2011年5月3日~6日、GW 飯豊連峰縦走初日、川入~地蔵山(幕営)の模様です。
5月のGW飯豊連峰縦走コース:川入→三国岳→飯豊山→大日岳→北股岳→飯豊温泉



移動性高気圧に覆われる予報に誘われ
以前からずーーーっと歩いてみたいと思っていた飯豊連峰縦走してきた。

守門岳登山を終えた後、天気の動向を見守りつつ、小出にある道の駅「ゆのたに」で3連泊。

GW後半、山形方面に晴れが続く予報がでた為
以前から、強く登ってみたいと思っていた飯豊連峰縦走を敢行する事に決定。

朝7時半頃小出を出発、関越道・北陸道・磐越道と車を走らせ10時頃、会津坂下で降りる。
晴れてはいるものの黄砂の影響か、空に膜がかかっているようなイマイチな天気。

麓から縦走する飯豊連峰を望む
thum_Iidesan01_2011_0001.jpg

これから縦走する飯豊連峰を望みつつ麓を走り11時頃、飯豊鉱泉擁する川入集落に到着。
事前調査とは違い、この先キャンプ場まで車で侵入できるようだが
時間にゆとりもあり、帰りのタクシー代をケチる意味でも、ここに車を停めさせてもらう事にする。

川入到着
thum_Iidesan01_2011_0002.jpg

不確定・不安要素がある為か、何故かいまひとつ気乗りしない感じで着替え・荷詰め
暫く食えない弁当を平らげると11時30分頃、飯豊山へ向け、ゆるゆると歩き出した。

こんな感じの車道を歩いてい
thum_Iidesan01_2011_0003.jpg

沢沿いの未舗装路を淡々と30分も歩くと「川入キャンプ場」に到着、5~6台の車が駐車している。
管理棟に入り登山カードを記入すると再出発、登山道に入るとここから雪道となる。

川入キャンプ場到着
thum_Iidesan01_2011_0004.jpg

さあ、ここから登山道
thum_Iidesan01_2011_0005.jpg

平坦な道を暫し進み、御沢小屋跡を過ぎると尾根へ取り付く。のっけから急登である。
大量のメマトイ(目に飛び込んでくる虫)やブヨにたかられ辟易しながら、ゆっくり登っていく。

1時間半歩き続け上十五里辺りまでやってくると、ようやく虫が減ってきた為休憩する。
気付くと薄雲が広がっており日差しシャットダウン、まあ今日は移動日なので天気はどうでもいいか・・・

歩いてきた尾根を振り返る ぱっとしない天気
thum_Iidesan01_2011_0006.jpg

2時半頃いったん肩まで登ると平坦な尾根となり、ここらが横峰小屋跡である。
当初はここいらに幕営しようと思っていたのだが、まだ時間も早いしもう少し進む事にする。

横峰小屋跡付近 奥に三国岳が見える
thum_Iidesan01_2011_0007.jpg

急尾根を更に上り3時20分頃地蔵山に到着、ここで飯豊本山への稜線がお目見えも
天気が悪くなんら感慨も湧いてこない僕。

地蔵岳方面の尾根 奥に非常にうっすら~っと朝日連峰が見えていた
thum_Iidesan01_2011_0008.jpg

山頂下の平坦地「地蔵小屋跡」を今夜の宿とし、なにはさておき整地&幕営
1時間ほどで落ち着くと、ビーーーーーールターーーーーーーーーーーイム!
雪に埋めておいたのでキンッキンで至福。

幕~営~ 中途半端に雪壁
thum_Iidesan01_2011_0009.jpg

も、暫くすると天気予報どおり雨が降ったりやんだり。
明日は晴れるようであるが、この空気を霞ませている黄砂はなんとかならないものか・・・

あれほど憧れていた飯豊山に来たものの、何故か終始沈みがちな感情。
いつもどおり8時過ぎまでウォッカ水割りで時間を潰すと、シュラフに潜り込んだ。

この縦走、どういう顛末を迎えるのかなぁ・・・

飯豊連峰縦走2日目の模様はコチラ


東日本大震災への義援金はコチラからどうぞ
登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2011年5月21日 二子山中央稜マルチピッチクライミングで二子山の頂に立った馬鹿な男達の話。

