2010年10月11日 乗鞍岳登山? 紅葉の位ケ原 の模様です。



突然天気予報が好転した為、急遽 「日帰り可能・紅葉見ごろ」 の乗鞍岳へ登ってきた。
久々の複数人山行、友人Pといっしょである。
本当は幕営登山をしたかったのだが、1日しか晴れない予報では仕方が無い。

6時30分頃、シャトルバス発着場である「観光センター」へ到着、既に長蛇の列だ。
秋の3連休最終日という事で、観光客・登山者合わせて人でごったがえしている。
半ば予想していたのだがこれ程とは・・・・  朝から閉口~

それでも7時始発のバス(計5台)になんとか乗り込む事ができ、ほっと一安心。
のろのろのろのろ進み、ストレスがピークに達しようかという時、「位ケ原山荘前」へ到着。
8時前ここで下車すると、ようやく人ごみから開放され、登山道をゆるゆると歩き出した。

click_to_expand_12.gif    バスを降り乗鞍岳を仰ぐ
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif   
写真クリックで拡大します

ここから「肩の小屋口」までは、秋色の位ケ原を楽しみつつのんびりの散歩となる。
いやぁ~~~~  きれいなもんだねぇ~~~~

click_to_expand_12.gif    秋色のコントラスト きれいだね~~
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    奥穂高が見えてきたぞ
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    もうすぐ肩の小屋口だ
写真クリックで拡大します

50分ほどで「肩の小屋口」に着くと、どうやら紅葉鑑賞エリアもここで終了だ。
更にここから淡々と20分も登ると「肩の小屋」へ着いた。

click_to_expand_12.gif    肩の小屋より遠く中央・南アルプス
写真クリックで拡大します

ここで、山頂へと続く道に人々が列を成して行列している様子が見え、再び閉口~
快晴の山頂を控え、ここまでテンションが上がらないのは初めてだ。

暫し休憩の後出発、多くの登山者を避け避け進み
北アルプスの峰々を振り返ったり、権現池を眼下にしつつ、ガレを35分も上ると10時前
強烈に人で溢れかえる賑やかな乗鞍岳山頂へ着いた。

click_to_expand_12.gif    乗鞍岳上りより位ケ原を見下ろす
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    権現池
写真クリックで拡大します

喧騒で落ち着かない中、周囲の風景を眺める。
北アルプス、御嶽山、遠く逆光で中央アルプス・南アルプス・八ヶ岳などが望まれる。

click_to_expand_12.gif    列を成し登山者が上ってくる
写真クリックで拡大します

最も手軽に来られる3000m峰だけあり、直ぐ近くに乗鞍スカイラインのアスファルト面や
摩利支天に建つコロナ観測所などの人工物がどうしても目に付いてしまい
どうも今ひとつ登山気分にはなれない。

click_to_expand_12.gif    大日岳の向こうに御嶽山
写真クリックで拡大します

ひとしきり休憩の後、人の多い山頂を後に下っていく。
この後、権現池や五ノ池等を散策しようと思っていたのだが
現在では、それらの道は通行禁止になっていた為断念、畳平へ向け淡々と進んでいく。

click_to_expand_12.gif    富士見岳付近より 不消ケ池の向こうに恵比寿岳
写真クリックで拡大します

下ってくると、その観光客の多さに益々登山気分も失せ、観光気分で歩く。
一応、富士見岳・大黒岳とピークを踏んで12時30分頃、バス発着場の畳平へ着いた。

click_to_expand_12.gif    大黒岳より烏帽子岳・四ツ岳方面
写真クリックで拡大します

1時初のバスへ乗り、車窓から改めて山肌を彩る紅葉を眺めるとそれはやはり美しく
「ピークには行かずに、位ケ原をのんびり散策してみるのも良かったなぁ~」 っと友人Pと語り合った。



位ケ原の紅葉はとても美しいものだった。
が、山頂付近の世俗的な雰囲気に、「登山」というより「観光」といった山行となってしまった。
僕はピークハント目当てで登山しているつもりはないのだが、なんだか「やっつけ」であった。
いつか人の居ない積雪期にでも再び訪れてみたい。


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2010年9月25日~26日、楽園の草紅葉 平ケ岳登山、登頂の模様です。
平ケ岳登山初日、鷹ノ巣~台倉山の様子はコチラ



朝3時、台倉山周辺に張ったテントで起床、何やらテントにポタポタ当たる音、嫌な予感・・・・・
早速外へ出てみると、あたり一面雲に包まれており、小雨が舞っている。
いやぁ~~~~~~~~   まいったねぇ・・・

