2010年8月、夏の北アルプス北部・西部縦走2日目
一ノ越→龍王岳→獅子岳→五色ケ原→スゴ乗越 の模様です。
夏の北アルプス縦走初日、扇沢→室堂平→一ノ越 の模様はコチラです。



朝3時、一ノ越山荘で起床、同室者を起こさないようにそ~~っと荷物をまとめ、部屋をでる。
歯を磨いてしまうとお湯を沸かし、ラーメンを流し込む。

外へ出てみると、危惧していた天候の崩れもないようで
ほぼ雲もなく星空が広がっており、今年初の北アルプス登山に、期待感が高まってくる。

ザックを背負うと、空もうっすら白み始めた4時20分頃、今日最初のピーク「龍王岳」へ向け
ゆるゆると歩き出した。

徐々に明るくなる空の下、立山や剣岳、眼前に龍王岳などを眺めつつ、気持ちよく進んでいく。
30分も登り、工事中の富山大学立山研究所が建つ肩付近まで登ってくると
浄土山の向こうに朝陽を待つ富山湾が望まれ、立山ならではの新鮮な風景に気持も湧き立つ。

click_to_expand_12.gif    龍王岳上りより、日の出前の剣岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    龍王岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    浄土山の向こうに富山湾が見えてきた
写真クリックで拡大します

肩を更に登り、南方に目をやると、ここで朝陽が差し込んでくる。
眼前で、ひときわ存在感のある薬師岳や赤牛岳、遠く槍ヶ岳などがうっすらピンク色に染まり始める。
たまらん瞬間である。 やっぱり夏の北アルプスっていい!

いったん下ると、龍王岳の西側を巻くように続いている登山道から、龍王岳山頂へ向け踏跡が
分岐しており、せっかくなのでそれを辿り山頂方面へ岩ゴロを5分ほど上ると、龍王岳山頂へ立った。

息を呑む美しさだ・・・・・・・
伸びやかな五色ケ原・どっしり鎮座する薬師岳・谷底から立ち上がる赤牛岳の対比が素晴らしいのだ。
またまたあっけなく予想を軽く超える風景に、今年も僕は出会ってしまうのだった。

click_to_expand_12.gif    龍王岳より、朝陽に照らされる峰々 美しい・・・
写真クリックで拡大します

立山・剣岳や、去年の夏登った針ノ木岳など、見渡す限りの絶景を独占
他に誰も居ない山頂で20分ほど風景に浸ると、さあ、先へ進もう!

click_to_expand_12.gif    立山(雄山)から剣岳へ
写真クリックで拡大します

いったん上って来た道を戻り登山道へ合流、コルへ向け標高200mほどを一気に下り
鬼岳の東側を巻く。
それにしてもこの山域、龍王岳・鬼岳・獅子岳 って、なんだかイカツイ山名が並んでいるなぁ~・・

click_to_expand_12.gif    龍王岳下りより、より鮮明さを増す夏山風景
写真クリックで拡大します

獅子岳のコル辺りまで下ってくると、一帯がお花畑となっており
ハクサンフウロクルマユリハクサンイチゲのお出迎え、今年初の花畑に「にんまり」となる。

click_to_expand_12.gif    鬼岳・獅子岳のコル辺りの花畑
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    コルより雄山
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    鬼岳・龍王岳・雄山を仰ぐ
写真クリックで拡大します

花畑を楽しみつつコルを過ぎ、そこから30分ほども上ると6時40分頃、獅子岳へ着いた。
目の前に五色ケ原・薬師岳、振り返ると龍王岳・雄山、西には大日岳の向こうに富山湾
太陽が昇り、より鮮明さを増す夏山全開の風景が、非っ常~~~~に気持いい!

click_to_expand_12.gif    大日岳の向こうに富山湾が見える
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    五色ケ原の奥、ひときわ存在感のある薬師岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    獅子岳下りより赤牛岳・笠ケ岳・黒部五郎岳・薬師岳
写真クリックで拡大します

風景をひとしきり満喫するとザラ峠へ向け、標高約350mを50分ほどかけて下っていく。
ここから緩やかに20分ほど上ると、平坦な高原帯となり、やがて花畑広がる牧歌な極楽平
「五色ケ原」となる。

click_to_expand_12.gif    五色ケ原と鷲岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    五色ケ原より、大鳶山の大崩壊地
写真クリックで拡大します

チングルマキンポウゲハクサンイチゲなどが山肌を彩る極楽風景に囲まれ
のんびり景色を楽しみつつの高原散歩に、幸せ~~~~な気分が心を満たしていく。

click_to_expand_12.gif    牧歌な五色ケ原
写真クリックで拡大します

写真を撮ったり風景を眺めたりで、50分ほどかけて「五色ケ原山荘」までやってくると
ここでありがたく水を頂戴し腰を下ろすと休憩、食パンに貪りつく。

ぼ~~~っと9時過ぎまで呆けるように憩うと、ここらで腰を上げ出発
楽園「五色ケ原」を後に、ゆるゆると進んでいく。 また、いつか秋にでもココを訪れてみるのも良いな。

鳶山へ向け緩やかに登りつつ、立山方面や池塘の向こうに聳える針ノ木岳など
なかなか絵になる夏山風景を楽しみながら歩く。

click_to_expand_12.gif    鳶山上りより立山方面を振り返る
写真クリックで拡大します

鳶山からは、明瞭なコルまで一気に下り、11時半頃に越中沢岳まで登り返す時分には
ガスが辺りを覆い始めた。 夏の北アルプスお約束である。
まあ、本日の核心である「五色ケ原」まで、快晴の空を恵んでくれたお天道様に感謝だ。

click_to_expand_12.gif    越中沢乗越より、ヌクイ谷から針ノ木岳へ
写真クリックで拡大します

ここからは半ば予想通り、地味なアップダウンが運動不足の僕の体力を、ボディーブローのように奪い
「そろそろ歩くの嫌だな~~」っと思い始めた2時過ぎ、スゴ乗越のテン場に辿りついた。

狭いテン場ではあるが、いまのところ先客3人(2張)のみであるので
僕ごのみの快適な「隅っこスペース」を探すと、悠々テントを張る。

5時頃までうたた寝をしたり、ラジオを聴いたり、「松本人志の放送室」を聴いたり、本を読んだりして
過ごすと、ここでビール!