東日本大震災への義援金はコチラからどうぞ
登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ



クラシックルートへの足がかり、二子山中央稜を攀じ登って(クライミングして)きた

【以下、二子山中央稜マルチピッチクライミングの顛末】

朝5時東京の自宅を出発、関越道花園で降り「すき家」で朝食といつもの流れ。
かつてツーリングでよく訪れた志賀坂峠へとドライブ、民宿登人で右に折れ林道走行。

緊張している友人Pを尻目に、何故か気持の抑揚がイマヒトツない僕。
7時40分頃、二子山登山口へ到着。

二子山登山口到着

thum_2011Futago0001.jpg

ハーネスを着けザックを背負うとゆるゆると登山道を進む。
クラミングエリアの一つ「祠エリア」を過ぎ、途中分岐点を見落とし遠回りしながらも8時20分頃
二子山中央稜の取り付き点へ到着、8時半過ぎ友人Pがリードで(先に)1ピッチ目を攀じりだす。

祠エリア 壁かぶってます 到底無理

thum_2011Futago0003.jpg


●1ピッチ

ルンゼを辿り、右上にトラバース、立木を過ぎ上を見上げると、そこに終了点が見える。

僕もセカンド(確保された状態)で取り付くも
先日の飯豊連峰縦走で痛めた膝(水たまり・裏筋痛め)・病み上がり(風邪をひき高熱)の影響もあり
グダグダ。 のっけから不安。

1ピッチ目に取り付くP

thum_2011Futago0004.jpg

終了点からローソク岩
thum_2011Futago0005.jpg


●2ピッチ

ボルトにつられ素直にフェースを直上、落ち着いたところで右に乗っこし、暫し上り終了。

まだ1ピッチ目だと思い込んでいた友人Pがリードで登ってしまった為、再びセカンドで行く僕。
途中Pの不適切なアドバイスに騙されるも、方向修正して終了点へ、未だしっくりこない。

終了点から両神山
thum_2011Futago0010.jpg


●3ピッチ

「コーナークラック」を含むクラックルート、二子山中央稜の核心部

つるべで進み、本来Pが登る予定だったが、さきほどのピッチ間違いの仕業で、僕がリードで行く事に
なんとか最初のクラックはクリアしたものの、どうやっても「コーナークラック」の突破口が見つからず

結局昨年同様、ボルトに足を乗り上げたりして突破、驚くほど進歩のない自分に落胆。
ひろい大テラスに出ると、ここが終了点。 友人Pも登ってくると、いったんここで大休憩とする。

このクラックを登っていきます
thum_2011Futago0039.jpg

3ピッチ目を登る僕

thum_2011Futago02-0010.jpg

大テラスから下を望む

thum_2011Futago0014.jpg


この後の4・5・6ピッチはガバガバ(掴み易いホールド)が多く
ようやくクライミングを楽しみながら、つるべ(交互にリード)で快適に攀じっていく。

4ピッチ目
thum_2011Futago0015.jpg

4ピッチ目終了点で準備するP

thum_2011Futago0020.jpg

5ピッチ目
thum_2011Futago0019.jpg

6ピッチ目を登るP

thum_2011Futago0023.jpg

小広い6ピッチ終了点までやってくると、ここで二子山(西岳)山頂や憩う登山者が望まれ ホッ
とうとう喉元まできたぞっ

二子山山頂が見えた!

thum_2011Futago0026.jpg

登ってきた稜線を見下ろす

thum_2011Futago0027.jpg

この先は登攀用具不要、ロープ・ヘルメットをしまい靴を履き替えると稜線をゆるゆる進む。
岩ピークを幾つか越えると12時前、ついに二子山山頂に立つ僕らが居た。

「おつかれっ!!!」 っで、固く暑苦しい握手をする男2人  149509.gif

さらに 骨が折れそうなほど激しい抱擁   棒人間_l
まではしていない・・・

山頂近くの人の居ないピークに腰を落ち着けると、登ってきた中央稜などを感慨深く眺めつつ昼飯
僕が普段味わっている単独行の充実感とはまた違った喜びに浸る。
困難を突破した達成感などから来る幸せな気持を分かち合う、日常の僕からは乖離した感覚。

二子山中央稜を感慨深く眺める
thum_2011Futago0033.jpg

西岳より西方へ伸びる岩稜

thum_2011Futago0036.jpg

アルパインクラミング・バリエーションルートへの足がかり的位置づけに捉えていた二子山中央稜
構想から約2年、僕の骨折・友人Pの努力・幾度の対立を乗り越えて辿りついた頂だ。

素人から始め、ガイド山行で試攀・クライミング技術書で独学
厭世的な僕、山岳会に身をおかず手に入れた頂、まさにガチ、格別な感慨も必然。

ようやく独立したクライマーへの第一歩を踏み出すことができた。
より技術をあげ、いよいよ本チャンルートへ歩みを進めるばかり。 明日はどっちだ!


