2012年4月15日残雪期、守門岳登山の模様です。
守門岳登山コース:二分→二口→守門岳→大岳→保久礼→二分



朝5時頃、車中泊場所を出発。
用足しを交えつつのドライブで二分除雪最終地点へ駐車。

着替え・荷詰めで6時前、守門岳へ向けゆるゆると歩き出した。
昨年の4月以来、2度目の訪問と相成ります。

高気圧様がお出でになり、予報どおりの快晴。
ワカン日和で、残雪豊富な道を行く。

40分ほどで二口到着。
急斜面に取り付くと、比較的歩き易い所を拾いトラバース気味に尾根へ。

click_to_expand_12.gif    二口到着
thum_Sumondake_2012_0001.jpg

いったん小コルへ下り登り返すと視界が開け
大好きな越後三山などの白き峰々、早くもご開帳。

click_to_expand_12.gif    早くも魚沼山塊など登場でにんまり
thum_Sumondake_2012_0002.jpg

ここから稜線までは、ヘビの如く突き上げるウネウネ尾根をひたすら急登・急登・急登・・・
美しい越後の雪景色の中、独り「腰振りカニ歩き」。

click_to_expand_12.gif    ウネウネ突き上げる尾根
thum_Sumondake_2012_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    登りつつ大岳方面を仰ぐ
thum_Sumondake_2012_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    このアングル好き
thum_Sumondake_2012_0005.jpg

click_to_expand_12.gif    燧・毛猛・荒沢・兎・中ノ岳・駒ケ岳
thum_Sumondake_2012_0006.jpg

9時半頃、大岳分岐付近でようやく稜線、風も穏やか。

click_to_expand_12.gif    大岳・粟ケ岳
thum_Sumondake_2012_0007.jpg

click_to_expand_12.gif    魚沼平野 遠くに黒姫山・米山 更に妙高まで薄っすらと
thum_Sumondake_2012_0008.jpg

click_to_expand_12.gif    近づく守門岳山頂
thum_Sumondake_2012_0009.jpg

広い雪稜を更にカニ歩きで進み10時頃、ようやく守門岳到着

魚沼山塊・川内山塊・遠く飯豊連峰・遠く妙高連峰・名前の判らない白き山々 etc.etc.etc. ・・・・
誰もおらず、風景独り占めの愉悦。

click_to_expand_12.gif    山頂から浅草岳方面
thum_Sumondake_2012_0010.jpg

click_to_expand_12.gif    烏帽子山への尾根の先、川内山塊・御神楽岳 奥に飯豊ずっら~
thum_Sumondake_2012_0011.jpg

30分ほど展望満喫後、大岳へ向け出発。
コルまで大きく下り急雪面の上り返し。
守門岳山頂とはうって変わり大賑わい(スキーヤーに人気)の大岳。

click_to_expand_12.gif    雪べっとりの守門岳を振り返る
thum_Sumondake_2012_0012.jpg

click_to_expand_12.gif    粟ケ岳~川内山塊
thum_Sumondake_2012_0013.jpg

満腹になるまで風景を楽しみ(初めて佐渡島を肉眼で確認)下山、2時前二分着。

click_to_expand_12.gif    二分着
thum_Sumondake_2012_0014.jpg

地酒調達後、関越道の渋滞を恐れ足早に帰路へ、また来るよ~~~。



登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2012年4月9日、会津駒ケ岳登山2日目の模様です。
会津駒ケ岳登山コース:滝沢橋→会津駒ケ岳



4時頃シュラフから這い出す。
表を覗くと若干霞んでいるものの雲一つ無い空。

歯磨き・ラーメン・テント内整理うだうだで5時20分頃ご来光。
山の表情が一番豊かな変化を見せる、めくるめく時間の到来。

click_to_expand_12.gif    お日様登場
thum_Aizukomagatake02_2012_0001.jpg

click_to_expand_12.gif    こちらは月と燧ケ岳
thum_Aizukomagatake02_2012_0002.jpg

click_to_expand_12.gif    愛さんさんの日差し
thum_Aizukomagatake02_2012_0003.jpg

スノーシューを履くと昨日同様、北西(中門岳)方面の一つ先ピークまで散策。
もう、なにもかもが美しい・・・

click_to_expand_12.gif    まったくこれだから・・・
thum_Aizukomagatake02_2012_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    すんばらしい陰影
thum_Aizukomagatake02_2012_0005.jpg

click_to_expand_12.gif    燧ケ岳・武尊山・至仏山・景鶴山・平ケ岳
thum_Aizukomagatake02_2012_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    朝日浴びるシュカブラ
thum_Aizukomagatake02_2012_0007.jpg

