笠ヶ岳槍ヶ岳穂高岳縦走4日目、北穂高岳→涸沢岳→新穂高の模様です。





起床後、表を覗くと、予報に反しキリ模様。  えっ?  マジっすか・・・
も、ラーメンを喰らい撤収作業をしていると、徐々にキリも薄まり、ニッコリお日様登場。


北穂高岳で暫し粘っていると、やがて霧散。
槍ヶ岳へと続く美しい稜線に、何度もシャッターを切る。


click_to_expand_12.gif    槍ヶ岳へと続く稜線
thum_Kitahotakadake_2013_0005.jpg




click_to_expand_12.gif    奥穂高岳・涸沢岳
thum_Kitahotakadake_2013_0001.jpg


ひとしきり満足するとテント場へ戻り、改めてザックを背負い出発。


click_to_expand_12.gif    下りつつ涸沢岳を仰ぐ
thum_Kitahotakadake_2013_0002.jpg




click_to_expand_12.gif    北穂高岳(右)を振り返る
thum_Kitahotakadake_2013_0003.jpg


大規模な渋滞に巻き込まれる事なく1時間ほど攀じると、涸沢岳到着。


click_to_expand_12.gif    奥穂高岳方面 早くもガス雲が・・・
thum_Kitahotakadake_2013_0004.jpg


まだ8時半前だというのに、既に怪しげな雲がちらほら。
湿気も多く、どこか霞がちな視界。


天候次第では、あと一泊する予定だったのだが、僕なりに今回の目的も果たせた事もあり
涸沢岳で風景を見納めると、下山する事として歩を先に。


穂高岳山荘を横目に、岩ゴロのガレ場から雪渓歩行、やがて白出沢を渡ると道も緩やかに。
白出沢出合から1時間強の車道歩きで、観光客で賑わう新穂高温泉へ着いた。


右往左往した今年の夏山登山も、それなりに帳尻があう感じで終わりました。


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



笠ヶ岳槍ヶ岳穂高岳縦走3日目、槍ヶ岳→天狗原→南岳→北穂高岳の模様です。





早朝、殺生ヒュッテのテント場を出発。 
雲ひとつ無い快晴模様に足取りも軽く、ほどなく東鎌尾根を越えてご来光。


喧騒の槍ヶ岳山荘を横目に槍ヶ岳山頂へ。
お約束の渋滞に、いっそコースを逸れて攀じ登ろうかと不埒な事が頭をよぎるが、じっと我慢・・・


click_to_expand_12.gif    我慢 我慢・・・
thum_Yarigatake_2013_0001.jpg


30分ほどもかけようやく槍ヶ岳山頂到着。
絶好のコンディションの中、相変わらずの絶景を得心するまで耽溺すると、来た道を戻る。


click_to_expand_12.gif   
thum_Yarigatake_2013_0002.jpg




click_to_expand_12.gif   
thum_Yarigatake_2013_0003.jpg




click_to_expand_12.gif   
thum_Yarigatake_2013_0004.jpg




click_to_expand_12.gif   
thum_Yarigatake_2013_0005.jpg




click_to_expand_12.gif   
thum_Yarigatake_2013_0006.jpg




click_to_expand_12.gif   
thum_Yarigatake_2013_0008.jpg




click_to_expand_12.gif    記念撮影の行列
thum_Yarigatake_2013_0007.jpg


殺生ヒュッテで改めてザックを背負い、暫し下り。
やがて分岐を右手、天狗原へと歩を進め、「逆さ槍」なぞを望みつつ牧歌的風景を堪能。


click_to_expand_12.gif   
thum_Yarigatake_2013_0009.jpg




click_to_expand_12.gif   
thum_Yarigatake_2013_0010.jpg




click_to_expand_12.gif   
thum_Yarigatake_2013_0011.jpg




click_to_expand_12.gif   
thum_Yarigatake_2013_0012.jpg




click_to_expand_12.gif   
thum_Yarigatake_2013_0013.jpg




click_to_expand_12.gif   
thum_Yarigatake_2013_0014.jpg




click_to_expand_12.gif   
thum_Yarigatake_2013_0015.jpg


えっちらおっちらと稜線まで上り返し、暫しで南岳。
ちょっと下った南岳小屋で水購入後、表のベンチで一服。


大キレットの岩稜歩きが始まると、すかさず渋滞。
暫く我慢していたがキリも無いので、申し訳ないと思いつつも、コースを逸れて先へ・・・


click_to_expand_12.gif    渋滞の様子
thum_Yarigatake_2013_0016.jpg




click_to_expand_12.gif    北穂高岳方面を仰ぐ
thum_Yarigatake_2013_0017.jpg




click_to_expand_12.gif    トウヤクリンドウ お初です
thum_Yarigatake_2013_0018.jpg


腕に頼らない三点保持で攀じり攀じり。 鎖に全体重を預け登攀している方々の様子に
俯瞰でふと 「こんな道が一般登山道でいいのだろうか」 と思いつつも進み、3時前北穂高岳到着。


