2012年3月18日~20日、西穂高岳登山3日目、登頂の模様です。
西穂高岳登山コース:新穂高→西穂山荘→丸山→西穂独標→西穂高岳



朝4時半頃、シュラフから這い出す。
相変わらず風は治まらないものの、外は快晴でなにより。

歯磨き→朝飯(赤いきつね)→荷詰め&テント内整理→用足し
アイゼン装着で夜明け直後の6時過ぎ、西穂高岳へ向けゆるゆると歩き出した。

click_to_expand_12.gif    テン場をあとにゆるゆると・・・
thum_Nishihotakadake03_2012_0001.jpg

徐々に陽が当たり鮮明になっていく山々。
僕の一番好きな時間帯。 強風の中うっとり・・・

click_to_expand_12.gif    笠ケ岳
thum_Nishihotakadake03_2012_0002.jpg

click_to_expand_12.gif    焼岳・乗鞍岳
thum_Nishihotakadake03_2012_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    前穂高岳
thum_Nishihotakadake03_2012_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    強風
thum_Nishihotakadake03_2012_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    独標への急斜面を行き
thum_Nishihotakadake03_2012_0005.jpg

click_to_expand_12.gif    独標(右手前)までもう少し 左奥はピラミッドピーク
thum_Nishihotakadake03_2012_0007.jpg

やがて丸山を過ぎると暫し急斜面に喘ぎ、昨日同様岩雪壁をえっこらせっ で7時半頃独標着。
奥穂高岳へと続く峰々が朝日に輝き、厚雪化粧でなかなか圧倒的。

click_to_expand_12.gif    奥穂高へと連なる峰々
thum_Nishihotakadake03_2012_0010.jpg

優美な奥穂高岳~前穂高岳の吊尾根、「鎮座まします」ってな感じの笠ケ岳。
北アルプス的山岳風景に、そうそう これこれ っとご満悦。

click_to_expand_12.gif    笠ケ岳鎮座
thum_Nishihotakadake03_2012_0008.jpg

click_to_expand_12.gif    優美な吊尾根
thum_Nishihotakadake03_2012_0009.jpg

ひとしきり風景を楽しむと出発、雪尾根のアップダウン開始。
歩き易い雪質・明瞭なトレースのおかげで問題なし、風景を味わいつつ気持ちよく歩く。

click_to_expand_12.gif    ピラミッドピーク
thum_Nishihotakadake03_2012_0011.jpg

click_to_expand_12.gif    西穂高岳が見えてきた
thum_Nishihotakadake03_2012_0012.jpg

尾根直登・トラバースを交え進み山頂直下、尾根西側の急なルンゼ状を詰めると9時前
西穂高岳へ到着。

click_to_expand_12.gif    奥穂高岳~槍ヶ岳
thum_Nishihotakadake03_2012_0014.jpg

click_to_expand_12.gif    歩いてきた尾根~焼岳~乗鞍岳
thum_Nishihotakadake03_2012_0013.jpg

黒部五郎・鷲羽・水晶・槍・立山等々 っと視界全開。
独り占めの山頂で愉悦に浸る。

40分ほど景色を堪能すると、西方より雲が広がり始めた事もあり潮時。
ここらでお開きとして、来た道を戻る。

11時過ぎ西穂山荘着。
のんびり1時間もかけテント撤収で下山、1時前ロープウェイ乗り場へ着いた。

click_to_expand_12.gif    下界が近づく頃にはすっかり曇天
thum_Nishihotakadake03_2012_0015.jpg

停滞した甲斐あり、北アルプスの雪景色に満足。
いつか望む次元の風景への、ちょっとした肥しにもなったかな・・・


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2012年3月18日~20日、西穂高岳登山2日目の模様です。
西穂高岳登山コース:新穂高→西穂山荘→丸山→西穂独標→西穂高岳



朝4時半頃、シュラフから這い出す。
雪は止んだものの、昨日からの強風が相変わらずテントを揺さぶっている。

表を覗いて見ると未だ雲が多く、快晴の青空とは程遠い状態に早くもトーンダウン。
まあ、何はさておき飯という事でお湯を沸かし、お茶でカロリーメイトを流し込む。

click_to_expand_12.gif    強風にのって流れ込む雲
thum_Nishihotakadake02_2012_0001.jpg

携帯電話で天気予報をチェックすると、明日の方が安定して晴れそうな予報。
だったら明日登るか・・・  で停滞決定(予備日があって良かった)。

11時頃までシュラフに包まりうたた寝していると
どうやら天気も回復傾向、雲も消えてきたようなので、とりあえず西穂独標まで登る事に。
西穂山荘で腹ごしらえ(醤油ラーメン)すると11時半頃、西穂独標へ向けゆるゆると歩き出した。

