2013年4月27日、白山登山初日、市ノ瀬~甚之助避難小屋~尾根上幕営 の模様です。
GW白山登山:市ノ瀬→砂防新道→エコーライン→室堂平→白山



7時過ぎ、道の駅「しらやまさん」を出発。
山飯調達・弘法池の水汲み(名水百選)・用足しと、のんびりモード。

白峰温泉から白山公園線(昨日冬季閉鎖解除)で市ノ瀬まで。
着替え・荷詰で9時頃、白山へ向けゆるゆると歩き出した。

曇り模様のスタートも、やがて雨、別当出合に着く頃には、あられ模様。
この後、昼過ぎから晴れる予報なのだが、どうか・・・

序盤は曇りのち雨だったが・・・
Hakusan01_2013_0001.jpg

やがて あられ模様で冬に逆戻り
Hakusan01_2013_0002.jpg

吊橋で別当谷を渡るのだが、踏み板が外されており、かなり怖い。
ワイヤーを手掛かりに、真ん中の鉄柱(濡れて滑りやすい)を、そろそろっと渡りきり、ほっと一息。

恐怖の吊橋渡り
Hakusan01_2013_0003.jpg

ここから登山道、トレースの付いた雪道を淡々と進む。
一旦青空が覗いたものの、高度を上げるにつれ、再びあられ模様。

いったん青空が覗き期待が高まるが・・・
Hakusan01_2013_0004.jpg

2時過ぎ、甚之助避難小屋へ到着。
小屋前にスキー板などが置いてあり、どうやら先行者がいる様子。

甚之助避難小屋
Hakusan01_2013_0005.jpg

本来僕も、ここで今日の行動を打ち切るべきなのだが、そこは厭人的な僕、更に先へ。
やがてガスも濃くなり、時折ホアイトアウト模様のなか、地図・GPS・コンパスで慎重に登る。

1時間半ほどで、ようやくエコーラインの尾根へでると、強風模様。
暫く進むと、尾根東側斜面に風を避けられそうな場所があったので、ここへ幕営。

水作り・夕餉・バーボンちびり、強風で時折激しく揺さぶられるテントの中、シュラフへ。
明日はどっちだ?


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
2013年4月14日、毛猛山登山2日目、毛猛山登頂の模様です。
毛猛山登山(積雪期限定ルート):大白川→足沢山→太郎助山→百字ケ岳→中岳→毛猛山



4時頃、シュラフから這い出す。 風も無く穏やかな夜だった。
歯磨き・おしるこ・朝ラーメン・用足し・荷詰 っといつものルーティーン。
黎明後の5時半前、毛猛山へ向けゆるゆると歩き出した。

click_to_expand_12.gif    守門岳
thum_Kemouyama02_2013_0001.jpg

click_to_expand_12.gif    太郎助山を仰ぐ
thum_Kemouyama02_2013_0002.jpg

click_to_expand_12.gif    百字ケ岳~桧岳 後ろに越後三山
thum_Kemouyama02_2013_0003.jpg

寸時で太郎助山まで来ると、越後深部の雪山風景がど~~~ん っと。 
「山国日本」を実感させてくれる素晴らしい風景に、 そうそう これこれ・・・

click_to_expand_12.gif    桧岳~唐松山~権現堂山
thum_Kemouyama02_2013_0004.jpg

昨日ほどではないものの、ヤブ絡みの尾根に手こずりつつ独りアップダウンで
8時前、ようやく毛猛山到着。

click_to_expand_12.gif    太郎助山方面から毛猛山
thum_Kemouyama02_2013_0005.jpg

click_to_expand_12.gif    百字ケ岳方面から太郎助山を振り返る
thum_Kemouyama02_2013_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    荒沢岳~中ノ岳~駒ケ岳~八海山 いいっすねぇ・・・
thum_Kemouyama02_2013_0007.jpg

click_to_expand_12.gif    百字ケ岳方面から毛猛山
thum_Kemouyama02_2013_0008.jpg

click_to_expand_12.gif    末丈ケ岳への稜線 いつか歩きたい
thum_Kemouyama02_2013_0009.jpg

click_to_expand_12.gif    毛猛山方面から太郎助山 後ろに守門岳・浅草岳
thum_Kemouyama02_2013_0010.jpg

click_to_expand_12.gif    毛猛山から浅草岳
thum_Kemouyama02_2013_0011.jpg

ひとしきり景色を味わうと、来た道を引き返す。
登頂の感慨もそこそこに、ここまでの長かった道程を考えると、既に憂鬱な僕です・・・

テント撤収後、11時頃下山を開始。
ヤブ漕ぎに辟易しながら歩き4時半前、ようやく大白川まで戻った。

click_to_expand_12.gif    下りから太郎助山を仰ぐ
thum_Kemouyama02_2013_0012.jpg

click_to_expand_12.gif    下りから足沢山・僕のトレースを仰ぐ
thum_Kemouyama02_2013_0013.jpg

click_to_expand_12.gif    JR只見線
thum_Kemouyama02_2013_0014.jpg

長くキツかったものの、待望していた毛猛山へ登る事ができ満足。
もっと条件の良い時に、また訪れたい。


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2013年4月13日、毛猛山登山初日の模様です。
毛猛山登山(積雪期限定ルート):大白川→足沢山→太郎助山→百字ケ岳→中岳→毛猛山



