2010年5月15日 新緑妙義山登山 筆頭岩編の模様です。
新緑の妙義山登山 金鶏山編はコチラからどうぞ。



8時20分頃、大展望の金鶏山を後にすると、筆頭岩目指し尾根を北上していく。
まずは非常に急峻で滑りやすい斜面をコルまで下る。 

登山道ではない為、ほぼ踏跡はなく
歩き易そうな所を探して進んでいくのだが、何度か右往左往する事になる。
「まあ、基本的には尾根を外さなければ大丈夫だろう」 っと適当な感じでアップダウン

途中、スラブ状の滑りやすい岩斜面を慎重にトラバース
当然、残地ロープ・鎖等は無く緊張を強いられる。 ここ、落ちたら多分無傷では済まないだろう・・・

50分ほどで展望の良い岩峰に着きここで休憩、徐々に近づく白雲山が迫力である。
で、ここから30分ほどで到着する岩峰から、目指す筆頭岩がようやく望まれるようになるのだ。
「果たして僕はあの頂に立つ事ができるのだろうか・・・・・・」

click_to_expand_12.gif    展望の良い岩峰より表妙義山・白雲山
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    新緑眩しい麓を見下ろす
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    姿を現す筆頭岩
写真クリックで拡大します

10時頃、比較的歩き易い尾根を下ると、いったん明瞭なコルへ着いた。
このまま尾根伝いに上りかえすのか、それともいったん下り尾根を左手から巻くのか、よく分からず
まず尾根を左手から巻く事を選択、ずぶずぶ・ずるずるの急斜面を下っていく。

が、10分ほど下ってみると、このまま尾根を巻けずに山を下りきってしまうような感じがした為
再びコルまで引き返し、尾根伝いに進んでみる。

通行困難な尾根に苦闘しつつも、なんとか峰に到着
前方に筆頭岩が見えるのだが、どうもこのまま尾根どおしで下るのは無理なようである。
やっぱり尾根を左手から巻くのが正解のようだ。

再びコルまで戻り、再度ずぶずぶの急斜面を下ると、車道が眼下に見えてくる。
ここから斜面をトラバースするように付いている踏跡があるので、それを辿っていく。

やがて尾根に合流するように上っていくと岩稜帯、ようやく筆頭岩基部に到着した。
取り付き点は、見たところ斜度も緩く、ホールドも豊富なようなので
まあ、いける所まで登ってみる事にして、準備に取り掛かる。

click_to_expand_12.gif    筆頭岩基部
写真クリックで拡大します

ハーネス・ヘルメット・クライミングシューズを装着
セルフビレイとして、スリングにカラビナを付け、ハーネスに結びつける。
3ピッチ目の核心部には古い鎖が残地してあるようなので
「最悪そこでセルフビレイを掛けられるだろう」 っと目論んでの事だ。
よし、準備万端!?  10時50分頃、筆頭岩1ピッチ目に取り付く。

click_to_expand_12.gif    1ピッチ目
写真クリックで拡大します

高度感も感じずに、ホールド豊富な緩い岩稜をグングン進むと、あっけなく1ピッチ目終了
グリップの効くクライミングシューズが頼りになる。

ようやく2ピッチ目から、顕著に切り立った細岩稜(リブ)となるようで
ここから本格的なロッククライミングとなる。 さあ、心してかからねば!!

click_to_expand_12.gif    2ピッチ目
写真クリックで拡大します

逆層気味のスラブなのだが、取り付いてみると思ったより斜度も緩く登りやすい。
ほぼ足だけでグングン登りいったん平坦になると、幅1m位の激しく切れ落ちた尾根を中腰で通過
案外あっけなく2ピッチ目も終了。

click_to_expand_12.gif    攀じ登ったリブを振り返る なかなかの高度感!!
写真クリックで拡大します

そしていよいよ核心の3ピッチ目に取り付く。
一登り越えるごとに、クライムダウンの可否を見極めながら、ルートファインディング
緊張の中、ほぼ垂直の岩壁を攀じ登っていく。

click_to_expand_12.gif    核心の3ピッチ目
写真クリックで拡大します

岩の真ん中に、いつ設置したか分からない錆びた鎖がぶら下がっているのだが
止むを得ない場合以外では体重を預ける気にはなれない。

が、わりとしっかりしているガバホールドが多く、手掛かりに困る事はない。
半ばほどで核心部があるのだが、右手から足をハイステップ気味に上げクリアー
ここで筆頭岩登攀の成功を確信する。

