2013年12月24日、槍ヶ岳へ2日目の模様です。





滝谷出合手前、斜面コブの幕営地、4時過ぎにシュラフから這い出す。
歯磨き後、ココアラテ→スープやきそば→キットカットで充電。


荷を詰めテントを撤収している時、油断。
傍らに何気なく置いておいたテントポールが斜面を滑りだし、谷方向へシュッと滑降。


未だ夜明け前、薄暗い中ヘッドランプで捜索。
急斜面を降り、20mほど下を流れる沢付近まで捜すが、雪に埋まってしまっているのか発見できず。
いっそこのまま見つからなければ、帰る言い訳ができるぞ などと不埒な事が頭をよぎる。


っと右往左往していると、沢伝いに続くスキーのトレースを発見する。
斜面をトラバースする夏道通しに進む事に難儀を感じていた僕、これは怪我の功名となるか・・・


まあ兎にも角にもテントポールを発見しないと話にならない。
っで、再び上り返すと、幕営地点のすぐ下で、あっけなくポールを見つける。


およそ1時間のロス、ただでさえ遅滞している進捗だというのに・・・
ようやく7時前出発、谷まで下り、先ほど確認したトレースを沢伝いにワカンで行く。


click_to_expand_12.gif    曇天で水墨画風情
thum_W-Yarigatake02_2013_0001.jpg




click_to_expand_12.gif    時折雪が舞うなか、ゆるゆると進む
thum_W-Yarigatake02_2013_0002.jpg


トレースに助けられつつも、50分ほどを費やして、ようやく滝谷出合を通過。
ここから先も沢伝いに、時折スノーブリッジを渡ったりしつつ、スキートレースを追い黙々と歩く。


click_to_expand_12.gif    雲間から涸沢岳
thum_W-Yarigatake02_2013_0003.jpg


11時前、予定を大幅に遅れ、槍平に到着。
暫しの逡巡の後、弱音と躊躇を断ち切り、地図を頼りにノートレースの急尾根へ取り付く。


急斜面に雪がのり、足が踏み上げられない環境。 ここより本格的なラッセルとなる。
目の前の雪を掻き落とし、膝を押し付けて固め、ワカンで踏み、踏み跡に雪を入れて更に踏み固めて
足場を作るとようやく一歩。 独り延々とこの作業を繰り返す。


遅々として歩程が捗らないなか喘ぎ、無情に消失していく時間と体力。
中崎尾根までは辿り着きたいのだが、到底無理な状況。


苦心しながら進み3時半頃、尾根上にあるちょっとした平地へでた。
更に10分ほどラッセルするも、この先幕営適地があるのか不明な為、引き返しそこに幕営。


槍平から約4時間もかけて稼いだ高度、僅かに150m。
きびし~~~~~~~・・・


天気予報どおり夕方から天気は回復。
厳冬の美しい山岳風景を眺めていると、今日の行動も報われた感じになる。


click_to_expand_12.gif    中岳・南岳
thum_W-Yarigatake02_2013_0004.jpg




click_to_expand_12.gif    北穂高岳・涸沢岳
thum_W-Yarigatake02_2013_0005.jpg




click_to_expand_12.gif    中岳~大喰岳方向
thum_W-Yarigatake02_2013_0006.jpg


水を作り、濃厚スープパスタで腹を満たすとシュラフへ潜る。
さあ、晴れるのは明日一日だけ。 どこまで行けるか・・・


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2013年12月23日、槍ヶ岳へ初日の模様です。





10時半頃、新穂高の登山者用駐車場に到着。
が、夜間の出入り口閉鎖により、夕方5時以降出庫できない旨の掲示板があったので
暫し引き返した深山荘の駐車場に車を停める。


