to_expand_12.gif    旭岳辺りより望む阿弥陀岳~赤岳
thum_Yatsugatake02_2015w_0006.jpg






click_to_expand_12.gif    下ってきた雪稜
thum_Yatsugatake02_2015w_0008.jpg






click_to_expand_12.gif    ツルネ辺りから権現岳を振り返る
thum_Yatsugatake02_2015w_0009.jpg






click_to_expand_12.gif    阿弥陀岳が大きい
thum_Yatsugatake02_2015w_0010.jpg






click_to_expand_12.gif    赤岳を仰ぐ
thum_Yatsugatake02_2015w_0011.jpg



キレット小屋辺りから赤岳基部の間で、雪が深くなる所があるものの
先程すれ違った5~6人のパーティーが昨日付けてくれたトレースのおかげで、概ね順調な歩行となる。



click_to_expand_12.gif    小天狗辺りから、権現岳方向を振り返る
thum_Yatsugatake02_2015w_0012.jpg






click_to_expand_12.gif    近づく赤岳(左)
thum_Yatsugatake02_2015w_0013.jpg



11時過ぎ、赤岳山頂到着。
硫黄岳まで歩く予定だったが、先週に続いての登山という事もあり、かなり「お疲れ」。 暫し憩うと下っていく。



click_to_expand_12.gif    硫黄岳~天狗岳~蓼科山
thum_Yatsugatake02_2015w_0014.jpg






click_to_expand_12.gif    横岳
thum_Yatsugatake02_2015w_0015.jpg



静寂のキレット歩きとは一変、多くの登山者とすれ違いつつ、番長トレースの文三郎尾根を下っていく。
皆さん、カラフルな完全防備で、冬山装備のファッションショーの様である。



click_to_expand_12.gif    阿弥陀岳
thum_Yatsugatake02_2015w_0016.jpg



3時前、美濃戸へ下山。 行者小屋で呼んでおいたタクシーに乗ると、入山口である富士見平へ戻った。
不安を吞み込んで突破する雪稜歩きは、たまりません。



登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2015年2月20日、南八ヶ岳縦走、初日の模様です。
南八ヶ岳縦走:富士見高原→編笠山→ギボシ→権現岳





7時前、富士見高原の駐車場を、編笠山へ向けゆるゆると歩き始めた。
車道を暫し進むと、程なく登山道となる。しっかりとしたトレースがあり、ありがたく辿らせて頂く。



click_to_expand_12.gif    樹間より北岳
thum_Yatsugatake01_2015w_0001.jpg



二時間ほどで急登となり、時折埋まりながら喘いで高度を上げていく。
登り始めは晴れていた空も、なんだか雲が増えてきて、小雪も舞いだした。 寒気の影響だろうか?


予定より遅れ昼前、編笠山へ到着する。
ガス模様に気分も沈むが、とりあえず先へ進む事として、乙女平へ下っていく。 予想通りここからノートレース。



click_to_expand_12.gif    編笠山より、ガスの切れ目から阿弥陀~権現岳
thum_Yatsugatake01_2015w_0002.jpg



なにしろ天気が悪いと歩く気がしない僕である。 で、青年小屋のあるコルまで下ると暫し逡巡。
「このまま冬季小屋でまったり過ごそうか」 などと囁く弱気の虫を振り払い、やはり先へ行く事とする。



click_to_expand_12.gif    西ギボシ
thum_Yatsugatake01_2015w_0003.jpg



全身を使ったラッセルを交えつつ独りトレースを刻み、ゆるゆると高度を稼いでいく。
天気は回復傾向のようで、先程まで舞っていた小雪も徐々に止み、青空も顔を出すと気持ちも晴れてきた。



click_to_expand_12.gif    編笠山を振り返る
thum_Yatsugatake01_2015w_0004.jpg






click_to_expand_12.gif    西岳方面
thum_Yatsugatake01_2015w_0005.jpg






click_to_expand_12.gif    近づく西ギボシ 右奥は権現岳
thum_Yatsugatake01_2015w_0006.jpg






click_to_expand_12.gif    前三ツ頭と富士山
thum_Yatsugatake01_2015w_0007.jpg



急雪面で西ギボシまで上がると雪稜となり、ほどなくギボシの基部に出る。
ギボシ南面を巻くトラバース路は、暫し進んだ所で雪に埋もれていた為、ピークを目指し直登して行く。