東日本大震災への義援金はコチラからどうぞ
登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2010年4月29日~30日、GW4月の守門岳登山2日目の模様です。
守門岳登山初日の模様はコチラ

東日本大震災への義援金はコチラからどうぞ
登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ



朝3時30分テン場で起床、歯を磨きコンロに火をつけると、テントの外の空模様を覗く。
いっやぁ~・・・  星1つ見えない見事な曇天、天気予報大外れ
まったく・・・・・、翌日の天気も予報できないのかっ!

完全に登降意欲を削がれつつも、腹が減ったので何はともあれ飯。
「どんべい」をすすりつつ携帯電話で天気予報をチェック、町が近いためアンテナ3本。

ウェザーニュース社4時更新の山岳天気予報によると
越後駒ケ岳 6時~12時 曇り時々雪   12時~18時 曇り  18時~24時 晴れ
なんじゃ~~ こりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~~!

ほぼ下山する心積もりでだらだら~と撤収作業をしていると、気のせいか空が明るくなってきた。
気づくと雲も消え始め、弱くではあるが日も射し始めたので、段々と気持ちも前向きに。

気象庁5時更新の予報によると、中越「晴れ時々曇り」との事、本当?
コフェル一杯分の水を追加で作ってしまうと撤収作業スピードアーーーーップ。

テントを畳みザックに詰める頃には、青空が拡がりお日様登場
予定より大幅に遅れ6時過ぎ、守門岳へ向けゆるゆると歩き出した。

美しい越後の雪景色を味わいつつ、急尾根を20分ほど上ると「キビタキ避難小屋」を通過
雪に埋もれ、お邪魔するのには難儀しそうである。

1時間ほども登ると森林限界、相変わらずの急な尾根を直登して行く。
高度を上げるにつれ越後三山や、発達した雪庇の奥に粟ケ岳、守門岳山頂方面も望まれ
気分が良い。

click_to_expand_12.gif    急尾根を進む 森林限界は近い
thum_Sumondake02_2011_0001.jpg

click_to_expand_12.gif    越後の雪景色
thum_Sumondake02_2011_0002.jpg

click_to_expand_12.gif    山頂方面が見えてきた
thum_Sumondake02_2011_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    もうすぐ大岳
thum_Sumondake02_2011_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    登ってきた尾根を振り返る
thum_Sumondake02_2011_0005.jpg

click_to_expand_12.gif    発達した雪庇と粟ケ岳
thum_Sumondake02_2011_0006.jpg

出発から1時間半、7時40分頃大岳へ到着、 っで、稜線にでた途端
クリーミィで美しい守門岳がドド~~~~~~~~~~~~~~~~ンで、ぅおーー っとなる。
そうそう、これこれ

click_to_expand_12.gif    守門岳きたーーーーーーーー!
thum_Sumondake02_2011_0007.jpg

も、暫し風景に浸り憩っていると、なにやら怪しげな雲が西方から流れ込んできた。
やはり、これから天気が崩れそうな気配、そう、悪い予報は外れないのだ。

せっかくここまで来たので守門岳まで行く事にして出発、ここから暫しトレース無し。
いったんコルまで下り上り返すと大岳分岐、二口コースと合流すると、広い稜線を更に進む。

徐々に広がる雲に青空を奪われ、テンションが下がりつつも9時15分頃、守門岳山頂に到着。
越後駒ケ岳・八海山・荒沢岳・浅草岳・矢筈岳・御神楽岳などなど白き連なりズッラーーーーー。
どん曇りながらも360度の展望、晴れていたら最高だろうな・・・・・・・・・・

click_to_expand_12.gif    曇っちゃいました 粟ケ岳・矢筈岳・御神楽岳
thum_Sumondake02_2011_0008.jpg

ひょっとしたらこの後晴れるかも、と僅かな期待で祈りつつ1時間以上山頂で粘るも、天気回復せず。
快晴の空の下、いつかまた必ず来よう、っと激しく誓いつつ下山開始、稜線を引き返す。

click_to_expand_12.gif    この前登ったばかりの浅草岳
thum_Sumondake02_2011_0009.jpg

click_to_expand_12.gif    越後三山・荒沢岳など
thum_Sumondake02_2011_0010.jpg

再び大岳分岐までやって来ると、2人組みの登山者が休憩中、この日初めて人と会った。
何人かの登山者と擦れ違いつつ、二口コースを淡々と下っていると、次第に小雨模様。

2時間ほどで登山口まで下り、冬季閉鎖中の車道を30分も歩くと1時、駐車スペースまで戻った。
天気予報には騙されたが、まあ、楽しかった。 また来るよ~~~。


東日本大震災への義援金はコチラからどうぞ
登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ




守門岳登山の軌跡(GPSログ)

thum_2011sumon_map.jpg



登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2010年4月29日~30日、GW4月の守門岳登山の模様です。

