2010年3月22日 (晩冬)の男体山登山の模様です。



兼ねてから登りたいと思っていた、、積雪期の男体山登山に行って来た。

この連休を利用し、2日連続で晴れたら「鳳凰山」か「上州武尊山」に泊まりで行こうと考えていたのだが
天候が安定しない為、日帰り登山候補であった男体山へ登る事となった。
20日も晴れた為、蓼科山へ登ったのだが、空気が強烈に霞み展望も芳しくなかったので割愛する。

朝5時東京の自宅を出発、東北自動車道~日光宇都宮道路~いろは坂 を走ると
二荒山神社手前の有料駐車所に車を停める。
男体山へ登る登山者のものであろう車が、既に3~4台停まっている。

着替え・荷積みを済ますと7時30分頃、男体山へ向けゆるゆると歩き出す。

二荒山神社を、東側上部から回りこむようにして踏み跡を10分ほど辿ると夏道と合流
笹原の樹林帯を一定勾配で黙々と歩く。霜柱が激しく立っているが、雪は殆ど無い。

40分ほど登ると、管理用の車道と合流
ここが三合目となっており、樹木の間から、昨年2月に登った社山などが望まれ気分が良い。
更に車道を20分で四合目、中禅寺湖・社山・半月山などを眺めつつ休憩。

click_to_expand_12.gif    四合目より社山・黒檜岳方面
写真クリックで拡大

ここから再び登山道となり、円錐形山お約束の急斜面をジグ・直登を交えつつ登る。
20分で五合目まで来ると、ようやく登山道に雪が明瞭となる。
2日前に登った蓼科山とは違い、さすが奥日光、比較的雪もきれいである。

click_to_expand_12.gif    六合目付近より半月山方面
写真クリックで拡大

更に登ると、ところどころ日陰では雪が氷化しており、つるつる滑りだしたので
標高1900m付近でアイゼンを装着する。
まったく雪の着いていない岩場もあり、やはりアイゼンでは歩き辛い。

標高も2000mを超えてくると足尾山地方面の展望が開け
皇海山の向こうに、南アルプス・八ヶ岳・浅間山などが遠く望まれ始める。 よしよし!

click_to_expand_12.gif    皇海山の向こうに遠く南ア・八ヶ岳・浅間山
写真クリックで拡大

七合目まで来ると樹林帯のルンゼ状の急斜面を辿るようになり、ペースを落とし喘ぎつつ登る。
ここから暫し雪が深くなるが、雪も比較的締まっている為、問題なく通過。
一応ワカンを持ってきたのだが、3月中旬という事もあり、全く必要ない。

八合目でいよいよ森林限界を超え、完全に視界が開けると
ついに きたきた~~~~~!!!  雪でひときわ白い日光白根山がその姿を現す。
これだから積雪期の山ってやつは・・・・・・  たまらん!

click_to_expand_12.gif    きた~~! 姿を現す日光白根山(奥白根山)
写真クリックで拡大

ここから山頂までは、高度を上げるにつれパノラミックに展開する景色を味わいながらゆっくり歩き
10時50分頃、山頂部の稜線に到着した。

click_to_expand_12.gif    山頂直下急登より皇海山方面
写真クリックで拡大

先に見える山頂部より、左手突端にある二荒山太郎山神社の方が展望が良さそうだったので
そこまで行き暫く風景に浸る。

予想を超える素晴らしい展望である。
近く、日光白根山・女峰山・太郎山・燧ケ岳・至仏山・皇海山
遠く、南アルプス・八ヶ岳・浅間山・四阿山・草津白根山・北アルプスなどなどが一望の下だ。

