2013年11月30日、富士山登山初日の模様です。
富士山登山:馬返し→吉田口登山道→お鉢巡り→剣ヶ峰





9時半頃、馬返しの駐車場に到着。
先客さんでなかなかの賑わいの中、独り出発準備を整え9時前、富士山へゆるゆると歩き出した。


昨年に続き二度目となる富士山登山
無論山頂を踏むつもりだが、用装備品等の確認が主な目的です。


三合目を過ぎた辺りから雪が現れだすが、アイゼンは不要。
11時半頃「佐藤小屋」到着、景色を眺めつつ休憩すると、ここからアイゼンで行く。


click_to_expand_12.gif    佐藤小屋辺りから富士山を仰ぐ
thum_Fujisan01_2013_0001.jpg




click_to_expand_12.gif    スバルライン五合目駐車場の先、間ノ岳~北岳~甲斐駒ケ岳
thum_Fujisan01_2013_0002.jpg


ほどなく森林限界を超えると視界が開ける。
良コンディションのようで、穂高連峰から後立山までが姿を見せている。


click_to_expand_12.gif    甲府盆地のずっと奥、北アルプスが連なる
thum_Fujisan01_2013_0003.jpg




click_to_expand_12.gif    山中湖を眼下に、奥は奥秩父山群
thum_Fujisan01_2013_0004.jpg


吉田口登山道は富士山北東面に位置する為、昼を過ぎると日陰となる。
も、まだ標高が低い事もあり、比較的風も穏やかでそれほど寒くは感じない。


点在する山小屋群を中継するようにして、急斜面をえっちらほっちら。
予定通り標高3000mを超えた辺りで、幕営適地(そんな場所は無いが・・・)を求め右往左往。


グダグダになりつつも4時頃、なんとか強風でも飛ばされないであろう感じに格好をつけた。
テント内でようやく落ち着くと「抹茶ラテ」でほっと人心地。


click_to_expand_12.gif    影富士
thum_Fujisan01_2013_0005.jpg


あとはいつもの流れ、水を作り濃厚スープパスタで腹を満たすと7時過ぎシュラフへ。
明け方の風が気がかりだ・・・


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2013年11月23日、黒滝山登山の模様です。
黒滝山登山:下底瀬→鷹の巣山→黒滝山(観音岩)→トヤ山