click_to_expand_12.gif    やがて風景も鮮明に
thum_Aizukomagatake02_2012_0008.jpg

click_to_expand_12.gif    大好きな奥只見方面
thum_Aizukomagatake02_2012_0009.jpg

click_to_expand_12.gif    燧ばかりですいません
thum_Aizukomagatake02_2012_0010.jpg

click_to_expand_12.gif    そろそろ戻りますか・・・
thum_Aizukomagatake02_2012_0011.jpg

click_to_expand_12.gif    駒の小屋から 大津岐山~燧ケ岳 このアングル最高
thum_Aizukomagatake02_2012_0012.jpg

click_to_expand_12.gif    白銀を愉しみつつ下る
thum_Aizukomagatake02_2012_0013.jpg

おなか一杯、満足になると撤収、春めく陽光に汗ばみつつ下山。
豊富な会津の残雪にご満悦でした。

下山時間が早すぎて、「燧の湯」に浸かれなかったのが唯一の心残りかな・・・


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2012年4月8日、会津駒ケ岳登山初日の模様です。
会津駒ケ岳登山コース:滝沢橋→会津駒ケ岳



朝5時頃、道の駅「湯の香しおばら」を出発。
昨日寒気が流れ込んだ為、山間部へ入るにつれ辺りは冬並みの雪景色へ。

2時間半ほどのドライブで桧枝岐着。
着替え・荷詰めで8時頃、会津駒ケ岳へむけゆるゆると歩き出した。

click_to_expand_12.gif    アルザ付近に駐車で出発・昨日の積雪で辺りは冬景色
tthum_Aizukomagatake01_2012_0001.jpg

未だ空模様は曇天だが、この後高気圧様に覆われる予定。
10分ほどの車道歩きで滝沢橋、ここよりスノーシューで行く。

click_to_expand_12.gif    登山口
tthum_Aizukomagatake01_2012_0002.jpg

click_to_expand_12.gif    雪化粧の沢
tthum_Aizukomagatake01_2012_0003.jpg

沢右岸を暫し進み橋を渡ったところで上ノ沢方面へ(冬道)。
夏道の1本西側の尾根へ向け急登、辺りはスキーヤーが多い。

休憩を交えつつ登り9時半頃、尾根へ出る。
空は未だ曇天、時折舞う粉雪に 「早く晴れないかなぁ~~~」。

click_to_expand_12.gif    尾根へでた。時折日が射すものの未だ雲多し
tthum_Aizukomagatake01_2012_0004.jpg

ヘリポート跡付近で夏道と合流、広い尾根筋を辿っていく。
登るにつれやがて雲もちぎれ始め、昼前には燧ケ岳もご開帳でにんまり。

click_to_expand_12.gif    雲ちぎれてきたぞ
tthum_Aizukomagatake01_2012_0005.jpg

click_to_expand_12.gif    で、燧ケ岳・至仏山
tthum_Aizukomagatake01_2012_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    快晴となり森林限界を超えると会津駒ケ岳山頂部が
tthum_Aizukomagatake01_2012_0007.jpg

樹林帯を抜けると視界全開、高気圧様の威力で風景はどんどん鮮明に。
1時頃「駒の小屋」へ出ると、ここでお気に入りの奥只見方面も望まれ
平ケ岳~中ノ岳~魚沼駒ケ岳~荒沢岳の連なりも登場。

click_to_expand_12.gif    平ケ岳~越後三山~荒沢岳
tthum_Aizukomagatake01_2012_0008.jpg

click_to_expand_12.gif    うねうねの雪庇~燧ケ岳
tthum_Aizukomagatake01_2012_0009.jpg

click_to_expand_12.gif    気持よく登り・・・
tthum_Aizukomagatake01_2012_0010.jpg

click_to_expand_12.gif    山頂まではあと少し
tthum_Aizukomagatake01_2012_0011.jpg

大休憩後、一登りで2時前、会津駒ケ岳山頂到着。
日本の雪国らしい風景に     浸る・・・

click_to_expand_12.gif    中門岳方面  お~~~ きたきた~
tthum_Aizukomagatake01_2012_0012.jpg

click_to_expand_12.gif    登ってきた尾根・日光連山  そ~~~ これこれ~
tthum_Aizukomagatake01_2012_0013.jpg

