2011年4月1日 浅草岳登山の模様です。
浅草岳登山コース:大自然館→早坂尾根→浅草岳→前岳→桜曽根の南尾根

東日本大震災への義援金はコチラからどうぞ
登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ



越後の美しい雪景色を味わいたくて、以前から歩いてみたかった浅草岳へ登ってきた。

前日仕事を終え帰宅、夕飯を食らうと7時頃、東京の自宅を出発する。
関越道を走らせ関越トンネルを抜けると越後、突如雪国へと風景が一変する。

10時過ぎ、小出の手前、大和PAへ入る。
ビール・焼酎をチョロっとあおると11時過ぎ、車中にてシュラフに潜り込んだ。

朝5時起床、お湯を沸かしつつ歯を磨き、お茶・カップラーメンを流し込み用を足すと6時過ぎ出発
天気予報どおり、待望の移動性高気圧がやってきたようで朝から快晴である。

小出インターで下車、一般道で守門・大白川と走り、除雪最終地点である大自然館に到着。
着替え・荷詰めを終えると7時20分頃、浅草岳へ向けゆるゆると歩き出した。

大自然館 除雪最終地点へ車を停める
thum_Asakusadake_2011_0001.jpg

電柱が雪で埋まっている林道を右沢沿いに進んでいく。
のっけから雪化粧した黒姫などの守門岳の尾根が望まれ気持いい。 さすが越後、雪が豊富だ。

click_to_expand_12.gif    電柱埋まる道を行く
thum_Asakusadake_2011_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    守門岳の一角・黒姫 のっけから雪豊富で気分最高
thum_Asakusadake_2011_0002.jpg

つぼ足で出発したものの、思ったほど雪が締まっていないので、すぐにワカン装着。
立ち止まっては風景を眺め、また立ち止まっては風景を眺め、なかなか歩みが進まない。
これぞ日本の雪国の風景だね。 たまらん・・・

click_to_expand_12.gif    自分だけのトレースを付け気持ちよく歩く
thum_Asakusadake_2011_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    いい天気
thum_Asakusadake_2011_0005.jpg

林道を2時間近く歩くとようやく南面が開け、美しい浅草岳の山体がど~~~ん っと
ここらで林道から離れ、早坂尾根に取り付くべく林の中を進んでいく。

click_to_expand_12.gif    浅草岳ど~~~~~ん
thum_Asakusadake_2011_0006.jpg

方向をろくに確認もせず、歩き易そうな支尾根を進む。 暫し上りGPSで現在地を確認。
このままこの尾根を辿っていっても早坂尾根へ合流できるようなので更に先へ。

click_to_expand_12.gif    目指す早坂尾根
thum_Asakusadake_2011_0008.jpg

高度を上げるに従い、だんだんと美しい守門岳の全容が望まれるようになってくる。
目指す浅草岳のたおやかな山体も徐々に近づいてくる。真っ白な雪に包まれクリィミィである。

click_to_expand_12.gif    守門岳の全容が見えてきた
thum_Asakusadake_2011_0007.jpg

click_to_expand_12.gif    クリィミィな浅草岳
thum_Asakusadake_2011_0009.jpg

しかし思ったより歩程がはかどらず、次第に雪尾根と格闘する僕、 これ、コースミスだったか・・・・・
もうすこし慎重に取り付き点を選ぶべきだったかな。

喘ぎ喘ぎ進み、強烈な急尾根を上りきると11時頃、広く緩やかな早坂尾根へようやく辿りついた。
予定タイムを大幅に超過、尾根取り付きから1時間30分も費やしてしまった。

ここで北・東面が開け矢筈岳・御神楽岳などの向こうに、白い連なり飯豊連峰がど~~~ん っと

click_to_expand_12.gif    早坂尾根へでると飯豊連峰がお出迎え
thum_Asakusadake_2011_0010.jpg

click_to_expand_12.gif    浅草岳山頂はまだまだ先
thum_Asakusadake_2011_0011.jpg

click_to_expand_12.gif    守門岳を振り返る
thum_Asakusadake_2011_0012.jpg

徐々に風強まる吹きっさらしの尾根をゆるゆると1時間ほど上ると12時頃、浅草岳へ到着した。

ここで南面も開け、越後三山・平ケ岳・至仏岳・燧ケ岳・日光白根山などが望まれるも
さきほどから流れ込んできている、守門岳方面からの薄雲が太陽を隠しいま一つでテンションダウーン。

click_to_expand_12.gif    浅草岳山頂より田子倉湖の向こうに会津駒ケ岳・燧ケ岳など
thum_Asakusadake_2011_0013.jpg

