北八ヶ岳登山初日の模様です。
北八ヶ岳登山日:2010年12月11日~12日
北八ヶ岳登山コース:渋の湯→黒百合平(幕営)→中山峠→東天狗岳→西天狗岳



当初は会津駒ケ岳へ登る予定だったのだが、天候が思わしくないので中止。
第2候補として漠然と考えていた、北八ヶ岳は天狗岳へ行こうという事になった。

とはいえ、冬型の気圧配置で寒気が流れ込む予報がでており、まったく晴れる気がしない。
が、「雪上幕営&新調した外張り」を試そう という事で渋々、北八ヶ岳登山決行に至った。

朝5時、東京の自宅を出発、大嫌いな中央自動車道を走る。
勝沼辺りで南アルプスが見えるのだが、雲が流れ込んでおり山頂部は見えない。
甲府を過ぎると八ヶ岳が姿を現すが、やはりこちらも雲の中、登るの嫌だねぇ~・・・・・・・

8時頃、諏訪インターで下りると、途中のセブンイレブンで朝飯&不足分の山飯を調達。
渋の湯方面へと県道を進むとやがて道は雪道となり、勾配がきつくなったところで車がスタック!

タイヤの寿命なのか、加重の関係なのか分からないが、これでは先へ進めないのでチェーン装着。
こういう時に限って、急に便意を催す僕。 友人Pがチェーンを付けている間に林に消え「きじうち」。
そうして急坂をやり過ごすと、すぐそこが渋の湯だったのだ。 なんだ、水洗トイレまであるじゃん・・・・・

寒風で寒い中、ぐだぐだと着替え・荷詰めを終えると9時20分頃
本日のお宿、黒百合平へ向けゆるゆると歩き出した。

今週中頃に降った雪のおかげか、登山道はのっけから雪道となっており、つぼ足で気持ちよく歩く。

click_to_expand_12.gif    雪の付いた樹林を気分良く歩く
thum_Tengudake01_2010_0001.jpg

click_to_expand_12.gif   
thum_Tengudake01_2010_0002.jpg

1時間ほどでパノラマコースから来る登山道と合流する頃には上層を雲が覆い始め
先ほどまで差し込んでいた日差しを隠してしまう。

吹きさらす風を遮ってくれる樹林に守られつつ、緩い勾配の道を淡々と進むと12時過ぎ
黒百合平へ着いた。

小屋で幕営の受付を済ますとほどよい場所を探し、そこにテントを張る事にする。
初めて張る外張りに苦闘、グダグダになりながらも1時間ほどでなんとか落ち着く。
お湯を沸かし、レモンティーで体を温めつつ昼飯とする。

click_to_expand_12.gif    なんとかテントを張る
thum_Tengudake01_2010_0003.jpg

水を作ったりしながらうだうだと4時頃まで過ごすと ビーーーールターーーーーーーーーイム!
そして本日の夕食は豪華に「煮込みラーメン」だ。
これを喰らうだけの為に、ここまでかさ張る荷物を運んできた僕らである。

うっめぇ! とか言いながら煮込みラーメンを流し込みつつ、ウォッカをちびちび
外は雪模様、明日は晴れないと思っているので油断しまくっている僕ら。
酔いがまわってくると、いつしかペースが徐々に上がっていき、やがて酩酊するのである。

この後の事は記憶が飛んで覚えていないのだが
「いっしょに寝ようぜ」っとか言いながら、友人Pのシュラフに無理矢理入り込もうとしていたらしい。
この時近くにテントを張っていた方々、うるさかったでしょう。 ごめんなさい・・・

