冬の乾徳山登山の模様です

朝5時自宅を出発、北八ヶ岳は蓼科山か天狗岳に登るつもりで中央高速を走る。
甲府辺りまで来ると、雲ひとつ無い空のもと、白峰三山が見える。

北上するにつれ徐々に八ヶ岳が見え出すのだが、北八ヶ岳山頂部周辺は軒並み雲に覆われいるのだ。
かなり冬型が緩んでいる筈だか・・・・・・  う~~~む、また駄目か!
これで既に今年3度目の断念となる。いったい何時になったら冬の八ヶ岳に登れるのだろうか。

「この後、雲が消えるかもしれない」という淡い期待を振り切る。
で、八ヶ岳に登らなかった場合の第二候補として考えていた、乾徳山に登る事とする。

諏訪南インターで高速道路をUターン、甲府昭和インターまで引き返すと、一般道へ
8時15分頃、登山道近くの徳和の駐車場に到着した。
着替え・荷積みを終えると8時30分頃、乾徳山へ向けゆるゆる歩き出した。

車道を20分ほども歩くと案内板に導かれ樹林へ、ここから登山道となる。
重い冬靴が大げさで、非常に歩き辛い。最初から乾徳山に登るつもりだったら夏靴で来たのだが。

きつめの勾配の道を淡々と上っていくと暑くなってきた為、ネックウォーマーを脱ぐ。
この気温だと、冬用アウターも要らなかったようで、雨具で十分だった。

二時間ほどでいったん平坦地、樹木が途切れようやく視界が開ける。
月見岩付近まで来ると、富士山・南アルプス・乾徳山山頂部がみえ、ようやく気分が高揚してくる。

click_to_expand_16.gif    月見岩付近より富士山
写真クリックで拡大

click_to_expand_16.gif    乾徳山山頂方面 手前の岩が月見岩
写真クリックで拡大

click_to_expand_16.gif    南アルプスの連なり
写真クリックで拡大

扇平を過ぎると再び樹林帯に入り、暫く進むとやがて岩尾根となる。
鎖・木ハシゴなどで通過、再び樹林を抜けると、岩峰の乾徳山山頂が姿を見せる。

click_to_expand_16.gif    岩峰の向こうに富士山
写真クリックで拡大

click_to_expand_16.gif    乾徳山山頂部
写真クリックで拡大

フェース状の岩を鎖・手足を使って攀じ登るのだが、最初の2~3mは手がかりが無く
鎖に体を預けて登る。靴底の硬い冬靴が鬱陶しい。

岩を上りきると11時40分、360度視界の開けた乾徳山山頂に着く。
先客がお1人憩っているようで、この登山で初めて人に出会った。

click_to_expand_16.gif    乾徳山山頂
写真クリックで拡大

富士山・南アルプス・中央アルプス・甲武信ケ岳や、正月に登った金峰山山頂部がちょこんと見える。
八ヶ岳は見えないようで良かった。もし雲が消えていたら許せないからだ。

40分ほども暖かい山頂で、ぼ~~~~っと風景を眺めると12時20分頃、下山を開始。
来た道を月見岩まで来ると分岐を左手へ、「道満尾根」方面へ行く。

click_to_expand_16.gif    乾徳山より国師ケ岳方面 真ん中の「ちょこん」が金峰山


落ち葉の積もった急斜面で、時折林道を横切りつつ、グングン高度を下げて行く。
上りで使うにはきつそうなコースである。

2時30分頃、車道へ出て徳和集落方面へ進むと、ゲートが閉まっており先へ進めない。
「下山者は鍵を開けて通ってください」というような看板が掛かっているのだが
開け方が分からない為、ゲート左手の擁壁の上を通過、2時40分頃駐車場に戻った。

静かな登山と憩いを味わえた楽しい登山ではあったが、冬枯れた陽だまり登山はこれ位で・・
次回こそは美しい冬山風景を楽しみたいものだ。



[データ]

 登山日  2010年1月30日
 入 山  午前8時30分頃
 下 山  午後2時40分頃
 人 数  1人
 服 装  厚手インナー
       薄手丸首フリース
       冬用アウター(ハードシェル)
       中綿入りズボン
       薄手グローブ(岩場で着用)
       