冬用アウターを着込み、吹きっさらしのなか30分ほど粘るが、薄雲が消えそうにない為、下山を開始。
も、前岳辺りまで歩いてくると、なんだか徐々に薄雲が消えそうな兆しである。

稜線で更に粘るとようやく薄雲がとれ、お日様復活でテンションアーーーーーーップ!
険しい鬼ガ面山東壁・越後三山・燧ケ岳・守門岳・飯豊連峰等々、360度の風景に暫し浸る。
改めて越後の山ってイイね

click_to_expand_12.gif    鬼ガ面山の向こう、毛猛山・末丈ケ岳・越後三山・平ケ岳などなど
thum_Asakusadake_2011_0014.jpg

click_to_expand_12.gif    平らな早坂尾根の向こう、粟ケ岳・矢筈岳・飯豊連峰・御神楽岳
thum_Asakusadake_2011_0016.jpg

click_to_expand_12.gif    存在感のある守門岳
thum_Asakusadake_2011_0017.jpg

click_to_expand_12.gif    美しい造形の雪ひだ
thum_Asakusadake_2011_0018.jpg

先ほど山頂でいっしょになったスキーヤーの方のトレースを、尾根伝いに景色を眺めつつゆっくり辿る。
高度を下げるにつれ、この上天気に雪もびちょびちょの様相へ

click_to_expand_12.gif    下りつつ飯豊連峰
thum_Asakusadake_2011_0019.jpg

靴とワカンの間に、湿って重たい雪が挟まり、歩き辛い事この上ない。
かといってワカンを脱ぐと足がずぼっと埋まるので性質が悪い。 そろそろスノーシューでも買おうかな・・・

click_to_expand_12.gif    山頂方面を仰ぐ
thum_Asakusadake_2011_0020.jpg

よっこらよっこら遅い歩みで下り15時10分頃、大自然館まで戻ったのだった。
美しい雪景色を堪能し、また一つ越後の山が好きになった楽しい登山となった。

東日本大震災への義援金はコチラからどうぞ
登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ



浅草岳登山の軌跡(GPSログ)
2011asakusadake_log.jpg


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2011年3月5日、四阿山登山の模様です。
四阿山登山コース:あずまや高原ホテル→四阿山→あずまや高原ホテル

東日本大震災への義援金はコチラからどうぞ
登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ 



移動性高気圧がやってくる予報に誘われ、以前から登ってみたかった四阿山登山へ行って来た。

朝4時過ぎ、東京の自宅を出発、関越道を走る。
前回5時に出発し、関越道の大渋滞に巻き込まれた赤城山登山の教訓を生かし、早めの出発だ。

交通量が多いながらも比較的快調に走行、上信越道へ分岐、7時前上田菅平で降りる。
八ヶ岳は快晴だが、四阿山方面を望むと、稜線部には未だ寒気の吹き出しの雲がかかっている。
この後移動性高気圧に覆われる予報なので、僕が山頂に着く頃にはあの雲もとれるだろう!多分・・

途中セブンイレブンで朝飯かきこみ&昼飯調達、暫し一般道走行で「あずまや高原ホテル」へ到着。
ホテルちょい手前の四阿山登山者&スキーヤー向けの無料駐車場へ車を駐車、この時点で車8台。
着替え・荷詰を終えると7時50分頃、四阿山へ向けゆるゆると歩き出した。

click_to_expand_12.gif    駐車場の様子
thum_Azumayasan_2011_0001.jpg

トレースのしっかりついた歩き易い道を15分ほど歩くと雪原「菅平牧場」が広がる。
ここから、足跡に導かれ菅平牧場内へ入ると、まずは雲ひとつ無い浅間山が望まれる。
ここで吹きっさらしとなる為、フリース帽・ゴーグル・アウターを着込み防寒。

click_to_expand_12.gif    のっけはこんな感じの道を進み
thum_Azumayasan_2011_0002.jpg

click_to_expand_12.gif    菅平牧場で浅間山ど~~~ん
thum_Azumayasan_2011_0004.jpg

更に暫し上り西方の視界が開けると、北アルプスの白き連なりが早くも、ご開~帳~~
いきなり丸見えとなった風景を望みつつ気持ちよく歩く。

click_to_expand_12.gif    北アルプス ご開~帳~
thum_Azumayasan_2011_0005.jpg

ほどなくすると、ところどころで雪が深くなりだしたので、疲労軽減の為「ワカン」装着。
四阿山山頂方面を時折見やるが未だ雲がかかっている。 お願い、早く消えて!

