2012年10月14日、奥只見 末丈ケ岳登山の模様です。
末丈ケ岳登山:泣沢→三ツ又口→末丈ケ岳



魚沼の定宿化している車中泊場所を5時前出発。
奥只見シルバーラインのトンネル内にある泣沢避難口に車を停め、シャッターを開け外へ。

50mほど進むと駐車スペースがあり、ここが登山口となっている。
トンネル避難口のすぐ外が登山口という珍しさ。

身支度を整えると5時半過ぎ、末丈ケ岳へ向けゆるゆると歩き出した。
すぐに 「本流に架かる橋が亡失しており登山不可」 というような看板が見受けられるが
これは想定済み。 とはいえ不確定要素を抱えつつ進む。

泣沢沿いに40分ほど進むと本流(黒又川)と合流。
やはり橋は流されてしまったようで、鉄橋の土台だけが残っている状態。
「こんな高さまで水かさが増したのか~~~」  自然の力、恐るべし・・・

まあとにかく川原へ降りて、渡渉点を探さなければという事で
上流側へ暫し進んだところで斜面を下降、川原へ降りると更に上流へ暫し進み程よいところで渡渉。

急斜面をずぶずぶ上ると作業道と合流。
これを登山道だと勘違いして右へ進路を取るも、すぐに様子がおかしい事に気づき引き返し
ほどなく三ツ又口、ようやく登山開始となります。

道は尾根直登、越後の山らしく急登で高度を稼いでいく。
山深い山域、「山の真っ只中感」を味わいつつ歩く。
しつこい残暑の影響か、期待していた色づきにはまだ早かったのは残念。

click_to_expand_12.gif    奥に荒沢岳 僕好みの山深さ
thum_Mijougatake_2012_0001.jpg

高度が上がるにつれ、荒沢岳・駒ケ岳・中ノ岳と大好きな魚沼山塊や
残雪期に銀山平から歩いてみたい毛猛山の展望が開けてくる。

click_to_expand_12.gif    魚沼駒ケ岳・中ノ岳登場
thum_Mijougatake_2012_0002.jpg

click_to_expand_12.gif    山頂付近は初秋の色づき
thum_Mijougatake_2012_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    高度を上げてきました
thum_Mijougatake_2012_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    ギザギザ荒沢岳 左奥は遠く燧ケ岳
thum_Mijougatake_2012_0005.jpg

やがて尾根の向こうに燧ケ岳がのぞきだすと、秋色もちらほらと
尾根を登り詰めると9時半頃、誰も居ない末丈ケ岳に到着。

click_to_expand_12.gif    田子倉湖方面の山並み
thum_Mijougatake_2012_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    どうしても惹き付けられてしまう 駒ケ岳・中ノ岳
thum_Mijougatake_2012_0007.jpg

click_to_expand_12.gif    魚沼(小出)方面 こじんまりとした町が見下ろせるのも僕好み
thum_Mijougatake_2012_0008.jpg

click_to_expand_12.gif    毛猛山方面 残雪期にいつか・・・
thum_Mijougatake_2012_0009.jpg

大好きな越後らしい山岳風景を1時間ほど堪能後下山。
「秋まっ盛り」とはいかなかったものの、静かな独り歩きが楽しめました。

次訪は、残雪期かな・・・?


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2012年10月8日~9日、吾妻連峰縦走2日目の模様です。
吾妻連峰縦走:浄土平→東吾妻山→一切経山→東大巓→西吾妻山→谷地平→浄土平



夜明け前の5時半頃、西吾妻小屋を出発。
展望の利かない西吾妻山経由、ご来光後、天狗岩到着。

click_to_expand_12.gif    朝日浴びる西吾妻山
thum_Azuma02_2012_0001.jpg

click_to_expand_12.gif    天狗岩から遠く飯豊連峰など
thum_Azuma02_2012_0002.jpg

天狗岩で暫し風景を満喫も、磐梯山の姿が拝みたくなり
西吾妻小屋のちょっと先まで戻り、磐梯山を眺望。 ちょっと雲が多いな・・・

click_to_expand_12.gif    西大巓方面
thum_Azuma02_2012_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    磐梯山 雲多いな・・・
thum_Azuma02_2012_0004.jpg

ここから東大巓までの稜線は昨日同様、池桶点在の高層高原散歩。
独り静かに風景を楽しみつつのゆるゆる歩きは、なかなか至福。

click_to_expand_12.gif    さあ、高層高原散歩です
thum_Azuma02_2012_0005.jpg

click_to_expand_12.gif    天狗岩方面を振り返る
thum_Azuma02_2012_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    かもしか展望台から喜多方方面
thum_Azuma02_2012_0007.jpg

click_to_expand_12.gif    西吾妻山を振り返る
thum_Azuma02_2012_0008.jpg

click_to_expand_12.gif    東大巓までのびやかに続く尾根
thum_Azuma02_2012_0009.jpg

click_to_expand_12.gif    いやあ、気持ち良い・・・ 誰とも会わないで静か
thum_Azuma02_2012_0010.jpg

click_to_expand_12.gif    風景独り占めの贅沢
thum_Azuma02_2012_0011.jpg

2時間ほどかけ東大巓分岐まで来ると、谷地平へ向け下る。
背丈ほどの笹刈払い未了ゾーンを1時間ほどで通過すると、再び道も快適に。

click_to_expand_12.gif    秋色
thum_Azuma02_2012_0012.jpg

click_to_expand_12.gif   
thum_Azuma02_2012_0013.jpg

click_to_expand_12.gif    谷地平到着 ガスってきたな・・・
thum_Azuma02_2012_0014.jpg

谷地平湿原から姥ケ平まで上り返すと、ハイカーで賑わう鎌沼。
酢ケ平経由でとっとこ下り2時半過ぎ、浄土平まで戻った。

click_to_expand_12.gif    一切経山の噴火口
thum_Azuma02_2012_0015.jpg

今度は、西大巓から登ってみたいな・・・


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2012年10月8日~9日、吾妻連峰縦走初日の模様です。
吾妻連峰縦走:浄土平→東吾妻山→一切経山→東大巓→西吾妻山→谷地平→浄土平