9時過ぎ、どうやら寝たらしい。

冬の北八ヶ岳登山2日目、登頂編の模様はコチラから


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



初冬唐松岳登山2日目、唐松岳登頂の模様です。
2010年11月20~21日 登山コース:八方→八方池山荘→丸山→唐松岳
唐松岳登山初日の模様はコチラです。



朝4時頃、暖かい八方池山荘で起床。
カーテンを開けると、満月に近い月明かりが部屋に差し込んでくる。 快晴だ! よしよし・・・

1階の食堂でラーメンを喰らい、のんびりと身づくろい・荷詰めてザックを背負うと表へ出る。
風も無く気温も高いので直ぐにフリースを脱ぐ。

あったか肌着・長袖シャツ・厚手パンツに雨具下のいでたちで未だ夜明け前の5時40分頃
唐松岳へ向けゆるゆると歩き出した。

黎明、月明かりに照らされる白馬三山・五竜岳などを眺めつつ、静かな尾根を進む。
朝から風景丸見えで気持いいねぇ~~~

click_to_expand_12.gif    黎明の白馬三山
thum_Karamatsudake02_2010_0001.jpg

click_to_expand_12.gif    黎明の五竜岳・鹿島槍ヶ岳
thum_Karamatsudake02_2010_0002.jpg

八方山ケルン辺りまで登って来ると、ここでご来光~~~
次々に山肌がモルゲンロート  いやぁ・・・ まったくこれだから早朝の山は  たまらん!!!

click_to_expand_12.gif    ご来光~~~
thum_Karamatsudake02_2010_0003.jpg



click_to_expand_12.gif    モルゲンロート来た~~~
thum_Karamatsudake02_2010_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    丸山を仰ぐ
thum_Karamatsudake02_2010_0005.jpg

click_to_expand_12.gif    白馬三山も照らさせる
thum_Karamatsudake02_2010_0006.jpg

風景に浸りつつ進み、1時間ほどで凍結した八方池までやって来た。ここで休憩しようかと思ったが
池周辺に張った大型テントに泊まっていた団体登山者がなにやら出発の準備中  やばい!!
追いつかれて静寂を邪魔されたくないので、更に10分ほど登って休む。

click_to_expand_12.gif    頸城山群を振り返る
thum_Karamatsudake02_2010_0007.jpg

お日様が昇るにつれより鮮明さを増していく山岳風景、ここからは言葉も不要な絶景の数珠繋ぎ。

click_to_expand_12.gif    空は蒼く、風景はどんどん鮮明さを増す
thum_Karamatsudake02_2010_0008.jpg

雪質は柔らかい為アイゼン不要、つぼ足でひたすら雪急尾根を直登していく。
ぜっ ぜっ はぁ~ はぁ~  ぜっ ぜっ はぁ~ はぁ~  そうそうこの感じこの感じ これ好き。

click_to_expand_12.gif    2361ピークへの急登
thum_Karamatsudake02_2010_0009.jpg

樹林を避けつつ歩き辛い急斜面を越えるといったん2361mピーク

click_to_expand_12.gif    丸山を仰ぐ
thum_Karamatsudake02_2010_0010.jpg

更に15分ほど喘ぎ8時20分頃、ようやく丸山まで登ってきた。当然だが俄然夏よりもペースが落ちる

相変わらず景色は最高、高度を上げるに従いその表情を変える五竜岳・鹿島槍ヶ岳等の山並みは
眺めても眺めても飽きる事がない。

行動食を食べながら20分ほど体を休めると再出発、再び雪急尾根を直登。

click_to_expand_12.gif    ひたすらつぼ足で登る 尾根の先には唐松岳・不帰嶮
thum_Karamatsudake02_2010_0011.jpg

click_to_expand_12.gif   
thum_Karamatsudake02_2010_0012.jpg

ぜっ はっ ぜっ はっ  登るにつれ、雪化粧でより険しさを誇示する不帰嶮・唐松岳が近づいてくる。
そして、稜線を鎌の如く抱く五竜岳がカッコ良過ぎるのだ。

click_to_expand_12.gif    カッコ良すぎる五竜岳
thum_Karamatsudake02_2010_0013.jpg

click_to_expand_12.gif    唐松岳が近づいてきた
thum_Karamatsudake02_2010_0014.jpg

稜線下部をトラバース気味に左から巻き更にひと登りで9時30分頃、ここで稜線に出る。
で、ここでこの登山初、剣岳・立山・薬師岳などが ど~~~~~~~ん!