10分ほど先のテント場に着くと、快適そうなスペースに幕営。
5時頃まで潰すと、小屋で水&麦酒購入、パスタで腹を満たし7時半頃、シュラフへ足を突っ込んだ。


click_to_expand_12.gif    夕日の常念山脈
thum_Yarigatake_2013_0019.jpg


五年ぶり、快晴の槍ヶ岳は、やっぱり素晴らしかったです・・・



登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



笠ヶ岳槍ヶ岳穂高岳縦走2日目、笠ヶ岳→西鎌尾根→槍ヶ岳の模様です。





いつもどおり、ラーメンで朝飯を済まし、テント撤収&荷詰め。
山荘付近の好展望地まで登ると、夜明けを待つ。


やがて黎明を迎えるが、お日様方向に雲がかかってしまい、「いまひとつ」な感じ。
小屋で用を足しテント場へ戻ると、ゆるゆると出発。


click_to_expand_12.gif    山々に陽が差し込む
thum_Kasagatake02_2013_0001.jpg




click_to_expand_12.gif    チングルマを前景に穂高連峰
thum_Kasagatake02_2013_0002.jpg




click_to_expand_12.gif    笠ケ岳を振り返る
thum_Kasagatake02_2013_0003.jpg




click_to_expand_12.gif    秩父平辺りの花畑
thum_Kasagatake02_2013_0004.jpg


抜戸岳・大ノマ岳・弓折岳と小ピークを越えていく。
弓折乗越で小池新道と合流する辺りから人も多くなり、夏の北アルプスっぽい喧騒模様。


click_to_expand_12.gif    弓折乗越辺りの花畑
thum_Kasagatake02_2013_0005.jpg




click_to_expand_12.gif    双六小屋の向こう、鷲羽岳
thum_Kasagatake02_2013_0006.jpg


11時頃、双六小屋へ到着。 当初は三俣蓮華のテン場へ泊まろうかとも考えていたのだが
週間天気予報が下方修正しないとも限らないので先を急ぐ事とし、槍ヶ岳方面へ。


click_to_expand_12.gif    北鎌を広げる槍ヶ岳
thum_Kasagatake02_2013_0007.jpg




click_to_expand_12.gif    イブキジャコウソウ
thum_Kasagatake02_2013_0008.jpg




click_to_expand_12.gif    コバイケイソウ群落の向こう、赤岳・硫黄岳
thum_Kasagatake02_2013_0009.jpg




click_to_expand_12.gif    小槍・大槍
thum_Kasagatake02_2013_0010.jpg


樅沢岳へ着く頃には、夏山らしくガス雲が出現。
西鎌尾根をえっちらほっちらで4時頃、むせ返るような喧騒の槍ヶ岳山荘前に到着。


お盆真っ只中な訳で、なかば予想通り、「テント場は満杯です」 というような看板がありまして・・・
暫し下り、殺生ヒュッテのテント場で幕営。


click_to_expand_12.gif    殺生ヒュッテへ下りつつ槍を仰ぐ
thum_Kasagatake02_2013_0011.jpg


ビール→親子丼で7時半頃、シュラフへ足をつっこんだ。


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




笠ヶ岳槍ヶ岳穂高岳縦走初日、クリヤ谷→笠ヶ岳の模様です。





6時前、槍見館を横目に登山道を、笠ヶ岳へ向けゆるゆると出発。
笠新道よりも歩く人が少ないようで、静かな樹林帯をえっちらと。


click_to_expand_12.gif    槍見館を横目に登山道へ
thum_Kasagatake01_2013_0001.jpg


やがてクリヤ沢沿いに歩くようになると、樹間から錫杖岳が時折望める。
北尾根へ辿りつく頃には視界も全開で、槍ヶ岳~穂高岳の連なりなどを眺めつつ行く。


click_to_expand_12.gif    錫杖岳を仰ぐ
thum_Kasagatake01_2013_0002.jpg




click_to_expand_12.gif    槍ヶ岳~北穂高岳
thum_Kasagatake01_2013_0003.jpg




click_to_expand_12.gif    クリヤノ頭辺りから笠ヶ岳山頂
thum_Kasagatake01_2013_0004.jpg




click_to_expand_12.gif    斜面を彩るチングルマ
thum_Kasagatake01_2013_0006.jpg