click_to_expand_12.gif    山頂部はまだ雲が流れ込んでいる
thum_Azumayasan_2011_0003.jpg

1時間ほどで雪原終了、樹林帯手前の風が弱い場所で休憩。
乗鞍岳・穂高連峰・槍ヶ岳・後立山連峰と連なる北アルプスなどを眺めつつ、お湯で一息。

ここから樹林帯歩き、相変わらず緩やかなほぼ一定勾配な道を進んでいく。
常に北アルプスを望みながらの登山は気持いい。

高度を上げるにつれ、プチモンスター出現。
周囲の風景とのコントラストを楽しみつつゆるゆる歩く。

click_to_expand_12.gif    おっ プチモンスター出現
thum_Azumayasan_2011_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    振り返るとそこにはいつも北アルプスが
thum_Azumayasan_2011_0007.jpg

click_to_expand_12.gif    高度を上げてくると湯ノ丸山の向こうに八ヶ岳が
thum_Azumayasan_2011_0008.jpg

徐々にデカくなるモンスターに感嘆しつつ標高2300m付近まで上がってくると
ここでようやく四阿山山頂部が望まれる。 もはや雲ひとつない快晴で気分最高。

click_to_expand_12.gif    山頂部が見えたぞ
thum_Azumayasan_2011_0009.jpg

ここから山頂直下の稜線まではモンスター街道、その造形美に見惚れ一気にペースダウーン。

click_to_expand_12.gif    待ち構えるモンスター達
thum_Azumayasan_2011_0010.jpg

click_to_expand_12.gif    お出迎えするモンスター達
thum_Azumayasan_2011_0012.jpg

click_to_expand_12.gif    めちゃくちゃな造形
thum_Azumayasan_2011_0013.jpg

click_to_expand_12.gif    浅間山を望みつつ歩く
thum_Azumayasan_2011_0011.jpg

click_to_expand_12.gif    更に浅間山を望みつつ歩く
thum_Azumayasan_2011_0014.jpg

やがてモンスター達に見送られると、白き四阿山山頂が絵になるアングルでど~~~~~~~ん!

click_to_expand_12.gif    四阿山山頂部ど~~~~~~ん!
thum_Azumayasan_2011_0015.jpg

写真を撮りまくりながらゆるゆる進み11時45分頃、四阿山山頂に到着した。
心配していた寒気の吹き出しも予報どおり弱まったようで快晴、移動性高気圧、恐るべし!

登山者がかたまる祠付近を避け、山頂から少し尾根を進んだところにザックを下ろし独り風景に浸る。
頸城山群・北アルプス・中央アルプス・南アルプス北部・八ヶ岳・浅間山・上州の山々などが一望。

click_to_expand_12.gif    根子岳の向こう、北アルプスずっら~~~~~ん
thum_Azumayasan_2011_0016.jpg

click_to_expand_12.gif    白根山・岩菅山方面
thum_Azumayasan_2011_0017.jpg

40分ほど景色に浸ると、帰りの渋滞の事も考え、ここらで快晴の四阿山を後にする。 ありがとう!
モンスター・北アルプスなどの風景を相変わらず楽しみつつ、快調に下っていく。

click_to_expand_12.gif    眼前に北アルプスを望みつつ快調に下る
thum_Azumayasan_2011_0018.jpg

click_to_expand_12.gif    四阿山を振り返る 楽しかったよ~
thum_Azumayasan_2011_0019.jpg

で、2時10分頃、あずまや高原ホテルの駐車場まで戻ったのだった。
四阿山登山、快晴で楽しかった。


東日本大震災への義援金はコチラからどうぞ
登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村