click_to_expand_12.gif    三岩岳方面  や~~~ よしよし~
tthum_Aizukomagatake01_2012_0014.jpg

適地に幕営してしまうと、北西(中門岳)方面に見える一つ先のピークまで散策。
この稜線、風の通り道のようで吹きっさらし、発達した雪庇・風紋もきれい。

click_to_expand_12.gif    丸山岳・会津朝日岳への連なり 中央奥には飯豊連峰も
tthum_Aizukomagatake01_2012_0015.jpg

click_to_expand_12.gif    中門岳方面へと散策  こりぁ たまらんねぇ・・・ 
tthum_Aizukomagatake01_2012_0016.jpg

click_to_expand_12.gif    風の通り道で強風
tthum_Aizukomagatake01_2012_0017.jpg

click_to_expand_12.gif    中ノ岳~魚沼駒ケ岳~荒沢岳~末丈ケ岳
tthum_Aizukomagatake01_2012_0019.jpg

click_to_expand_12.gif    末丈ケ岳~毛猛山~守門岳~浅草岳~丸山岳
tthum_Aizukomagatake01_2012_0018.jpg

click_to_expand_12.gif    丸山岳~坪入山~三岩岳
tthum_Aizukomagatake01_2012_0020.jpg

click_to_expand_12.gif    山頂部を振り返る
tthum_Aizukomagatake01_2012_0021.jpg

click_to_expand_12.gif    大津岐山の雪ひだ~燧ケ岳
tthum_Aizukomagatake01_2012_0022.jpg

たまらない雪景色を独り十分に味わい満足するとテントへ。
水作り・晩酌(泡盛)・飯(雑炊)・8時頃シュラフでこの日はお終い、また明日。


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2012年4月2日、残雪期4月の権現岳登山の模様です。
権現岳登山コース:天女山→前三ツ頭→三ツ頭→権現岳



朝4時前、道の駅「こぶちさわ」で起床。
歯磨き・朝カップ焼きそば・用足し っといつもの流れで出発。

20分ほどのドライブで登山口着、先客お1人。
着替え・荷詰で6時前、権現岳へ向けゆるゆると歩き出した。2009年正月以来2度目の訪問。

30分ほどで天女山駐車場、ここから登山道となる。比較的明瞭なトレースあり。
空が霞んでおり富士山はぼんやり、南アルプスもいまいち鮮明さに欠けるコンディション。

click_to_expand_12.gif    富士山ぼや~~~
thum_Gongendake_2012_0001.jpg

click_to_expand_12.gif    南アルプスぼや~~~
thum_Gongendake_2012_0002.jpg

click_to_expand_12.gif    視界が開け、目指す三ツ頭
thum_Gongendake_2012_0003.jpg

1時間半ほどでやがて尾根の急登。
エッジを効かせ「つぼ足」で暫し登るが、強まる斜度に負け2200m付近でアイゼン装着。

稜線手前でアウターを着込むと8時40分頃、前三ツ頭を通過。

click_to_expand_12.gif    前三ツ頭から三ツ頭を仰ぐ
thum_Gongendake_2012_0004.jpg

ハイマツ林を抜け三ツ頭へ出ると、赤岳・阿弥陀岳・権現岳お目見えとなります。

click_to_expand_12.gif    阿弥陀岳・赤岳
thum_Gongendake_2012_0005.jpg

click_to_expand_12.gif    権現岳・赤岳(下山時撮影)
thum_Gongendake_2012_0009.jpg

ここより吹きっさらしのノートレース。
ストックからピッケルへ持ち替え、ゴーグル・目出帽で行く。

歩き易いところを拾いつつ進みルートファインディング。
「あそこら辺まで登って西側へトラバース、んで尾根へ抜ける感じかな・・・」

トラバースから尾根へ抜けるところで少し手間取ったものの突破。
一登りで10時半頃、権現岳へ到着。

も、見晴らしイマイチの為、ここで留まらず更に先へ。
編笠山分岐のちょっと先、キレット方面への下降点辺りで腰を落ち着ける。

尾根の先に連なる阿弥陀岳・赤岳・横岳・硫黄岳の南八ヶ岳群。
この角度からの風景好き。

click_to_expand_12.gif    南八ヶ岳群
thum_Gongendake_2012_0007.jpg

click_to_expand_12.gif    ギボシ~編笠山
thum_Gongendake_2012_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    権現岳山頂部~三ツ頭
thum_Gongendake_2012_0008.jpg

相変わらず霞が非道いものの、近景は鮮明で文句なし。
来年3月あたりはここから赤岳まで歩いてみたいな・・・ っと気分は勇み足。

40分ほどの憩いで権現岳をあとに、来た道を引き返し2時半頃下山。
なんとなく思いつきで登ったけど、新たに秘するものも生まれ楽しかった。


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村