click_to_expand_12.gif    山頂までもうチョイ
thum_Kasagatake01_2013_0005.jpg


一日中晴れっぱなしの良コンディションで2時半前、笠ヶ岳山頂に到着。
ひとしきり風景を楽しむと、暫し下ったテント場で幕営。


click_to_expand_12.gif    霞沢岳~焼岳~乗鞍岳
thum_Kasagatake01_2013_0007.jpg




click_to_expand_12.gif    穂高連峰
thum_Kasagatake01_2013_0008.jpg




click_to_expand_12.gif    槍ヶ岳~南岳
thum_Kasagatake01_2013_0009.jpg




click_to_expand_12.gif    抜戸岳方面
thum_Kasagatake01_2013_0010.jpg




click_to_expand_12.gif    黒部五郎岳~薬師岳~立山~水晶岳~双六岳
thum_Kasagatake01_2013_0011.jpg


夕刻まで時間を潰すと再び山頂で憩った後、小屋へ立ち寄りビール購入。
テントへ戻り、パスタで腹を満たすと、日没辺りまで黄昏時の山岳風景に浸る。


click_to_expand_12.gif    槍ヶ岳~穂高岳
thum_Kasagatake01_2013_0012.jpg




click_to_expand_12.gif    もうすぐ日没
thum_Kasagatake01_2013_0013.jpg


7時半頃シュラフへ、久しぶりに良い一日でした・・・


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
[3日目]

4時半過ぎ、スゴ乗越を出発。
晴れていた空だが、夜が明けるとガス雲がモクモクと・・・


暫し、空模様を伺うが、増える一方の雲に歩く気消失。
晴れていないと歩けない僕の本領発揮、停滞を決め、来た道をすごすごと引き返す。


click_to_expand_12.gif    黎明後、徐々に雲が湧き出して・・・
thum_Goshikigahara02_2013_0001.jpg



click_to_expand_12.gif    やがてこんな感じに、歩く気ゼロ
thum_Goshikigahara02_2013_0002.jpg


10時過ぎからガスが晴れ、日陰の無いジメっとしたテン場で、唯々ぼ~~~~~~~
無為に夕刻まで潰し、ビール→麻婆茄子丼でシュラフへ。


キツい一日でした。





[4日目]

朝からガス模様で、今日も前へ進めない。
ヤマテンによると、午前中「キリのち晴れ」、明日天気は下り坂に向かうとの予報。


という事は、最低でもあと二日間は停滞しなければならないのか。
その後、晴れる保障もないし、どうしたものか・・・


富山県・岐阜県・長野県、関連3県全て晴れているというのに。
湿った空気が入りやすいようで、山の天気は微妙なものだ。


暫し思案の末、下山する事に結論し、五色が原へ向かい出発。
昨日同様、予報どおり10時を過ぎると徐々に晴れてきた。


click_to_expand_12.gif    昼頃になるとガスもすっかり晴れた
thum_Goshikigahara02_2013_0003.jpg



click_to_expand_12.gif    黒部湖の向こう、針ノ木岳
thum_Goshikigahara02_2013_0004.jpg


3時頃、開放的で快適なテント場に到着。
ぶらぶら散策で夕刻まで潰し、ビール→パスタでシュラフへ。


click_to_expand_12.gif    テン場辺りから、龍王岳・獅子岳
thum_Goshikigahara02_2013_0005.jpg



click_to_expand_12.gif    コバイケイ群落
thum_Goshikigahara02_2013_0006.jpg


う~~~ん・・・





[5日目]

予報どおり、朝からガス。
黒部湖まで下ると、湖沿いをしつこいアップダウンで4時間ほど。


click_to_expand_12.gif    黒部湖の遊覧船 乗せてくれ~~~
thum_Goshikigahara02_2013_0007.jpg



click_to_expand_12.gif    黒部ダム到着
thum_Goshikigahara02_2013_0008.jpg


昼過ぎ、ようやくトロリーバス乗り場へ到着。
バス、電車を乗り継ぎ、灼熱の松本で降りると、車を回収した。


室堂→薬師岳→黒部五郎岳→槍ヶ岳→穂高岳のはずが
室堂→五色が原界隈散策に終わった、夏の記録でした・・・


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村