6時半頃、浄土平を出発。快晴の空が気持ちいい。
まずは東吾妻山を目指しゆるゆると、お山は初秋の彩。

click_to_expand_12.gif    一切経山を右に眺めつつ上る
thum_Azuma01_2012_0001.jpg

click_to_expand_12.gif    これから登る丸い東吾妻山
thum_Azuma01_2012_0002.jpg

分岐から30分ほどで東吾妻山到着。
森林限界を超えている山頂から、素晴らしい展望を満喫です。

click_to_expand_12.gif    東吾妻山から西吾妻山~東大巓
thum_Azuma01_2012_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    一切経山 麓に鎌沼
thum_Azuma01_2012_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    猪苗代湖~磐梯山~五色沼
thum_Azuma01_2012_0005.jpg

お次は一切経山へ向けゆるゆると。
鎌沼周遊からガレをえっちらほっちらの一登りで一切経山山頂着。
通称「魔女の瞳」、眼下の五色沼がきれい。

click_to_expand_12.gif    鎌沼を眺めつつ進み
thum_Azuma01_2012_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    一切経山到着で、眼下に「魔女の瞳」
thum_Azuma01_2012_0007.jpg

さあ、ここから縦走。
五色沼まで下り、一登りで家形山直下の展望台。

click_to_expand_12.gif    五色沼と秋の彩り
thum_Azuma01_2012_0008.jpg

ここより先、刈払いされておらず、胸丈~背丈程度の笹を掻き分けつつ進む。
展望の利かない道を黙々と2時間弱で、烏帽子山到着。

東大巓辺りまで来るとようやく視界が開け
池塘の点在する、高層高原散歩と相成ります。 道は緩やか、ただ独り歩く僕、静かで快適。

click_to_expand_12.gif    昭元山~烏帽子山~一切経山 と来たりし尾根
thum_Azuma01_2012_0009.jpg

click_to_expand_12.gif    高層高原散歩の始まり♪
thum_Azuma01_2012_0010.jpg

click_to_expand_12.gif    のびやかで気持ち良い
thum_Azuma01_2012_0011.jpg

click_to_expand_12.gif    池塘が点在し、絵になる風景が続く
thum_Azuma01_2012_0012.jpg

click_to_expand_12.gif    西吾妻山方面
thum_Azuma01_2012_0013.jpg

click_to_expand_12.gif    日没間近の陰影美
thum_Azuma01_2012_0014.jpg

click_to_expand_12.gif   
thum_Azuma01_2012_0015.jpg

click_to_expand_12.gif    天狗岩から夕日 遠く飯豊連峰のシルエット
thum_Azuma01_2012_0016.jpg

日没間近の5時半前、西吾妻小屋到着。
誰も居ない為、小屋占領。 8時まで晩酌後、シュラフへ。


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2012年9月27日、南ア南部縦走5日目、千枚岳→椹島の模様です。
秋の南ア南部縦走:椹島→聖岳→百間平→赤石岳→荒川岳→椹島



テント撤収、千枚小屋にザックをデポると5時半頃、軽身で千枚岳へ向けゆるゆると。
程なく黎明、富士山を眺めつつ進み尾根へでると赤石岳登~場~!

click_to_expand_12.gif    黎明と富士
thum_Akaishi05_2012_0001.jpg

click_to_expand_12.gif    赤石岳ど~~~ん!
thum_Akaishi05_2012_0002.jpg

刻々と表情を変えていく風景から目が離せない。
やっぱり山は朝に限るねぇ・・・    で6時過ぎ、千枚岳山頂着。

click_to_expand_12.gif    陽が昇るにつれ鮮明さを増す
thum_Akaishi05_2012_0003.jpg

ここ、間違いなく赤石岳のベストビューポイント。
「尾根・谷・光・影」が創り出す山岳風景の造形美がなんともはや・・・・・・

click_to_expand_12.gif    塩見岳~蝙蝠岳の尾根の向こう、間ノ岳・農鳥岳
thum_Akaishi05_2012_0005.jpg

click_to_expand_12.gif    草紅葉と赤石岳
thum_Akaishi05_2012_0004.jpg

下山時間のタイムリミットまで散策&風景堪能すると、千枚小屋へ戻る。
改めてザックを背負い9時過ぎ、下山開始。

南アルプス南部らしい落ち着いた樹林帯をゆっくり下る。
もともと材木運搬用の作業道という事で道幅も広く緩やか、実に歩きやすく膝に優しい道。

click_to_expand_12.gif    歩きやすく、落ち着いた樹林帯
thum_Akaishi05_2012_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    見晴台から赤石岳を仰ぐ
thum_Akaishi05_2012_0007.jpg

click_to_expand_12.gif    大井川まで下りてきて林道と合流
thum_Akaishi05_2012_0008.jpg

予定より若干早く1時過ぎ、椹島到着。
バス発車まで余裕があるので、ここは「麦色のシュワーっとした液体」といきましょう!

click_to_expand_12.gif    シュワ~~~っと至福のくつろぎ
thum_Akaishi05_2012_0009.jpg

ロッジ裏の芝生(テントサイト)でゴロリ、至福の一杯。
気分も最高のうちに、南アルプス南部縦走も幕を閉じた。

また来るよ~~~~~~~~!


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村