慈しむようにちびちびと飲むと、夕飯のパスタ・しじみスープを喰らい
7時30分頃までぼや~~っと呆けると、明日の快晴を祈りつつシュラフへ潜り込んだのだった。




登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



北アルプスは北部(立山)~西部~中部(裏銀座)と
室堂平→五色ケ原→薬師岳→黒部五郎岳→鷲羽岳→水晶岳→野口五郎岳→高瀬ダムを
縦走する予定で休みをとったものの、高気圧が東海上にあり、不安定な天候が続いている為
5日間の自宅待機    悩ましい・・・・・・

若干天候が安定する予報がでた為、嫌な予感を引きずりつつも、この日
8月4日朝7時頃、東京の自宅を出発するに踏み切った。



関越道・上信越道・長野道と走り、麻績インターで下車、一般道を50分ほど走ると
10時30分頃、大町に到着した。
北アルプスの稜線は、分厚い雲にすっぽり覆われておりまったく見えない。

スーパーで山昼食用の、食パン・スライスチーズ・カロリーメイト等を買い足し
すき家で牛丼をかき込むと、扇沢へ向けテンションの低い状態で車を走らせる。

12時20分頃扇沢に到着、無料駐車場にかろうじて空きスペースを見つけると車を駐車。
着替え・荷詰めを終えると、ゆるゆると関電トロリーバス乗り場へ向け歩き出す。

予定通り13時発のトロリーバスに乗り黒部ダムへ、観光放水などをぼんやり眺めつつ10分ほど進むと
次はケーブルカーで黒部平へ、目の前に展開しているはずである針ノ木岳等は雲の中である。

黒部ダムの観光放水
thum_2010Murodou0001.jpg

ここからロープウェイで大観峰まで一気に高度を500mほども上げると再びトロリーバスへ
立山の下をトンネルで通過すると14時30分頃、標高2450mの室堂平へ到着した。

ガスの室堂平
thum_2010Murodou0003.jpg

濃厚なガス被る立山の様子に、特に気持が高ぶる事も、これ以上テンションが下がる事もなく
ぼや~~っとザックを背負い、ゆら~~っと歩き出す。

5月の妙義山以来の登山となる事もあり、足慣らしを兼ねてミクリガ池・ミドリガ池を周遊しながら
今日の宿「一ノ越山荘」へ行く事とする。

30分ほどかけて池巡りを終えると、3年前の秋に泊まった立山室堂山荘を通り過ぎる。
ここからは、整備され過ぎた登山道をたんたんと登っていく。
途中、学習登山で立山に登ってきたのであろう、大勢の中学生(ゼッケン付ジャージ姿)と擦れ違う。

登山道より雄山を仰ぐ
thum_2010Murodou0006.jpg

3ケ所ほど雪渓を超え、急な斜面をコルまで上り詰めると15時40分頃、「一ノ越山荘」へ着いた。

暫く小屋の外で、室堂平などをぼーっと眺め休憩、一段落したところで受付を済ます。
「ひょっとして混んでいるのでは」、と危惧していたのだが
指定された部屋へ行ってみると、6畳ほどの部屋に今のところ僕1人
団体さんや他のパーティーと相部屋にならずに済んで、とりあえずほっとする。

一ノ越山荘、部屋の様子
thum_2010Murodou0008.jpg

早速ふとんを敷いてしまい、本を読んでいると、5時頃お1人様到着
結局この日、この部屋(単独行者専用部屋?)に案内されたのは、僕ら2人だけであった。

5時半頃、自炊スペースでアルファ米・味噌汁を食らうと、天気を伺いに外へ出る。
どうやら徐々に雲も取れてきているようで、今日は夕立もないようである。
天気予報を携帯電話でチェックしてみると晴れる予報であり、明日への期待が徐々に沸いてくる。
(湿った空気が入り易い不安定な気圧配置は、相変わらず心に引っかかっているのだが・・・・・・・・)

夕方、山荘より室堂平方面
thum_2010Murodou0011.jpg

あとはビール・日本酒などを自炊スペースで飲んで時間を潰すと8時頃
既に就寝中の同室者を起こさぬようそ~~っと、明日の快晴を願いつつ布団に入った。


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



北アルプス縦走へ出発してしまった。

5日ほど前からお盆まで、2週間ほど夏休みを貰ったのだが
ここ最近の不安定な天候の為、もやもやした思いで「ぼ~っ」と自宅待機をしていた。

長めの縦走を予定している為、安定した晴れが是非とも必要なのだ。
なにしろ、ちょっとでも天気が悪いと、簡単にくじけてしまうこの僕の事である。

不安定な状況が若干解消されるようなので、出発に踏み切ったが
東海上にある高気圧の位置次第で、また不安定な天候となる事も考えられるので
今ひとつ乗り気がせず、不安である。

出発してしまった以上、あとはただひたすら好天を望むのみだ。
バリバリの太平洋高気圧よ ギラギラの太陽よ  カムォ~~~~~~~~~~~ン である。


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村