2010年11月3~4日 晩秋 雪化粧八ヶ岳登山 2日目の模様です。
コース:美濃戸→赤岳鉱泉(テント)→硫黄岳→横岳→赤岳→阿弥陀岳→美濃戸
初日の模様はコチラ



朝3時半頃、赤岳鉱泉のテント場で起床。
寒さで殆ど眠れなかったような感覚だが、目覚ましの音で起きた事・時間経過が早く感じる事で
うつらうつらながらもまあ、眠っていたようである。

ラーメンで体を温め、簡易ザックに荷物を詰めると5時頃
まずは硫黄岳へ向け、ヘッドランプで漆黒の樹林をゆるゆる歩き出した。

やがて道が尾根を辿るようになり高度を上げてくると
横岳・赤岳・阿弥陀岳が夜明け前の静寂に聳えているのが望まれる。美しい・・・

click_to_expand_12.gif    夜明け前 黎明の横岳・赤岳
thum_Yatsugatake02_2010_0001.jpg

6時過ぎ赤岩の頭まで登ってくると一気に展望が拡がり、近く天狗岳・蓼科山
遠く北アルプス・御嶽山・中央アルプスなどが、恥ずかしいほど丸見えである。

そしてついに日の出を迎えると、次々に雪化粧の山肌がモルゲンロート、暫し風景美に浸る僕。

click_to_expand_12.gif    朝日射す天狗岳・蓼科山 奥にモルゲンロートの北アルプス
thum_Yatsugatake02_2010_0002.jpg

click_to_expand_12.gif    硫黄岳を仰ぐ
thum_Yatsugatake02_2010_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    横岳・赤岳
thum_Yatsugatake02_2010_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    山肌を染める朝日
thum_Yatsugatake02_2010_0005.jpg

風景に見惚れなかなか歩みが進まない状態で更に尾根を進み、ピークを迎えると
平坦で広い硫黄岳山頂部にでた。 北面、爆裂火口が迫力だ。

click_to_expand_12.gif    稜線に出た
thum_Yatsugatake02_2010_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    切れ落ちる爆裂火口
thum_Yatsugatake02_2010_0008.jpg

click_to_expand_12.gif    より鮮明になる天狗岳・蓼科山
thum_Yatsugatake02_2010_0007.jpg

それにしても吹きっさらしの風が非っ常~~~に冷たい。 軽装備で来てしまった事を後悔。
ネックウォーマー・風を通さないグローブぐらいは持って来るべきだった。
鼻水・涙が「ちょちょぎれ」 である。