4時過ぎ、東京の自宅を出発。
関越道小出IC下車→コンビニで朝飯&山飯調達→国道252号で大白川(除雪最終地点)着。

荷詰め・身づくろいで8時前、毛猛山へ向けゆるゆると歩き出した。
未だ雲多いものの、この後高気圧様到来の予報。

click_to_expand_12.gif    只見線通過
thum_Kemouyama01_2013_0001.jpg

1時間半ほど国道を歩いたところで、JR只見線の線路を利用し末沢川を渡り対岸へ。
ワカンを装着すると、ようやく尾根へ取り付く。

click_to_expand_12.gif    線路を歩き対岸へ
thum_Kemouyama01_2013_0002.jpg

標高650m肩辺りで先行者(762ピーク日帰り山行者)を抜くとここより独り旅。
概ね快適に762mピークまで来ると、ここから暫し細尾根のヤブ漕ぎとなります。

click_to_expand_12.gif    762mピークから太郎助山 晴れてきた・・・
thum_Kemouyama01_2013_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    ヤブ うるさいです
thum_Kemouyama01_2013_0004.jpg

2時間ほどでヤブを抜け、足沢山直下まで来るとようやく雪稜となり、再びワカンでえっこらと。
予定より大幅に遅れた1時40分頃、足沢山到着。

click_to_expand_12.gif    足沢山直下で いったん藪ゾーンを抜け雪稜に
thum_Kemouyama01_2013_0005.jpg

ここからも、なかなか快適な雪稜歩きとはいかず。
ヤブ 時々 浮いた雪庇 時々 雪尾根 ところにより雪壁 概ね雪質はズブズブ。
時間と体力が徐々に奪われていく・・・

click_to_expand_12.gif    太郎助山を仰ぐ
thum_Kemouyama01_2013_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    浅草岳
thum_Kemouyama01_2013_0007.jpg

遅々として進まない格闘の末、尾根上にようやく幕営適地発見。
もう少し先まで行きたかったのだが既に夕刻、いそいそと幕営してしまう。
守門岳・浅草岳を一望の好立地。

click_to_expand_12.gif    百字ケ岳~桧岳 背後に魚沼山塊
thum_Kemouyama01_2013_0008.jpg

click_to_expand_12.gif    歩いてきた稜線~守門岳
thum_Kemouyama01_2013_0009.jpg

夕餉・バーボンちびりでシュラフへ。
明日はどっちだ?


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2013年3月17日、タカマタギ登山の模様です。
タカマタギ登山:土樽毛渡橋→棒立山→タカマタギ



朝3時半頃、国道17号湯沢パーキングで起床。
朝飯・用足し・コンビニで山飯調達後、暫しのドライブで土樽毛渡橋へ。

一番乗りで先客さん無し。出発準備を整え5時半頃、ゆるゆると歩き出した。
新調したスノーシューで行く。

関越道・JR上越線をくぐり、20分ほどで尾根取り付き。
やがて黎明、静かな独り歩きが気持ち良い。

click_to_expand_12.gif    上越線をくぐる
thum_Takamatagi_2013_0001.jpg

高度を上げるにつれ、昨夜折りよく降ってくれた雪のおかげで(麓では雨)
やがて樹氷&ノートレースの様相、で 美しい景色の数珠繋ぎとなります。

click_to_expand_12.gif    棒立山を仰ぐ
thum_Takamatagi_2013_0002.jpg

click_to_expand_12.gif    次々に樹氷がお出迎え
thum_Takamatagi_2013_0003.jpg

棒立山が近づくにつれ雪が深く(高温で雪が締まっていない)、傾斜もきつくなり喘ぎ喘ぎ。
8時40分頃、棒立山山頂。 タカマタギ・仙ノ倉・平標など「雪ひだ」がたまりません・・・

click_to_expand_12.gif    八海山・巻機山・柄沢山等
thum_Takamatagi_2013_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    仙ノ倉・平標
thum_Takamatagi_2013_0005.jpg

click_to_expand_12.gif    苗場山方面
thum_Takamatagi_2013_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    タカマタギを仰ぐ これが標高1500クラスの山とは・・・
thum_Takamatagi_2013_0007.jpg

タカマタギ山頂間近で喘いでいると、後続者(単独スノーシュー)に追いつかれ
「ラッセルご苦労様です」と、労いの一言に気持ちよく先を譲る。

9時半頃、ようやくタカマタギ到着。
高気圧様のおかげで快晴、大好きな上州・越後の山並みを耽溺。

click_to_expand_12.gif    武能岳~茂倉岳~オキ・トマ~オジカ沢ノ頭~万太郎山
thum_Takamatagi_2013_0008.jpg

click_to_expand_12.gif    棒立山方面
thum_Takamatagi_2013_0009.jpg

click_to_expand_12.gif    日白山への尾根~平標~仙ノ倉
thum_Takamatagi_2013_0010.jpg

ここから更に、日白山→東谷山→二居と歩きたかったのだが
昨日(武尊より下山)からの疲労もあり、今日はここまで。

click_to_expand_12.gif    下りつつ茂倉岳
thum_Takamatagi_2013_0011.jpg

click_to_expand_12.gif    下りつつ万太郎山
thum_Takamatagi_2013_0012.jpg

40分ほど風景を楽しむと、多くの登山者とすれ違いつつ往路を下山。

click_to_expand_12.gif    魚野川&上越線&谷川連峰 麓の越後らしい雪景色
thum_Takamatagi_2013_0013.jpg

越後の雪景色は最高だね・・・


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村