登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



登山用魔法瓶として、サーモス(Thermos)山専ボトルを購入した。

以前はペットボトルに水を入れていたのだが、冬季の山へ持っていくとシャーベット状になり
ただでさへ寒いのに、キンキンに冷えた水を飲むはめになる事が多かった。

で、「冬季の山であったか~~~い飲み物が飲めたら幸せだろうなぁ~~~」っと思い
登山用魔法瓶サーモス(Thermos)山専ボトルが、保温性の高さで評判が高い為、購入したのだ。

サーモス(Thermos)山専ボトル
yamasen0001.jpg

先日の金峰山登山等に持っていったのだが、評判どおり保温性が高く満足である。
朝4時に入れたお湯が、夕方4時でも湯気が上がり、ほっかほっかの状態を保っていた。

今後、冬期登山の必須アイテムとなりそうだ。


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
2010年1月9日、冬の榛名山登山の模様です。



朝5時東京の自宅を出発、蓼科山に登る予定で中央高速に乗る。
で、甲府辺りで八ヶ岳が見え始めるのだが、山頂付近が雲に覆われているのだ。 う~~む・・・
諏訪湖まで来ると蓼科山も見え、やはり雲に覆われているようである。

冬型が弱まったので、八ヶ岳までは雲が吹き出さないだろうと思っていたのだが、さすがに1月
「移動性の高気圧に覆われる」か、「更に冬型が弱まる」状態にならないと、快晴は望めないらしい。

と言う事であっさり蓼科山登山は断念
このまま帰るのももったいないので、高速道路1000円の恩恵を使い、このまま北上
長野道・上信越道を乗り継ぎ、晴れていたら四阿山へ、駄目だったら榛名山に登る、という事になった。
なんだかここ最近、すんなり目的の山に登れない事が多い。

雪雲に覆われた北アルプスを過ぎ、更埴まで来ると四阿山も雲に覆われているのが見えたので断念
東方に進むにつれ2008年年末に登った浅間山が見え出し、どうやら雲に覆われていないようなので
運転している友人Pに浅間山登山を打診するが、Pは「低山好き・楽したがり野郎」の為却下。

後ろ髪引かれつつ浅間山を後に更に東方へ進む。
右手に妙義山を眺めつつ松井田妙義インターで下車、一般道を40分ほどでようやく榛名湖に着いた。
既に11時前、東京を出発してから6時間近くも経過してしまった。いやぁ~~ 馬鹿だねぇ・・・

ヤセオネ峠バス停の先の駐車スペースに車を停め、着替え・荷詰みを終えると11時頃
ほぼノープランの状態で、とりあえずは相馬山に向けゆるゆる歩き出す。
これほどテンションの上がらない登山も初めてである。

鳥居をくぐり、ここ最近降ったばかりであろう柔らかい雪を踏みしめつつ20分ほど進むと分岐
ここを左手相馬山方面へ行くと急尾根となり、高度を稼ぎ出していく。
クサリ・鉄ハシゴなどで急な岩場をパスし、更に20分ほどの上りで神社のある相馬山山頂へ着いた。

click_to_expand_16.gif    樹間より榛名富士・鬢櫛山・烏帽子ケ岳
写真クリックで拡大します

南方関東平野方面の視界は開けているものの、それ以外は樹木に覆われており今ひとつである。
木の間から谷川岳・苗場山方面、浅間山・四阿山方面などを眺めつつ昼飯。

40分ほど陽だまりで憩った後、榛名富士へ行こうという事に決まり来た道を下っていく。
再び分岐までやって来るとここを直進、まずは磨墨(スルス)岩を目指し、整備され過ぎた道を下る。

下りきった辺りに東屋がたっておりここを磨墨峠と言うらしい。目の前にはこれから上る磨墨岩が見える。
あとは看板に従い岩奥に進み、最後岩の一上りで磨墨(スルス)岩に立つ。