うだうだと準備を整え、11時更新の天気予報をチェックすると
遥か遠い槍ヶ岳を目指し、ゆるゆると歩き出した。


click_to_expand_12.gif    朝、豊科辺りから常念山脈
thum_W-Yarigatake01_2013_0001.jpg




click_to_expand_12.gif    良い天気
thum_W-Yarigatake01_2013_0002.jpg




click_to_expand_12.gif    除雪された車道をゆるゆると
thum_W-Yarigatake01_2013_0003.jpg


ロープウェイ乗り場を過ぎ暫しで除雪区間も終わるが
番長トレースがついており難儀なく進む。


click_to_expand_12.gif    番長トレースに助けられ順調に進むが・・・
thum_W-Yarigatake01_2013_0004.jpg


2時過ぎ、白出沢出合まで来ると林道も終わり、ようやく登山道となる。
涸沢岳西尾根の取り付きを過ぎ暫しで雪も深くなり、ここからワカンで行く。


やがてトレースも消えていき、ブドウ谷辺りから、難儀なトラバース路のラッセルとなる。
遅々として歩みがはかどらず、次第に夕闇が近づいてくる。
くそっ、もっと早く出発すべきだった、なめていた・・・


予定していた滝谷出合まで辿り着けそうにないので、幕営適地を探しつつ進み
斜面の平らなコブを見つけると、強引に整地してなんとか幕営する。


後悔で沈んだ気持ちで水を作り、濃厚スープパスタで腹を満たすとシュラフへ。
こんな調子で槍ヶ岳まで届くのだろうか・・・ 明日は丸一日ラッセルが待っている。


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2013年12月1日、富士山登山二日目、登頂の模様です。
富士山登山:馬返し→吉田口登山道→お鉢巡り→剣ヶ峰





4時過ぎ、シュラフからもぞもぞ這い出す。
歯を磨きお湯を沸かすが、明け方の吹き降ろしの風でテントが歪んでおり落ち着かない感じ。


ココアラテで暖を取ると、どんべい天ぷらそばを流し込み、さらにキットカットを貪り
登頂まで、当座のエネルギーを蓄える。


テントを撤収、風で飛ばされない場所に残地すると6時半頃、富士山へ向けゆるゆると歩き出した。
まだ誰もここ(標高三千m付近)を通っていないという事は、今日のトップは僕かな・・・


click_to_expand_12.gif    やがて朝日が山肌に射してくる
thum_Fujisan02_2013_0001.jpg


急斜面をえっちらほっちら、路面状態は良好で、いい感じでアイゼンが利く。
風も比較的穏やかな為、ピッケルは出さずストックで行く。


click_to_expand_12.gif    眼下に山中湖と奥は丹沢山地
thum_Fujisan02_2013_0002.jpg




click_to_expand_12.gif    山頂方向を仰ぐ
thum_Fujisan02_2013_0003.jpg




click_to_expand_12.gif    一様な勾配をひたすら登る
thum_Fujisan02_2013_0004.jpg


順調に登りがはかどり9時頃、吉田口山頂へ到着。
昨年と違い時間にゆとりがあり、穏やかな気持ちでお鉢を巡っていく(反時計回り)。


click_to_expand_12.gif    吉田口山頂
thum_Fujisan02_2013_0005.jpg




click_to_expand_12.gif    白山岳
thum_Fujisan02_2013_0006.jpg




click_to_expand_12.gif    剣ヶ峰方向
thum_Fujisan02_2013_0007.jpg




click_to_expand_12.gif    南アルプスの連なり
thum_Fujisan02_2013_0008.jpg




click_to_expand_12.gif    近づく剣ヶ峰
thum_Fujisan02_2013_0009.jpg




click_to_expand_12.gif    富士宮市方向
thum_Fujisan02_2013_0010.jpg




click_to_expand_12.gif    火口
thum_Fujisan02_2013_0011.jpg




click_to_expand_12.gif    箱根連山 相模湾
thum_Fujisan02_2013_0012.jpg




click_to_expand_12.gif    伊豆半島方向
thum_Fujisan02_2013_0013.jpg


2時間もかけて風景を楽しみつつ周遊。麓にもほとんど雲が無く視界全開。
11時頃、吉田口山頂へ再び戻ると、下山を開始する。


アイゼンを利かせつつグングン下り、標高三千m付近でテント等を回収。
重たくなったザックを改めて背負うと、黙々と歩いて行く。


太陽が傾きかけた3時過ぎ(昨年は日没後だった)、登山口である馬返しに到着。
冬装備の確認もでき楽しい登山となった。 そして昨年より富士山が少し好きになった。


click_to_expand_12.gif    翌日 山中湖畔から
thum_Fujisan02_2013_0014.jpg


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村