東日本大震災への義援金はコチラからどうぞ
登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ



ポジティブな気象庁とネガティブなウェザーニュースの天気予報に悩まされ、何処に登るか自問自答。
4月28日、右往左往の末、白山に登る事に決め13時過ぎ、東京の自宅を出発。

関越道・上信越道・北陸道と走らせ、遠路はるばる富山県突入。
19時頃、高岡PAに入ると、静かで快適そうなのでここに泊まる事にし、晩酌の後就寝する。

朝5時30分起床、歯磨き・お茶・カップやきそば・用足して6時40分頃出発。
相変わらずの曇天、明日は高気圧に覆われ晴れるとの事だが、いまいち不安である。

金沢西インターで降り、国道8号・国道157号で南下、登山口である市ノ瀬を目指す。
9時頃、ようやく県道33号白山公園線へ分岐、で暫し進んだところで冬季閉鎖ゲート登場!!!

驚愕   愕然   呆然   あたま真っ白    そして僕は途方に暮れる・・・
この移動距離と、費やした時間と、散々悩んだ答えがこれか。

通常この時期だと、少なくとも市ノ瀬までは冬季閉鎖が解除されているらしいのだが
この多雪の為、今年は未だ通行不能のようである。 やはり事前確認は鉄則だと胸に刻む。

とは言え、あまり晴れる気がせずいまいち乗り気ではなかった為、不思議なほどショックは少ない。
この時間から移動して、なんとか登れる山はないか、暫しの思案。

明後日はもう天気が下り坂な為、明日ピークを踏める山となるとなぁ  う~~~~む・・・
あれこれ考えた末、最近お気に入り山域、越後は守門岳へ登る事に決め、大Uターーーーーーーン

再び北陸道に乗り北上、12時30分頃柏崎インターで下車
途中昼飯を食らいつつ天気予報チェック、新潟県全般的に晴れ予報を確認しGO

守門岳登山口へ向け県道を進むが二分まで来ると冬季閉鎖、これは予定通り。
思ったより時間がかかってしまったが3時頃、ようやく守門岳へ向けゆるゆると歩き出した。

除雪最終地点で冬季閉鎖
thum_2011Sumondake01-0001R.jpg

暫しの車道歩きの後、まずは長峰方面へと林道をショートカットするように尾根へ取り付く。
先日の浅草岳登山の二の舞にならぬよう、GPS・コンパスで慎重にルート確認。
ま、トレースが付いているので大丈夫だろうが、一応念のため。

どん曇りの中、こんな感じの道を進む
thum_2011Sumondake01-0002R.jpg

徐々に明るくなる空の下、勾配の緩い尾根を淡々と歩き4時過ぎ、保久礼小屋へ到着。
雪が融ければここまで車で入れるらしいが、とてもそうは思えない状況である。

段々と雲が減ってきたぞ
thum_2011Sumondake01-0009R.jpg

thum_2011Sumondake01-0010R.jpg

小屋の中を覗いてみるとかなり荒れた状態
ここへ泊ろうかとも思っていたのだがいまいちなので、更に上へ進む事にする。

保久礼小屋へ到着
thum_2011Sumondake01-0013R.jpg

小屋内部、荒れてます
thum_2011Sumondake01-0012R.jpg

保久礼小屋手前に幕営していた方によると、この先キビタキ避難小屋は雪に埋もれており
中へ入るのは大変との事なので、幕営適地があればそこを今夜のお宿としよう。

尾根を20分ほど登るとほど良いスペースを発見。
風も吹かなさそうなので、ここに幕営する事にして早速スコップで整地作業。
既に残雪期、雪質が硬いため、整地作業も楽である。

幕営、なかなかのロケーション
thum_2011Sumondake01-0019R.jpg

30分ほどで幕営作業を終える頃には空を覆っていた雲もちぎれはじめ、夕日が射してきた。
ビニール袋に雪を詰め水作りの手はずをしてしまうと、ここでビールターーーーーーーーイム!

明瞭に晴れてきた
thum_2011Sumondake01-0018R.jpg

日が沈んでいく・・・
thum_2011Sumondake01-0021R.jpg

ビール→水作り→夕飯→ウォッカ水割り とお約束の流れで9時前、シュラフに潜り込んだ。
明日こそ晴れてくれ!

守門岳登山2日目の模様はコチラ

東日本大震災への義援金はコチラからどうぞ
登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ



登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村