7時頃、南牧村は蝉橋近くの駐車場を出発。
晩秋の冷え込んだ空気の中、車道を下底瀬集落までテクテク歩く。


click_to_expand_12.gif    朝日を浴びる鷹の巣山
thum_Kurotakiyama_2013_0001.jpg




click_to_expand_12.gif    山村風景
thum_Kurotakiyama_2013_0002.jpg


油断していると見落としそうな標識に導かれ登山道へ。
も、ありえないルートミスで1時間強さまよった後、ようやく鷹の巣山への登山道を発見。


30分ほども登ると稜線、ここをいったん左へ、コースと逆方向に暫し行くと鷹の巣山到着。
西上州らしい趣のある山村風景が広がる。


click_to_expand_12.gif    鷹巣山から麓を見下ろす
thum_Kurotakiyama_2013_0003.jpg




click_to_expand_12.gif    毛無岩方面
thum_Kurotakiyama_2013_0004.jpg


景色を味わうと黒滝山へ向け、再出発。
40分ほどで、観音岩(黒滝山)へ到着。360度の展望が得られ、鹿岳や妙義山等が良い風情だ。


click_to_expand_12.gif    鹿岳・四ツ又山方面 良い趣・・・
thum_Kurotakiyama_2013_0005.jpg




click_to_expand_12.gif    渋い秋色
thum_Kurotakiyama_2013_0006.jpg


ここから不動寺方面への尾根は、ナイフリッジ状の「馬の背」など、鎖・ハシゴがところどころに。
コルへ下ると暫しの砂利道歩きを経て再び登山道をえっちらと。


荒船山への銃走路からわずかに上り昼頃、トヤ山へ到着。
毛無岩まで歩くつもりだったが、のっけの道迷いの為断念。今日はここまでと決め、暫し憩う。


click_to_expand_12.gif    トヤ山から浅間山(左) 右下の湖は荒船湖
thum_Kurotakiyama_2013_0007.jpg




click_to_expand_12.gif    荒船山への縦走尾根 いつか歩こう
thum_Kurotakiyama_2013_0008.jpg


風景を堪能すると来た道を戻り、不動寺の分岐を上底瀬方面へ。
岩山とその麓にこじんまりと佇む山村の風情の中、車道を再びテクテク行き3時頃、駐車場へ戻った。


click_to_expand_12.gif    上底瀬辺りから仰ぐ鷹の巣山
thum_Kurotakiyama_2013_0009.jpg




click_to_expand_12.gif    六車辺りの山村風景
thum_Kurotakiyama_2013_0010.jpg


西上州ならではの、この黄昏た風情、もっともっと歩いていきたい。



登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2013年11月9日、表妙義山縦走の模様です。
表妙義山縦走:妙義神社→相馬岳→茨尾根→鷹返し→東岳→中之岳→大砲岩





夜明け前の6時頃、妙義神社を出発。
表妙義山を訪れるのは、2008年秋以来となります。


秋色に染まる樹林帯を40分ほど登るとやがて岩場(鎖場)。
良いホールドが少ない為、所々で鎖のお世話になりつつ、えっこらせっせと・・・


7時頃、表妙義稜線へでると、早くも視界が広がる。
裏妙義・浅間山・金鶏山・榛名山など、早朝の清々しい空気の中、展望を味わう。


click_to_expand_12.gif    麓に鎮座する金鶏山・筆頭岩
thum_Myougisan_2013_0001.jpg




click_to_expand_12.gif    榛名山方面
thum_Myougisan_2013_0002.jpg




click_to_expand_12.gif    裏妙義山の向こうに浅間山
thum_Myougisan_2013_0003.jpg




click_to_expand_12.gif    和風な山岳風景
thum_Myougisan_2013_0004.jpg


歩くにつれ表情を変える、表妙義山らしい趣のある風景を楽しみつつの縦走路。
岩場・急路・迷道等、多要素の山歩き。


click_to_expand_12.gif    麓の色づき
thum_Myougisan_2013_0005.jpg




click_to_expand_12.gif    大のぞき辺りから玉岩方向を振り返る
thum_Myougisan_2013_0006.jpg




click_to_expand_12.gif    スラブ状の天狗岳
thum_Myougisan_2013_0007.jpg


表妙義山最高峰である相馬岳よりいったん下ると、茨尾根をアップダウン。
途中のピークから振り返ると、相馬岳が美しい。


click_to_expand_12.gif    金洞山
thum_Myougisan_2013_0008.jpg




click_to_expand_12.gif    相馬岳を振り返る
thum_Myougisan_2013_0009.jpg




click_to_expand_12.gif    裏妙義谷急山(右)方面
thum_Myougisan_2013_0010.jpg




click_to_expand_12.gif    茨尾根ピーク辺りから金洞山
thum_Myougisan_2013_0011.jpg


茨尾根を下り、中間道への分岐を左に分けると
ここから金洞山へは連続する鎖場(登山道の中では最高難度と思われます)を越えていく。


click_to_expand_12.gif    鷹返しより相馬岳
thum_Myougisan_2013_0012.jpg


11時前中之岳到着、表妙義山縦走も段落が付き、ホっと一息。
後半雲が増えてきたものの、まずまずのコンディションの中、風景を眺めると下山を開始する。


click_to_expand_12.gif    東岳辺りから金鶏山を見下ろす
thum_Myougisan_2013_0013.jpg


大砲岩経由、妙義中間道で帰路へ(中間道界隈は凄い喧騒、車道を歩くのが正解でした)。
1時頃、妙義神社へ戻った。


click_to_expand_12.gif    大砲岩より白雲山方向
thum_Myougisan_2013_0014.jpg




click_to_expand_12.gif    中間道第二見晴から白雲山の岩峰を仰ぐ
thum_Myougisan_2013_0015.jpg




click_to_expand_12.gif    妙義神社へ戻る
thum_Myougisan_2013_0016.jpg


道の駅みょうぎで、日本酒「妙義山」購入、もみじの湯で汗を流し、妙義山を後に。
快晴の秋空の下、またいつか縦走したい。


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2013年11月2日、谷川連峰縦走2日目の模様です。
谷川連峰縦走:巖剛新道→谷川岳→オジカ沢ノ頭→万太郎山→仙ノ倉山→平標山