click_to_expand_12.gif    山頂付近より女峰山・大真名子山方面
写真クリックで拡大

click_to_expand_12.gif    太郎山神社より日光白根山方面
写真クリックで拡大

今年に入ってから天候と運に恵まれず、すんなり目標の山に登れない事が続いていたが
そういった鬱憤を払拭させてくれる風景である。

click_to_expand_12.gif    男体山山頂付近より燧ケ岳(左奥)・太郎山
写真クリックで拡大

風景を堪能しつつ山頂部の尾根を散策すると、岩に巨大な剣が刺さった男体山山頂で昼飯。
風も弱く暖かい3月の日差しの下、たっぷり1時間30分ほども憩うと12時20分頃
後ろ髪引かれつつ、下山を開始する事とする。

click_to_expand_12.gif    男体山山頂より日光白根山・至仏山(真ん中奥)・燧ケ岳
写真クリックで拡大

六合目でアイゼンを外すと、氷化した雪でたまに転びながら下り3時35分頃、駐車場に戻った。
雪山シーズン終盤に、ようやく素晴らしい風景を味わう事ができて良かった。
久々に楽しかったなぁ~~~・・・・・・・・

え~~ ちなみに男体山二荒山神社コースは冬季登山禁止です。 
白々しいですが、くれぐれも自己責任という事で・・・・・・・・・・



男体山登山の軌跡(GPSログ)
map_nantaisan.jpg


[データ]

 登山日  2010年3月22日
 入 山  午前7時30分頃
 下 山  午後3時35分頃
 人 数  2人
 服 装  厚手インナー
       薄手丸首フリース
       冬用アウター(ハードシェル)
       中綿入りズボン
       薄手グローブ 
       雨具下
 装 備  アイゼン(10本爪)
       ピッケル


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2009年8月19~21日
新穂高→樅沢岳双六岳笠ケ岳縦走登山 2~3日目の模様です。
初日の模様はコチラ



[2日目]
3時頃起床、外へ出て空を見ると薄い雲が所々広がりながらも星もでており、まあ晴れそうである。
即席味噌汁にモチを入れた適当雑煮を喰らい、寝袋・エアーマットなどを収納
簡易ザックへ防寒着・水・行動食を詰めると、テントを張りっぱなしで樅沢岳へ向け出発する。

30分も登るとまだ日の出前の5時頃、樅沢岳山頂へ到着、
笠ケ岳がきれいに望める場所を探すとそこへ座り、日の出を待つ事とする。

と5時30頃、表銀座方面から太陽が昇ってきたのだが、ちょうど下層の薄雲が太陽方向に重なり
いまひとつ明瞭に日差しが射し込んでこない。 が、20分ほども粘っているとようやく日が射し始める。

笠ケ岳方面の展望が予想通り素晴らしい・・・・・
弓折岳・抜戸岳と優美に連なる尾根の向こうにどしっと構える笠ケ岳、美しい山岳風景である。

click_to_expand_12.gif    樅沢岳より笠ケ岳方面
thum_Kasagatake2009_0001.jpg

奥穂高岳焼岳などから眺める、巨大な単独峰の如き笠ケ岳の印象からは想像できないパノラマ、
お目当ての景色にご満悦だ。

風景に満足するといったん双六小屋へ下り、今度は双六岳へ向け登り始める。
既に太陽は完全に薄雲を抜け、さんさんとお日様の光が注いでおり、最高に気持いい。

登り始め暫くは、各所がお花畑となっており、コバイケイソウハクサンイチゲツガザクラなどが
清々しい高原風景を演出してくれ、楽しい散歩となる。

click_to_expand_12.gif    コバイケイソウと鷲羽岳
thum_Kasagatake2009_0002.jpg

click_to_expand_12.gif    双六小屋付近より穂高岳方面
thum_Kasagatake2009_0008.jpg

click_to_expand_12.gif    ハクサンイチゲ咲く花畑
thum_Kasagatake2009_0007.jpg

click_to_expand_12.gif    双六岳上りより笠ケ岳
thum_Kasagatake2009_0006.jpg

急登で2811mピークまで来るとやがて広くなだらかな道となり、笠ケ岳などを眺めつつのんびり進む。
山頂付近で岩ゴロを抜けると8時前、双六岳山頂へ着いた。

北方方面に鷲羽岳・水晶岳・薬師岳、西方に近く黒部五郎岳、南東にギザギザの穂高連峰
南方にはこれから向かう笠ケ岳の向こうに乗鞍岳・御嶽山などが一望の下

click_to_expand_12.gif    双六岳より薬師岳・三俣蓮華岳・水晶岳
thum_Kasagatake2009_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    黒部五郎岳
thum_Kasagatake2009_0003.jpg