腕時計に装備してある機能の一つで気圧傾向を確認してみると、グングン気圧上昇傾向。
天気予報でも今日は全国的に秋晴れとなる予報である。
本当にこの後晴れるのだろうか・・・

朝からテンションの低い状態で、まあ何はさておき飯
っという事で、お湯を沸かし粉末レモンティーを飲みラーメンをすすると、体が暖まってきた。

相変わらず晴れる様子のない空に登攀意欲をくだかれ
テントを撤収する気にもなれないまま、だらだら~~~っとラジオを聴きながらごろごろする。

5時半頃、再び外へでて空模様を眺めていると、時折雲の切れ目から青空が覗くようになってきた為
この後の回復を期待してそろそろ出発する事とする。  いつまでもグダグダしいてもしょうがない 

雨でびしょびしょのテントを撤収し、寝具などと共にザックに詰めると
一応レインカバーをかけて邪魔に成らない場所に放置。

雨具・食料・水などを詰めた簡易小ザックを背負うと、予定より大幅に遅れて6時30分頃
平ケ岳を目指しゆるゆると台倉山を後にした。

緩やかな樹林帯を白沢清水付近までやってくると、樹間から平ケ岳山頂部が見えるのだが
時折雲間から顔を覗かせる程度で、未だ雲が多い状態だ。

click_to_expand_12.gif    まだまだ雲が多い
写真クリックで拡大します

ここから池ノ岳へ向けて、この登山道でもっともきつい急勾配の尾根を登っていく。
登るにつれ、徐々にではあるが雲が消えてきて、山並みの向こうに奥只見湖が見え出す。

click_to_expand_12.gif    奥只見湖が見えてきた
写真クリックで拡大します

標高2000mを越える頃には、上層を覆っていた雲もちぎれ始め、ついに平ケ岳がその全貌を現す。
否応も無く、一気にテンションアーーーーーーーーーーーーーーーーーーーップ!

click_to_expand_12.gif    雲がちぎれ平ケ岳が見えた よしよし!
写真クリックで拡大します

8時40分頃、急勾配の上りも終わり、期待に胸躍らせつつ暫し進むと、そこは息を呑む絶景
「天上の楽園」と称される姫ノ池と、たおやかな平ケ岳が眼前に展開していた。

click_to_expand_12.gif    姫ノ池と平ケ岳 うーーむ・・ たまらん
写真クリックで拡大します

点在する大小の池塘・拡がる草紅葉・その先に鎮座する平ケ岳・・・   暫し恍惚
たまらん・・・・・・・・    この風景を見るために僕はここまで来た。

click_to_expand_12.gif    楽園1
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    楽園2
写真クリックで拡大します

さあ、ここからは楽園散歩だ。風景に耽溺しながらゆっくり木道を進んでいく。

静かな空気でのんびり歩いていると、突如玉子石方面から20人近い団体登山者が行進して来た。
通称「皇太子コース」からガイドに導かれ登ってきたのであろう。
さっきまでの静かな雰囲気を邪魔され不機嫌な僕 う~~~~~~む・・・・・  閉口。

このまま平ケ岳山頂を目指してしまっては、この団体登山者と山頂でかちあってしまうので進路変更
まずは玉子石に行く事にする。

click_to_expand_12.gif    玉子石へと木道を進む
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    平ケ岳を時折仰ぎつつ進む
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    もうすぐ玉子石 気持ちよい散歩が続く
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    気持ちよい散歩はまだ続く
写真クリックで拡大します

再び気を取り直して、景色を味わいつつ進んで行くと30分ほどで「玉子石」に到着。
玉子石・池塘の背後に聳える越後の山々を望みつつ山座同定を楽しむ。
そこが荒沢岳、あれが中ノ岳で、あっちが越後駒、であれが巻機山かぁ なるほどなるほど・・・

click_to_expand_12.gif    玉子石到着
写真クリックで拡大します

のんびり憩うと平ケ岳山頂へ向け、来た道を引き返す。
分岐を右手に進み暫く行くと水場、ここでペットボトルの水を飲み干すと、有難く水を汲ましてもらう。

姫ノ池からの道と合流すると、平ケ岳山頂へ向け緩やかに上って行く。
山頂付近で目論見どおり、下っていく先ほどの団体と擦れ違うと10時頃、平ケ岳山頂に着いた。

草原の広がる広々とした山頂付近からは
谷川岳・至仏山・燧ケ岳・中ノ岳・越後駒ケ岳などが望まれ、のんびりと牧歌的風景を味わう。

click_to_expand_12.gif    平ケ岳から谷川連峰方面
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    至仏山・武尊山方面
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    中ノ岳・越後駒ケ岳方面
写真クリックで拡大します