やがて傾斜も緩み、更に尾根を少し歩くと11時5分、筆頭岩に立つ僕が居た。
ぃよっっし!  日常生活では味わう事のできない充実感が僕を包む。

展望も申し分なく、眼前に聳える表妙義山が圧倒的である。
歩いてきた金鶏山尾根も望まれ、感慨深いものがある。 暫し風景に浸り、のんびり休憩する。

click_to_expand_12.gif    筆頭岩より表妙義山・金洞山
写真クリックで拡大します

12時頃まで筆頭岩でゆっくり過ごすと、さあ、いよいよクライムダウン(下り)だ。
僕、わりとクライムダウンは得意な方だが、フリーソロという事もあり緊張感が高まる。

click_to_expand_12.gif    筆頭岩より金鶏山
写真クリックで拡大します

鎖のぶら下がった核心部までくると、念のため鎖にセルフビレイをかけ
少し降りては掛け直し、また少し降りては掛け直しを繰り返し、上ったルートどおりに下っていく。

なんとか3ピッチ目を通過してしまうと、ホッと一息、 この先は恐怖もなくグングンとクライムダウンで
12時15分頃、筆頭岩基部の取り付き点まで戻った。
無事でよかった~~~~・・・・・・・

ここでトレッキングシューズに履き替えると、下山を開始する。

調べたところでは、下山口は表妙義山登山道にある「一本杉」という辺りのようなのだが
ルートがよく分からずグダグダな状態、使用がないので下に見えている車道を目指し急斜面を降りる。

最後、法面に吹き付けたコンクリートをズルズルと下りると、ようやく車道に降りた。
こんな場当たり的な下山の仕方は初めてである。

あとは車道「妙義紅葉ライン」を30分ほど歩くと1時頃、見晴らし駐車場に戻ったのだった。

新緑と澄んだ空気に恵まれ、素晴らしい展望と緊張感・充実感を味わった楽しい登山となった。



え~~・・・  僕に言われたくないとは思いますが
金鶏山・筆頭岩は登山禁止です。 また筆頭岩をフリーソロで登るのは危険です。
そこのところ、くれぐれも・・・


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2010年5月15日 新緑妙義山登山 金鶏山編の模様です。



妙義山は三つのエリアに分かれている山塊の総称である。
白雲山・金洞山などから成り、中央に位置する 「表妙義山」
丁須の頭・谷急山などから成り、北方に位置する 「裏妙義山」
それと今回登山した、表妙義山の南方に位置する 「金鶏山」 に大別される。

昨秋表妙義山登山した際から、存在感のある「金鶏山」が気になっており
「あそこから望む表妙義山は素晴らしいのだろうなぁ~ いつか登ってみたいなぁ・・・・」 と思っていた。

金鶏山は登山禁止なのだが、調べてみると、登っている人もいるようで
妙義紅葉ラインの見晴らし駐車場近くから、尾根伝いに歩ける事が分かった。
新緑眩しいこの時期、大陸からの高気圧で空気も澄んでいる。 で、金鶏山登山決行となった。

朝5時、東京の自宅を出発、関越自動車道~上信越自動車道を走り、「松井田妙義」で降りる。
妙義紅葉ラインを15分も走ると「見晴らし駐車場」に到着
着替え・荷詰みを終えると7時前、登山口へ向けゆるゆると車道を歩き出した。

2~3分も進むと「金鶏山は登山禁止です。入山は控えてください」
というような事が書いてある看板があり、ここが取り付き点となっている。

まずは急でずぶずぶの斜面を、ずるずる落ちながら上っていき、右手の尾根まで進む。
が、左手尾根の方が歩きやすそうなので、そこまでトラバースし、ようやく快適な尾根歩きとなる。

15分ほど進むと調べたとおり、顕著な岩の溝(ガリー)が行く手に現れる。
まずは溝中央を登っていくが、やがて木立に遮られ、足元も滑りやすくなってくるので左手のリッジへ
ここから急な岩稜を攀じ登る事となる。

click_to_expand_12.gif    顕著なガリー
写真クリックで拡大します

ホールド・スタンスは沢山あるが、岩質が脆いようなので、慎重に確認しながら攀じ登っていく。
取り付き始めは、その高度感に若干緊張して、体が硬くなっていたが
新緑眩しい朝の上州の風景に感嘆するうち、やがて体もほぐれ、じき楽しみつつ快適に登る。

click_to_expand_12.gif    ガリーより赤城山・榛名山方面
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    登ってきたガリー 眼下に新緑がきれい
写真クリックで拡大します