雨具のフードで顔をガードしつつ稜線をいったん下ると硫黄岳山荘、ここから横岳へ向け上って行く。

click_to_expand_12.gif    硫黄岳を振り返る
thum_Yatsugatake02_2010_0009.jpg

7時半頃、横岳稜線上のピーク「台座ノ頭」に到着。
朝陽を浴びる大同心・阿弥陀岳・赤岳などに見惚れつつ、徐々に温んでいく尾根を気持ちよく歩く。

click_to_expand_12.gif    大同心と阿弥陀岳
thum_Yatsugatake02_2010_0010.jpg

click_to_expand_12.gif    横岳と富士山
thum_Yatsugatake02_2010_0011.jpg

8時過ぎ横岳最高点を通過、目指す赤岳・阿弥陀岳が更に近づいてくる。
空気は澄み渡り、登山にはとっては最高のコンディションだ。

click_to_expand_12.gif    稜線の向こうに赤岳
thum_Yatsugatake02_2010_0012.jpg

click_to_expand_12.gif    雪化粧の岩峰群
thum_Yatsugatake02_2010_0013.jpg

click_to_expand_12.gif    近づく赤岳 お約束のアングル
thum_Yatsugatake02_2010_0014.jpg

click_to_expand_12.gif    近づく阿弥陀岳
thum_Yatsugatake02_2010_0015.jpg

横岳からコルまで下り、やがて地蔵尾根が右手から合流してくると、ここから急斜面を上り
9時半頃、赤岳山頂へ着いた。 ここで権現岳方面の稜線が ど~~~~ん

click_to_expand_12.gif    権現岳方面の稜線
thum_Yatsugatake02_2010_0016.jpg

パンなどを喰らいつつ風景を楽しみ暫し休憩の後、本日最後のピーク・阿弥陀岳へ向け出発。
雪の付いた鎖場を慎重にやり過ごし、文三郎尾根を右に分け更にコルまで下る。

click_to_expand_12.gif    阿弥陀岳を仰ぐ
thum_Yatsugatake02_2010_0017.jpg

小ピーク・中岳を越えると阿弥陀岳山頂へ最後の上りが始まる。
岩稜交じりの急尾根を20分ほど上り11時前、阿弥陀岳へ到着した。

振り返ると赤岳が どど~~~~~~~~ん!!!
爽やかな秋空の下、心行くまで丸見えの風景に浸る。

click_to_expand_12.gif    赤岳どど~~~~ん
thum_Yatsugatake02_2010_0018.jpg

click_to_expand_12.gif    富士山・権現岳・南アルプス
thum_Yatsugatake02_2010_0019.jpg

30分ほどの耽溺の後下山を開始、中岳のコルまで慎重に戻ってくるとここからはぐんぐん下り
12時過ぎ行者小屋を通過、中山展望台で暫し休憩の後、12時50分頃赤岳鉱泉へ戻った。

click_to_expand_12.gif    下りつつ赤岳を望む
thum_Yatsugatake02_2010_0020.jpg

テント撤収、改めて大ザックをよっこらしょと背負い再出発
ゆるゆると北沢沿いに下り3時前、赤岳山荘まで下ったのだった。

click_to_expand_12.gif    また来るよ~~
thum_Yatsugatake02_2010_0021.jpg

思いがけず雪化粧の八ヶ岳、楽しかったなぁ・・・  また来るよ~~~~~


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2010年11月3~4日 雪化粧 晩秋八ヶ岳登山 初日の模様です。
登山コース:美濃戸→赤岳鉱泉(テント)→硫黄岳→横岳→赤岳→阿弥陀岳→美濃戸



朝9時前、東京の自宅を出発。今日は赤岳鉱泉まで登るだけなので余裕である。
中央道を走っていると大月辺りまでお約束の渋滞。
道路交通情報センターの渋滞予測によると、今日は渋滞しない筈だったのだが・・・・・・
まったく・・・  天気予報以上に当たったためしがないのだ。

甲府付近で南アルプスが見えてくると、間ノ岳・北岳が冠雪の模様、甲斐駒・鳳凰は未だ雪無し。
更に双葉辺りまで来ると、やはり冠雪の八ヶ岳が見え出す。
12時前、諏訪南インターで降り、昼食・買出しを済ますと美濃戸山荘前まで車で進入。
駐車料金の徴収を受け、着替え・荷詰めを終えると1時前、赤岳鉱泉へ向けゆるゆる歩き出した。

まずは歩き易い林道を淡々と気持ちよく歩く。
樹間から薄っすら雪を被った山肌が望め、青空とのコントラストが爽やかだ。
50分ほどで林道を終えると、ここから北沢沿いに登山道を登っていく。

click_to_expand_12.gif    林道を気持ちよく歩く
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    山肌がうっすら雪化粧
写真クリックで拡大します

徐々に高度を上げるにつれ、やがて大同心・小同心を携えた横岳が姿を現す。

click_to_expand_12.gif    北沢の向こうに真っ白な山体が見えてきた
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    さらに進み、大同心・小同心が段々近づいてくる
写真クリックで拡大します

その美しい雪化粧の岩峰群などの風景を楽しみつつのんびり進むと3時前、赤岳鉱泉に到着。
テン場の先客は3張ほど。

click_to_expand_12.gif    赤岳鉱泉到~~着 アイスクライミングウォール作成中
写真クリックで拡大します

テントの受付を済まし幕営してしまうと、行者小屋方面へ20分ほど登り中山展望台で一息。
いんやぁ~~ 雪を被った横岳・赤岳・阿弥陀岳がきれいだねぇ~~~~~~

click_to_expand_12.gif    中山展望台から横岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    雪まとう赤岳 荘厳だねぇ~~~
写真クリックで拡大します

ひとしきり風景を堪能すると赤岳鉱泉へ戻る。
日が落ちテン場が山陰へ入ると気温急降下、あっという間に2~3度である。

贅沢におでん・キムチで夕げ
テント内でガス焚きっぱなし&ジンお湯割りにも係わらず、一向に体は温まらず・・・
まだまだ11月初旬、寒さに体が慣れていない事もあるのだろうが・・・

いつもより豪勢な夕げ
thum_Yatsugatake01_2010_0008.jpg

8時頃、明日の快晴を祈りつつ、今シーズン初の羽毛シュラフに潜り込んだ。

2日目、南八ヶ岳縦走の模様はコチラ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2010年10月23日~24日、中ノ岳越後駒ケ岳縦走2日目の模様です。
コース:十字峡→中ノ岳越後駒ケ岳→小倉尾根→大湯温泉
初日、快晴の中岳登頂の模様はコチラ