今朝はどうなる事かと思ったが、よかったよかった  お天道様に感謝!
30分ほど余すことなく景色に浸り、ゆっくりと憩った後下山を開始、これから長い下りが待っている。

click_to_expand_12.gif    再び姫ノ池へ向け下っていく
写真クリックで拡大します

再び姫ノ池まで戻ってくると、その楽園風景を名残惜しむようにもう一度味わい
後ろ髪引く手を振り払い11時半頃、本格的に下っていく。

click_to_expand_12.gif    楽園風景を再び
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    楽園風景を再び
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    さらば平ケ岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    また来るよ~~
写真クリックで拡大します

1時前、台倉山付近までやって来るとデポしておいた大ザックを改めて背負い
下大倉山までは燧ケ岳・会津駒ケ岳を眼前に望みつつ快適に歩く。

click_to_expand_12.gif    燧ケ岳を望みつつ進む
写真クリックで拡大します

下大倉山からはいやらしい踏み下ろし道をトラロープを補助に下り、細岩尾根を下りきると林道
途中の水場で乾ききった喉を潤すと(水の補給量を誤り水分摂取を控えていた)3時半頃
鷹ノ巣登山口まで戻ったのだった。

この後、桧枝岐のキャンプ場で幕営→「燧の湯」で至福→沢水で冷やしておいたビールで乾杯!
楽しかったなぁ・・・・・・・


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2010年9月25日~26日、楽園の草紅葉 平ケ岳登山、初日の模様です。



朝5時頃、東京の自宅を出発。平ケ岳登山口である「鷹ノ巣」を目指し関越道に乗る。
雨が降っている事もあり、テンションがなかなか上がらない。

北上するに従い次第に雨も止み、8時頃小出インターで降りる。
すき家で牛丼を喰らい、不足分の山飯を調達すると、奥只見シルバーラインで銀山平方面へ進む。
銀山平からは奥只見湖岸をうねうね走行し10時過ぎ、平ケ岳登山口「鷹ノ巣」に到着した。

click_to_expand_12.gif    平ケ岳の登山口「鷹ノ巣」に着いた
写真クリックで拡大します

雨は降っていないものの、「どん曇」の空に相変わらずテンションが上がらない状態で
ぐだぐだと着替え・荷詰めを終えると10時40分頃、平ケ岳へ向けゆるゆると歩き出した。

10分ほど林道を緩やかに登り、看板に従い右手へ折れると、急勾配の登山道が始まる。
道は明瞭な細尾根を進み、すぐに岩稜となる。

click_to_expand_12.gif    登る尾根を見上げる  未だ上層は雲の中
写真クリックで拡大します

1時間10分ほどで岩稜帯を終えると、踏み上げの多い道となり、更に勾配がきつくなる。

click_to_expand_12.gif    登ってきた細尾根を見下ろす まだまだ雲が多い
写真クリックで拡大します

登るに従い、上層を覆っていた雲も消えだし、徐々に期待感が高まってくる。

click_to_expand_12.gif    だんだん青空が拡がってきた!
写真クリックで拡大します

1時頃、下台倉山までやって来ると、ここで平ケ岳山頂部が樹間から望め、「ぅお~~~」っとなる。
急勾配もここで終了、ここからは東方に燧ケ岳を望みながらの稜線歩きとなる。

click_to_expand_12.gif    樹間から平ケ岳山頂部が見える(右奥)
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    燧ケ岳を望みつつ進んでいく
写真クリックで拡大します

2時頃、三角点のある台倉山へ到着。
当初はここいら、台倉山周辺で幕営しようかと目論んでいたのだが
思っていたより早く着いてしまったので、山頂直下の「姫ノ池」まで行く事にする。

ここからは展望の利かない樹林歩き、台倉清水までいったん下ると、水場の様子を伺いに行く。
僅かに水が流れているのが確認できたが、水を汲む為にはこの細沢を更に下る必要があるだろう。

3時頃、もう一つの水場となっている白沢清水へ着いた。
水が微かに湧いているようだが、とても飲む気にはなれない状態である。

更に進むと樹間から平ケ岳山頂部が望めるようになるのだが
北方から強風が吹いているようで、山頂上部を凄い速さで雲が通過している。

「あの強風・ガスの中、テント張るのやだな~~~」っという事で
やっぱり台倉山周辺に幕営する事にして、来た道をゆるゆると引き返していく。

4時頃、再び台倉山辺りまで戻ってくるとテント設営
日が山陰へ落ちると、気温がぐんぐん下がってきた為、ももひき・あったか肌着・厚手フリースを着込む。

click_to_expand_12.gif    台倉山辺りまで戻ってくると、この日初めて会津駒ケ岳が顔を出した
写真クリックで拡大します

ラジオで相撲を聞いたりしながら過ごし、6時頃夕べ、「たまご牛丼雑炊」を食らう。
残りの水量を気にしつつ7時半頃まで水割スコッチで晩酌すると、明日の快晴を祈り寝袋へ包まった。