7時50分頃ガリーを抜けたピークで、木立の中に穏やかな顔の石像と出会う。
ここから尾根伝いに少し進むと金鶏山山頂なのだが、木々で展望が利かない為、スルー
ちょっと先に展望の良さそうな二つの岩峰がある為そこまで登り、休憩とする。

click_to_expand_12.gif    徐々に姿を現す金洞山
写真クリックで拡大します

いんやぁ~~~~~  素晴らしい展望である。
想像通り、いや、想像以上に表妙義山(白雲山・金洞山)が美しい・・・・・・・

click_to_expand_12.gif    白雲山がど~~~ん
写真クリックで拡大します

空気も澄んでおり、赤城山・榛名山は勿論、雪でひときわ白い谷川連峰や八ヶ岳もくっきり見える。
爽やかな青空と、生き生きとした新緑に囲まれ気持いい  たまらん!

click_to_expand_12.gif    関東平野方面
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    好展望の岩峰より 中央に台形の荒船山の左に白く八ヶ岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    金洞山がど~~~ん
写真クリックで拡大します

っと本来、ここで風景に浸りゆったりとくつろぎたいところなのだが、そうはいかない理由があったのだ。

このまま尾根を北上した先に「筆頭岩」という岩峰がある。
調べてみると、簡単な3ピッチのマルチルートとしてクライミングの対象となっているようで
ロープを使って登られている事が分かった。

こういった事を知ってしまうと、登りたくなってしまうのが僕の性分である。
最近自分で自分に勝手に負荷を掛けている僕   困ったもんだ・・・・・・

前夜緊張の為、あまり眠れずに思案した結果
「最低限の装備を持って、とりあえずは取り付き点までいって見て様子を探り
無理そうだったら、今回は下見という事で、まあいいだろう」 っと言う事になったのだ。

で、筆頭岩目指し、更に尾根を進む僕であった。

さあ、果たして僕は筆頭岩をフリーソロ(単独登攀・確保無し)で登る事になるのか?
次回筆頭岩編をお楽しみに!


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2010年5月8日 新緑アカヤシオ 三ツ岩岳登山の模様です。



笠丸山を後にすると、走りやすい県道45号で塩之沢峠へと車を走らせる。
途中、ツーリングを楽しんでいるバイクと何台かすれ違う。
この上天気と眩しい新緑、きっと彼らも気持よいのだろうなぁ・・・・・・・・

峠を越え南牧村で県道93号と合流、雨沢集落まで来ると看板に導かれ左折
峠を上りきると「大仁田ダム」で、ここが三ツ岩岳登山口となっている。

既に駐車場は満車状態であり、なかなか人気のある山のようだ。
空きスペースになんとか車を停めると11時頃、三ツ岩岳へ向けゆるゆると歩き出す。

のっけから、樹林の滑りやすい急斜面を黙々と上って行く。
30分ほどで「竜王大権現」が祀られる洞窟に着くと、見事な岩峰群が見られる。

click_to_expand_12.gif    竜王大権現辺りの岩峰
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    竜王大権現辺りの岩峰
写真クリックで拡大します

更に10分ほどの上りで明瞭な尾根へ出るとここで展望が開け、目指す三ツ岩岳山頂部が見える。
笠丸山同様、やはりアカヤシオの最盛期は過ぎているようである。 残念・・・・・・