なかなかの展望ではないか!
眼前に榛名富士、左手に榛名湖、その奥に浅間山が望まれ、ここでようやくテンションが上がってきた。
振り返ると、先ほど憩った意外に鋭い相馬山が青空に映える。
なんだかんだでここまで来て良かったなぁ・・・

click_to_expand_16.gif    スルス岩より榛名富士
写真クリックで拡大します

click_to_expand_16.gif    スルス岩より相馬山
写真クリックで拡大します

暫し風景を味わい再出発
下りきってしまうと、車道と併走するように草原を歩き1時40分頃、いったん車道に出る。

車道をショートカットするように草原に足跡が付いているのでそれを辿り歩いて行くと
榛名富士ロープウェイ乗り場へ出た。

榛名富士裾野を巻くように車道を進むと、「榛名富士登山口」の看板に導かれ
山頂を目指しゆるゆる上って行く。

円錐形山独特の単調な道を上る事35分、榛名富士ロープウェイの山頂駅へ到着。
右手に展望台があるようなので、いったんそこで小休止する。

相馬山・磨墨岩の向こうに広がる関東平野の展望がなかなか素晴らしい。
ここ、関東平野のベストビューポイントの一つではないだろうか。きっと夜景もきれいであろう。

click_to_expand_16.gif    榛名富士ロープウェイ展望台より相馬山の向こうに関東平野
写真クリックで拡大します

暫し憩った後階段を3分も上がると、神社のある榛名富士山頂へ着く。
谷川岳・苗場山方面などは相変わらず木々に覆われ展望が利かないが、東方に赤城山が見える。
ここ最近続いた強い冬型の影響で、赤城山麓までうっすら雪化粧している。

赤城山以北の山は軒並み雪雲に覆われており、晴れていれば見えるであろう上州武尊山も
雲の向こうである。やはり未だ冬型が強いようである。

観光客に囲まれつつ、今ひとつ落ち着かずに20分ほど休憩するとロープウェイ乗り場へ戻る。
歩いて下るのも面倒なので、15時15分初のロープウェイで下界まで降りる。

あとは相馬山・磨墨岩などを眺めつつ淡々と車道を歩くと4時頃、ヤセオネ峠の駐車場へ戻った。
右往左往したものの、まあ気持の良いハイキングが楽しめた。
これで上毛三山(妙義山・赤城山・榛名山)を征したと言う事もあり、良しとしよう。

次回は美しい雪山風景を楽しむ登山をしたいものだが・・・



榛名山登山の軌跡(GPSログ)
harunasan2010_map.gif

[データ]

 登山日  2010年1月9日
 入 山  午前11時00分頃
 下 山  午後4時00分頃
 人 数  2人
 服 装  厚手インナー
       薄手丸首フリース
       冬用アウター(ハードシェル)
       中綿入りズボン
       雨具ズボン
       薄手グローブ
       ネックウォーマー
       

登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2010年1月2日、正月遠征登山第2弾、金峰山登山の模様です。



蓼科山へ登る予定で、朝5時10分頃、茅野のビジネスホテルを出発、快晴である。
暫く走行すると、八ヶ岳・蓼科山方面の視界が開ける。
が、半ば予想通り、ここ数日の強烈な寒波の影響で、雪雲にすっぽり覆われているのが見える。

迷わず蓼科山へ登るのは中止、とりあえず中央高速で東京方面へ向かい
金峰山上層に雲がかかっていなかったら金峰山を登り、雲に覆われていたらこのまま帰る
という様な心積もりで車を走らせる。

暫く南下すると金峰山が見えるようになる。
どうやら雲はかかっていないようなので、気乗りしない様子の友人Pをなだめ、金峰山へ登る事とする。

8時過ぎ瑞牆山荘を出発、この道を歩くのは2年前瑞牆山へ登って以来である。
40分ほど樹林帯を登り、樹間より北方の視界が開けると、瑞牆山の岩峰が見える。
更に一登りで富士見平小屋、テントが2~3張り見える。

click_to_expand_12.gif    樹間より瑞牆山
thum_Kinpusan_2010_0001.jpg

飯森山を南からトラバースするように気持の良い樹林帯を上り、いったんコルまで下ると大日小屋、
ここもテントが1つ張ってある。

ここから上り返すと、斜面がきつくなりだした為アイゼンを装着
尾根まで上りきると10時40分、巨岩積み重なる大日岩へ到着、小休止とする。

click_to_expand_12.gif    大日岩
thum_Kinpusan_2010_0002.jpg

ここでよやく上空の視界が開け、端整に尾根を広げる美しい金峰山が望める。
パンなどを貪りつつ、20分ほど休憩すると出発、明瞭な急尾根道をゆるゆると進んで行く。

click_to_expand_12.gif    大日岩より金峰山
thum_Kinpusan_2010_0003.jpg

1時間も黙々と、相変わらず展望の開けない尾根を上ると「砂払ノ頭」
ここで森林限界を超え、巨岩「五丈石」を従える金峰山山頂部が見え出す。
背後を振り返ると、小川山・瑞牆山の奥に雲に覆われた八ヶ岳、南アルプスなどが見える。