click_to_expand_12.gif    東ギボシ(ギボシ)
thum_Yatsugatake01_2015w_0008.jpg






click_to_expand_12.gif    西ギボシを振り返る
thum_Yatsugatake01_2015w_0009.jpg



やがてギボシの稜線に達すると北面が開け、阿弥陀岳や赤岳等が望まれる。
ナイフリッジでギボシを越えると、真っ新の雪稜に足跡を刻み歩いていく。 これは快感だ・・・



click_to_expand_12.gif    ギボシより、阿弥陀岳・赤岳
thum_Yatsugatake01_2015w_0010.jpg






click_to_expand_12.gif    ギボシ山頂部のナイフリッジ
thum_Yatsugatake01_2015w_0011.jpg






click_to_expand_12.gif    権現岳方向
thum_Yatsugatake01_2015w_0012.jpg






click_to_expand_12.gif    この雪稜歩きは快感だ・・・
thum_Yatsugatake01_2015w_0013.jpg






click_to_expand_12.gif    ギボシを振り返る
thum_Yatsugatake01_2015w_0014.jpg



4時頃、権現小屋到着。 キレット小屋まで行く予定だったが時間切れの為、ここで行動終了。



click_to_expand_12.gif    小屋前へ幕営
thum_Yatsugatake01_2015w_0015.jpg






click_to_expand_12.gif    権現岳辺りより、キレットと赤岳
thum_Yatsugatake01_2015w_0016.jpg






click_to_expand_12.gif    夕日とギボシ
thum_Yatsugatake01_2015w_0017.jpg



小屋前を強引に整地すると幕営。 水を作り、スープパスタで腹を満たすと7時半頃シュラフへ。
ノートレースを突破して歩く雪稜は格別、充実した一日となった。



登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2015年2月16日、鳳凰山登山、登頂の模様です。
鳳凰山登山:鳳凰小屋→地蔵岳→観音岳→御座石鉱泉





6時前、テントを出発。
やがて黎明を迎え、雪面に赤い斑点が浮かぶ。



click_to_expand_12.gif    木漏れ日が赤い斑点となる
thum_Hououzan02_2015_0001.jpg



半時ほどで森林限界を超えると、開けた展望に感嘆しつつ、雪面を独り登って行く。
冬特有、群青に広がる空が気持ち良い。



click_to_expand_12.gif    群青の空
thum_Hououzan02_2015_0002.jpg






click_to_expand_12.gif    観音岳
thum_Hououzan02_2015_0003.jpg






click_to_expand_12.gif    オベリスク
thum_Hououzan02_2015_0004.jpg



7時過ぎ、地蔵岳(オベリスク基部)に到着。
オベリスクへ登ろうとするが、残地ロープが岩溝に埋まって引っ張り出せずに断念(フリーで登るのは困難)。



click_to_expand_12.gif    観音岳と富士山
thum_Hououzan02_2015_0005.jpg






click_to_expand_12.gif    オベリスクより、白峰三山
thum_Hououzan02_2015_0006.jpg






click_to_expand_12.gif    甲斐駒ケ岳
thum_Hououzan02_2015_0007.jpg



赤抜沢ノ頭まで登り稜線へ出ると、谷を挟み対峙する白峰三山が圧倒的だ。
昨日吹き荒れていた強風も治まり、登山日和の中、稜線を辿る。



click_to_expand_12.gif    白峰三山が圧倒的
thum_Hououzan02_2015_0009.jpg






click_to_expand_12.gif    オベリスクを振り返る 奥は八ヶ岳
thum_Hououzan02_2015_0010.jpg






click_to_expand_12.gif    薬師岳と富士山
thum_Hououzan02_2015_0011.jpg



9時半前、鳳凰山最高峰である観音岳へ到着。
後立山や頚城山群まで望まれる好条件の中、風景を望みつつ憩う。



click_to_expand_12.gif    仙丈ケ岳
thum_Hououzan02_2015_0012.jpg



薬師岳まで歩き、2011年冬(夜叉神峠より登頂)と同様、鳳凰三山縦走としたかったのだがダイムアップ。
来た道を引き返して行く。



click_to_expand_12.gif    素晴らしい
thum_Hououzan02_2015_0013.jpg



コルより近道(ノートレース、各所で蟻地獄)で鳳凰小屋まで下ると、改めて大ザックを背負い下山を開始。
昨日の強風と乾雪の為、いやらしいトラバースのトレースが消失しており、時折胸まで埋まるラッセルと格闘。


悶絶を繰り返し燕頭山まで来るとようやく落ち着いて歩けるようになり3時半、麓まで下った。



登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2015年2月15日、鳳凰山登山、初日の模様です。
鳳凰山登山:御座石鉱泉→燕頭山→鳳凰小屋





7時過ぎ、御座石鉱泉をゆるゆると、鳳凰山へ向け歩き出した。
積雪で夜叉神峠への車道が通行できない事もあり、御座石鉱泉からの入山となった。



click_to_expand_12.gif    御座石鉱泉を出発
thum_Hououzan01_2015_0001.jpg



一登りした西ノ平辺りから雪道となるが、比較的明瞭なトレースがあり、ありがたく辿らせて頂く。
北海道東部の発達した低気圧の影響で、樹林帯でも時折冷たい強風が吹きぬける。



click_to_expand_12.gif    下山時にも出会ったカモシカ。 堂々としており、この辺の主か・・・
thum_Hououzan01_2015_0002.jpg



燕頭山まで尾根伝いに登ると、その先の二つあるピークは北面より巻く。
急な雪面のトラバースというのは、なかなかキツいもので、トレースが無かったら往生するところだ。



click_to_expand_12.gif    樹間より望む地蔵岳
thum_Hououzan01_2015_0003.jpg



途中、数組の下ってくる登山者とすれ違いつつ、順調にトレースを辿り、2時過ぎ鳳凰小屋へ到着。
冬季に、これだけゆとりを持って目的地まで辿り着いたのも久々、まったり平坦地を整地すると幕営。



click_to_expand_12.gif    鳳凰小屋到着
thum_Hououzan01_2015_0004.jpg






click_to_expand_12.gif    お宿完成
thum_Hououzan01_2015_0005.jpg



明日の下見を終えるとテントへ入り水作り、スープパスタで腹を満たすと7時過ぎ、シュラフへ。
ようやく風も治まってきたようだ。



登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村