いんやぁ~~~~~    たまらんねぇ~~~~~~~・・・・・・・・・・・・・・・・!!!
朝の清々しい山岳風景の真っ只中、いつものように幸せが僕を包み鳥肌である。

click_to_expand_12.gif    双六岳より笠ケ岳方面 奥に焼岳・乗鞍岳・御嶽山
thum_Kasagatake2009_0005.jpg

30分ほど心行くまで景色を味わい尽くすと後ろ髪引かれながら出発、9時頃再び双六小屋へ下る。
ここで水をありがたく頂戴するとテント撤収、改めて笠ケ岳へ向けゆるゆる歩きだした。

click_to_expand_12.gif    快適な双六小屋のテン場
thum_Kasagatake2009_0009.jpg

常に西方に槍ヶ岳・穂高連峰を眺めつつアップダウンの尾根歩きが続き、飽きる事は無い。
木杭が無く、山頂部分が明確ではない弓折岳から大きくコルまで下ると、大ノマ岳へ急斜面を登り返す。

click_to_expand_12.gif    西鎌尾根携える槍ヶ岳
thum_Kasagatake2009_0011.jpg

click_to_expand_12.gif    樅沢岳方面を振り返る
thum_Kasagatake2009_0010.jpg

斜度が緩やかになり、やがてハクサンイチゲのお出迎えを過ぎると12時頃、大ノマ岳へ着いた。
いったん大休止、食パンにハム・スライスチーズを乗せると夢中でそれをかぶりたおす。

click_to_expand_12.gif    大ノマ岳手前の花畑
thum_Kasagatake2009_0012.jpg

ここから再びコル「秩父平」へ向け大きく下ると、ザレ気味の急斜面を登り返す。
稜線まで上がると暫く山陰で見えなかった笠ケ岳が再び姿を現す。

click_to_expand_12.gif    秩父平付近より穂高岳方面
thum_Kasagatake2009_0013.jpg

ここまで来れば目の前にど~~んと近く見えると思ったのだが、未だ尾根が長く、遥か遠くに感じられる。
「思ったより遠いなぁ~~~・・・・・・」

click_to_expand_12.gif    抜戸岳付近より笠ケ岳
thum_Kasagatake2009_0014.jpg

やがて斜度が緩んでくると左手、岩ゴロ方面へと踏み跡があり
それを辿るように暫し登ると2時頃、抜戸岳山頂へ出た。

湧きつつあるガスの向こう、奥穂高岳・ジャンダルムのギザが迫力である。
笠ケ岳方面の展望は、逆光&ガスでパッとしないが
コレ、快晴の朝であれば、堂々とした笠ケ岳の最高の眺めを味わえるポイントではないだろうか。

click_to_expand_12.gif    抜戸岳より穂高岳
thum_Kasagatake2009_0015.jpg

あとは疲労を感じつつ、緩急のアップダウン尾根を1時間ほど黙々と進むと3時30分頃、
ようやく笠ケ岳山荘下のテン場へ到着した。

きれいに整地された広めの場所へテントを設営、「水場」の標識に従い岩場を少し下ってみるが
すでに涸れているようだ。

天気予報によると明日は曇りの予報で、今のところ山頂付近はガスっていない為
暫く休むと、晴れている今の内に笠ケ岳へ登る事にする。

岩ゴロを5分ほどの上りで笠ケ岳山荘、酔っ払ってハイテンションの登山者達が、なにやら大声で
騒いでいる。  テン場と山小屋が離れていて良かった・・・

小屋から更に10分も岩ゴロを登ると5時前、案外あっけなく笠ケ岳山頂へ着いた。
雲に遮られあまり視界は開けないが、抜戸岳・弓折岳へと歩いてきた尾根を眺めると感慨深い。