click_to_expand_12.gif    剣岳・立山ど~~~~~~~ん!
thum_Karamatsudake02_2010_0015.jpg

稜線に出た途端に吹きさらしの風、寒いのでフリース・冬用アウター・グローブを装備
いったんコルまで下ると、唐松岳山頂に向け最後の上りが始まる。

途中、山頂から下ってきた今日初めての登山パーティー(5~6人)と擦れ違う。
よし  後ろから人も追いついて来ていない様なので、静かな山頂を独占できそうだ。

そしてコルから15分ほど喘ぎ10時過ぎ、遂に唐松岳山頂へ立つ僕。
ここで自然にでるガッツポーズ、山頂標識に体を預けてもたれる。

それほど凄い事をした訳でもないのだが、予期してないほどの感動・達成感に僕は包まれる。
そう、この感覚、積雪期登山ならではだ   これ好き。

click_to_expand_12.gif    唐松岳より白馬鑓ヶ岳方面
thum_Karamatsudake02_2010_0016.jpg

click_to_expand_12.gif    唐松岳より五竜岳
thum_Karamatsudake02_2010_0017.jpg

click_to_expand_12.gif    歩いてきた八方尾根を振り返る
thum_Karamatsudake02_2010_0018.jpg

至福感に浸りながら、納得いくまで風景を味わい尽くそうと、景色を脳に刷り込んでいく。
50分近くも山頂に仁王立ちすると、さあそろそろ潮時、ここらで下山だ。

再びコルまで下り少し上り返すと、右手に唐松岳頂上山荘があるのでちょっと寄ってみる。
既に閉鎖しており、パッと見、冬季開放スペースも無いようである。

click_to_expand_12.gif    唐松岳山荘付近より そり立つ雪岩峰
thum_Karamatsudake02_2010_0019.jpg

山荘をぐるっと回り込んで、再び八方尾根の取り付き点まで来ると
フリース・冬用アウター・グローブを脱ぎ、ゆるゆると下りを開始する。

click_to_expand_12.gif    下りつつ天狗尾根方面 相変わらず雲ひとつ無い
thum_Karamatsudake02_2010_0020.jpg

2~3組の登山者と擦れ違いながらバンバン快調に下っていき1時20分頃、八方池山荘。

click_to_expand_12.gif    八方池山荘付近より白馬三山を名残惜しむ
thum_Karamatsudake02_2010_0021.jpg

ここからは昨日同様、リフト脇のゲレンデを更に下り2時過ぎ、兎平へ到着。
ここでゴンドラリフトアダムに乗り、楽々と下界へ降りたのだった。

晴れっぱなし・丸見えの2日間、雪の北アルプス大展望、 楽しかったなぁ・・・・・・・・・・・
また来るよ~~~~


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



初冬唐松岳登山初日の模様です。
2010年11月20~21日 登山コース:八方→八方池山荘→丸山→唐松岳



朝6時、東京の自宅を出発。
若干の渋滞にはまりつつ、関越道~上信越道と走り9時過ぎ、長野インターで降りる。
これから登る唐松岳を含む後立山が、雪で真っ白になっているのが望まれ、期待が高まる。

山飯を買足し、登山口のある白馬村へ暫しのドライブ。 大町街道で「サンサンパーク白馬」まで
やって来ると眼前に、鹿島槍ケ岳・五竜岳・唐松岳・白馬三山が白く輝いているのが見える。
いいねぇ~~・・・・・・・・

click_to_expand_12.gif    白く輝く白馬三山
thum_Karamatsudake01_2010_0001.jpg

おととし夏、初の北アルプス遠征の際によく利用した、白馬村のガストでのんびり早昼飯の後
第二郷の湯前の駐車場に車を駐車。 着替え・荷詰めを終え
今シーズン初の冬靴を履くと11時40分頃、唐松岳へ向けゆるゆると歩き出した。