薄明るくなってきた夜明け前の5時40分頃、幕営地を出発。
雲一つ無い快晴の空の下、稜線を歩いていく。大障子ノ頭からコルへ下りだす頃、黎明。


click_to_expand_12.gif    万太郎山に陽が差し込む
thum_Tanigawa02_2013_0001.jpg




click_to_expand_12.gif    赤谷川本谷源頭 連峰の深部を眼下に
thum_Tanigawa02_2013_0002.jpg




click_to_expand_12.gif    茂倉岳の稜線 奥は巻機山塊
thum_Tanigawa02_2013_0003.jpg




click_to_expand_12.gif    オキノ耳・トマノ耳方向を振り返る
thum_Tanigawa02_2013_0004.jpg


徐々に躍動感を醸し出していく風景を楽しみつつ進み7時過ぎ、万太郎山到着。
エビス大黒ノ頭など、美しい稜線を携えた仙ノ倉山の佇まいが圧倒的である。


click_to_expand_12.gif    万太郎山より仙ノ倉山
thum_Tanigawa02_2013_0005.jpg


360度の眺望、得心するまで風景を味わうと再び歩き出す。
南からの風が強く時折雲が湧くものの、稜線を覆うほどにはならず、概ね良好なコンディション。


click_to_expand_12.gif    稜線を進み、万太郎山を振り返る
thum_Tanigawa02_2013_0006.jpg


縦走の醍醐味、歩くにつれ表情を変えていく景色を肴に尾根をアップダウン。
10時半前、谷川連峰最高峰である仙ノ倉山へ到着。


click_to_expand_12.gif    湯沢市街を眼下に
thum_Tanigawa02_2013_0008.jpg


積雪期以外の訪問は初めての山頂で一息。
万太郎山方面はダイナミックな様相だが、平標山方面に目を転ずると、おおらかで牧歌的。


click_to_expand_12.gif    おおらかな平標山
thum_Tanigawa02_2013_0009.jpg




click_to_expand_12.gif    山頂下より、万太郎山方向
thum_Tanigawa02_2013_0007.jpg


仙ノ倉山から先は緩やかな木道がらみの道、ゆるり行くと平標山着。
5~6組の登山者で賑わう小広い山頂部で暫し憩うと、名残惜しさを引きずりながら下山を開始。


click_to_expand_12.gif    平標山より仙ノ倉山
thum_Tanigawa02_2013_0010.jpg




click_to_expand_12.gif    下りから平標山を仰ぐ
thum_Tanigawa02_2013_0011.jpg


松手山から樹林帯へ入ると、急な尾根道をえっちらほっちらで1時半頃下山。
バスで越後湯沢駅→上越線で土合駅 で、車回収。


近くて良き山、谷川連峰。


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




   冬の荒川岳登山(3) 2325m幕営地点→千枚岳→荒川岳→椹島→沼平 (H26/12/27-28)

thum_Arakawadake03_2014_0016thum_thum_.jpg


冬の荒川岳登山(3)の登山日記を読む



   冬の荒川岳登山(2) 椹島→清水平→2325m幕営地点 (H26/12/26)

thum_Arakawadake02_2014_0003thum_thum_.jpg


冬の荒川岳登山(2)の登山日記を読む



   冬の荒川岳登山(1) 沼平→椹島 (H26/12/25)

thum_Arakawadake01_2014_0003thum_thum_.jpg


冬の荒川岳登山(1)の登山日記を読む



   初冬の大小山・大坊山縦走 
     阿夫利神社→大小山→越床峠→大坊山→大山衹神社→南尾根→阿夫利神社
(H26/12/13)