click_to_expand_12.gif    笠ケ岳山荘付近より抜戸岳方面
thum_Kasagatake2009_0016.jpg

北方方面の雲は低く、黒部五郎岳・薬師岳などは望めるものの、穂高・槍は雲で全く見えず残念!
笠ケ岳の素晴らしさを半分も味わっていないであろうこの展望に
「こりゃぁ~ またいつか快晴の時に来ないとなぁ~~~・・・」  だった。

click_to_expand_12.gif    笠ケ岳山頂
thum_Kasagatake2009_0017.jpg

下りつつ笠ケ岳山荘でテン場受付、水をありがたく頂いてテントへ戻る。
飯を喰らいつつラジオで天気予報を聞くが、やはり明日の天気は良くないようである。
で、希望をもてないまま就寝。

[3日目]
朝から小雨混じりの中、テント撤収
厚い雲に視界が利かない笠新道を、只々・黙々・淡々と下り、10時30頃ダート林道と合流。
更に只々・黙々・淡々で11時30頃、新穂高へ戻った。

絶対また来るぞ  快晴の笠ケ岳!!!


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




栃木県は藤坂ロックガーデンで、ロッククライミングをやってきた。
昨年11月末、古賀志山ロッククライミング中に左足かかとを骨折して以来のロッククライミングだ。

骨折直後はロッククライミングを断念しようかとも考えたが
相棒である友人Pがクライミングジム通いを始めた事をきっかけに、再び始める事となった。

まあ、しかし、素人2人の挑戦であり、立ちはだかる壁と恐怖を乗り越えるのは容易でない事は
骨折以来、身にしみて実感しつつある。 「安全第一」である。

9時30分頃、藤坂ロックガーデン入り口の駐車場に車を停める。
5分ほども歩くと岩壁「藤坂ロックガーデン」に到着。 僕ら以外には団体パーティーが一組いるのみだ。

まずは易しめのグレードⅣ 「パピヨン岩稜」にとりつく事とする。
以前であれば、間違いなく僕が最初にリードで登っていたのであろうが
ここは最近クライミングジム通いで腕を上げた友人Pに攀じ登ってもらおう。

ジムクライミング独特の「ムーブ」がようやく様になってきたPであるが
やはり外岩は勝手が違うようで、相変わらずハンドホールドを探し求め岩を撫で回している。
時間が掛かり、ぎこちなかったものの完登 ロアーダウンで降りてくる。 
まだ外岩に慣れていない事もあり、どうやら怖かったようだ・・・・・・・・
トップロープで登るとなんてことないようなルートも、リードで登るとめちゃくちゃ怖いのである。

パピヨン岩峰を仰ぐ
thum_fujisakirockgarden 002

今度は僕の番、ロープを引き抜き、僕もあえてリードで取り付く。
ルートは難しくないものの、高度を上げるに従い恐怖が増し体が硬直、スムーズに動けなくなってくる。
僕もP同様、時間が掛かり、ぎこちなかったものの完登 ロアーダウンで降りる。

お互いリードで登ったので、ここからはトップロープで登る事にする。
リードで登るのとは段違いに怖くない。 上から吊られている安心感に体も躊躇無くスムーズに動ける。
やはりトップロープで岩に慣れ親しむ事から、まずは始めるべきだと実感する。

2本ずつトップロープで登った後、グレードⅤ 「そこはかとなく」に挑戦する事にする。
Pが苦労して、「パピヨン岩稜」から「そこはかとなく」へ終了点を架け替えトップロープ支点を構築、
懸垂で降りてくる。