朝5時半頃、中ノ岳避難小屋のテン場で起床、山でこんなに遅くまで寝ていたのは初めてだ。
「曇り後雨」の天気予報にテンションが落ちた為やる気消失で、ぐっすり眠れたのであろう。

テントの外へ出て空を見ると予報どおりの曇天、悪い天気予報は外れないものなのだ。

6時頃になると小屋周辺が騒がしくなり、雲間からかろうじて覗くご来光に歓声が上がる。
やる気の無い僕はテントの中、温かいレモンティーでパンを流し込む。

飯を食い終わると、だらだら~~~っと撤収作業
ほぼ人の居なくなった7時30分頃、越後駒ケ岳へは登らずこのまま下る心積もりでザックを背負う。

ところが
美しい越後駒ケ岳や上信越の山々を眺めているうち、だんだんと下ってしまうのがもったいないような
心持になってきて、中ノ岳山頂付近を悩ましくウロウロ、う~~~~~~む・・・・・

click_to_expand_12.gif    上信越の山々を眺めつつ自問自答
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    越後駒ケ岳に薄日が射す
写真クリックで拡大します

時折射す薄日に背中を押され越後駒ケ岳へ行く事に決定、8時15分、中ノ岳を後にした。
実に45分の自問自答であった。

薄日ながらも、やはり紅葉した越後の山は美しく
荒沢岳や八海山を近くに望みつつ、誰も居ない静かな尾根をゆっくり歩いていく。

click_to_expand_12.gif    曇りながらも山肌の色づきがきれいだ
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    存在感のある八海山
写真クリックで拡大します

10時頃、最低コルの天狗平まで下ってくると、ここから越後駒ケ岳山頂へ向け急尾根を登って行く。

click_to_expand_12.gif    中ノ岳を振り返り仰ぐ
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    常に八海山を望みつつ尾根を進む
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    険しい荒沢岳
写真クリックで拡大します

40分ほどでいったん肩までやってくるとグシガハナ方面への分岐を左手に分け
緩やかになった道を20分も上ると11時頃、越後駒ケ岳山頂へ着いた。

曇りとはいえ日帰り登山者などで、越後駒ケ岳山頂付近は賑やかである。
パンなどを貪りつつ20分ほど過ごすと11時30分前、下山を開始する。

click_to_expand_12.gif    紅葉を眺めつつ下る
写真クリックで拡大します

駒ノ小屋までやって来るといったんザックを置き水場チェック
小屋脇の踏跡を2分ほど下ると水場、細いながらもちょろちょろ流れていた。

さていよいよ本格的に下っていると、右膝外側の痛みがここにきて再発してきた。
膝を曲げるだけで激痛が走る為、左足・シングルストックで右足を庇いつつゆっくり下る。

1時頃小倉山までやってくると分岐、ここを左手「駒ノ湯温泉」方面へ小倉尾根を進む。
歩く人が少ないのであろう、草刈などはやっておらず、道は途端に不明瞭となるが迷うほどではない。

click_to_expand_12.gif    小倉尾根から色づく山肌と荒沢岳
写真クリックで拡大します

下るにつれ悪化する右膝痛に悶絶しながら、なんとか急尾根を下り3時頃
ようやく駒ノ湯温泉に着きほっと一息、ここからは車道を黙々と進んでいく。

20分ほどで灰ノ又、そこで国道352号線に合流、更に20分ほど進みスキー場が見えてきた為
携帯電話をチェックするとアンテナ復活、3軒目の電話で大湯温泉の宿を確保する。

途中の酒屋でビールなどを買いつつ4時10分頃、やっと今夜の宿へ着いたのだった。

初日は快晴の秋晴れで大満足、2日目は太陽に恵まれずに残念だったが
越後の山の素晴らしさを味わえた充実の登山となった。 また何度も来るよ~~~~~~~



中ノ岳・越後駒ケ岳縦走の軌跡(GPSログ)
echigo_map01.jpg



登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2010年10月23日~24日、中ノ岳越後駒ケ岳縦走初日の模様です。
コース:十字峡→中ノ岳越後駒ケ岳→小倉尾根→大湯温泉