thum_Daishouyama_2014_0012thum_thum_.jpg


初冬の大小山・大坊山縦走の登山日記を読む



   秋の四ツ又山・鹿岳縦走
    大久保→天狗峠→四ツ又山→一ノ岳→二ノ岳(鹿岳)→大久保
(H26/11/22)

thum_Kanatake_2014_0005thum_thum_.jpg


秋の四ツ又山・鹿岳縦走の登山日記を読む



   秋の谷川連峰縦走(2)
   大障子ノ頭→万太郎山→仙ノ倉山→平標山→平標新道→土樽
(H26/10/25)

thum_Tanigawarenpou02_2014F_0006thum_thum_.jpg


秋の谷川連峰縦走(2)の登山日記を読む



   秋の谷川連峰縦走(1)
    土樽→茂倉新道→茂倉岳→オキノ耳→オジカ沢ノ頭→大障子避難小屋
(H26/10/24)

thum_Tanigawarenpou01_2014F_0017thum_thum_.jpg


秋の谷川連峰縦走(1)の登山日記を読む



   秋の魚沼山塊縦走(3)
    兎岳→大水上山→丹後山→十字峡→野中
(H26/10/20)

thum_Uonuma03_2014F_0002thum_thum_.jpg


秋の魚沼山塊縦走(3)の登山日記を読む



   秋の魚沼山塊縦走(2)
    五竜岳→荒山→御月山→中ノ岳→小兎岳→兎岳
(H26/10/19)

thum_Uonuma02_2014F_0006thum_thum_.jpg


秋の魚沼山塊縦走(2)の登山日記を読む



   秋の魚沼山塊縦走(1)
    八海山尊神社→浅草岳→薬師岳→大日岳→入道岳→五竜岳
(H26/10/18)

thum_Uonuma01_2014F_0013thum_thum_.jpg


秋の魚沼山塊縦走(1)の登山日記を読む



   秋の守門岳登山
    大白川→エデシ尾根→守門岳→大岳→守門岳→布引ノ滝→大白川
(H26/10/12)

thum_Sumondake_2014_0003thum_thum_.jpg


秋 の 守 門 岳 の 登 山 日 記 を 読 む



   秋の中央アルプス縦走(3)
    駒ケ岳頂上山荘テント場→木曽駒ケ岳→濃ケ池→乗越浄土→千畳敷
(H26/10/11)

thum_Kiso03_2014_0010thum_thum_.jpg


秋の中央アルプス縦走(3)の登山日記を読む



   秋の中央アルプス縦走(2)
   摺鉢窪避難小屋→ 空木岳→熊沢岳→檜尾岳→宝剣岳→駒ケ岳頂上山荘テント場
(H26/10/9-10)

thum_Kiso02_2014_0003thum_.jpg


秋の中央アルプス縦走(2)の登山日記を読む



   秋の中央アルプス縦走(1)
   菅ノ台→ヨナ沢の頭→駒石→空木岳→赤椰岳→南駒ケ岳→摺鉢窪避難小屋
(H26/10/8)

thum_Kiso01_2014_0016thum_.jpg


秋の中央アルプス縦走(1)の登山日記を読む



   秋の金山・雨飾山縦走(2) 笹平→雨飾山→雨飾高原 (H26/9/28)

thum_Umitani02_2014_0004thum_.jpg


秋の金山・雨飾山縦走(2)の登山日記を読む



   秋の金山・雨飾山縦走(1) ブナタテ尾根→天狗原山→金山→シゲクラ尾根 (H26/9/27)

thum_Umitani01_2014_0008thum_.jpg


秋の金山・雨飾山縦走(1)の登山日記を読む



   秋の会津駒ケ岳登山 滝沢→会津駒ケ岳→中門岳 (H26/9/23)

thum_Aizukomagatake_2014_0006thum_.jpg


秋 の 会 津 駒 ケ 岳 の 登 山 日 記 を 読 む



   夏の飯豊連峰縦走(4) 御西岳~飯豊本山~大日杉 (H26/8/5)

thum_Iiderenpou03_2014_0004thum_.jpg


夏の飯豊連峰縦走(4)の登山日記を読む



   夏の飯豊連峰縦走(3) 御西岳~飯豊本山 (H26/8/4)