パピヨン岩稜終了点より
thum_fujisakirockgarden 001

まずは僕がトライ 半ばまでは傾斜も緩く簡単なのだが、終了点直下が垂壁となっており核心部
岩から引き離されそうになる恐怖と戦いながらなんとか完登 
ルート自体特別難しくはないのだが、やはり恐怖で体が硬直しスムーズに動けない。
ここ、今の段階ではとてもリード゙では登りたくない。

お互い2本ずつ登りロープを引き抜くと、懸垂下降の手順をPに教えてもらう。

そろそろ帰ろうかという時、なにやら役場の人間っぽい風情の方が、使用料の徴収に現れた。
ここ、年間使用料1000円らしい。

色々話しているうちに、どうやらこの方が藤坂ロックガーデンの整備に尽力された伝説のクライマー
斉藤雅巳さんである事が分かった。クライミングについての熱い思いを聞かせて頂きこの日は終了。



藤坂ロックガーデンでロッククライミングを終えて・・・
ジムクライミングと外岩のグレード・恐怖の違いを改めて実感
まずはグレードⅤを恐怖なくスムーズにリードで登る事を、当面の目標としようと思う。
目標としている谷川岳・前穂高岳などの本チャンルートへの道のりは長い。

この日、もう一組の団体パーティーで滑落?事故があった。
担架で救急車に運ばれていったが、命には別状が無いようで良かった。
クライミングは危険な遊び 「安全第一」である。


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2009年8月19~21日
新穂高→樅沢岳→双六岳→笠ケ岳縦走登山 1日目の模様です。



樅沢岳から笠ケ岳の眺望を楽しみたい事
どっしりとした存在感のある山体が印象的な笠ケ岳へかねてから登ってみたかった事から
昨夏、新穂高→樅沢岳双六岳笠ケ岳縦走してきた。

[1日目]
朝8時前、登山口である新穂高へ到着、ロープウェイ乗り場付近の駐車場は有料のようなので
少し戻り、深山荘温泉の無料駐車場へ車を停める。

暫く車道を歩き、案内板に従いゆるゆる進むとやがて整備されたダート林道へ、
つずらおりでいったん登ると、フラットな道を淡々と行く。 

1時間も歩くと中崎橋で左俣谷を右岸に渡り、やがて笠新道との分岐を過ぎる。
晴れてはいるのだが霞みがかかり、いまひとつパッとしない天気である。

click_to_expand_12.gif    中崎橋付近より笠ケ岳方面の稜線を仰ぐ
写真クリックで拡大します

10時頃、奥丸山経由南岳新道への登山口分岐を過ぎると、広い河原へ出た。
ここでようやくダート林道歩きが終わり、明瞭な登山道「小池新道」となる。

岩ゴロ・樹林帯の緩急、2時間ほどの上りで「鏡平山荘」へ到着。鏡平の沼越しに槍ケ岳穂高
連峰
が望まれるが、昼過ぎの薄曇りという条件では、どこか景色も白けた感じだ。
「まあ、今日はしょうがない、明日に期待」 である。

click_to_expand_12.gif    鏡沼の向こうに槍ヶ岳
写真クリックで拡大します

鏡平山荘から1時間弱の急登で弓折乗越、ここで尾根へ出る。
既にガスり始めた槍・穂や、明日登る樅沢岳・双六岳などを眺めつつゆるゆる歩くと3時半頃、
今日の幕営地「双六小屋」へ着いた。目の前に鷲羽岳が望め、なかなか良いロケーションだ。

click_to_expand_12.gif    弓折乗越辺りより双六岳
写真クリックで拡大します

幕営の受付を済ますと、フラットで快適そうなスペースを探しテントを設営
ラジオを聴いたり本を読んだりして、5時30分頃まで時間を潰すと夕げ
いつもどおりアルファ米・ラーメンを喰らうと7時30分頃、明日の快晴を願いシュラフへ潜り込んだ。

2~3日目
樅沢岳→双六岳→笠ケ岳 の大展望編の記事はコチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村