click_to_expand_12.gif    尾根より三ツ岩岳山頂部
写真クリックで拡大します

風景をのんびり眺めつつ尾根通しで歩くと12時前、登山者で賑わう三ツ岩岳山頂へ着いた。
北西方向を見ると岩峰が二つ 「中岩」と「北岩」が見える。

click_to_expand_12.gif    三ツ岩岳山頂より中岩
写真クリックで拡大します

山頂は人が多く落ち着かない為、中岩で休む事として、いったん中岩とのコルまで下る。
20メートルほど岩を攀じ登ると、「首の無い石仏」が立つ中岩に到着した。

click_to_expand_12.gif    中岩より 右手に稲含山
写真クリックで拡大します

妙義山・鹿岳・稲含山などなど、趣ある新緑の西上州の山々が一望である。
春の日差しの下、ぼけ~~~~~~~~~~~~

click_to_expand_12.gif    中岩より三ツ岩岳を振り返る
写真クリックで拡大します

30分ほど風景を味わうと下山を開始する事にする。
再び山頂を越え、来た尾根を暫し引き返すと沢コースとの分岐
登山口に「沢コースは倒木の為通行不可」とあったが、登山者に聞いたところ通行できるとの事で
分岐を右へ、沢コースへと進む。

15分ほど尾根を歩いた後、ルンゼ状の急斜面でいっきに高度を下げ
1時10分頃、登山口へ戻った。

今日は笠丸山・三ツ岩岳と、1日2山登ってしまった。
期待していたアカヤシオは最盛期を過ぎてしまっていたが、新緑の春山風景を楽しむ事ができた。



三ツ岩岳登山のGPSログ
mitsuiwadake_map.jpg


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2010年5月8日 新緑アカヤシオ 笠丸山登山の模様です。



朝5時、東京の自宅を出発、関越自動車道に乗る。
本庄児玉インターで降り、国道462号で十石峠方面へ進む。
神流湖などの新緑がきれいで、ドライブしているだけでも気持いい。ツーリングしていた頃の感覚が蘇る。

click_to_expand_12.gif    新緑眩しい神流湖
写真クリックで拡大します

二子山を通り過ぎ乙母まで来ると、父母トンネル手前を右折
住居附集落を抜け暫し行くと7時50分頃、ようやく「笠丸山登山口」に到着した。
着替え・荷詰みを終えると8時前、笠丸山へ向けゆるゆると歩き出す。

click_to_expand_12.gif    登山口辺りより天狗岩を仰ぐ
写真クリックで拡大します

5分ほどで舗装路を抜けると明瞭な登山道となる。
やぁ~~ それにしても新緑が美しい。ここ暫く雪景色ばかり眺めていたので新鮮である。
芽吹きの春か・・・・・・

click_to_expand_12.gif    新緑の登山道
写真クリックで拡大します

ルンゼ状を30分も気持ちよく登ると「地蔵峠」で、あっけなく尾根へ出た。
尾根道を暫し進むと展望が開け、目指す笠丸山山頂部や秩父の山々が見えてくる。

click_to_expand_12.gif    地蔵峠辺りより笠丸山山頂部
写真クリックで拡大します

期待していたアカヤシオは山頂部左下にちらほら
山頂部周辺を彩るアカヤシオを期待していたのだが、既に最盛期を過ぎてしまっているようだ。
残念・・・

山頂直下までやって来ると
いったん東方から巻くようにして、滑りやすい急斜面をロープに頼りつつ登り、再び尾根へ
アカヤシオや両神山・二子山などを眺めつつのんびり行くと9時頃、笠丸山山頂へ着いた。

click_to_expand_12.gif    笠丸山山頂付近のアカヤシオ
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    山頂付近のアカヤシオ
写真クリックで拡大します

上天気の中、ぼけ~~~~~~~っと 新緑・春の風景に浸る。
ぼわぁ~~~~~~   たまにはこういう ゆっる~~~~~~~~い登山も良いもんだなぁ 

click_to_expand_12.gif    山頂より両神山・二子山
写真クリックで拡大します

で、30分ほど山頂で過ごすと下山する事とする。
尾根を暫し行くと木々で展望の無い東峰、ここを過ぎると樹林の急尾根をぐんぐん下る。

10時頃下山口に着くと車道へ、新緑眩しい天狗岩などを眺めつつゆるゆる歩き登山口へ戻った。
なんか物足りないのでもう一山、という事で「三ツ岩岳」へ行く事に決め、笠丸山を後にした。



笠丸山登山のGPSログ
kasamaruyama_map.jpg


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



GW 残雪の朝日連峰登山の模様です。
朝日連峰登山日: 2010年5月2日~3日  朝日連峰登山1日目の模様はコチラからどうぞ



[2日目]
4時頃、寝袋から這い出す。 
昨晩からず~~っと風の唸る音が聞こえており、外は強風のようである。

朝飯を食らって、デポザックに必要なものを詰めると、大ザックは小屋へ置かせてもらい外へ
クラストしているようなのでアイゼンを装着、念のためピッケルを持ち大朝日岳へ向け登って行く。