thum_Iiderenpou02b_2014_0004thum_.jpg


夏の飯豊連峰縦走(3)の登山日記を読む



   夏の飯豊連峰縦走(2) 北股岳~烏帽子岳~御西岳 (H26/8/4)

thum_Iiderenpou02_2014_0002thum_.jpg


夏の飯豊連峰縦走(2)の登山日記を読む



   夏の飯豊連峰縦走(1) 丸森尾根~門内岳 (H26/8/3)

thum_Iiderenpou01_2014_0001thum_.jpg


夏の飯豊連峰縦走(1)の登山日記を読む



   夏の火打山登山 笹ケ峰→高谷池→天狗の庭→火打山 (H26/7/12)

thum_Hiuchiyama_2014_0005thum_.jpg


夏の火打山登山の登山日記を読む



    6月の霞沢岳登山(2) ジャンクションピーク→K1ピーク→霞沢岳 (H26/6/15)

thum_Kasumisawadake02_2014_0011thum_.jpg


6月の霞沢岳登山(2)の登山日記を読む



    6月の霞沢岳登山(1) 上高地→徳本峠 (H26/6/14)

thum_Kasumisawadake01_2014_0002thum_.jpg


6月の霞沢岳登山(1)の登山日記を読む



   春の表妙義山縦走 中之嶽神社→金洞山→茨尾根→白雲山→妙義神社 (H26/5/18)

thum_Myougisan_2014_0003thum_.jpg


春の表妙義山縦走の登山日記を読む



   GWの朝日連峰縦走(3) 
    大朝日岳→西朝日岳→竜門山→清太岩山→日暮沢→根子
(H26/5/4)

thum_Asahirenpou03_2014_0001thum_.jpg


GWの朝日連峰縦走(3)の登山日記を読む



   GWの朝日連峰縦走(2)
   祝瓶山→大玉山→北大玉山→平岩山→大朝日岳
(H26/5/3)

thum_Asahirenpou02_2014_0004thum_.jpg


GWの朝日連峰縦走(2)の登山日記を読む



   GWの朝日連峰縦走(1) 
    小国→徳網→大石橋→鈴振尾根→祝瓶山
(H26/5/2)

thum_Asahirenpou01_2014_0003thum_.jpg


GWの朝日連峰縦走(1)の登山日記を読む



   4月の末丈ケ岳登山(2)
   1376mピーク→末丈ケ岳→日向倉山→赤崩山→石抱橋
(H26/4/13)

thum_Mijougatake02_2014_0004thum_.jpg


4月の末丈ケ岳登山(2)の登山日記を読む



   4月の末丈ケ岳登山(1) 
    石抱橋→赤崩山→日向倉山→1376mピーク付近
(H26/4/12)

Mijougatake01_2014_0001thum_thum_.jpg


4月の末丈ケ岳登山(1)の登山日記を読む



    3月の谷川岳登山
   土合→西黒尾根→トマノ耳→オキノ耳→天神尾根→土合
(H26/3/24)

thum_Tanigawadake_2014W_0006thum_.jpg


3月の谷川岳登山の登山日記を読む



   3月の奥穂高岳登山(3) 
    穂高岳山荘→奥穂高岳→涸沢岳→蒲田富士→白出沢出合→新穂高
(H26/3/17)

thum_Hotakadake03_2014W_0007thum_.jpg


3月の奥穂高岳登山(3)の登山日記を読む



    3月の奥穂高岳登山(2)
   ジャンクションピーク→蒲田富士→F沢のコル→涸沢岳→穂高岳山荘
(H26/3/16)

thum_Hotakadake02_2014W_0008thum_.jpg


3月の奥穂高岳登山(2)の登山日記を読む



   3月の奥穂高岳登山(1) 
    新穂高→白出沢出合→涸沢岳西尾根→2500m付近
(H26/3/15)

thum_Hotakadake01_2014W_0005thum_.jpg


3月の奥穂高岳登山(1)の登山日記を読む



   冬の男体山登山 二荒山神社→男体山 (H26/1/3)

thum_Nantaisan_2014_0004thum_.jpg


冬の男体山登山の登山日記を読む