click_to_expand_12.gif    ようやく森林限界 砂払ノ頭より金峰山を仰ぐ
thum_Kinpusan_2010_0005.jpg

小川山・瑞牆山
thum_Kinpusan_2010_0004.jpg

ここからは吹きさらしの尾根歩きとなる為、厚手のフリース・厚手のグローブ・ゴーグルを装着
視界が開けた事でテンションも上がりつつ、尾根をえっちらほっちら登っていく。

click_to_expand_12.gif    近づく山頂
thum_Kinpusan_2010_0006.jpg

砂払ノ頭から40分ほどで、五丈石を右手に通り過ぎると12時35分
岩の積み重なった金峰山山頂へようやく到着した。

360度の視界である。
強い冬型の為、南アルプス・八ヶ岳など標高の高い山は軒並み雪雲に覆われているものの
積雪期登山ならではの達成感・充実した気持が湧き上がる。

click_to_expand_12.gif    金峰山山頂より甲武信ケ岳・国師ケ岳方面
thum_Kinpusan_2010_0007.jpg

にしても当然の事ながら寒い。
マイナス10度まで計測できる友人Pの時計が計測不能となっている事から、恐らくマイナス15度位か

五丈石・富士山・甲武信ケ岳・国師ケ岳・小川山などを眺めつつ30分ほど過ごすと
日没が迫りつつある事も考え、下山を開始する事とする。

click_to_expand_12.gif    五丈石
thum_Kinpusan_2010_0008.jpg

1時間20分ほど一気に下ると2時20分、再び大日岩に到着
金峰山頂では、寒くてとても食う気にはなれなかった昼飯も兼ね、小休止。

大日岩を一上り、北部に回りこむと、美しい瑞牆山を眺めつつパンなどを貪るように食らう。
ここ、瑞牆山のベストビューポイントではないだろうか。

click_to_expand_12.gif    大日岩より瑞牆山
thum_Kinpusan_2010_0009.jpg

最近購入した魔法瓶、「サーモス山専ボトル」で保温されたありがたいお湯で体を温めつつ
20分ほども憩った後出発。

飯森山をトラバースするようになるとアイゼンを外し、慎重に下る。
富士見平小屋まで来るとテントが若干増えており、どうやらココ、金峰山・瑞牆山の2山を登る人達の
ベースになっているようである。

ここから更に一下りで4時30分、瑞牆山荘に到着した。
骨折している左足かかとの状態も、どうやら大丈夫のようで一安心
予定通りには行かなかったものの、まあ満足の年始を過ごせたのではないだろうか。



今回歩いた軌跡(GPSログ)
kinpusan_gps.gif

[データ]

 登山日  2010年1月2日
 入 山  午前8時00分頃
 下 山  午後4時30分頃
 人 数  2人
 服 装  厚手インナー
       薄手丸首フリース
       厚手襟付きフリース(砂払ノ頭より上部で装着)
       冬用アウター(ハードシェル)
       中綿入りズボン
       雨具ズボン
       中厚グローブ(砂払ノ頭より上部で装着)
       薄手グローブ
       目だし帽
       薄手フリース帽子

 装 備  10本爪アイゼン
       ダブルストック
       ゴーグル


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2010年1月1日 正月の三ツ峠山登山の模様です。



2009年11月末、古賀志山ロッククライミング中に左足かかとを骨折した為
当分山へは登れないだろうと、最近恒例のとなっている年末年始登山は諦めていた。

が、予想以上に回復が早く、「日帰り登山」なら大丈夫ではないか
という事で、元旦は金峰山、2日は蓼科山へ登る計画を立て、前日の大晦日東京を出発
友人Pと韮崎のビジネスホテルへ宿泊する。

朝6時ホテルを出発、車を走らせつつ周囲の山々を見渡すと、強烈な大寒波の影響であろう
南アルプス・八ヶ岳はすっぽり雪雲に覆われている。金峰山はどうなっているのか?

click_to_expand_12.gif    雪雲たなびく鳳凰山・甲斐駒ケ岳
写真クリックで拡大

登山口である瑞牆山荘付近で金峰山方面を眺めると
やはり猛烈な速さで雲が山頂付近に向け、次々に流れ込んできているのが見える。
こんな状況で登っても辛いだけで面白くないので、躊躇無く中止。