2日目、平ケ岳登頂の模様はコチラから


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2010年8月23日、夏の北アルプス、鷲羽岳水晶岳裏銀座縦走最終日
快晴の稜線!烏帽子岳登頂編  烏帽子小屋~烏帽子岳~高瀬ダム の模様です。
鷲羽岳・水晶岳登頂編はコチラ、裏銀座編はコチラ からどうぞ。



朝4時前、烏帽子小屋のテン場で起床  空には星、今日もよく晴れそうでなにより!
お湯を沸かしラーメンをすすると、カメラ・水・上着 と最低限のものを持ち5時10分頃
朝陽の射してきた稜線を烏帽子岳へ向け、ゆるりと歩き出す。

烏帽子小屋まで登ってくると、すかさず「ば~~~~~ん」っと展望が開け
朝陽を浴びる水晶岳・赤牛岳・薬師岳などが ど~~~~~ん でテンションアーーーーーップ!!

click_to_expand_12.gif    朝陽浴びる赤牛岳・薬師岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    朝陽浴びる水晶岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    朝陽浴びる三ツ岳
写真クリックで拡大します

最高の気分で稜線を進み、前烏帽子岳までやってくるとここで北西方面の視界が開け
烏帽子岳・南沢岳の間から立山が ど~~~~ん で 更にテンションアーーーーーップ!!!
たまらん・・・・

click_to_expand_12.gif    烏帽子岳・南沢岳の間から立山が顔を出す
写真クリックで拡大します

風景に見惚れつついったんコルまで下ると分岐、ここを左に折れ烏帽子岳方面へ進む。
徐々に近づく「天指す岩峰」烏帽子岳がなかなか迫力である。

click_to_expand_12.gif    天指す岩峰、烏帽子岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    烏帽子岳上りより、南沢岳・立山
写真クリックで拡大します

岩の基部まで上ると鎖登場、ここはあえて一切鎖に頼らず攀じ登っていく僕
鎖場を2ヶ所攀じると案外あっけなく6時過ぎ、烏帽子岳山頂に着いた。

水晶岳・赤牛岳・薬師岳・立山・剣岳・針ノ木岳・白馬岳などなど・・・・・
日が昇るにつれ生命感を増す山岳風景を堪能  やはり山は朝に限る!
こういう風景に出会う為に、僕はテントを背負ってゆるゆる山を歩くのだ。

click_to_expand_12.gif    烏帽子岳より赤牛岳・薬師岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    烏帽子岳より水晶岳
写真クリックで拡大します

きれいだな・・・・・・・   幸せな気持でぼや~~~~~と呆ける僕

click_to_expand_12.gif    烏帽子岳より立山
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    南沢岳の向こうに針ノ木岳、その先に白馬岳
写真クリックで拡大します

1時間の耽溺タイムを過ごすと重い腰を上げ、さあ麓まで下る事にしようか。
この2日間、最高の風景を味わせてくれた山とお天道様に感謝・感謝! また来るよ。

風景を楽しみつつ来た道を引き返しテン場まで戻る。
露でテントがびしょびしょなので、暫くひなたで乾かした後テント撤収・荷詰め。

ザックを背負い再び烏帽子小屋まで登ってくると分岐
8時30分頃、名残惜しさを懐へ、高瀬ダムへ向けゆら~~~っと下り始めた。

click_to_expand_12.gif    高瀬ダムを見下ろす
写真クリックで拡大します

北アルプス3大急登の一つだという「ブナ立尾根」を下っていく。
登ってくる登山者と時折擦れ違いながら、よく整備された道をなかなか快調に進む。
予定より早く2時間ほどで下りきると、突如工事中?の高瀬ダムが現れる。

click_to_expand_12.gif    高瀬ダムまで下りて来た
写真クリックで拡大します

吊橋・階段・テン場と進み不動沢吊橋を渡ると、不動沢トンネル(車道)を5分ほど歩き11時過ぎ
タクシーの待機する登山口(マイカーはこの先の七倉までしか入れない)へ着いた。

click_to_expand_12.gif    最後の吊橋
写真クリックで拡大します

この後、僕と同じようなペースで歩いてきた登山者2名に相乗りをお願い、了解して頂き
1時間ほどのドライブで12時20分頃、信濃大町駅に到着したのだった。

なんだかんだ言ってもやっぱり夏の北アルプスって良い!
快晴の鷲羽岳・水晶岳・裏銀座・烏帽子岳 楽しかったなぁ・・・・・・・



登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村