15分ほども上ると大パノラマが拡がる大朝日岳山頂へあっけなく着いた。 絶景だ!!!
平岩山から御影森山・祝瓶山へと優美に枝分かれする白き尾根の向こうに
ひときわでっかい山塊「飯豊連峰」がどど~~~~ん っである。  たまらん!!!!!

click_to_expand_12.gif    大朝日岳より 雪峰の向こうに飯豊連峰 美しすぎる・・・
thum_Asahirenpou_2010_0012.jpg

こういう景色を見れば見るほど、どんどんもっと素晴らしい風景と出会いたい欲求が高まる。
その貪欲さはやがて、僕をどんな景色へ導いていくのだろうか。 愉しみでもあり、怖いようでもある。

click_to_expand_12.gif    大朝日岳より西朝日岳・以東岳と続く主稜線
写真クリックで拡大します

風景を堪能するといったん小屋まで戻り、ピッケルからダブルストックへ切り替えると再出発。
西朝日岳へ向け、強風のなか進んでいく。

コルまで少し下り、穏やかな急尾根を上りきると中岳だ。
存在感のある大朝日岳、小朝日岳、月山などのパノラマ風景の中、風に煽られつつ歩く。

click_to_expand_12.gif    中岳より大朝日岳を振り返る
写真クリックで拡大します

っにしても本当に風が強い。 時折、歩く事が不可能なほどの強風である。
切り立った尾根なんかだったら、相当危険だろうなぁ  テント張らなくて良かった・・・

click_to_expand_12.gif    舞い上がる雪片の向こうに小朝日岳
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    稜線より月山方面の大パノラマ
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    稜線より飯豊連峰方面の大パノラマ
写真クリックで拡大します

再びコルまで150mほど下り、急斜面を喘ぎ直登すると7時半頃、西朝日岳の仮山頂へ着いた。
大朝日岳の展望が圧巻である。 優美に尾根を携える姿が美しい。 いいねぇ・・・・・

click_to_expand_12.gif    西朝日岳より優美な大朝日岳
写真クリックで拡大します

ちょっと先の西方に、雪庇の張り出したピークが見えるのでそこまで行ってみる事にする。
(あとで分かったのだがそのピークが西朝日岳の山頂で、積雪期にしかその頂を踏めないらしい)
強風により発達した、雪庇上のシュカブラが芸術的である。

click_to_expand_12.gif    西朝日岳山頂
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    西朝日岳より平岩山・祝瓶山と連なる峰々
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    雪庇上に発達するシュカブラ
写真クリックで拡大します

click_to_expand_12.gif    主稜線の向こうに以東岳
写真クリックで拡大します

本来このまま竜門山辺りまでは縦走したかったところだが
事前調査の甘さと、想いの至らなさで今回はここまで、また次回、いつか絶対歩こう!

8時20分頃まで風景を楽しむと後ろ髪で出発、アップダウンで来た道を引き返す。
9時半頃大朝日小屋まで戻ると、アイゼンを外し、大ザックを背負い下山を開始する。

小朝日岳への上りで喘ぎ、古寺山から緩んだ雪急斜面を一気に下っていく。
サポーター・ダブルストックのおかげか、懸念していた左膝痛もなく安心。

暑さでどこか気だるいなか下り続け2時30分頃、ようやく古寺鉱泉へ到着した。

縦走できなかった無念さは残ったが
多くの美しい風景と出会え、朝日連峰の素晴らしさを味わえた楽しい登山だった。
残雪豊富で、今年のゴールデンウィーク登山は楽しかったなぁ~~・・・・・



朝日連峰登山2日目のGPSログ
asahirenpou2010_map02.jpg

[データ]

 登山日  2010年5月2日~3日
 入 山  5月2日午前08時00分
 下 山  5月3日午後14時30分
 人 数  2人  
 服 装  厚手のアンダーウェア
       長袖丸くびシャツ
       冬用アウター(ハードシェル)
       中綿入りズボン
       厚手フリース(就寝時に装着)       
                 
 装 備  10本爪アイゼン(2日目の稜線のみ装着)
       ダブルストック


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村