10分ほど歩きゴンドラリフトアダムの乗車口に到着。
ぴゅ~~~~~~~~ん で「兎平」までらくらく運んでもらう。

スキーシーズン前の中途半端な時期である為
この先の2つのリフト「アルペンクワッド」・「グラートクワッド」は運行していない。
なので、ゲレンデの歩き易いところをたんたんと上って行く事となる。

click_to_expand_12.gif    兎平からはゲレンデを上っていく
thum_Karamatsudake01_2010_0002.jpg

雨飾山・妙高連峰・高妻山・戸隠山などから成る頸城山群などを振り返ったりしながら
40分ほど登ると鎌池へ到着、白馬三山・五竜岳などを眺めつつ一息。

徐々に雪が目立ち始めるゲレンデを更に30分ほど上ると、今夜のお宿「八方池山荘」に着いた。
麓から持ってきたビールを山荘前の雪に埋めると、まだ時間も早い為、ちょっと「お散歩」する。

ここからは明瞭な雪道となるが、雪質は未だ軟い為、つぼ足で問題なく進んでいく。
今シーズン初の雪山風景、いんやぁ~~~  やっぱりきれいだねぇ~~~~・・・・・・・

click_to_expand_12.gif    八方池山荘辺りから白馬岳方面の連なり
thum_Karamatsudake01_2010_0003.jpg

八方山を過ぎた辺りから、スキーの轍がちらほら
ここらから不帰嶮の雪岩峰群・天狗の頭が望まれ、真っ白で荘厳である。

click_to_expand_12.gif    八方山辺りから唐松岳方面を仰ぐ
thum_Karamatsudake01_2010_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    雪で荘厳 天狗尾根と白馬鑓ケ岳
thum_Karamatsudake01_2010_0005.jpg

ほぼ無風・暖かい日差しの中、1時間ほどのゆっくり散歩で八方池へ到着。
風景を眺めつつ暫し憩うと、明日の期待を胸に山荘まで戻る。

本日の宿泊者4名で、1部屋独占。

1部屋独占
thum_Karamatsudake01_2010_0006.jpg

のんびり風呂に浸かると、おまちかねの ビーーーーーーーーーーールターーーーーーーイム!

麓から持ってきた「さんまの醤油煮」なんぞをつまみつつ、雪でキンキンに冷えたビールをグイッ
たまらん!

夕飯食らったりジン水割りを飲んだりして、7時30分頃まで食堂で過ごすとおひらき
8時前、明日の快晴を祈りつつ、暖かい部屋でふとんに包まった。


2日目、唐松岳登頂の記事はコチラ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



晩秋谷川岳登山の模様です。
2010年11月6日 登山コース:土合橋→巌剛新道→西黒尾根→谷川岳→天神尾根



朝4時、東京の自宅を出発。 越後は末丈ケ岳へ登るつもりで関越道に乗る。
晴れつつある谷川岳を横目で眺めつつ関越トンネルへ入り、新潟県へ突入。

湯沢辺りは晴れているのだが、更に北上するにつれ雲が増えてきて、八海山・中ノ岳等はガスガス。
この後雲が取れ、晴れる予報なのだが、最近外しまくっている天気予報に疑心暗鬼の僕。

第2候補として考えていた谷川岳へ登る事に決め、小出インターでUターーーーーーン。
約60キロ引き返し水上インターで降り8時頃、ようやく土合橋に到着。
着替え・荷詰を終えると、晩秋の谷川岳へ向けゆるゆると歩き出した。

土合橋を渡るとすぐ右に折れ、沢沿いの道を気持ちよく進んでいく。
麓の紅葉はピークを迎えており、秋真っ盛り。

click_to_expand_12.gif    麓は秋真っ盛り
thum_Tanigawadake02_2010_0001.jpg

thum_Tanigawadake02_2010_0002.jpg

thum_Tanigawadake02_2010_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    紅葉の向こう 薄っすら雪化粧の谷川岳
thum_Tanigawadake02_2010_0003.jpg