秋晴れの予報に誘われ、以前から憧れていた中ノ岳越後駒ケ岳縦走してきた。
本当は荒沢岳・中ノ岳・越後駒ケ岳と縦走したかったのだが、天気が安定しない為、2山とした。

朝4時東京の自宅を出発、関越道を快走する。
途中高崎を過ぎた辺りから雲が増え始め嫌な予感、が関越トンネルを抜けると快晴の空で一安心。

7時前、六日町インターで下り、コンビニで不足分の山飯を調達。
30分ほど車を走らせ、しゃくなげ湖を過ぎると十字峡の登山口に到着した。

着替え・荷詰めを終えると7時50分頃、中ノ岳へ向けゆるゆると歩き出した。
有効な水場が無い為、4リットルの水を詰めたいつもより重いザックを背負う。

のっけから急な尾根道で、ゆっくりと上っていく。
時折樹間から、色づいた八海山や阿寺山が望まれ、静かな尾根を気持よく進む。

click_to_expand_12.gif    八海山を仰ぐ
写真クリックで拡大します

50分ほど歩くと、コース中唯一の水場に到着。
看板に従い2分ほど下ると水場、細いながらも流れており、軽く喉を潤す。

更に急尾根で高度を上げ背後を振り返ると、巻機山や金城山の展望が開けてくる。
10時15分頃、4合目付近で休憩、未だ擦れ違った登山者は1人、静寂が気持いい。

click_to_expand_12.gif    色づく日向山の山肌
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    巻機山が見えてくる
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    真紅の八海山
写真クリックで拡大します

相変わらずの急尾根直登をゆるゆる進み11時頃、小ピークである日向山に着くと
ここで眼前に中ノ岳が 「ど~~~~~~ん」で、「ぅお~~~~~~~~」 である。

click_to_expand_12.gif    中ノ岳どど~~~~~~~~~ん!
写真クリックで拡大します

雨量計測所の建つ山頂で、パンなどを喰らいながら休憩
参考コースタイムより随分早くここまで来た事もあり、暫しのんびりと風景を楽しむ。

ここから20分ほどはこのコース唯一の平坦地、6合目から緩やかにコルまで下ると
再び急尾根となり、中ノ岳山頂へ向けひたすら登っていく。

click_to_expand_12.gif    兎岳方面を望む
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    中ノ岳山頂へ向け急尾根を登って行く
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    御月山の向こうに八海山
写真クリックで拡大します

時折足を止めては、八海山・御月山・兎岳などの風景を楽しみつつ進み
1時過ぎに稜線(9合目)に到着、ここで荒沢岳が「ど~~~~~~~~ん」 である。

click_to_expand_12.gif    荒沢岳ばば~~~~~~~~~~ん!
写真クリックで拡大します

小兎岳方面へ少し進んだところで休憩、丹後山方面の稜線や
上信越・会津の山々、これから登る中ノ岳山頂部などを眺めつつ、ぼ~~~~~~

ここから更に25分ほども登ると1時40分頃、狭い中ノ岳山頂へ着いた。
ここでようやく越後(魚沼)駒ケ岳が、避難小屋の先、稜線越しに望める。

中ノ岳避難小屋までやって来ると先客一組、いまのところガラガラなので
いっそ小屋に泊まってしまおうかとも思ったが、あとから団体さんなどで混雑するのも嫌なので
やっぱり予定通り幕営する事にする。 ぱっと見、強引に張って4張が限界だろうか。

快適に幕営できそうな場所にいったんザックを置くと、駒ケ岳方面に少し下り
越後駒ケ岳が格好よく望めるポイントに仁王立ち、暫しその山体の美しさに見惚れる。

click_to_expand_12.gif    越後駒ケ岳 美しい・・・・・・・
写真クリックで拡大します

いわゆる越後三山「越後駒ケ岳・八海山・中ノ岳」は、どの山をとっても存在感・威厳があり美しい。
○○アルプスにもひけをとらない素晴らしい山域である事を実感。

越後駒ケ岳を心行くまで堪能すると小屋まで戻り幕営。
時間が経つにつれ次々に登山者が到着、小屋も賑わってきたようだ。

夕方、再び中ノ岳山頂へ上り、逆光に浮かび上がる上信越の山々を眺めたり
先ほどのポイントで、越後駒ケ岳を飽きることなく楽しんだりするとテントへ戻り夕げとする。

click_to_expand_12.gif    中ノ岳山頂より燧ケ岳・平ケ岳・至仏山などなど
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    夕日を浴びる越後駒ケ岳 美しい・・・・・・・
写真クリックで拡大します

夕飯を作りながら天気予報をチェックで「が~~~~~っくり」
最近の気象庁お得意の下方修正、明日の天気予報は「曇り後雨」となってしまった。
明日、予定通り越後駒ケ岳まで行くか、曇り空の下歩いてもつまらないので下ってしまうか
ぼけ~っと思案つつ酒を飲んで過ごすと8時頃、シュラフにくるまった。

2日目、越後駒ケ岳登頂の模様はコチラ

登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村