15分ほども登ると早くも北方の視界が開け、西穂独標・ピラミッドピークがお目見え。
西方には笠ケ岳~水晶岳、南方に霞沢岳など
更に高度を上げるとギザギザの前穂高岳登場で、なかなか容赦なし。

click_to_expand_12.gif    早くも穂高岳方面の視界が開ける
thum_Nishihotakadake02_2012_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    笠ケ岳~水晶岳
thum_Nishihotakadake02_2012_0002.jpg

click_to_expand_12.gif    前穂高岳
thum_Nishihotakadake02_2012_0005.jpg

丸山を過ぎると吹きっさらしの強風の中、広い尾根を急登。

click_to_expand_12.gif    丸山を過ぎ広い稜線へ
thum_Nishihotakadake02_2012_0004.jpg

時折立っていられないほどの突風に喘ぎつつ、西穂独標直下へ着。

click_to_expand_12.gif    ピラミッドピーク・独標
thum_Nishihotakadake02_2012_0006.jpg

ここでストックからピッケルへ持ち替え雪岩壁を一登りで12時半過ぎ、西穂独標へ出た。
奥穂高岳まで続く峰々の登場ににんまり、べったりアイスクリーム状に付いた雪ひだが美しい。

click_to_expand_12.gif    奥穂高へと続く峰々
thum_Nishihotakadake02_2012_0009.jpg

click_to_expand_12.gif    霞沢岳、麓は上高地
thum_Nishihotakadake02_2012_0007.jpg

click_to_expand_12.gif    奥穂高岳~前穂高岳の吊尾根
thum_Nishihotakadake02_2012_0008.jpg

風景を楽しみつつ40分ほどの滞在、今日はとりあえずここまで、で下山。

click_to_expand_12.gif    下りつつ笠ケ岳
thum_Nishihotakadake02_2012_0010.jpg

テン場へ戻ると4時すぎまでだらだら
でビール(ドライビールで残念)→飯(予備食の為質素)→晩酌(僅かな泡盛)→シュラフへ

夕方いったん弱まった風も再び強めき揺れるテント。
明日こそ西穂高岳に立とう。


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2012年3月18日~20日、西穂高岳登山初日の模様です。
西穂高岳登山コース:新穂高→西穂山荘→丸山→西穂独標→西穂高岳



7時東京の自宅を出発、中央道・長野道と走り10時半頃松本インター下車。
途中、カモシカスポーツでウォータータンク(出発前に水漏れを発見)等を購入。

コンビニで山飯調達&昼飯を済ますと1時間半ほどのドライブ。
新穂高の登山者用無料駐車場(冬季のみ開設)へ着くとほぼ満車状態。

春休みにつき満車状態(ほとんどが観光客の車と思われるが・・・)
thum_Nishihotakadake01_2012_0001.jpg

なんとか駐車スペースを見つけ車を停めると着替え・荷詰めで1時過ぎ出発。
新穂高ロープウェイ乗り場まで5分ほど歩きチケット購入。

グイ~~~ンとありがたくロープウェイで標高2200mほどまで運んでもらうと2時頃
本日のお宿「西穂山荘」へ向けゆるゆると歩き出した。

西穂高口駅周辺は「番長トレース」が各所に枝分かれしており、迷路状態。
5分も歩くと明瞭な登山道となるが、しっかり踏まれており「つぼ足」で行く。

西穂高口駅周辺の「番長トレース」

thum_Nishihotakadake01_2012_0002.jpg

曇天の空の下1時間ほど登るとやがて森林限界となり、思ったより早く西穂山荘に到着。
テン場には先客8組ほどの賑わい。 幕営受付を済ますと最奥に幕営。

モノ好きが集うテン場 すぐそこに暖かい小屋があるというのに・・・
thum_Nishihotakadake01_2012_0003.jpg

水作り(初登場のジェットボイル大活躍)・ビール(残念ながらドライビール)・夕飯(雑炊)
晩酌(泡盛)で8時頃シュラフへ。

雪交じりの強風が徐々に強まり、やがて表は荒れ模様に。
明日晴れるのかな?・・・


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2012年2月20日、谷川連峰仙ノ倉山登山の模様です。
仙ノ倉山登山コース:岩魚沢林道→ヤカイ沢→平標山→仙ノ倉山
平標山までの模様はコチラ



10時過ぎ、仙ノ倉山へ向け平標山を後に
美しい越後の雪景色を堪能しつつの稜線歩きは至福・・・

click_to_expand_12.gif    いやぁ・・・
thum_Sennokurayama02_2012_0001.jpg

click_to_expand_12.gif    言う事なし・・・
thum_Sennokurayama02_2012_0002.jpg

微風、静寂のなか、風景を独占する愉悦に浸り、約1時間の散歩で仙ノ倉山着。
ここで谷川の峰々も登場、展望全開で文句なし。

click_to_expand_12.gif    万太郎にオキ・トマもご開帳
thum_Sennokurayama02_2012_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    登ってみたい日白山・タカマタギ
thum_Sennokurayama02_2012_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    このアングル好き
thum_Sennokurayama02_2012_0005.jpg

click_to_expand_12.gif    平標山・苗場山 奥はうっすらと後立山かな・・・
thum_Sennokurayama02_2012_0006.jpg

仙ノ倉山周辺をウロウロウロウロ、撮影に興じていると時が経つのもあっという間。
気付くと正午、ここらが潮時と相成ります。

来た道を引き返し3時前、下山。

click_to_expand_12.gif    景色を楽しみつつ下山 また来るよ~~~♪
thum_Sennokurayama02_2012_0007.jpg

この時期(厳冬期)に大好きな越後の雪景色が楽しめて、なかなかのご満悦でした。


登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ



登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村