どこか今からでも登れる低山はないかと山岳ガイド誌をめくる。
で、以前岩登り講習で登った事のある三ツ峠山が目に止まる。御坂コースからなら1時間半ほどで
登れる手軽さと、富士山の展望が良いという事で、三ツ峠山へ登る事とする。

9時過ぎ登山口に到着、着替え・荷済みを終えると9時20分頃、三ツ峠山へ向けゆるゆると歩き出す。
山梨県南部とはいえこの寒波の影響で、体の温まっていない登り始めはやはり寒い。

左足の状態を伺いつつゆっくりゆっくりと、うっすら雪の積もった林道を淡々と登る。
ご来光を拝んだのであろう登山者と擦れ違いつつ1時間も登ると、三ツ峠山荘・四季楽園の分岐
ここを右手「三ツ峠山荘」方面へ少し登ると9時20分、あっけなく尾根へでた。

三ツ峠山荘より富士山
写真クリックで拡大

眼前に富士山がど~~~~~ん!  元旦からおめでたい風景だねぇ~。
三ツ峠山頂方面を眺めると、屏風岩(以前岩登り講習で攀じ登った)がなかなか壮観である。

三ツ峠山荘から屏風岩
写真クリックで拡大

三ツ峠山荘から尾根伝いに少し下ると、以前岩登り講習の際利用したテント場へでる。
北西方面には甲府盆地の向こうに、雲に覆われた南アルプス・八ヶ岳が見える。

更に少し下ると山小屋「四季楽園」に到着
広場のベンチには四季楽園の愛犬ジャックが「ほげ~~っ」と横になっている。 「裸で寒くないのか?」

四季楽園の愛犬ジャック
写真クリックで拡大

ここから10分ほど急斜面を登ると10時45分頃、三ツ峠山山頂へ着いた。
ここもはやり富士山の展望が素晴らしい。 東方には遠く新宿の高層ビル群まで見渡せる。
15分ほど風景を楽しむと風も冷たいため山頂を後に、風の無い屏風岩の下まで降りる。

三ツ峠山山頂から富士山
写真クリックで拡大

三ツ峠山山頂から南アルプス方面
写真クリックで拡大

三ツ峠山山頂より西方の山並み
写真クリックで拡大

以前攀じ登った「草溝コース」の付近までやって来るとここで昼食とする。
「ここを登って以来三度外岩を攀じ登り骨折までしたのだが、あれから少しは進歩したのだろうか・・・」
パンなどを喰らい粉末レモンティーで体を温めると、いったん三ツ峠駅方面へ下っていく。

屏風岩を仰ぐ
写真クリックで拡大

単調な御坂コースとは違い、なかなか趣のある山道である。
樹間より迫力の屏風岩などを仰ぎつつ25分ほど下ると、石仏が並ぶ「八十八大師」に到着。
「ブログのネタ作りの為にわざわざここまで来たのか!」 とか友人Pに言われつつ、写真をぱちりぱちり
暫し憩った後、再び来た道を引き返す事とする。

八十八大師
写真クリックで拡大

屏風岩を通り過ぎ、急階段をえっちらほっちら登ると再び「三ツ峠山荘」へでる。
ここから更に5分ほど尾根を西方に歩くと木無山に到着、草原の向こうに富士山が美しい。

木無山から富士山
写真クリックで拡大

で、ひととおり見所を見終わったところで、下山を開始する。

あとは見通しの利かない林道を、左足をかばいつつ黙々と下ると2時頃登山口へ戻った。
左足をかばって歩き続けた為であろう、右足のふくらはぎが張っている。
まあ、復帰第一弾登山としては上出来だったのではないだろうか。

この後茅野で宿泊し、明日晴れたら蓼科山へ登る予定だ。
とにかく、この強烈な年末年始寒波の勢いが弱まるのを期待するのみである。



今回歩いた軌跡(GPSログ)
mitsutougeyma_log.gif

[データ]

 登山日  2010年1月1日
 入 山  午前9時20分頃
 下 山  午後2時頃
 人 数  2人
 服 装  厚手インナー
       薄手丸首フリース
       冬用アウター(ハードシェル)
       中綿入りズボン
       薄手手袋


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村