紅葉と険しい谷川岳のコントラストなどを楽しみながら40分ほどの散歩でいったん車道へ出る。
観光客で賑わうなか暫し進むと9時頃、巌剛新道の登山口に着き、ここから登山道となる。

50分ほどで「第一見晴」までやって来ると視界が開け、谷川岳ば~~~~~~~ん!
マチガ沢の先に、薄っすら雪を被った岩壁が迫力だ。
振り返ると秋色の山肌の向こう、白毛門・朝日岳が美しい。

click_to_expand_12.gif    第一見晴から谷川岳ど~~~~ん
thum_Tanigawadake02_2010_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    白毛門・笠ケ岳・朝日岳
thum_Tanigawadake02_2010_0005.jpg

途中、雪の乗った滑りやすい岩場などを慎重に進み鎖場を通過。ほぼ登山者も居なく静かで良い。

click_to_expand_12.gif    徐々に近づく谷川岳を仰ぐ
thum_Tanigawadake02_2010_0007.jpg

えっちらほっちらで11時頃、西黒尾根へ出ると、ここで登山者がちらほら。

click_to_expand_12.gif    西黒尾根から色づく麓の向こうに至仏山・上州武尊山
thum_Tanigawadake02_2010_0008.jpg

段々と近づくトマノ耳・オキノ耳などの岩峰を眺めつつ、岩稜を進んで行く。

click_to_expand_12.gif    登山者で賑わうトマ・オキが近づく
thum_Tanigawadake02_2010_0009.jpg

道が徐々に緩やかになってくると俎・オジカ沢ノ頭等の主稜線が出現、暫し進むと天神尾根と合流。

天神尾根から登ってきた登山者で急に賑わいを見せる登山道を渋い顔で歩く僕。
とりあえずトマノ耳まできたものの、人が多い為いったんスルー

更に進みオキノ耳まできたものの、やっぱり人が多い為いったんスルー
さらにちょっと先に進み、富士浅間神社奥の院までやってくるとそれほど人も居ないので
12時過ぎ、ここでようやく腰を下ろした。

残雪期に馬蹄型縦走でここに辿りついた時は感動したもんだなぁ~~ 
っとか思いつつ20分ほど風景をぼんやり眺めて過ごす。

click_to_expand_12.gif    山頂付近より朝日岳・巻機山方面
thum_Tanigawadake02_2010_0010.jpg

click_to_expand_12.gif    秋色の麓を見下ろす
thum_Tanigawadake02_2010_0011.jpg

引き返す頃には人波もひと段落したようなので、オキノ耳・トマノ耳を一応踏んで行く。

click_to_expand_12.gif    雪被るトマノ耳
thum_Tanigawadake02_2010_0012.jpg

click_to_expand_12.gif    一ノ倉岳・茂倉岳
thum_Tanigawadake02_2010_0013.jpg

歩き易い天神尾根を、上州武尊・至仏山などを眺めつつグングン下り
2時過ぎ、谷川岳ロープウェイ乗り場へ到着。

click_to_expand_12.gif    山並みを楽しみつつ下る
thum_Tanigawadake02_2010_0014.jpg

らくらくロープウェイで麓の紅葉を眺めつつ下り2時40分、土合橋の駐車場まで戻ったのだった。

click_to_expand_12.gif    谷川岳ロープウェイから紅葉を楽しむ
thum_Tanigawadake02_2010_0016.jpg

「近くて良き山、谷川連峰」 また来るよ~~~~~

click_to_expand_12.gif    また来るよ~~~
thum_Tanigawadake02_2010_0015.jpg

谷川連峰馬蹄型縦走の記事はコチラ
初冬の谷川岳登山の記事はコチラ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村